けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

食堂

創業70年ほどの昭和の食堂 天平食堂(てんぺい)

金曜日カレーは巣鴨新田の昭和の食堂で。大塚の北口からもそう遠くになりません。
高齢のご夫婦が営む食堂は、創業70年ほど、2代目なんだそうです。
FullSizeRender

平屋の正面に看板を取り付け、敷地いっぱいに建てられているので、オーニングで雨除け。
建物自体がなんとも平面構成の昭和の建物。
ガラスケースの下はタイル張りで、その昔は食品サンプルが並んでいただろう佇まい。
FullSizeRender

天ぷら、刺身、カツ、エビフライ、ポークソテー、生姜焼き、レバニラ、焼魚、唐揚げ、肉豆腐、天丼、カツ丼、カレー、オムライス、チャーハン、ラーメン、焼きそば、餃子、冷奴、さば味噌煮、そしてうなぎまでも。なんでも来いのオールスターメンバーがラインアップ。
アジフライ頼もうと思ったらやって無かった。頭の中にあったのは、アジフライとハムエッグとカレーだったんですが…
カツカレー 680円、ご飯少なめでお願いします。
先客は1名メンチ定食でしょうか。
FullSizeRender

店内は14席ほど。小上がりの奥にあるテレビを見るとは無くしばし待てば、タイマーの音。カツが揚がったようです。
FullSizeRender

名前と電話番号の入った出前仕様のカレー皿(市内局番は三桁のまま)に、ほんのり黄色味を帯びたカレーが。
カレー粉で作るあのカレーですね。舌に懐かしさを思い出させる味です。玉ねぎも残っていて美味しい。豚肉はスライスが入ってますね。
カツは揚げたてですから熱々。さほど厚みはありませんが、カツカレーにちょうど良い厚さ。

なんとも言えない懐かしい味のカレーでした。
まだまだ続けて行っていただきたい昭和の食堂です。

2022/9/2

レトロな食堂 まいこや

練馬春日町から豊島園に抜ける昔の街道筋にある昭和な食堂。しばらく閉まっていたので心配でしたが無事再開。金曜日のカレーはこちらでいただきましょう。
FullSizeRender

12時過ぎで、7つのテーブルはほぼ埋まり、入口のガラス戸を背に最後のテーブルに着席。寒くないと気遣ってくれるお母さん。今日は暖かいから大丈夫。
飾り気のない店内は昭和の食堂がそのまま。創業は昭和45年。
コロナ禍の現在はお酒の提供はしていません。隣も工事中なので駐車場が使えません。
FullSizeRender

カツ丼を頼まれる方が多いですね。
あちらはハンバーグ。
後から来た年配のご夫婦の奥さんはたぬきうどん。
うどん、ラーメン、カツ丼、チャーハン、カレー、チキンライス、餃子、肉炒め、何でもござれの大衆食堂。

カツカレーご飯半分でお願いします。
お母さんが奥のお父さんに、カツカレー半ライス!注文を通します。
テレビを見ながらしばし待ちます。
厨房ではお父さんが揚げるトンカツの音がピチピチと聞こえます。

お待ちどうさまと、お母さんが運んで来てくれたカツカレーは、小鉢には冷奴、味噌汁はアサリの味噌汁付き。ライス半分でも普通盛りくらいw
FullSizeRender

黄色いカレーです。最近ここまで黄色いのは中々お目にかかれません。
小麦粉のややとろりとしたカレーは、辛さも弱くやや塩味を感じて玉ねぎたっぷり。懐かしい味です。子供の頃食べたカレーはこう言う黄色いカレーでした。
カツは揚げたてなので熱々。食べ応えのある厚みです。このカレーには、福神漬がよく合いますね。
途中で、ソースをかけて味変。うん、こっちの方が懐かしさが増して美味しい。

アサリの味噌汁も美味しいですね。
カレーに味噌汁も中々の組み合わせ。

事故に遭って4ヶ月ほどお休みしてたそうで、右手が肩から上に上がらないってお母さん。
別のお客さんは、隣の敷地で解体作業も始まったので心配しちゃったって。
まだまだ頑張りますよとお母さん。
お父さんは、カブで出前ですね。気を付けて。

地元に愛される店、お二人とも無理せず、出来る限り続けて欲しいお店です。

2022/2/25

なんでも500円 ワンコイン食堂 よぅ

前から気になっていたお店ですが、コロナ禍でお休みもしていましたが復活しているので突撃です。
FullSizeRender

大泉学園桜並木のバス通り、住宅前のバス停の少し手前。
FullSizeRender

ワンコイン食堂と書いてあるように、色々なメニューは全て500円です。
牛すじがおすすめなのでしょうか、うどん、カレー、チャーハン、お好み焼き、焼そばとバリエーション。
ナポリタン、オムライス、餃子定食もありますね。
FullSizeRender

店内はカウンター8席。土曜日13時の入店で貸切、あと客1名。
お姉さんワンオペですやられています。

迷った挙句にナポリタンをお願いします。
なるほど、ケチャップで炒めた1人分の具材を小分けにしておいて、注文受けるとそれを温めて、茹で置きスパゲッティと炒め合わせる時短調理。
別フライパンでは目玉焼き。

鉄皿に、乗せられて、ナポリタンの上には目玉焼きが乗って登場です。
FullSizeRender

サラダもサービスで付いてきてますよ。
しっかり炒められて、ケチャップも先に炒めてあるので酸味が抜けていて美味しいですね。比較的飛ばないタイプですね。
麺はやや細めですが、ボリュームがあります。
下は熱々の鉄板で、上は目玉焼きで、中は熱々のまま食べ進めることが出来ます。
ソピオの基本形ですがしっかり炒められているので野菜はくたくたです。
目玉焼きが乗っているのがポイントめちゃ高いですよね。

後から来た方は牛すじうどんを注文。うどんを食べ終わるとご飯がサービスされて雑炊のように食べられるようです。
やはり牛すじ系メニュー行っておけば良かったかな?休みの日にふらっと昼飯を食べるのに良いかもしれません。
さて500円玉を置いて帰りましょう。

2021/11/20

生蕎麦に切替中 山田うどん食堂 朝霞店


あの、ダウドンが、茹でそばから生そばに変わったとの情報を得て、まだ少ない転換店へ。
朝霞浄水場の前、カカシ君がお迎えです。
FullSizeRender

店内結構混雑してますね。
カウンターに席を確保して。
FullSizeRender

あちこちに生そばに変更のPOPが出ています。
FullSizeRender

天ぷらそばにも惹かれましたが、ノーマルにかき揚げの乗った、天ぷらそばを冷たいのです。470円+冷しは20円で 490円。
FullSizeRender
FullSizeRender

しばし待てば登場。
FullSizeRender

大きなかき揚げが乗ってます。
早速蕎麦をいただいてみましょう。細身でつるりとしていてなかなか美味しいですね。コシもそこそこ。まぁ蕎麦の香りなんてものは期待しちゃダメですけど。
かき揚げは、えびやゲソが入っていて熱々でカリッと揚がって美味しいですね。

生蕎麦の流れに乗ってとのことなのでしょうか。うどんも国産小麦粉にはこだわるなど特徴を出そうということなのでしょう。
オペレーションの時間的にはあまり問題は無さそうです。
しっかりと冷やされていましたから美味しく感じましたが、温かい蕎麦だとどう変わるのでしょうか。

さて、帰るとしますか。

2021/7/31

魚屋さんならではの魚介 食堂 富水(とみすい)


富岡八幡宮様にお詣りしようと門前仲町まで。
そうだこちらでちょいと食べて行きましょう。
FullSizeRender
富岡水産、店頭では新鮮なお魚や、このご時世お弁当も販売中。
通路を入り、中が食堂になってます。奥が深いですね。結構人が入ってますね。
空いてる席にと、4人テーブルを占領。
FullSizeRender
ビール大瓶 750円は633の大人の義務教育。
富水定食 上 刺身 天ぷら 1150円。ご飯半分でお願いします。
こちらは料理が速攻出て来るので有名。作り置きもしてあるのでしょうが、冷めたりビチャっとしてないところが不思議。

瓶ビールを注ぎ、クーッと一杯やって2杯目を注げば、お料理が出て来ます。
FullSizeRender
上になると、刺身がマグロとブリになるんですね。
天ぷらは、海老、イカ、茄子、獅子唐。
当然ながら刺身は美味しいですね。ブリは、腹身で脂が甘い。
天ぷらもサクサクで美味しいですね。
ご飯半分でも量が多く普通盛りのご飯は美味しいのですが、とても食べきれません。

牡蠣フライも美味しそう。フライものも速攻出て来ますw あ〜牡蠣フライにすればよかったかなぁ… 魚屋さんの食堂はどこも美味しいですよね。
FullSizeRender
さて、お詣りに向かっていると、突然ボディーバックのベルトが外れて路上に、おや?封筒も落としたかな?コリャ落とし物だ。
お詣りしてから、門前仲町の交番にお届けしました。

2021/1/30

ギャラリー
  • 上海料理が美味しい 好又香(こうゆうか)
  • 上海料理が美味しい 好又香(こうゆうか)
  • 上海料理が美味しい 好又香(こうゆうか)
  • 上海料理が美味しい 好又香(こうゆうか)
  • 上海料理が美味しい 好又香(こうゆうか)
  • 祝再開 SOBA-JU(ソバージュ)
  • 祝再開 SOBA-JU(ソバージュ)
  • 祝再開 SOBA-JU(ソバージュ)
  • 祝再開 SOBA-JU(ソバージュ)
  • 祝再開 SOBA-JU(ソバージュ)
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ