けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

純喫茶

野村萬斎も愛用 泥人形

創業1980年の老舗喫茶店。
首都高4号線の脇、千駄ヶ谷や北参道から5分くらいでしょうか、お店は地下にあります。
FullSizeRender
近くに能楽堂もあるので、野村萬斎さんも来店していたとか。
FullSizeRender
ランチタイムは盛況です。フードメニューが豊富で近隣のサラリーマンや女性客で賑わっています。
FullSizeRender
特徴的な天井のステンドグラスは、こちらが入る前からあるそうで。
椅子の背中には天秤座のマーク。マスターの星座だそうです。
喫煙可で、愛煙者も多いので、煙がダメな方は用確認。
FullSizeRender
ランチは、フライ盛り合わせ。アジフライ、メンチ、唐揚げだそうです。
サービスはミートソース、ピラフです。
やはり定番のナポリタンをお願いしましょう。
高畑充希さん演ずる忘却のサチコで出てきたナポリタン。

昼時でまとめて作っているようで、先のナポリタン注文の方は、まだですか?って。
3人前同時で出来上がり。あまり待たずに登場。先注文の方申し訳ない。
FullSizeRender
べピオの基本に、縦半分に大きく切れ目の入ったソーセージが一本。おやおや小海老も入ってますね。
ピーマンとオニオンはシャキシャキの食感、その分炒めは浅めですね。気を付けないと飛んじゃうタイプ。
麺は中太麺で少しモチっとしています。
味付けとしては好みのやや甘さの出た酸味控えめのケチャップ味。
FullSizeRender
ホットコーヒーはマシン抽出でしょうか泡々です。
フードメニューに合うクセのない味。

13時を回って2回転目のお客さんもゾクゾク。周りで電子タバコを吸われる方も。
そろそろ退散しますか。

2022/12/2

観音裏の硬いプリン 珈琲舎ダンケ

連食でお腹も膨れたので、コーヒーを飲んでから帰ろうと、観音裏のこちらに。
FullSizeRender
9月にTV初登場とかで、混雑もう落ち着いたかなと訪問。
向かいはセキネベーカリー。

マスターご夫婦でオペレーション。創業50年くらいとか。
先客は1名後客1名と、平日の昼過ぎですから地元の方しか居ない感じ。浅草からもかなり歩きますから。
FullSizeRender
お願いするのは自家製プリンのマイルドブレンド。
食事メニューも豊富で、スパゲッティグラタンやハヤシライス、ドリア、カレー、サンドイッチ、ドッグ、トーストなど美味しそうなメニューが豊富です。
FullSizeRender
デザートメニューも充実していて、14時を過ぎればセットでお安くなるみたい。
FullSizeRender
珈琲舎と名打つだけあってコーヒーの種類も多く、特にアイスコーヒーの種類が豊富ですね。
FullSizeRender
プリンの登場です。生クリームを搾り出しでは無くディッシャーで丸く添えてあるのがイイですね。
プリンは、硬めの王道の自家製。卵、牛乳、砂糖のみなのでしょう、しっかりと硬めで、卵感がある美味しいプリンですね。すも無く綺麗なボディ。コレ好きな味。
同じく硬めの生クリームもさらっとしたカラメルと相まって美味しさを引き立てます。
マイルドブレンドは、一杯ずつサイホンで淹れた本格派。雑味もなく、酸味、苦味も抑えめで飲み易い味ですね。
FullSizeRender
美味しいプリンとコーヒーをいただいて、満足して帰ります。
そうだ、向かいのセキネベーカリーでカレーブルスト買って帰ろう。

2022/11/18

渋い懐かしい喫茶店 珈琲亭 蚤の市

池袋で乗り換えで降りたついでにちょっと駅からは歩きますがこちらに。
FullSizeRender
街の小さな喫茶店ですが、珈琲亭とあるように各種の豆でストレートコーヒーがいただけます。
FullSizeRender
渋いウッディな店内は、カウンター5席に、4人テーブル4つに2人テーブル一つ。
カウンターに座ろうとすると、4人席をどうぞと薦められました。
蚤の市の店名にちなんでか、店内にはアンティークっぽい大皿が何枚もかけられています。
壁面に並べられたカップ。キーコーヒーの青缶が並び豆の種類の豊富さを物語っています。
FullSizeRender
昔ながらの喫茶店、全席喫煙可のお店。
煙草と珈琲の複雑な香りが落ち着きますね。
喫煙の方が増えてくるとちょっと煙いですけど。

マスターワンオペ。
ブレンドコーヒー 450円をお願いします。
FullSizeRender
たとえブレンド一杯でも、豆から挽いてくれます。
ネルドリップで淹れるコーヒーは、酸味を感じ、スッキリとした味わい。コスタリカ、ブラジル、グアテマラ、コロンビアなどのブレンドとか。

BGMは、60〜70年代のPOPSと、お爺さんには嬉し懐かしい。
さりげなく飾られた花にも癒されます。

丁寧な仕事とマスターのお人柄が、地元常連さん達に愛されているんですね。

2022/11/9

レトロ喫茶でレトロプリン 珈琲専門店 伯爵 池袋東口店

西武の屋上でカレーを食べた後はこちらで。
東口明治通りをビックリガード方向へ。
FullSizeRender
ビルの2階のレトロ喫茶店。
FullSizeRender
北口店と同じように50席強の大箱で、店内は昭和レトロな飾り付け。


結構混み合っています。
FullSizeRender
食後なので、昔ながらの昭和プリンセット 920円をホットコーヒーでお願いします。
FullSizeRender
絨毯やベルベット張りの椅子。
FullSizeRender
天井のシャンデリアとなんとも言えない雰囲気ですね。
FullSizeRender
プリンは硬めですが、口に入れると滑らかで、チーズケーキのような舌触り。
生クリームとカラメルが良いバランスです。

聞き耳を立てれば日本語以外の言葉も交わされています。
それぞれに時間を過ごす平日の午後のひと時。

2022/11/4

看板猫の居る喫茶店 カフェアルル

新宿5丁目、創業1978年の老舗レトロ喫茶店。
FullSizeRender

まず最初に、タバコとネコが苦手な方は避けた方が良いでしょう。
扉の脇には「喫煙目的店」のステッカー。未成年者は入店出来ません。
店内はモワッとタバコの煙が漂います。

もう一つは、看板猫がいるお店です。マイペースで闊歩してテーブルの上にも乗ってきます。
次郎長と石松。機嫌が良ければ膝の上にも乗ってきます。ですから猫が苦手な方はちょっと。
満席でしたが、直ぐに空いて4人席に案内されました。
4人テーブルが11卓、2人テーブルが2つ。
FullSizeRender
FullSizeRender

お願いするのは、ナポリバーグ 900円。ドリンク付くのでホットコーヒーで。
オムライスや、マツコ絶賛のドライカレー、インドオムラなどが有名です。

店内は昭和レトロな雰囲気で、アンティークも飾られて、余裕のある椅子もリラックスできますね。
次郎長は、若い女性の膝の上で寝ています。
石松が相席に向かいの席に来てくれましたが、厨房を眺めるばかりで、こちらに顔を向けてはくれませんでした。

突き出しにジャイアントコーンとバナナが出てくるのが面白い。
しばし待てば、スープ、そしてナポリバーグの登場。
FullSizeRender

ワンプレートに、サラダもレタス、キャベツ、ポテサラと乗っていて、スープ、サラダ、ドリンク付きで900円は、コスパ良いですよね。
しっかりと炒められたナポリタンは、中細麺ではあるものの、べピオマッシュの基本形。あまり飛ばないタイプですね。甘味が出るまでしっかりと炒められていて美味しい。
ハンバーグは恐らく冷凍品なんでしょうが、どっこい中々の肉感。気持ちかけられたデミグラスソースが良いですね。
FullSizeRender

コーヒーもしっかりとしたボディで苦味もあって美味しいですね。
女性客がほとんどで、おひとり様も多いので45席あっても回転はあまり良くありませんので、店頭のベンチで待つことになるかもしれません。

皆さん看板猫に会いに来ている感じですね。
さて帰るとしますか。

2022/10/26

ギャラリー
  • なかなか盛況 SOBA DINING 凛や
  • なかなか盛況 SOBA DINING 凛や
  • なかなか盛況 SOBA DINING 凛や
  • なかなか盛況 SOBA DINING 凛や
  • 野村萬斎も愛用 泥人形
  • 野村萬斎も愛用 泥人形
  • 野村萬斎も愛用 泥人形
  • 野村萬斎も愛用 泥人形
  • 野村萬斎も愛用 泥人形
  • 野村萬斎も愛用 泥人形
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ