けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のオジさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

路麺

ラーメンストリートの新規TGS 米十(よねじゅう)

4月6日にプレオープンした堀切菖蒲園駅北側のラーメンストリートのハズレ、堀切5丁目交差点の近くの立ち食いそば屋さん。金曜カレーを求めて伺いました。「よねじゅう」と読むそうです。
FullSizeRender
なんでも松本の「手打そは庵 米十」の直営店とか。
12時半の入店で貸切。お客さん居なくてちょっと厳しそうですね。
ハイカウンターで立ち食いも出来るし、椅子もあります。
テーブル席も用意されています。
FullSizeRender
オススメはゲソ天そば、肉そば、かき揚げ天そばとの事です。口頭注文、現金先払い。
調理場は男性2人でオペレーション。
FullSizeRender
かき揚げ天そば 480円とカレーライス 280円をお願いします。開店当初は、カレーライスミニと名うっていたようですが、ミニが外れてます。
茹で麺を湯掻いて、揚げおきのかき揚げ天、ワカメ、ネギを乗せて出来上がり。
もう一人がご飯をよそりカレーをかけてこちらも出来上がり。
FullSizeRender
蕎麦はフガフガの茹で麺、割とライトな感じのつゆ。そうそう、立ち食いそばってコレでイイのよ、なお味。
かき揚げ天には、紅生姜も入ってアクセントになっています。小振りではありますが、ほぼ球状の食べ応えのあるかき揚げで美味しいですね。
手打ち蕎麦屋の直営店と聞いて蕎麦に期待しましたが、立ちそばに完全シフトの どストライクなTGS。
カレーライスは、聞いた通り普通サイズよりも多めですね。半分サイズでも280円で十分ですよね。
お味は蕎麦屋のカレーというほど出汁感はありませんが、そこそこ辛さもあり、ニンジンが大きめに入っていて、これはこれで美味しいですね。正に金曜カレーと言った味でしょうか。
お腹パンパンになってしまいました。
夜は松本の日本酒が飲めるようで、居酒屋的な展開も考えているのでしょうか。

2024/4/19

川崎の人気TGS 新八

早朝の用事を済ませて川崎まで遠征。
川崎市役所前のこちら昭和な店構えがTGSにピッタリ。
FullSizeRender
8時の入店で先客は2名、後客3名。
ガラスにメニューが写真付きで綺麗に並んでいます。
口頭注文、現金先払い。春菊天そば 450円をお願いします。天ぷらケースを見れば美味しそうな茄子天。コレもプラスでお願いします 50円。
セットものも充実してます。朝からカツ丼セットの方も。朝定食の方がこの時間は多いようです。
冷凍麺ですね。冷凍庫から小分けに出された麺を保冷バックに入れてあり、そこから袋を破いてテボに投入です。
冷凍麺は1分ほどで茹で上がりますから待ち時間はほとんどありません。
つゆを注いだ丼に茹で上げた蕎麦を入れて、春菊天は、ケースのではなく揚げたてを乗せてくれました。茄子天はケースから。ネギを乗せて出来上がり。
外に向かったカウンターに2つほどある椅子に腰掛けいただきます。スタンディングスペースもあるので詰めれば8名くらいはいけそうです。
FullSizeRender
蕎麦美味しいですね。茹で麺の様なフガフガ感はなく生蕎麦に近い食感と喉越し。
つゆはこの辺りの鶴見系ではなく関東風ですが、カエシは弱めで出汁感が出てますね。美味しいつゆです。
春菊天は、荒く刻んでまとめ揚げ、かなりザクッとした食感。苦味は弱め。つゆに直ぐに解けて蕎麦に絡みます。
茄子天は1/4ほどの幅ですが大きさがあり揚げ具合も良く外ザク中トロです美味しいです。
ついついつゆを飲み進んでしまいましたが我慢してご馳走様。
さてどっかでお茶でも飲んで帰ろうかな。

2024/3/20

駅近のオアシス 兎屋

本日の遠征連食は馬橋駅近くのこちらで。
FullSizeRender
元々はJR東日本系列のお店が駅構内で営業していたのが、閉店して独立系として再出発したようです。
店頭のメニューの貼り出しなど似ているお店がありますね。
FullSizeRender
店内の券売機で購入するのは、表の写真で季節天と書かれていた、小海老といか天そば 470円をポチり。
店内はL字のオールスタンディングのカウンター、先客1名。
ワンオペのお兄さんに蕎麦半分でお願いします。
見慣れた麺箱にはむらめんの文字が。
茹で麺を解して半分にしてテボに入れて湯掻きます。
つゆを注ぎ、揚げ置きの天ぷらとネギを乗せて登場。
FullSizeRender
綺麗なつゆです。先程暗黒つゆを食べてきたので余計に明るく感じます。
つゆは鰹節の出汁が効いた美味しいつゆですね。
むらめんの茹で麺との相性もバッチリ。美味しいです。
天ぷらも小振りですが厚みがあってボリューム感はあります。これも綺麗な揚げ上がり。
小海老とイカがそこそこ入っているので口の中で美味しさが広がります。
このところちょっと歯の具合が悪くてゲソ天は断念しましたが、ゲソ天も美味しそうです。
美味しいつゆはするすると喉を通り、完飲してしまいました。
肉そばや桜エビ天も美味しそうです。

2024/3/7

平打中太麺の焼そば 神保町やきそば みかさ 本店

水曜半ドン今日も歯医者さんの前のランチタイムで神保町。
閉店してしまった中野店には行ったことがありましたが本店はお初。
FullSizeRender
外待ち1名直ぐに席が空いたのでさほど待たずに入店。
左の券売機で選ぶと言っても4択。ソースか塩か、ノーマルがイカエビ入りか。
FullSizeRender
ソースのイカエビ入り 1000円をポチり。あれ?写真ボケてる。
FullSizeRender
麺量を聞かれます。並盛で。大盛も特盛も同料金。並盛はちょっと損ですかね。
カウンターのみ9席。奥の方に厨房がありロットで麺を茹で、焼いているようなので、狭間に入るとちょっと時間かかります。
FullSizeRender
しばし待てば登場。
お皿が熱くなってますのでお気を付けてくださいと言われて。
カウンターに用意されているトッピングは、紅生姜、揚げ玉、マヨネーズ、黒胡椒。
揚げ玉と紅生姜は必須ですよね。
北海道産小麦の平打中太麺、軽くウェーブがかかっています。カリカリに焼かれた豚バラ肉、崩されて焼かれた玉子、イカとエビも入ってます。
ネギが白髪ネギの様に麺の下に少し敷かれています。
味は濃いめです。私はこのくらいが好きですが、好みの分かれるところかもしれません。ご飯にワンバンして一緒に掻き込みたくなる様な味ですね。
ネギが濃い味の箸休め的に効いてます。ネギ増しもできる様です。
箸が止まらずあっという間に食べ進みます。大盛でも良かったかな。
最後はマヨネーズを添えて味変。カップの一平ちゃんのマヨビームをかけた時の味ですね。これもイイ。
学生6人とか外には並びが出来たり入れ替わったり。
相変わらずの人気店の様ですね。

2024/3/6

春の訪れ 信州屋

今日は搬入立会で午前中勤務。
帰り道せりそばが出ている情報を得てこちらで。こちらも1986年の開店ですから堂々と町になじんでますよね。
FullSizeRender
店頭にも幟が二本もはためき、せりそばアピール。
注文口のお兄さんに口頭注文。
せりそば 620円。お呼びしますと席の確保を勧められます。
程なく「せりそばの方〜」と声がかかるので取りに行きます。
窓際のカウンターでいただきます。
FullSizeRender
せりが沢山、真ん中には根っ子が一つ。
細身の茹でたての生蕎麦が美味しいですね。
ライトなつゆとよく合います。
沢山入ったせりの下には豚肉も入ってます。
それほど香りは強くありませんが、春の訪れを感じさせる味です。
根っ子は歯応えも良くこちらの方が香りが強いかな。
FullSizeRender
あっという間に啜り終えて器を戻してご馳走様。

2024/2/24

ギャラリー
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ