けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

TGS立ち食いそば

この辺りも激戦区 高本製麺所

2軒目は、神谷町方向に移動してこちら。
image
斜向かいには、そはよし 神谷町店が。神谷町の駅前には富士そば。そばよしは、日本橋も京橋も良く行っているのでパスして。
image
入口右の券売機で、春菊天そば 410円をポチり。
グルリと反対のカウンターで蕎麦半分でお願いします。
image
茹で麺を取り分けて、湯掻いてくれます。
券を渡したオジサンが盛り付け担当。揚げ置きの春菊天を載せてくれます。
厨房側と壁側の2列。先客は6名、どんどん入れ替わっていきます。人気ですね。
image
蕎麦は思いの外コシがあり美味しい蕎麦ですね。
つゆは出汁が香る美味しいつゆです。スッキリしてますね。
春菊天は、粗く刻まれた春菊がまとめられていて、苦味もあって美味しいですね。
バランスの取れた美味しい蕎麦ですね。

さて、神谷町から帰るとしますか。

2020/10/21

高本製麺所
ジャンル:うどん
アクセス:東京メトロ日比谷線神谷町駅3番口 徒歩3分
住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-20-3 ノアーズアークビル1F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 神谷町×うどん

十割蕎麦揚げたて天ぷら かんだ冨そば

本日の麺活は、御成門周辺で、まずはこちら。
十割蕎麦の幟が出ています。
image
入口右の券売機です、海盛りかき揚げ天そば 950円をポチり。かなりお値段は高いですが、こちらの名物ということで。
image
お姉さんに券を渡し、蕎麦半分でお願いします。
揚げるのでしばらくお待ちくださいと言われて、アクリルパーテーションで仕切られたカウンターに一旦着席。BGMはハワイアン。
番号札で呼び出されます。
押出製麺の十割蕎麦。
注文を受けてからの天ぷらと、なかなか手がかかっています。

番号を呼ばれ、崩れやすいので気を付けてくださいと言われた側から天ぷらは崩れw
image
蕎麦は、乱切りノズルのようで、細麺と、平打ちが混ざっています。蕎麦自体は美味しいですね。コシもそこそこ。温かいつゆに負けていません。半分にしてもらったのでかなり少なめです。
つゆはほんのり甘みがありスッキリとしたゴクゴク行けちゃうタイプ。出汁も効いてます。
天ぷらは、かき揚げ天の上に、海老、イカ、ちくわ、魚肉ソーセージ、白身魚などが載っています。
天ぷら美味しいですね。下のかき揚げは、やや日が通り過ぎでカリカリ、全体に油が多い感じ、ただ油は悪く無いのでもたれはしません。

普通の量でも良かったかもしれませんが…
さて、移動しましょう。

2020/10/21

改札内に新規オープン いろり庵きらく 池袋店

19日にオープンしたこちら、
image
改札内、以前カレーのキャンプ、ビールのロンドパブのあった場所。JR系列にはかなわないということですかね。どちらも美味しいし使い勝手が良かったんですけど…
改札外の大江戸そばにポスターが貼ってあったので看板掛け替えと思ったら、こちらの宣伝でした。表示も何もなく分かりにくい。
image
外に松屋方式のディスプレイ券売機2台。
最初に、温かいそば、うどん、冷たいそば、うどんの4択。
画面変わって、それぞれのメニューとなるわけですね。
image
期間限定の「霜降りひらたけのかき揚げそば」520円をペチッと。

直ぐにオーダーが飛ぶようで、既に作り始めてます。
あのぅ、蕎麦半分で…ごめんねお姉さん。
混雑時は威力を発揮しそうなオペレーション。
さて出来上がり。
店内は一人ごとにアクリルパーテーションで区切られています。結構な収容人数ですね。椅子席もあります。
image
蕎麦は、生麺。お昼時なので、ある程度ロットで茹でてあるようで、温め直してましたね。
ネギは別皿で提供。コレは微妙、要らない人はハッキリ断るかなぁ、結局無駄になる様な気がするけど。
細身の蕎麦はまずまずのお味。生蕎麦らしい味。
つゆは色も濃く無くスッキリ爽やか。
ひらたけの天ぷらは美味しいですね。ただ、カボチャが入っていて嬉しいし美味しいのですが、つゆに浸るとパラパラと崩れてしまい最後食べにくい…
お値段もちょっとお高め。通常のかき揚げ天そばが 440円、かけそば 320円ですから。
つゆをゴクゴクと飲んでしまいましたが、完飲は踏みとどまりました。

さて、移動しましょう。

2020/10/20

店舗転換するらしい 大江戸そば 池袋店

12時前に蕎麦を啜ったきりで、歯医者も終わって、なんか小腹が空いたので、丸の内線改札前のこちらに。改札外ですが地下のJR構内となります。
image
19日から「いろり庵きらく」に変わるらしい。
JR東日本フーズの大江戸そば、NREのいろり庵きらく。会社が合併したので、看板を掛け替える様です。
image
外の券売機で期間限定 鴨つけそば 480円をポチり。
入口左の券売機は休止中、既に店舗転換の準備でしょうか。
image
カウンターのお姉さんにそば少なめでお願いします。
先客2名、後客2名。カウンターにはアクリルパーテーションが設置されています。

茹で麺湯通し、つけそばだからしっかり水で締めてます。
お椀に鴨肉入れてつゆを注げば出来上がり。
image
蕎麦はグレーのニチャリ系。典型的な茹で麺。
ざるが無い平皿なので後半はちょっと水っぽい。
鴨汁はやや油感もありますが、出汁もカエシも弱いですね。
鴨肉は、4枚ほど。それなりのお味です。

大江戸そばもどんどん業態変換されて減って行きますね。
今度のいろり庵きらくは生蕎麦なので、また別の楽しみがありますね。

2020/10/16

※ポスターは駅構内の新規店が舗の告知と判明

大江戸そば 池袋店
ジャンル:そば
アクセス:東京メトロ丸ノ内線池袋駅23番口 徒歩1分
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-28-2 JR池袋駅(改札外) チェリーロード 中央通路側(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 池袋×そば

自家製麺の生蕎麦 六花たべりゃんせ

第一京浜の一本裏の「蕎麦たつ」から移動。
信号を渡り第一京浜沿いのこちらに。
image
ちょっと変わった店名。青いテントの下はセットバックされて、券売機があります。
image
三種かき揚げと二品天ぷら 460円をポチり。
自動ドアが二重になってます。国道沿いのビルですから元はショールームの様なものだったのかもしれません。
image
左の厨房に券を渡し、冷たい蕎麦半分でお願いします。
こちらは自家製麺の生蕎麦ですから、椅子に座って待つ様に言われます。
流石に13時を回っていますから、先客は1名。後客2名。
中央にはハイカウンター、真ん中にはちゃんとビニールで区切られています。ハイチェアで椅子席です。
奥と右側には通常のテーブル席が並びます。
無機質な店内BGMはジャズと、今風な店作り。

後の2名のカツ丼が先に上がりました。
しばし待つと呼ばれたので取りに行きます。
image
蕎麦は、コシがあり細身で美味しいですね。
つゆはスキッとしていて冷たいのでゴクゴク行けるタイプ。
三種のかきあげは、玉ねぎと、人参とあとなんだろ…
二品は、茄子とかぼちゃ。
天ぷらは揚げたてでこれで時間がかかったんですね。
かき揚げ美味しいです。玉ねぎの甘さが出てますね。
茄子はやや小振り、高いですもんね。
かぼちゃは良くあるタイプ。
冷たい蕎麦にして正解だった、ちょっと蒸しっとした天気。

池袋に数店合った、製麺所直営の「六花そば」とはなんかの関係があるのかなぁ?

さて帰るとしますか。

2020/10/14

ギャラリー
  • 季節の天ぷら よし房 凛
  • 季節の天ぷら よし房 凛
  • 季節の天ぷら よし房 凛
  • 季節の天ぷら よし房 凛
  • 季節の天ぷら よし房 凛
  • この辺りも激戦区 高本製麺所
  • この辺りも激戦区 高本製麺所
  • この辺りも激戦区 高本製麺所
  • この辺りも激戦区 高本製麺所
  • 十割蕎麦揚げたて天ぷら かんだ冨そば
アーカイブ
カテゴリー
amazon
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ