けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

茹で麺

王道のTGS 伊藤松吉商店 高円寺店

このところ立ち食いそばしてないなと、高円寺のこちらに。
FullSizeRender

店前の道路にパーキングメーターがあるので便利ですね。
14時前で先客1名、後客1名。
FullSizeRender

入口右の券売機で、ゲソ天そば 460円と茄子天 80円をポチり。
カウンターでお兄さんに、冷たい蕎麦半分でお願いします。
カウンターに着席。セルフの水をとってしばし待ちます。
FullSizeRender

お兄さんが50円バックしてくれました。あ〜ミニそばにすればよかったのね。
FullSizeRender

セルフネギのケースが置かれ、丼の登場。ワサビは別皿。
FullSizeRender

ゲソ天は、やや大きめに切られていて歯応えたっぷり。タウリン摂ってるって感じ。
蕎麦は茹で麺のもそもそ。これですよね。立ち食いそばは。つゆはややしょっぱ辛い関東のもの。
茄子天は火通りも良く少し柔くてイイ感じ。

茹で麺、揚げ置き天ぷらの王道TGSですね。

2022/9/1

蕎麦がオリジナルに のじろう

蕎麦がオリジナルに変わったとの情報で伺いました。
FullSizeRender

土曜日の昼、先客は3名と表のテーブルにはママ友家族が4名。
FullSizeRender

冷しでいただこうと、50円券をポチり。あれ?とり天ってボタンなかったっけ?
FullSizeRender

かけそば 340円に、トッピング 150円。冷し50円で 540円。
厨房に、蕎麦半分で冷し、とり天を伝えます。

とり天は別皿にしてくれました。
カウンターのセルフ揚玉を少し載せて。
FullSizeRender

蕎麦は、更に田舎感が強くなりましたね。やや太めでコシも強く美味しい蕎麦です。
とり天は揚げ置きですが、柔らかで美味しいですね。
クッキリとしたつゆが全体を引き締めます。
FullSizeRender

またまた進化したこちら。
やはり立ち食い蕎麦好きなオーナーの探究心は止まりません。

2022/7/30

5月オープン 西新宿五丁目駅 そば家

都庁で4回目接種を終えて、新宿中央公園を抜けて熊野神社に夏詣。
方南通りを歩いて西新宿五丁目駅。
5月にオープンしたこちら。以前は狭山そば、さらに昔は清水橋のあった場所ですね。
FullSizeRender

1階が厨房と立ち食いカウンター、急な階段を上がり2階は椅子席という作りは、狭山そばのままですね。

冷しも始めたようで、店頭に看板が。
FullSizeRender

券売機のメニューは、それほど多くはありません。かけ、もり、玉子、きつね、とろろ、わかめ。
天ぷらは、かき揚げ、紅生姜天、とり天、海老天、コロッケ。春菊天やゲソ天はありません。
カツ丼、ネギトロ丼、カレー、カツカレー、ミニカレーが用意されていて、セット物もありますね。
天玉 520円をポチり。千円札と50円入れたら、お釣りが40円しか出て来ません。530円なのに…お姉さんに言って10円と500円を交換してもらいました。

そば、うどんを聞かれますので、そば半分でお願いします。
厨房の中は珍しく若い女性3名でのオペレーション。
むらめんの麺箱の茹で麺を湯掻いて、つゆを注ぎ、揚げ置きのかき揚げを乗せ、ネギと玉子を乗せて出来上がり。
FullSizeRender

1階の敷地の関係で三角になったカウンターでいただきます。
蕎麦はむらめんの細めな茹で麺。安定の美味しさですね。ツルッとした食感も喉越しもイイですね。まぁ茹で麺ですからコシは弱いですが、美味しい蕎麦です。
つゆは甘めでカエシ強めのガツン系。出汁感は弱いかな。
天ぷらは、小振りですが、玉ねぎが大きめなので食べた感がしっかりあります。生卵ですが、30円プラスで温玉も選べるようです。

個人店が少ない今、新規開業されるお店は応援したいですよね。
天ダネとかこれからも期待ですね。

2022/7/21

駅前ガード下 立ち蕎麦 つるや

先日定休日で振られてしまったので。
FullSizeRender
お昼前なので先客2名、後客2名。1階が立ち喰い、2階がめん処と別れています。
FullSizeRender
入口左の券売機でヒヤタをポチり。
FullSizeRender
ずらりと並んだ揚げ物ケースは、どれも美味しそうでそそりますが我慢して。
ケースの先でお姉さんに、蕎麦半分でお願いします。日本語の上手な外国人店員さん。つゆは普通で良いのと聞かれハイオッケー。実に丁寧に具材を載せて登場。
店内はそのまま立っても食べられるカウンターがぐるり。アクリル板で仕切られて。
椅子もあるので座って食べられます。
FullSizeRender
きゅうり、錦糸卵、ネギ、たっぷりの揚げ玉。
蕎麦は、フガっとする茹で麺。この蕎麦は、温かいつゆで、もそもそ食べるのが良いかも。
つゆは、しっかりと寝かせたそうで、キリッとしていてなかなか美味しい。

一時はインバウンド需要も多かったそうで、その名残のてんないの色々な表示が物語っています。
店頭の蕎麦を上げ下げする動く看板も、インバウンド受けなんでしょうね。

さて移動しましょう。

2022/7/8

7月末で閉店 吉田屋(閉店)

朝昼は、立ち食い蕎麦、夜は寿司の二毛作店。
幸寿司の看板が目立ちますが、立ち食い蕎麦は吉田屋。ご家族で営業されてますから、難しい事はいいんです。
創業は昭和51年。なんと7月末で閉店してしまうと言う話を聞いて。
FullSizeRender
今日は女将さんいないですね。娘さんかな?とおじいちゃんでオペ。
女将さんの旦那さんは大井町でやはり二毛作のお店をやっていると言う稀有なご夫婦。
先客は3名。
椅子は表に出されて、カウンターには立ち食い蕎麦用の台が置かれています。
FullSizeRender
蕎麦半分で、天玉を願いします。あ〜味玉にすれば良かったかな。
茹で麺を湯掻き、つゆを注ぎ、仕入天ぷらを乗せて卵を割り入れれば完成。
FullSizeRender
懐かしさも覚える、フガフガの茹で麺がなんとも言えない味。
色は濃いですが、スッキリした、ほんのり甘みを感じる出汁感のあるつゆとマッチしてます。
天ぷらは仕入と聞きますが、ヘナっとポテッとしたどちらかといえば、ヘナ天が、実に立ち食い蕎麦らしさを出しています。

区画整理で取り壊しとのことですが、そんなにしてまで、交通量や利便性が上がる開発なんでしょうかネ。

夜の寿司も食べてみたいですね。

2022/6/23

ギャラリー
  • 上海料理が美味しい 好又香(こうゆうか)
  • 上海料理が美味しい 好又香(こうゆうか)
  • 上海料理が美味しい 好又香(こうゆうか)
  • 上海料理が美味しい 好又香(こうゆうか)
  • 上海料理が美味しい 好又香(こうゆうか)
  • 祝再開 SOBA-JU(ソバージュ)
  • 祝再開 SOBA-JU(ソバージュ)
  • 祝再開 SOBA-JU(ソバージュ)
  • 祝再開 SOBA-JU(ソバージュ)
  • 祝再開 SOBA-JU(ソバージュ)
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ