けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

老舗

喫茶店なのにカレーが有名 COFFEE HALL くぐつ草

今週の金曜日カレーはこちらで。
FullSizeRender

雨も降ってるしそれほど混んでいないだろうと読んで、急な階段を地下に降りて14時半を過ぎて入店。予想通り席に余裕があり、お好きなところへどうぞと案内されます。
FullSizeRender

吉祥寺は、カレー専門店やインド料理の他にカフェや喫茶店で出すカレーが存在感出してますよね。
こちらもその筆頭。元は操り人形の劇団員の副業のための喫茶店。創業は昭和54年の老舗です。カレーは、開店から5年ほどしてから出す様になったとか。
店内の内装も当時の劇団員達がコツコツと仕上げた木と土壁の趣のある店舗。一番奥には坪庭もあり、地下にいる事を忘れる様な不思議な空間です。
FullSizeRender

お願いするのは、くぐつ草カレーセット 1750円。ご飯少なめで、ドリンクはストロングコーヒーのホットで。セットは、サラダとドリンクが付きます。

しばし待てば、カレーの登場。
FullSizeRender

粘度はそれほどでもありませんが、しっかりと煮込まれたカレーです。豚肉もコロコロと入っていますね。
ライスの上には干し葡萄が並び、付け合わせはピクルス、らっきょう、生姜甘酢漬(ガリですね)
グレピーレードルで、カレーをライスに乗せて一口。
うんうん、スパイシーで深みのある美味しいカレーですよね。
大量の玉ねぎをじっくり煮込み、十数種類のスパイスを麻袋に入れて1日かけて煮出すなど、手間のかかったカレーは、インド系のカレーとはまた違いやみつきになる味ですね。
FullSizeRender

ストロングコーヒーはネルドリップで淹れて、こちらもしっかりと深みのある味で美味しいですね。

さて、少し混雑してきた様です。腰を上げますか。

2022/5/13

創業明治33年の駅そば 川村屋

天気も良くなったので遠征して桜木町。
改札の脇にある創業明治33年の老舗。昔は洋食屋さんだったそうで。
駅の移転や改装で何回かの移動縮小を繰り返しながら、平成元年からは蕎麦のみとして続いています。
1日千杯売り上げることもあるとか。
FullSizeRender

改札側の入口と野毛側の入口、それぞれに券売機があります。
FullSizeRender

野毛側の歩道の部分には、テーブルが出されていて、こちらで食べることもできます。
FullSizeRender

名物のとり肉そば 390円をポチり。
お姉さんに券を渡して蕎麦半分でって言ったら困ってた。ごめんね。

茹で麺の袋麺。湯掻いて半分に分けてくれました。
小さなバットに小分けされたとり肉をオン、ネギを散らして出来上がり。
椅子席のカウンターには、アクリル板が設置されてます。
FullSizeRender

つゆの香りがイイですね。
蕎麦はやや茶色の少し太めの田舎風の蕎麦。
茹で麺ならではの食感。少しざらっとした感じもありますね。
つゆが美味い。香りは本鰹節で口に含むと鯖節の奥のある美味しいつゆ。ほんのりと甘みを感じます。
とり肉は、一晩甘辛ダレに漬け込んだもので、全体のバランスを整えています。

さて、移動しましょう。

2022/4/6

田無の老舗 さらしな総本店 田無店

田無に所用があってお昼時。
駅からほど近い路地の奥にあるこちら。専用駐車場もありますが、途中の道が結構狭い。ひらがなで「さらしな」堀井や永坂とはまた別の系統のお店。中野にも店舗がありますね。
FullSizeRender

3名で伺ったので、1Fは入れず2Fに案内されます。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

基本の天もり 1800円をお願いします。
昼時で混雑していますから少し時間はかかります。

さて登場。
FullSizeRender

海老2本、カボチャ、茄子、インゲンの天ぷらはカラッと揚がってます。
蕎麦は東京二八蕎麦をうたっています。盛りもそこそこありますね。
細身では無い蕎麦は喉越しも良く美味しいですね。つゆは辛くも無く甘くも無く中庸なお味。
サクサクの天ぷらと共にいただけば、あっという間に完食。
蕎麦湯はやや白濁タイプ。
FullSizeRender

甘味や、蕎麦前も充実。お酒の種類もありますから楽しめそうです。
美味しいお蕎麦でした。

2021/12/25


年末で閉店 吉見うどん(閉店)

富士見台商店街を少し歩いたところにある手打ちうどんのお店。
実は、@GotoMitsuro さん情報で、年末で閉店と言う話を聞いておっとり刀で訪問。
創業昭和44年の老舗。地元に愛され、西武池袋線沿線のうどん屋さんで必ず名前が出てくるお店。
FullSizeRender

テントは綺麗になっていますが、いかにも昭和な店構え。
11時から19時までの通し営業が嬉しいですね。
14時半の入店。入れ替わりでお一人退店、先客1名。4人席が6つと丁度良い広さ。
FullSizeRender

入口左には使い込まれた打ち場が鎮座。
お父さんワンオペですね。お母さん買い物かしら。
FullSizeRender

温かい店名を冠した「吉見うどん」550円!をお願いします。
リーズナブルな価格帯が嬉しいですね。
うどんを茹で、野菜を刻んで小鍋でつゆを温めます。
しばし待てば着丼。
FullSizeRender

ふんわり鼻腔をくすぐる鰹節の香りが第一印象。
小松菜、えのき、椎茸、油揚げなどが刻まれて、大振りの丼にたっぷりと。別皿で刻みネギ。
つゆを一口。ダシが効いた優しいお味。花鰹が追い鰹となって風味が良いですね。
手打ちうどんは、表面はつるりとしてモチッとした食感。コシもありますが、いわゆるガシガシ系の武蔵野うどんとは異なりますかね。様々な幅に切られたうどんは、それぞれの食感とつゆの絡みで楽しめます。太めや細め、捻りのある無し、脇のビラビラなど変化に富んで、とても美味しいうどんです。
食べても食べても減りませんw
壁の札に書かれた、これより左は大盛り出来ません。の文字。いやいや普通で十分大盛りですから。
つゆが結構熱く、それを吸った油揚げが曲者wジュワッとシミ出す熱々のつゆに火傷しそうになりながらの戦い。

お腹いっぱいになってなおつゆを飲み続けてしまう美味しいうどんです。
FullSizeRender

買物から帰って来たお母さんに会計を勘違いしたお父さんが怒られてて。
お母さんに聞いたら、年内で終了との事。このマンションが50年以上経って取り壊しなのだそうです。もう50年以上やったから、今更借金したくないって言ってます。
少しゆっくりされたらイイですね。

美味しいうどん屋さんが無くなってしまうのは寂しいですね。

牛蔵の売店寄ろうと思ったら14時迄で中休み。大人しく帰りましょう。

2021/12/8

老舗の味わい 船橋屋 亀戸天神前本店

京島まで来た途中目の前を通ったので寄りました。
季節になれば藤棚が綺麗なんですけどね。戦後すぐに建てられたお店です。
FullSizeRender

イートインスペースはガラガラでしたが、お持ち帰りは3人待ち。

白玉あんみつとくず餅を購入。
FullSizeRender

白玉あんみつは、白玉の他にくず餅も入ってます。
餡が甘過ぎなくてイイですよね。
まめかんがまたアクセント。
FullSizeRender

東京生まれにとって、くず餅と言えば船橋屋のこちら。小麦澱粉を発酵させたものだそうです。関西の葛を使ったくず餅とは異なります。
黒蜜ときなこがイイですよね。
子供の頃はきなこが苦手でしたが、今はこれが無いとネ。
FullSizeRender

老舗の和菓子って伝統の安定感がありますよね。

2021/12/3

ギャラリー
  • みっしりと餡子 たいやき ひいらぎ
  • みっしりと餡子 たいやき ひいらぎ
  • みっしりと餡子 たいやき ひいらぎ
  • 牡蠣と聞いては見逃せない おにぎり維心 恵比寿店
  • 牡蠣と聞いては見逃せない おにぎり維心 恵比寿店
  • 牡蠣と聞いては見逃せない おにぎり維心 恵比寿店
  • 牡蠣と聞いては見逃せない おにぎり維心 恵比寿店
  • これは本当の讃岐うどん こがね製麺所 恵比寿店
  • これは本当の讃岐うどん こがね製麺所 恵比寿店
  • これは本当の讃岐うどん こがね製麺所 恵比寿店
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ