けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のオジさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

路地裏

路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)

今話題の行列店。2023年4月27日オープンで1年を経過。Instagramをうまく利用して人気になっているようです。
FullSizeRender
「駄目な隣人」「NIHONBASHI BREWERY」「東京ギョーザスタンドoolong」などを手掛けた方がプロデュース。オーナーはFPのサブビジネスとしてヘッドスパなどを経営する方。打ち出しとしては完璧ですね。
店の横には「そばだ屋」にバツ印。そうです、そばだ屋表参道の後のお店。
本日も行列ですね。若い女性やカップル、外国人もなんだろうと興味を持って並んでる人も。
オジさんはちょっと浮いてます。
若い女性が2人で入店しているので、回転は悪いですね。お話しも弾むし、召し上がるのもゆっくりだし…
FullSizeRender
先に店頭の券売機で、食券を購入して並びます。
オススメは塩鴨つけSOBA、角煮つけSOBAなどの様です。天たねは海老のかき揚げですね。
かしわ天つけSOBA 950円と卵天ぷら飯 350円をポチり。
FullSizeRender
結局1時間ほど並んで入店。食券と引換にプラ札を渡されます。
席は2階にあり、大きなカウンター10席と壁面のカウンター8席。席数も少ないのでコレも回転が悪い原因。
さて登場。
FullSizeRender
極太の蕎麦がトグロを巻くように綺麗によそわれています。
先ずはお蕎麦を一本。コシもありますがモチモチとした食感。蕎麦の風味は薄いかな。野川の蕎麦だそうで、毎日気候に合わせて打っているとの事。
FullSizeRender
つけ汁が美味しいですね。5種類の煮干しで出汁を取り出汁感が強い美味しいつゆです。カエシは控えめなので塩辛さはありません。極太の蕎麦に負けないつゆです。
白ネギと刻み柚子が付いて来ます。柚子を入れると上品な味になりますね。
FullSizeRender
カウンター上には、トッピングの数々。刻み海苔は海苔箱に入ってちゃんと乾燥しています。
天かす、ニラ胡椒、九条ネギ、ワカメが置かれています。
ニラ胡椒は辛めで美味しいですが、この味に振り切ってしまうので最後が良いかもしれません。
FullSizeRender
卵天ぷら飯は半熟に仕上がっているので、割ればとろ〜り。甘めの天つゆがかけられているので、コレだけでも良いかもw
極太なので、スルスルとは啜れないのでモシャモシャと食べなくては行けないのが、なかなか難しい。
言えば、ペーパーエプロンもいただけるようです。
店長さんは女子大生が飲食の企業をしたいと言う方だそうで、全体的にストーリーがあるお店の様です。
並びが少なければ良いんですが。
FullSizeRender
並ばなくて良いファストパスもある様ですが、500円かかる様です。

2024/6/12

路地裏の個人宅 喫茶こくん

歯医者さんまでまだ時間があるのでちょっと寄り道。
先日お亡くなりになった親方の錣山部屋に一礼して弔意を示してから、その前の細い路地を入っていくと、昭和な古民家に看板が出ています。
FullSizeRender
入口のガラス引戸は正に下町の玄関扉のそれ。
FullSizeRender
狭い土間で靴を脱いで靴箱に入れ、用意されたスリッパに履き替えて、喫茶店に改装された店内に。昭和レトロな空間です。
14時半で貸切でした。お好きな所にどうぞと言われ、カウンターに着席。
FullSizeRender
目の前には素敵なカップの数々。
FullSizeRender
お願いするのは、ストレートコーヒーも色々と用意されていますが、何種類かあるブレンドコーヒーの中から「白」中浅煎り 600円と自家製スイーツの どら焼きモンブラン 800円。栗とクリーム(あんなし)で。
セットで100円引きになりました。
FullSizeRender
カップを何にしましょうかと相談を受け、どら焼きと合わせて和風な感じで明るめなカップにする事に。
女性店主が丁寧に珈琲を淹れてくれます。
しばし待つとスイーツと一緒に登場。
FullSizeRender
温めたどら焼きにモンブランクリームがたっぷりと載っています。中には栗とクリームが。
温めてあるのがイイですね。餡子が無いので和菓子よりも洋菓子の趣き。美味しいです。
珈琲はスッキリとしていて酸味がほんのり。スイーツに合いますね。
中深煎りの珈琲も気になります。お食事メニューや他の自家製スイーツも。
FullSizeRender
店主さんと歯医者さんの話で盛り上がりながら歯医者さんに向かいます。
2024/1/10



小さくて広い老舗喫茶 喫茶プペ

水曜半ドン、歯医者さんまで時間があるので途中下車。
神保町の駅からテクテク8分くらい歩いて到着。大手町や竹橋、小川町からの方が近いかも。神田錦町、錦城学園高校の南側の路地にあるお店。
FullSizeRender

神田カレーグランプリに3年連続出場で数々のメディアでも取り上げられている喫茶店。
FullSizeRender

創業は昭和45年、1階に25席、2階に26席と見た目よりも倍の席数の店内。シンプルな店内は古さを感じさせませんが、調度品はそれなりに年季が入っていて、少し昭和レトロな感じ。大きな外に向けたガラスは解放感あるのですが、中が丸見えになってしまうので大きなバナーなどで隠しているのがもったいない。
FullSizeRender

自慢のカレーをお願いしようとも思いましたが、水曜日のランチは生姜焼きですよ。
いやいや、ここは基本で「自慢のナポリタン」 900円に目玉焼き 100円をプラス。ホットコーヒーを食後でお願いします。
11時から13時は禁煙ですが、この時間は喫煙可なので、プカプカする方もチラホラ。先客は5名。
しばし待てば登場。
FullSizeRender

細麺ですね。ハピオにしめじと珍しくミニトマトが半分に切られて焼かれて入っています。トマト感上がり、ほんのり酸味がイイですね。
炒めしっかりで気を付ければ飛ばないタイプ。
ケチャップの甘みも出て美味しいです。
目玉焼きも黄身は、ほぼ生でイイ感じ。
そこそこのボリュームもあって丁度良い量です。
FullSizeRender

コーヒーはまとめて落としているようです。すっきりとして癖のない味です。
やっぱりカレーも美味しそうです。次回はしっかりと食べてみたいと思います。
さて歯医者さん行きますか。

2023/12/20

路地裏の名店 洋食屋 POND(ポンド)

先日ランチタイムを逃してしまったこちら。
こんなところにと言う路地裏に創業は2015年から地元に根付いた洋食店。
1ポンドステーキが有名ですね。
FullSizeRender
今日は開店と同時に入店。
ランチメニューは魅力的なメニューが並びます。
FullSizeRender
ハンバーグ、エビフライ、鯵フライ、しょうが焼き、唐揚げなどの組合せ、カツカレー、ナポリタン、どれにしようか目が移ります。
ここは一番目のメニューをお願いしましょう。
国産牛のハンバーグとエビフライ定食 1000円。
あっライス半分で。
カウンターの中は厨房が見渡せるオープンキッチン。
明るい店内は気持ちが良いですね。

しばし待てば、牛骨出汁のワカメスープの登場。
FullSizeRender
程なくプレートが運ばれて来ます。
真っ直ぐに伸びた2本のエビフライにはタルタルソースが添えられてます。
国産牛のハンバーグにはデミグラスソースがたっぷりかかっています。
サラダ、インゲンの胡麻和え。
エビフライは熱々のぷりぷり。タルタルソースもイイ味ですね。
ハンバーグは細かくミンチされていて、少し酸味を感じるコクのあるデミグラスソースがちょうど良い塩梅。
箸休めのインゲンの胡麻和えが美味しいですね。
他の魅力的なメニューに惹かれますね。次回のメニュー選びも迷いそうです。

2023/11/30

老舗喫茶 ラドリオ

まだ時間に余裕があるのでお茶でも飲んで行こうかなと、神田伯剌西爾の地下に降りて行ったらお一人待ちが居たので階段を戻り、向かいの路地を入ってこちらに。
FullSizeRender
重厚な店構えは歴史を感じさせます。創業は1949年。
ラドリオとはスペイン語の煉瓦の事だそうで、名前の通りレンガが積まれた入口から店内へ。このレンガ東京駅と同じ物とか。ハーフティンバー様式はさぼうるにも採用された当時の流行りの建築様式。
FullSizeRender
2000年の傾いた建物の改装の際に床はレンガを一層張り足したそうで、凸凹も無くなりました。
明るい若い女性店員さん達がメインで働かれていて、店内のレトロな雰囲気に爽やかな彩りを添えています。店長さんも今年の5月から8代目になったようですね。
奥の席を案内されて、お蕎麦を食べて来たので、人気のナポリタンやチキンカレーは我慢してと。
FullSizeRender
ケーキセット800円をお願いしましょう。
本日のケーキはレモネードかショコラという事でショコラをお願いします。
飲物は、こちらのお店が日本で初めて提供されたと言われるウインナーコーヒーを。
落ち着いた店内には、シャンソンが流れます。最近はJAZZも流す様になったとか。
FullSizeRender
ショコラケーキは胡桃の入ったパウンドケーキ。しっとりとしていてコクがあります。添えられた生クリームとの相性もイイですね。
ウインナーコーヒーは、硬めの生クリームがたっぷりと。コーヒーに蓋をして冷まさないようにと言う謂れもあるとか。
硬めの生クリームはコーヒーの温度に負けず最後までしっかりとしています。直ぐにコシが抜けてしまうお店もありますが、元祖は流石に違います。
夜はバータイムになり、お酒もいただけるお店です。
さて、この空間にずっと浸っていたいのですが、そろそろお時間なので移動しましょう。

2023/11/22

ギャラリー
  • こちらも閉店 珈琲貴族 池袋店
  • こちらも閉店 珈琲貴族 池袋店
  • こちらも閉店 珈琲貴族 池袋店
  • こちらも閉店 珈琲貴族 池袋店
  • こちらも閉店 珈琲貴族 池袋店
  • こちらも閉店 珈琲貴族 池袋店
  • 確かにお得な丸得定食 丸富食堂 池袋東口店
  • 確かにお得な丸得定食 丸富食堂 池袋東口店
  • 確かにお得な丸得定食 丸富食堂 池袋東口店
  • 商店街の珈琲専門名店 実川珈琲
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ