けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のオジさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

駅前

駅前の夜立ち飲み 立ち喰いそばうどん ふじ

水曜半ドン、今日は品川に。
港南口出て真っ直ぐ、駅から2分くらいですかね。駅前に見える富士そばを右手に見ながら昭和感残る雑居ビルの固まったエリアに。
FullSizeRender
2003年のオープンから、朝5時から蕎麦が食べられて、夜は立ち飲みが出来るお店。
FullSizeRender
入口は2箇所。左の入口左側に券売機が2台並びます。
天ぶら2ヶ天玉そば 510円をポチり。
FullSizeRender
けたたましく鳴り響く警報!俺なんかやった?
店員さんが来てくれて確認。紙が詰まったみたいでした。

蕎麦で生卵でお願いして、天ぷらは、揚げ置きのケースの中から小さい天ぷらを選びます。
茄子は終わっていたので、蓮根天と春菊天をチョイス。
温かい蕎麦は茹で袋麺。因みに冷たい蕎麦だと冷凍麺になるらしい。
ピークタイムは終わる頃、それでもお姉さん4名に男性1名とオペレーション人数多いですね。
FullSizeRender
さて奥のカウンターでいただきましょう。
器が大きいですね。大盛り対応サイズです。
蕎麦は、白っぽい茹で麺小麦粉多めの少し柔め。つゆは美味しいですね。しっかり出汁感のあるほんのり甘めのタイプ。カエシ控えめ。
器との対比でとても小さく見える天ぷらですが、六文そばと同じくらいの大きさはあります。
蓮根天厚みもあって、サクッとしていて美味しい。珍しいですよね。
春菊天は、刻みまとめ揚げタイプ。衣しっかり目ですがつゆに解けかたは少ないかな。

思わずつゆを飲み干しそうな勢いでしたが我慢して。
夜の立ち飲みも気になります。

2023/1/19

立ち蕎麦初めはこちらから 八起そば

年初めの立ち蕎麦、福そばに振られてしまったので、「七転び八起き」と縁起を担いでこちらに。
FullSizeRender
都電荒川線町屋駅前の目の前、再開発ビルの1階に幟もはためいて営業中。16時までやっているのが嬉しい。
FullSizeRender
店内右手の券売機で、何にしようかな?
ご主人に天ぷらの在庫を聞けば、ゲソ天はあるとのこと、かき揚げは今から揚げるのでちょっと時間かかると言われて、ゲソ天そば 520円と金曜日ですから、ミニカレー  330円をポチり。
L字のカウンター11席ですかね。フイルムで仕切られています。
14時を回ってますが混雑してます。女性のおひとり様も目立ちますね。
券を渡して、蕎麦半分、カレーもご飯少なめでお願いします。
FullSizeRender
蕎麦の量を確認されて、茹で麺を湯掻きつゆは冷水機の様な保温ポットから注ぎ、揚げ置きのゲソ天を乗せ、ネギを散らして登場。
ご飯の量も確認されて、炊飯器の中で保温されているカレーをかけて福神漬をどっさり乗せて登場。
FullSizeRender
蕎麦は細身で茹で麺らしからぬコシと喉越し。この蕎麦美味い。つゆも鰹出汁{ソウダ節ですかね}がしっかり香りこれも美味しい。
この組み合わせは美味しいですね。
ゲソ天は、ややぼってりとしていますが、ゲソはゴロゴロ入っていて、歯応えがとても良く噛み締めるとタウリン補充がバッチリ。

カレーは、辛さがあり、肉片も入っていて単体で十分成り立ってますね。金曜カレー補充。

さてお腹もいっぱいになったので、中古CDでも漁りに行きますか。

2023/1/13

再開しかもあのつゆで 六文そば 中延店

水曜半ドン。再開したとの情報を得てこちらまで。
駅のホームに降りれば、駅前の立ちそばの出汁の香りもふんわりと。
FullSizeRender
大分長いことお休みしていたこちら、無事に再開して一安心。
お願いするのは、そば、ゲソ天、春菊天。650円。
BGMは、勿論AMラジオでニッポン放送。
おや、若い綺麗なお姉さんが作ってくれます。立ち食いそばには珍しい。
興和物産の茹で麺。ささっと湯掻いて、つゆを注ぎ、揚げ置きの天ぷらを丁寧に載せてくれます。ネギを散らして着丼。
FullSizeRender
お〜、六文と言えばこのつゆ。濃いめの色、少ししょっぱ系のカエシの立ったつゆ。コレコレ、これですよね。美味しいですね。飲み干しちゃいけないタイプ。
蕎麦は茹で麺らしい ふにゃり系ですが、濃いめのつゆと良く合います。
硬めに揚がったゲソ天はつゆにほぐれることもなく、ゲソの歯応えがまた美味しい。
春菊天は、刻み揚げ、ほんのり苦味が美味しいですね。

昔の六文つゆで復活してくれて嬉しいですね。
最近の他の六文はライトなつゆに変わっていたので、本来の濃いめのつゆが戻って良かったです。

2022/12/13

何故か懐かしい そば信

本日の路麺活動はこちらから。
千住大橋駅前ロータリーの無い方、テントや暖簾の日焼け具合がなんとも言えませんね。
FullSizeRender
斜向かいの二郎の並びとは対照的に、店内のカウンターはアクリル板で仕切られて5名ほどのスペース。貸切で後客1名。
表のアクリル看板には赤字で「立喰」の文字が。
座って休んでたおばちゃんに口頭注文。ワンオペです。
春菊天そば半分で。「料金変わりませんけど」と断りを聞いても全然問題なしの420円。
FullSizeRender
小鍋につゆを温めて、麺箱に入った茹で麺をほぐして半分に。テボに入れて湯掻いてくれます。
揚げ置きの春菊天を乗せて、つゆを小鍋からよそい、ネギを散らして出来上がり。
FullSizeRender
色はやや薄めで小鍋で熱々に熱した、ほんのりと甘みのある何故か懐かしい味。出汁よりも塩味を感じる味わい。
小幡製麺の茹で麺のもそっとした感じが合いますね。明るいグレーの蕎麦。
春菊天は、揚げ置きですが、薄衣の粗刻みのまとめ揚げで苦味もあり美味しいですね。

皆さんのレポートを見ると、塩辛いつゆとか甘いつゆとか、ぽてっとした揚物とか、結構ブレがあるのでしょうか。おばちゃんには永く頑張ってほしいですね。

2022/11/18

ポツンと仮店舗営業 立喰そばうどん なかむら

ガンダムの像が並ぶ稲城長沼駅、像が並ぶのと反対側の駅前にポツンと仮店舗で営業中のこちら。
FullSizeRender
創業は1991年、線路の高架化や駅前整備でこの場所での仮店舗となっているとのこと。
狭い店舗、このご時世なので3人までに制限されて立ち喰いです。
ご家族3人で営業中。
口頭注文、お願いするのは天ぷらそば 400円、半カレーライス 270円。蕎麦半分でご飯も少なめでお願いします。50円引いていただいて 620円。
FullSizeRender
茹で袋麺を湯掻いて、ほぼ揚げたてのかき揚げ天を乗せつゆとネギで出来上がり。
半カレーのご飯の量も確認されて登場。
FullSizeRender
つゆが美味いですね。ほんのり甘みのあり出汁が効いています。
かき揚げ天が美味しい。玉ねぎなどの野菜がシャキッと歯応えが残っています。ほんのりと胡麻油の香りもイイですね。
蕎麦は茹で麺のやや柔らかめのものですが、つゆとのバランスがイイですね。
カレーは、ストレートな辛さを感じる割とサラッとしたタイプ。具材もゴロゴロ入っています。
金曜カレーとして丁度良い味ですね。白いご飯と合うカレーという表現がイイかな。

入れ替わりお客さんは途切れません。
黙々と天ぷらを揚げるお父さん。熟練の技ですね。
個人経営の立ち食いそばが多い川崎街道周辺。東長沼陸橋そばの閉店した「一休」の後は「つばき」が営業中ですね。

さて、昭和記念公園にでも紅葉狩りに行ってみますか。

2022/11/11

ギャラリー
  • ゲソ天丼だよね 江戸前天丼 はま田 練馬関町店
  • ゲソ天丼だよね 江戸前天丼 はま田 練馬関町店
  • ゲソ天丼だよね 江戸前天丼 はま田 練馬関町店
  • ゲソ天丼だよね 江戸前天丼 はま田 練馬関町店
  • 穴場で硬いプリン No.13cafe(サーティーンカフェ)
  • 穴場で硬いプリン No.13cafe(サーティーンカフェ)
  • 穴場で硬いプリン No.13cafe(サーティーンカフェ)
  • 生パスタ JINJIN 新宿二丁目店
  • 生パスタ JINJIN 新宿二丁目店
  • 生パスタ JINJIN 新宿二丁目店
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ