けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のオジさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

野菜天

中休み無しが嬉しい 板蕎麦 山葵(旧店名 天龍庵)

爺さんの面会が終わって、腹減った婆さんをこちらに連れて来ました。住宅街の角、商店街の外れたところ。すぐそばにはTV取材で有名なスーパーアキダイも、店頭には秋葉社長の姿も見えます。
FullSizeRender

中休み無しなのがありがたい。
土曜の午後ということもあり、店内はそこそこ混み合っています。
ちょっと隠れてしまうデシャップなので、各テーブルには鈴が置かれてこれを鳴らして花番さんを呼びます。
FullSizeRender

婆さんは天丼の小さいのが食べたいとの事なので、板蕎麦と天丼小のセット 1280円(蕎麦は一口しか食べないのですが)
FullSizeRender

私は海老と野菜天ぷら蕎麦 1630円をお願いします。比較的価格は抑えめでセット物で1000円とリーズナブル。
FullSizeRender

壁に貼られたメニューには、春野菜の天ぷら蕎麦やカキとじ丼のセットなど魅力的なメニューも出ています。
先に薬味のセットが出て来ます。
FullSizeRender

鬼おろし、ネギ、白胡麻、揚玉と4種類。
さて登場。
FullSizeRender

大きめな海老が2本、大きなサツマイモ、レンコン、茄子、ピーマン、人参のかき揚げとボリュームたっぷり。ややぽってりとした海老は、ぷりぷりで美味しいですね。野菜はさっくりと揚がっていて美味しいです。茄子天が小さかったのが個人的には残念。サツマイモは大き過ぎw。
板蕎麦は、しっかりと冷水で締められていて冷たいですね。コシがありやや硬めの食感がイイですね。
つゆはややパンチにかける感じ、万人受けするお味です。
なかなかのボリュームです。婆さんの食べ残しの蕎麦も食べたので大盛り以上の量ですね。
セットメニューが豊富で、曜日によって100円引きのメニューもあります。
中休み無しなので遅めのお昼にも便利です。

2024/3/30

東京一の讃岐うどん うどん 丸香(まるか)

水曜半ドン、歯医者の前のランチタイム。
東京一と言われるこちらの讃岐うどんをいただきます。
店主さんは香川の名店「山越」で修業をされて創業は2003年。今では香川に帰らなくとも讃岐うどんが食べられるお店として香川出身者にも認知されているそうです。
FullSizeRender
外待ちは12人、お姉さんが注文取りに来てくれます。
FullSizeRender
FullSizeRender
お願いするのは、かけ月見うどん560円、野菜天盛 400円。普通盛でお願いします。
回転は良いので7、8分の待ちで店内に案内されます。
店内は撮影禁止。入れ込みが2列並んでいます。どんどん回転しますね。
入れ込みは向かいの方と目線が合わないように板が貼られているのですが、うどんを召し上がる時に前傾姿勢になると、こんにちはしてしまいますね。
奥の調理場では釜からうどんがドンドン茹で上がって行きます。
FullSizeRender
先に注文受けているので程なく登場。
並んでから10分で着丼でした。
ツヤツヤのうどんが綺麗に丼の中に収まっています。
ツルツルのうどんはコシもほどほどあり、もちもちとした美味しいうどんです。なんと言っても優しい味のいりこ出汁がたまりません。
やや長めのうどんがするすると喉を通り過ぎて行きます。
本日の野菜天盛はサツマイモ、レンコン、茄子とベストトリオ。サクサクの衣も美味しく、つゆに浸せば、また味わい深くなります。サツマイモはふかふか、レンコンはシャキシャキ、茄子はねっとり。それぞれの食感が楽しめて、ボリュームもあります。
あっという間にうどんを啜り終えて、つゆもゴクゴク完飲です。意見の分かれるところですが、あまり熱々では無いのでゴクゴク行けます。個人的にはもうほんの少し熱い方が良かったかな。

2024/3/13

ポツンと武蔵野うどん うどん 槙

先日カミさんと寄ったらメンテナンス休業だったのでリベンジ。
FullSizeRender

武蔵野うどんのお店です。
公共交通機関ではちょっと不便。駐車場はたっぷりとあるので車で安心。
11時半過ぎに伺いましたが、カウンターが2席空いているのみでほぼ満席。
FullSizeRender

入口右の券売機で何にしようかな。
武蔵野うどんはどちらのお店も量が多いですよね。
こちらは、ミニ 200g、小 400g、中 600g、大 800gとなっているので、基本の肉汁うどんミニ 600円。野菜天 小 200円をポチり。
かき揚げも良かったのですが、これも結構なボリュームなので。

お姉さんに券を渡して、茹でるのに10分ちょっとかかりますと告げられしばし待ちます。
寒いので、カレーうどん食べてる方も多いですね。
FullSizeRender

登場しましたよ。
ミニ200gでもそこそこのボリューム。
熱々の肉汁に、しっかりと締められたうどんをつけていただきます。
ゴシゴシの武蔵野うどんですね。小麦の香りもほんのりと。
つゆはカエシが効いてますが重く無く軽やかなものですね。豚バラ肉は食べ易い大きさですね。
薬味として、おろし生姜、ネギ、ほうれん草が添えられています。テーブルには、すり胡麻もあるので味変に。
天ぷらは、ピーマン、パプリカ、ししとう、カボチャ、人参、さつま芋。カラリと揚がってます。

隣の方は大を頼まれていて、ちょっと多いなと後悔してますw

左隣りのオバさん香水がキツいです。食事場所に香水を付けて来るってマナーが無いですよね。

一時外待ちも出ましたが、順次回転してます。

さて、お腹も落ち着いたのでお買い物に行きますか。

2021/10/19

自家製麺の生蕎麦 うちそば

休みの昼ご飯はこちらまで。
FullSizeRender 
雨降りということもあり13時過ぎの入店ですが席には十分余裕があります。
FullSizeRender
店入口に2台並んだ券売機で何にしようかな。
野菜天そば 590円をポチリ。
中に入って厨房カウンターで券を渡します。
温かい蕎麦で。

学生も多いので、セットメニューが充実しています。
FullSizeRender 
 天ぷらは揚げたてを出してくれるので揚げあがりまでしばし待ちます。
自家製麺の蕎麦は、この時間ある程度ロットで茹で上げてありますが、こちらも回転は良いのでほぼ茹でたて状態。

さあ天ぷらも揚り出来上がり。野菜天ぷらの方~と呼ばれます。
手前の4人席を占領。
FullSizeRender
蕎麦は、細身でコシがあり美味しいですね。適度につるりとしているので喉越しもイイですね。
天ぷらは、この時期嬉しい春菊、茄子、カボチャの3点。
春菊は今貴重品ですよね。一葉揚げです。茎もしっかりとした歯応え。
カボチャは柔らかめ。茄子はややトロリとして好みの揚げ加減。
つゆは今日特別なのでしょうか、辛いです。カエシが立って辛い。もう少しマイルドな方がよさそうです。

さて、4ボリュームもそこそこ、お腹も膨れたので帰るとしましょう。お米買わなきゃ。

2021/9/​9


区役所で十割蕎麦 渋谷ハチ公そば


渋谷区役所内に十割蕎麦屋があると聞きつけて、水曜半ドン。ハチ公バスで区役所まで。
FullSizeRender
区役所の1階にある飲食スペース。以前は「薩州そば前くら蔵」が入っていた場所です。一見フードコート的な雰囲気です。
NPO法人「ホープワールドワイド・ジャパン」が運営する、障碍者就労支援のお店。十割蕎麦、天ぷらがメインで、カレー 390円もありますね。カフェも併設されていてパンやスイーツも楽しめます。
FullSizeRender
入口右の券売機で、海老と野菜天せいろ 890円をポチり。交通系ICカードも使えます。

カウンターのお姉さんに半券渡すと番号で呼ばれるそうです。おっ100番キリ番ゲット。
せいろや、かけは390円から、タネが付くとお値段上がりますね。

広々としたフリースペースは、2人席でもアクリル板で区切られています。壁や窓際にはカウンターが設置されていて、そこかしこにアルコール消毒液も。密にはなっていませんね。

こちらは幌加内の農家から直送された蕎麦を使い十割蕎麦にして提供。他にも系列で「十割蕎麦小樽北勝庵」があり、それをノウハウを転用しているようです。
FullSizeRender
番号を呼ばれたので取りに行きます。
蕎麦は、星の入った挽きぐるみの濃いグレーの蕎麦。コシもあり、喉越しも楽しめるなかなか美味しい十割蕎麦です。
やや甘みのある出汁感がある本返し無化調のつゆです。
天ぷらは、海老、キス、カボチャ、ピーマン、パプリカ、さつまいも、茄子、玉ねぎとコーンのかき揚げと、品数も多いですね。菜種油とごま油で揚げられて、やや衣がもったりしていますが、軽い揚がり、なかなかの味わい。
天ぷらを付けるとそこそこの値段ですが、せいろやかけは390円からと十割蕎麦にしてはリーズナブル。
そばつゆは、とっくりでおかわりも付き、ネギわさびは多めの盛り、蕎麦湯もキチンと付いています。まぁおろし付き天ぷらの品数を考えると、890円はお得かも。

カフェの手作りパンやクッキーなどを楽しむ方もいて、フリースペースならではのまったりとした空間です。

2021/7/21

ギャラリー
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ