けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

路麺

遅いお昼は十割蕎麦 十割蕎麦 さ竹 恵比寿店

半ドンなのに代わりに勤務する所での業務説明が長い長い…もう16時ですよ…昼抜きで行ったからお腹空いた。
FullSizeRender
恵比寿と言えばこちらかな。
十割蕎麦のお店。
FullSizeRender
入口右の2台の券売機。セットものが強く主張して誘って来ますが、こんな時間だし我慢して、胡麻ダレもりそば 460円をポチり。
先客は、5名。
一番奥の厨房に券を渡し半券を受け取ります。
こちらは押出製麺の十割蕎麦。
プシュ〜っと茹で釜に直接イン。
茹で上がりを水で締めて出来上がり。
ミニ湯桶に蕎麦湯も付いてきます。
FullSizeRender
蕎麦はつるんとした中太。十割らしからぬツルツル感。食べた感のある蕎麦ですね。
胡麻ダレは、かなり濃厚。蕎麦が絡んで食べ終わる頃には胡麻ダレはほとんど残りません。
ワシワシと食べ進めあっと言う間に食べ終わります。

お隣には富士そばがありますが、断然こちらですね。
ガリ鯖メシも食べたかったんですが、まぁご飯は我慢と言うことで。

2022/6/8

絵に描いた立ち食いそば 六文そば 須田町店

水曜半ドン。業務引き継ぎに時間がかかって、神田まで来たけど軒並み中休み。
困った時にはこちらがある。
FullSizeRender

先客2名、後客2名。厨房周りのカウンター椅子席に着席。本当は角の立ち席が良かったのですが、先客で埋まり。
オヤジさんに、茄子と生姜で口頭注文。
茹で麺を湯がき、揚げ置きの天ぷらを乗せれば登場。現金引換。
FullSizeRender

興和物産のもそっとした茹で麺が立ち食いチックなお味。
つゆは六文全体に言えますが昔に比べると随分と優しくなりました。
生姜天のパリッとした食感と辛味を味わい、蕎麦を啜ればなんとも言えない美味さですね。
茄子天は大振りで少し柔くて美味しい。

天ぷらは昔に比べると段々と小振りになっているのは仕方ないですね。それでも天ぷら2個で510円はありがたい。
FullSizeRender

厨房周りのカウンターは、椅子に座ると高さが微妙なんですよね。ガラスケースに頭がぶつかりそうになるしw

神田藪蕎麦は定休日。珈琲ショパンに寄ろうかとも思いましたが、御茶ノ水駅まで歩きますか。

2022/6/1

19日オープン 立ち食いそば ねりま屋

19日にオープンした立ち食いそば店。
20日の昼過ぎ伺ったところ13時で昼仕舞い。
本日リベンジです。
練馬駅西口近くの北側、以前は保谷に移転したGOOD DAY SANDWICHESが入り、さらにその前はコッペパンの豪雪堂が入っていた、焼そば さぼりの隣です。
FullSizeRender
間口がかなり広いです。奥行はそれほどないのですが。エビ茶の暖簾がはためきます。「立ち食い」「そば」「とり天」の文字が。
FullSizeRender
入口の扉に貼られた営業時間は、11:00〜13:00、16:00〜20:00と言う2部制。立ち食いそばのお店としては、ちょっと中途半端。
FullSizeRender
入口左の券売機。ボタンは半分くらい。小型機種ではないので、後々メニューを増やす予定なのかもしれませんね。
左上は、とり天そば 500円。ポチり。
厨房のオバちゃんに券を渡して温かいのでお願いします。
木箱の麺箱から生蕎麦でしょうか取出して茹でて行きます。茹で時間からすると茹で麺なのかもしれません。
揚げ置きのとり天を乗せ、ネギとワカメで完成です。
カウンターは立ちで8人分ほどアクリル板で仕切られています。先客2名、後客2名。
奥にはテーブル席が4席。
FullSizeRender
ほんのり甘みのあるつゆ、香りも良く角もありませんね。
蕎麦は、少しもそっとする王道の組み合わせですね。
とり天は、一晩漬け込んだと言うしっかりと味の付いた鶏モモ肉。ボリュームありますね。

メニューを読み込んで見れば、セット物もあります。ミニそばやミニカレーもありますね。
ミニ天ぷらそばにミニカレーなんて組合わせも良さそうです。
金曜日だからカレーも付ければ良かったかなw

2022/4/22


笠置系のFC店舗 だるまそば 西新宿支店

今日の半ドンは、新宿でお昼。
笠置そばのFC系列、赤羽にあっただるまそば本店はもう無く、だるまそばは、こちらだけに。
FullSizeRender

たばこ屋さんの始めたFC立ち食いそばと言う立ち位置でしょうか。入口左に狭い喫煙スペースさえありますよ。
FullSizeRender

セット物も多く、入口左の券売機もボタン沢山。
FullSizeRender

ミニ豚生姜丼セット 630円をポチり。
厨房のお姉さんに、冷たい蕎麦半分、ご飯も少なめでお願いします。
蕎麦はお姉さん、ご飯はオジサンの担当。
オジサンは弁当の販売や揚げ物などもこなしている様ですよ。
生蕎麦の茹で置きをキチンと重さを測って茹通し、水で締めます。
器は冷蔵庫で冷やしてあるのが手間かけてますね。
器の隣の大きな醤油のボトルに入った冷したつゆを注ぎ、ワサビを乗せて、ネギを散らせば出来上がり。
茄子天があったのでお願いします 80円。現金払い。
オジサンのよそってくれた丼に豚バラ肉を乗せて完成。
FullSizeRender

椅子も設置されたカウンターでいただきます。
先客は3名、後客3名。13時半を回っているので落ち着いた店内。

蕎麦は笠置系の少し田舎風のもの。冷しなのでコシもしっかりあり喉越しもイイですね。
つゆはスッキリとしてワサビと合いますね。
茄子天は、揚げ置きですが、予想外に2つで80円。一つ一つは薄いですが、コスパが良いですね。
豚生姜丼は、甘辛く煮込まれた豚バラとほんの少しの玉ねぎが入って、コレはご飯進んじゃいますね。
流石に今日は皆さん冷たい蕎麦を注文されてますね。
FullSizeRender

しかし隣に出店とは、よもだ蕎麦も随分と強気ですね。でも、私ならば日によって使い分けるかもしれませんね。

さて腹ごなしに新大久保まで歩きます。

2022/4/13

金曜日カレー そば処 瓢箪

市ヶ谷に所用で来たならば、こちらに寄らずに帰れません。青いテントが目印。個人経営の立ち喰いそば店です。
FullSizeRender

金曜日カレーはこちらでポークカレー。
FullSizeRender
FullSizeRender

ボタンはポークカレーですが、中身は蕎麦。少なめでお願いします。
コロッケ乗せてもらいましょう。大盛り、トッピング、ミニ丼は、現金でお姉さんに渡します。
先客は1名後客3名。オールスタンディング。
オヤジさんが、むらめんの茹で麺を湯掻いて、つゆで割ったカレーをかけて、デフォのワカメとカマボコ、ネギを乗せ、コロッケ乗せて出来上がり。
FullSizeRender

むらめんの茹で麺は安定の立ちそばの味。
やや柔らかくてイイ感じ。カレーが絡んで美味しいですね。
カレーは、つゆで伸ばしてあるので、トロミは少なめですが、奥深い味がありますね。
ミニカレー丼もありますが、麺用と丼用ではカレーを作り分けるとか。
個人的にはカレーにワカメは要らないかなw
コロッケは、揚げ置きですからカレーに沈めて温めますが、なかなか温まりませんw
素朴な味わいがイイですね。
FullSizeRender

さて帰りますか。

2022/4/8

ギャラリー
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 7月末で閉店 吉田屋
  • 7月末で閉店 吉田屋
  • 7月末で閉店 吉田屋
  • 昭和レトロ 喫茶 銀座
  • 昭和レトロ 喫茶 銀座
  • 昭和レトロ 喫茶 銀座
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ