けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

海鮮かき揚げ天

高架の下の駅そば めん処一ぷく 新座店


水車の回る新座駅ロータリー。
FullSizeRender

高架の下にあるJR東日本都市開発が主に武蔵野線沿線に展開する駅そば。
FullSizeRender

季節限定の海鮮かき揚げそばが大きなポスターでアピール。
FullSizeRender

入口左の券売機でポチり 500円。
先客は2名。左側の椅子席カウンターにはアクリル板が設置されてます。
オバちゃんワンオペ。そばで少なめって言ったら出来ないので残してくださいって…

袋に入ったゆでめんは、興和物産。湯掻いてつゆを注ぎ、ワカメをどっさり。天ぷらは、❗️冷蔵庫から❗️揚げ置きは構わんけど冷蔵庫はなぁ…
ネギを乗せて出来上がり。
FullSizeRender

白っぽい茹で麺はソコソコ歯応えも残る湯掻き加減。つゆはライト系と言うか薄いですね。
天ぷら冷たいのでつゆに浸して、すると解けちゃいますね。海老、イカ、貝柱との事ですが写真と違って衣に埋もれちゃってますねぇ。

冷え冷えの天ぷらなので折角のつゆがどんどん冷えてしまって、ぬるくなってしまいます。
興和物産の茹で麺でなんとかもってますが、つゆも天ぷらも今一つ。駅そばで電車の時間を気にしつつ、急ぎでズズッと掻っ込んでと言う蕎麦ですね。
FullSizeRender

22日から28日は、カレーがお得。カツカレー 390円はビックリ価格ですね。

2021/3/28

階段下のホームそば えきめんや 品川店


今日は、午前中だけなので帰り道、1番線階段下のこちらに。
京急グループ、京急ロイヤルフーズ株式会社のチェーン店。吉野家とかFC展開も手がけています。
FullSizeRender
外にはなんと3台の券売機。交通系電子マネー対応なので、購入も楽々。
海鮮かき揚げそば 480円をポチり。
FullSizeRender
先客は8名ほど、立ち席カウンターには、アクリル板が置かれソーシャルディスタンスはバッチリ。
蕎麦半分でお願いします。
生蕎麦をお昼の時間帯ですからロット茹でしてあるようです。
秤できっちり測ってますね。

さて着丼。
FullSizeRender
蕎麦は細身で、コシも喉越しもイイ美味しい蕎麦です。つゆはクセがなく飲み干しそうなタイプ。蕎麦とのバランスがとても良い。
海鮮かき揚げは、揚げ置きです。桜エビが香り、イカは冷たくなっちゃってますがつゆで温まれば問題無し。

つゆ完飲は自粛して。JRに乗り換えです。

2021/2/3

そば処 えきめんや 品川店
ジャンル:そば
アクセス:京急本線品川駅高輪口 徒歩1分
住所:〒108-0074 東京都港区高輪3-26-26 京急品川駅構内(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 品川×そば

リベンジ 笠置そば 深川店

先日振られたこちらにリベンジ。
FullSizeRender
先客4名。オヤジさんとお姉さんの二人でオペレーション。
FullSizeRender
口頭注文で、海鮮かき揚げそば 550円を蕎麦半分で。真半分でイイの?とオヤジさんに聞かれハイ。
注文を受けてから、天ぷらを揚げ始め、生蕎麦をタイミングを見計らって茹でていきます。
FullSizeRender
しばし待てば着丼。
ネギは、セルフでカウンターのケースから。
蕎麦半分ですから見た目は貧弱ですがw
蕎麦美味しい。コシもあり喉越しもイイですね。生蕎麦のなせる味。コレは美味い。
つゆはあまり時間を置いていない作りたてを提供してもらえるので煮詰まって無くて爽やかでコクがあり美味しいつゆです。熱々ですが、すうっと入って来るいい味ですね。
海鮮かき揚げ天は、サクッと揚がり、海老、イカなども存在感があって美味しいです。
全体のバランスが非常に良い一杯です。
笠置そばは、FC展開されているので、お店によって色々な特徴があって面白いですね。そんな中でも断トツのお店です。
閉店した話題店もありましたね。

さて、富岡八幡宮様にお詣りしてから帰りましょう。

2021/1/30

ギャラリー
  • 今時ラーメン350円 大羊飯店
  • 今時ラーメン350円 大羊飯店
  • 今時ラーメン350円 大羊飯店
  • 緑に囲まれた町の洋食屋さん ニューマルヤ
  • 緑に囲まれた町の洋食屋さん ニューマルヤ
  • 緑に囲まれた町の洋食屋さん ニューマルヤ
  • 緑に囲まれた町の洋食屋さん ニューマルヤ
  • 緑に囲まれた町の洋食屋さん ニューマルヤ
  • 緑に囲まれた町の洋食屋さん ニューマルヤ
  • また一つ昭和が去っていきます 日よしや
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ