けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

駅そば

高架の下の駅そば めん処一ぷく 新座店


水車の回る新座駅ロータリー。
FullSizeRender

高架の下にあるJR東日本都市開発が主に武蔵野線沿線に展開する駅そば。
FullSizeRender

季節限定の海鮮かき揚げそばが大きなポスターでアピール。
FullSizeRender

入口左の券売機でポチり 500円。
先客は2名。左側の椅子席カウンターにはアクリル板が設置されてます。
オバちゃんワンオペ。そばで少なめって言ったら出来ないので残してくださいって…

袋に入ったゆでめんは、興和物産。湯掻いてつゆを注ぎ、ワカメをどっさり。天ぷらは、❗️冷蔵庫から❗️揚げ置きは構わんけど冷蔵庫はなぁ…
ネギを乗せて出来上がり。
FullSizeRender

白っぽい茹で麺はソコソコ歯応えも残る湯掻き加減。つゆはライト系と言うか薄いですね。
天ぷら冷たいのでつゆに浸して、すると解けちゃいますね。海老、イカ、貝柱との事ですが写真と違って衣に埋もれちゃってますねぇ。

冷え冷えの天ぷらなので折角のつゆがどんどん冷えてしまって、ぬるくなってしまいます。
興和物産の茹で麺でなんとかもってますが、つゆも天ぷらも今一つ。駅そばで電車の時間を気にしつつ、急ぎでズズッと掻っ込んでと言う蕎麦ですね。
FullSizeRender

22日から28日は、カレーがお得。カツカレー 390円はビックリ価格ですね。

2021/3/28

久々の箱そば 箱根そば 本陣

大井町から池袋のハロワ、地元駅のかかりつけ医、再び新宿と移動して、やっとやる事完了。
本陣に寄って行きましょう。
今は改装されて綺麗になってますよね。
FullSizeRender

季節メニューは、鰆 680円。ちょっと値が張りますが、液晶パネルでポチり。
中のカウンターで券を渡して蕎麦半分でお願いします。
麺茹で担当とトッピング担当が分かれています。
揚げ置きの天ぷらは一注文ごとに小皿に乗せられてスタンバイ。茹であがりつゆを注げば、上に小皿からスライドオン!
FullSizeRender

大きなイカ天です。器をはみ出しています。
鰆も隠れていますが、見えている倍のサイズ。
蕎麦は、茹で蕎麦、つゆはライト系で駅そばチェーン店のベーシックな味。しふそばとも似てますかね。

イカ天は厚みもあり、隠し包丁が入っているので柔らかくボリュームたっぷり。
鰆は厚みもあり、フワッとした食感がイイ感じ。
春菊天は一葉揚げで、香りと苦味が強いですね。ここまでの香りは久しぶりかも。

大手チェーンのプラ丼が物悲しいですが致し方ない。
天ぷら3品、しかも凄いボリューム。これなら 680円も納得ですね。

2021/3/25

ひっそりと佇む 新和そば


かめやからの連食。
FullSizeRender

間口も狭く、通路にポツンとありますが、中はなかなかの混雑。
FullSizeRender

入口左右の券売機で、小海老かき揚げそば 410円をポチり。
券売機脇のスペースに潜り込み、券を渡して蕎麦半分で。立ちそば、駅そば
大盛り用に大きい器に分けてあった茹で麺半分を湯掻いて揚げ置きの天ぷらを乗せて出来上がり。
FullSizeRender

立ちそば、駅そば、王道の、濃いめのつゆに、柔麺。当然小麦粉の方が多い蕎麦。
乾燥小海老の天ぷらはカリッとしていて薄めに揚げられています。

こういう立ちそばの基本の様な味も良いもんです。

2021/3/11

創業昭和48年 木曽路

2軒目は隣駅のこちらに。
新秋津駅前創業は昭和48年。新秋津駅の開業と同じくして創業。しゃぶしゃぶのお店とは関係ありません。
FullSizeRender
逆光で光入っちゃった

駅ロータリー側の扉は開放中。パーテーション無しのカウンターに、2人テーブル2つ。
先客、後客無し。反対側の扉は閉めていますが開ければ風が抜けるから換気の心配無し。
FullSizeRender

口頭注文で天ぷらそば 380円。安い。そば半分でお願いします。

茹で麺を解して半分にして湯掻いて天ぷら、ネギを乗せて着丼。現金引換。
FullSizeRender

蕎麦は茹で麺の柔らかめ。つゆは辛めの味。
天ぷらは、型に入れて揚げられ縁が高くなった揚げ置き。野菜は刻まれたタイプ。つゆに浸ってもまだカリカリ。
昔ながらの駅そばの味ですかね。

秋津駅と新秋津駅の間には小さな飲み屋がたくさん。野島ではすでに昼飲みしている人でカウンターが埋まってます。蕎麦食べてなかったら確実に吸い込まれてましたねw

2021/2/23

駅改良工事で一新 狭山そば 所沢店

本日のそば活一軒目は、所沢駅1番ホームにあるこちら。駅改良工事で一時閉店していましたが2013年すっかり姿を変えて店内も広く綺麗になりました。
FullSizeRender

入口右の2台の券売機。季節限定の舞茸天そば 470円に指が…
FullSizeRender

左の調理場で券を渡し、そば半分ですお願いします。このくらいでイイですかとお姉さんに確認されます。

狭いながらも結構な席数、パーテーションでしっかりと区切られています。
奥に進み場所を確保。先客は8名ほどと昼時ともあって混雑しています。
FullSizeRender

蕎麦は、茹で麺でやや柔目、つゆはやや辛口のスッキリとした味。駅そばの基本形。
宗田節に、隠し味としてアゴだしが入っているそうです。
舞茸天は衣多めで舞茸どこ〜?刻んであるので目立ちません。

昔の改札脇で、吹きっさらしで食べたあの時代の方が趣があって良かったんだけどなぁ。
店内には昭和時代の所沢駅周辺の写真がセピア色に飾られています。
FullSizeRender

狭山そばも店舗数はぐっと減って3店舗。経営も西武鉄道から(株)ウエスコに変わってますね。狭山そばの一部は秩父そばに代替わり。
駅そばの時代では無くなったんでしょうかね。

2021/2.23

ギャラリー
  • もう一件の町蕎麦 朝日屋
  • 侮れない町蕎麦 福招庵
  • 侮れない町蕎麦 福招庵
  • 侮れない町蕎麦 福招庵
  • 2種あいがけ エピタフカレー
  • 2種あいがけ エピタフカレー
  • 2種あいがけ エピタフカレー
  • 2種あいがけ エピタフカレー
  • 2種あいがけ エピタフカレー
  • 2種あいがけ エピタフカレー
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ