けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

老舗

えっ!アサリ? どん底

水曜日の半ドン。SOBA-JUに行ったらやってなかった…
FullSizeRender
ほぼ隣のこちらは創業1951年の老舗居酒屋。有名店ですね。ランチもやってます。
FullSizeRender
やや薄暗い店内には色々なお酒の瓶が並んでいます。ボトルキープの目印も付いてますね。
文化人も愛した酒場。落ち着いた雰囲気です。

FullSizeRender
カウンターに案内されました。昼飲みしても良いのですが、ここは我慢して。

FullSizeRender
ランチは、牛すじカレーや厚切りチャーシューが有名ですが、何気にナスと茗荷の味噌炒めや林さんのライスなどの和風メニューも。
ここは、ナポリタン 850円をお願いします。
夜でも人気のメニュー。ランチは、​サラダとポタージュスープが付きます。
大盛り無料みたいですね。
FullSizeRender
ちゃんとしたサラダと、冷製ポタージュにカリカリのパンが出てきました。これが美味しい。
厨房の方は買出しに行っちゃってるみたいですが程なくお戻りに。
あまり大きな音は聞こえませんが、出来上がったようです。
FullSizeRender
綺麗に盛られたナポリタン。
炒め少なめ、気を付けないと飛んじゃうタイプ。
タバスコを振り、飛ばないようにチーズ多めにかけておきます。
麺は中太麺、一口いただけば、オッ!コレは面白い味。アサリが入って貝出汁が出てますね。
具材は、ソピオマッシュの基本形にアサリです。
これはこれで、なんか収まってる味ですね。美味しいです。
パクパクと食べ進んであっという間に完食。

後客は、ジントニックを注文。グラスビールは我慢しましたが、その手がありましたね。

さて百貨店でも冷やかし​ますが。


2021/10/13

ちゃんぽんの有名店 長崎飯店 渋谷店

らーめん はやし、喜楽、どちらにも振られてガックシ。吉そばでも食べて帰るかとテクテク。雨上がって良かった。道玄坂を歩きながら、そうだディープな路地のこちらに寄ることに。
FullSizeRender 
創業昭和50年、昔から続く長崎ちゃんぽん、皿うどんで有名な中華料理店。
井の頭五郎さんも来店w
FullSizeRender
ピークは過ぎましたが奥の丸テーブルへ案内されます。先客は手前のテーブル席に3名、奥の丸テーブルにはお一人様4名。丸テーブルには一人一人アクリル板で仕切られています。中心の回転テーブル部分も真ん中に横一線区切られて、コロナ対策バッチリです。壁には大きな声や笑い声はご遠慮くださいって。
ちゃんぽんも皿うどんも食べたいけど、量が多いからなぁ。麺少な目で頼むかなぁ。
皿うどんは、硬麺、柔麺が選べるんですが…柔麺を頼もうかなぁ。
​皿うどん柔麺を頼む方が多いですね。

悩み悩んで、木須肉(ムスロ)セット 900円をご飯半分でお願いします。
厨房に近いので、卵を溶く音、中華鍋のジャーという音などなど食べる前に音で楽しめます。
しばし待てば、スープ、香の物、ご飯、蒸し餃子が登場。その後木須肉も登場。
FullSizeRender 
玉子たっぷりフワフワです。肉は柔らかく、キクラゲもしっかりと入っていて、餡のとろみも丁度いい。美味しいですね。
蒸し餃子は作り置きでしょうが、温かくあらかじめかけられたタレが主張しなくて丁度良い。餡は少な目ですが蒸してあるので皮がもっちりとしています。
ご飯半分でも普通のご飯茶碗一杯分はあります。
スープは鶏出汁のちゃんぽんスープに近い味。
木須肉の量もしっかりあってお腹いっぱいです。

さて朝の土砂降りで靴の中が気持ち悪いので早いところ帰るとしましょう。

2021/6/16




昔からの味 兆楽


渋谷に移動してきてこちらの町中華。
前の東京オリンピックより以前からやっています。昔々はもう少し狭かったですよね。
渋谷の宇田川町交番の真裏に位置します。その昔は個人営業でしたが、10数年前に買収されたそうで、その時に若干メニューが変わりました。
良く使うようになったのは高校時代だから45年近く通っています。
ルースチャーハンやルース麺、青椒肉絲の肉絲が、有名なこちら。
餃子も220円と破格。ラーメンは600円です。
FullSizeRender
先客は10名、右側にはテーブル席が2つ。後は調理場を囲んでぐるりと14席のカウンターです。特にパーテーションなどは設置されていません。
研修中とバッチをつけた新人君何をして良いかまだ分からないようです。

FullSizeRender
​瓶ピール 500円と、醤油焼そば 750円をお願いします。
チャーハン、餃子担当の親父さんと、肉絲(ルース)や、炒め物を作るお兄さんの、コンロは二人体制。

さほど待たずに到着。

FullSizeRender
コレコレ、野菜と肉ともやしとちゃんとキクラゲ。私は少しお酢をかけて食べるのが基本。
美味しいですね。この味ですよ。懐かしい味です。
隣の若いお兄さん二人は職場が一緒なのでしょう。昼休憩で食事に来ているようで、お話ししながら…黙食お願いします。

さて少し歩き回って消化してから帰りますかね。


2021/3/6

元祖カレーパン カトレア洋菓子店 森下店

過去投稿【2021/2/13】
森下の元祖カレーパンで有名なこちら。
20210213_030712000_iOS

コロナ対策で入場制限しながら営業中。
パンもそれぞれビニール袋に入れられています。
次々と焼き立てのパンが出来上がってくるので、タイミングが合えばお好みのパンが焼き立てでゲットできます。

当然元祖のカレーパンを購入してテイクアウト。
20210213_103625000_iOS

粘度のあるカレーがもったりと、美味しいですね。
辛さもちょうどイイ。
地元に愛されるパン屋さんです。

2021/2/13


創業大正3年 八ッ手屋


途中下車して大正3年創業のこちらに。
建物は戦後の建物ですが趣がありますね。
FullSizeRender

引戸をガラリと開けて、入口右で、口頭注文先払いです。
FullSizeRender

天丼が、中 800円と、上 1100円。天重箱 1450円、天ぷら定食 1800円。
上をご飯軽めでお願いします。
テーブル席は、4人席5つに6人席。後は小上がりですね。先客は3名でしたが、バラバラとテーブル埋まりましたね。お弁当を頼みに来た若いカップルも。
FullSizeRender

昭和感の店内は落ち着いていて何故か気持ちが和みます。
揚げ場にはご主人が構え、ご飯と盛り付け担当お姉さん、配膳とホールのおばちゃんの3人体制。
開業時4人で始めたから店名を八つの手としたとか。

さて登場。
FullSizeRender

海老2本、インゲン、イカのかき揚げ。
胡麻油で揚げられた江戸前の天婦羅。
タレがやや辛口で天婦羅はつゆをくぐっていますが、サクッとした部分も残り胡麻油とあって美味しいですね。海老はプリッとしています。インゲンの歯応えが良いですね。イカのかき揚げはゲソ天ではなくちゃんと身が刻まれています。
ご飯に適度にかかったタレがいい塩梅。良くびちゃびちゃの店がありますが、こちらはそんなことは無い。
ご飯軽めでもしっかりお腹にたまります。

さて移動しますか。

2020/11/24

ギャラリー
  • 高架下の喫茶店 元町珈琲 石神井公園の離れ
  • 高架下の喫茶店 元町珈琲 石神井公園の離れ
  • 高架下の喫茶店 元町珈琲 石神井公園の離れ
  • 高架下の喫茶店 元町珈琲 石神井公園の離れ
  • 旬香る舞茸天 小諸そば 渋谷新南口店
  • 旬香る舞茸天 小諸そば 渋谷新南口店
  • 旬香る舞茸天 小諸そば 渋谷新南口店
  • 旬香る舞茸天 小諸そば 渋谷新南口店
  • 今は喫茶のみ BANFF(パンフ)
  • 今は喫茶のみ BANFF(パンフ)
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ