けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

駅そば

名物ジャンボ唐揚げ 弥生軒6号店

柏に住んでいたのは20年程前。
周りもすっかり変わった景色を眺めながら常磐線で我孫子駅。
1、2番線ホームにあるのは6号店。
因みに3番線ホームは無いけど通過線路だけありますよ。
image
先客は6名。綺麗に改装されてますね。明るく開放的。
入口左の券売機で購入するのは、名物、唐揚(1ヶ)そば 440円。
image
2ヶは流石に食べきれないでしょうね。
ワンオペお姉様にそば半分でお願いします。

前の方は、きつねなのに唐揚げ乗せちゃいましたね。お兄さんそれで構わないって差額払ってました。
image
このくらいでイイですか?と私の分が登場。
やはり大きいですね。
つゆは暗黒系、それでいてあまり角はありません。
蕎麦は茹で麺、そこそこコシもあります。半分に分けたのでちょっとブツブツ切れちゃってますが。
立ち喰いそばのバランスとしてはイイですね。美味しいです。
唐揚げは、外がしっかりと揚げられているので、揚げ置きですがカリッとしています。
モモ肉のおよそ半分ほどの量ですからかなりなボリューム。
半分にした蕎麦では、足りませんw
image
山下清画伯が働いていたお店と掲示されていますが、駅そばでは無く、こちらの系列のお弁当部門で働かれていた様です。

さて我孫子散策でもしていきますか。

2020/10/12

大山でモンジュール 文殊 大山店

台風接近の雨でカミさんを駅まで車で送った後足を伸ばしてこちらまで。
image
東武東上線大山駅改札外の駅構内にチョコンとあるお店。お店として最小限のモジュールですよね。
image
外の券売機、天玉と月見にバツついてます。卵切らしたのかな。パスモ、スイカ使えます。
春菊天そばのボタンがないので、茄子天そば 400円に春菊天 100円をプラス。
8:50の入店。土曜日だから誰もいません。
カウンター5席。椅子席になってます。
image
ワンオペのお兄さんに券を渡し、そば少なめでお願いします。
柱に貼られた申し送りに、卵は土曜日入荷って書いてあります。カウンターの上には入荷した卵が。

春菊天と、茄子天は注文受けてから揚げてくれてます。
ちょっと時間はかかりますが嬉しいですね。
店内にはAMがかかり朝の情報番組が流れています。

文殊定番の卵サービス。生卵か茹で玉子どっちにします?と聞かれて、生卵をお願いします。
さて着丼。
image
両壁に天ぷらが、真ん中には月見が。イイ景色ですね。
細身の生麺茹でたては、茹でてからしっかりと締めて、再度温めているので、喉越しも、コシもイイ感じ。美味しいですね。
モンジュールは、割とライトな感じですね。まだ朝だからでしょうか。もうちょいガツンと来て欲しかったかな。
熱々の春菊天は、荒刻みまとめ揚げ、苦味がほんのり、カラリと揚がって美味しいですね。
茄子天はちょうど良い揚げ加減でややトロリとしてこれまた熱々。
生卵のおぼろ加減も霞雲となってイイ感じ。

さて、朝蕎麦を終えて、ハッピーロードは傘要らず。
そうだ、券売機のこと言ってあげればよかったかな。

2020/10/10

珍しくかき揚げ天 八兆

カミさんが雨降ってるから駅まで送れとの事なので、降ろした後、脚を伸ばしてこちらまで。
image
女将さんのTwitterで、土曜は、珍しくかき揚げ天と聞いて訪問。
image
まだ冷しメニューがいっぱい。
カウンターは、パーテーションで区切られてソーシャルディスタンスバッチリ。
image
お願いするのは、当然天玉そば 480円。そば半分でお願いします。女将さんがこのくらい?と確認してくれます。
大将は揚げ物しながら、生蕎麦を茹でてくれます。
image
こちらは蕎麦もつゆも美味しい。本当にバランスが良い。出汁が香りコクもあって美味しい。
かき揚げは高さがありますが、薄めの衣なので、つゆがしみればホロホロと食べ易く解れます。
ほんのり胡麻油が香り葉物野菜中心に8種類入っているようです。コレも美味い。

女将さんも普通にしているので、肋骨の具合も良くなっているのかな?

さて移動しましょう。

2020/9/26


食材価格変更 秩父そば 上石神井駅店

石神井公園のレトロ喫茶「リリー」でナポリタン食べようと思ったらスパゲティ無し…アイスコーヒーだけ飲んで、こちらまでチャリで遠征。
image
駅前の西友前の自転車置き場にガチャリ。
駅構内改札外の駅そばですね。その昔は狭山そばでしたっけ。
image
以前と変わって、蕎麦、天ぷらを見直して価格も変更したとの話を聞いて訪問です。天ぷらは自店揚げに変えたようです。
image
外の券売機で、茶そばにも惹かれましたが、冷しとろろそば 490円をポチり。おっ春菊天あるよ 140円ポチり。

中は奥と手前のガラス側にそれぞれ3席仕切り付きの椅子席。真ん中に島の立ち席。座っちゃうと立ち席使えないなぁ。
先客は1名。
厨房のワンオペお姉様に券を渡します。
袋入りの茹で麺を湯掻き、お〜そんなに沢山の氷使うんだ、と氷水でしっかりと冷してくれます。
冷たいつゆを注ぎトッピング。上のケースには春菊天が空だったので心配でしたが、見えないところに揚げ置きがあったようで一安心。小分けにされたとろろ、わかめ、ネギを盛って出来上がり。
image
蕎麦キンキンで嬉しいですね。茹で麺ですから二チャリ系、冷しなので歯応えもあります。
つゆは少し薄いかなぁ。
とろろは山芋のサラリ系。
大きさで主張の強い春菊天「素材を活かして揚げ方を変えました」と言うように一枚揚げになってます。
刻む手間、揚げる手間、使用量、考えた上でのコストダウンですね。個人的にはこちらの方が食べた感じがするので好きですけど。みっしりした刻み系も捨てがたいんですけどね。

最後まで冷たい蕎麦をすすり、ご馳走様でした。
さて、チャリチャリ帰りましょう。

2020/9/17

小洒落た駅前蕎麦 車

目白駅で途中下車。広場の脇の交番の横の階段を少し降りたところ。
目白と言う文教地区的な街の佇まいのなか、駅前蕎麦だけど小綺麗ですね。
image
生そばでやってる立ち蕎麦です。中は結構広いですね。ファサードも深さがあります。
image
今週の冷し週替わりメニューは、冷たぬき+肉 540円→500円。
おっ、コレにしましょう。
中の2台の券売機。ボタンはどれだ?
先客は、椅子席の方に4名ほどソーシャルディスタンス。

券を渡して、蕎麦半分でお願いします。
この時間はロットで生蕎麦を茹でてある様ですね。
しっかりと蕎麦を冷して盛り付け。
image
蕎麦半分ですから少し見た目は貧弱ですが、ヒヤタのきゅうりとタヌキ、肉が、バランス良く盛り付けられています。
つゆはスッキリ、特徴には欠けるかもしれませんが万人受けするお味ですね。
蕎麦は、生麺の喉越し。
肉はしつこくなくやや硬め。
バランスは良いおそばですね。
コレでワンコインは、コスパイイですね。
image
鯛焼きは、お休みのまま、冬になれば復活するのでしょうか。
さて帰るとしましょう。

2020/9/8


ジャンル:そば
アクセス:JR山手線目白駅 徒歩1分
住所:〒171-0031 東京都豊島区目白3-3-1(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 目白×そば
ギャラリー
  • 季節の天ぷら よし房 凛
  • 季節の天ぷら よし房 凛
  • 季節の天ぷら よし房 凛
  • 季節の天ぷら よし房 凛
  • 季節の天ぷら よし房 凛
  • この辺りも激戦区 高本製麺所
  • この辺りも激戦区 高本製麺所
  • この辺りも激戦区 高本製麺所
  • この辺りも激戦区 高本製麺所
  • 十割蕎麦揚げたて天ぷら かんだ冨そば
アーカイブ
カテゴリー
amazon
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ