けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

昭和感

街の洋食屋さん 実用洋食 七福(しちふく)


今日のお昼は、実用洋食とうたうこちらで。
清洲橋通りと三ツ目通りの交差点の角。
FullSizeRender
表にはサンプルも飾られている昔ながらのお店。
FullSizeRender

13時過ぎの入店、先客は4名。壁面は杉の板材の壁紙で覆われているので、明るく古臭さはありません。
4人テーブル7つを椅子を減らして3人席にしてソーシャルディスタンス。
FullSizeRender

洋食揚げ物メニュー中心の他に餃子などの中華メニューもありますよ。今日の定食は、カツライス 740円。
お願いするのは、七福ランチ 上 ご飯半分で。
ラストオーダーは13:45ですが、どんどんお客さん入って来てあっという間に相席のところも。
FullSizeRender

しばし待てば登場。
海老フライ、メンチボール、肉天、ハム、目玉焼き、付け合わせにマカロニケチャップ、サラダ。
味噌汁、ライスで 1010円。半ライスだと50円引いてくれます。
まるで大人のお子様ランチの様です。並だと目玉焼きが付きません。
サービスランチは、海老フライ、カニコロッケ、鶏の唐揚げ、オムレツで960円。
楽しいですよね。
街の洋食屋さんの安定の味。実用洋食と言うのがぴったりあってますね。
メンチボールは、ハンバーグのようでトマトソースがかかってますね。
肉天もメンチボールも半分に切られているので食べ易いですね。
味噌汁はワカメと豆腐。
ご飯半分でもお腹パンパン。
意外と女性お一人様も多いですね。
テーブルも満席になったので、13:30で入口の内側のカーテン閉めちゃって、ランチ終わりになっちゃいました。

富岡八幡宮の歳末募金の集金も来る地元に愛されたお店ですね。

2020/12/4
実用洋食 七福
ジャンル:洋食屋
アクセス:東京メトロ半蔵門線清澄白河駅B2口 徒歩5分
住所:〒135-0021 東京都江東区白河3-9-13(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 清澄白河×洋食屋

昭和遺産でノスラー 栄屋ミルクホール


昭和の看板建築。銅板はとうに緑青で覆われています。ミルクホールの白い暖簾がはためきます。
FullSizeRender

ガラスの大きな引戸は、換気のために開け放たれて、入口にはアルコールスプレー、店内はテーブルにアクリルスタンドが設置され、コロナ対策中。
椅子も減らされ、4人席を2人で使う様に間隔も開いています。テーブルは6なので本来ならば24席ですが、半分の12席になっています。
FullSizeRender

注文の半分は、ラーメン&カレーセット 1000円。
私もそれをご飯半分でお願いします。
紙ナプキンの上にスプーンが置かれます。

先にカレーが出てきます。ご飯半分なのにあんまり変わらなくてごめんねとホールのお姉様に謝られます。
FullSizeRender

やや黄色いもったりとしたカレー。甘辛でこれはクセになる味ですね。ある意味懐かしい家庭のカレー味。赤い福神漬けとのコントラストも綺麗ですね。
ペロリと食べ終わりしばし待つと、セットのラーメンが着丼。
FullSizeRender

シンプルです。トッピングは、チャーシュー、支那筍(メンマ)ほうれん草、ネギ。
スープは、鶏ガラの東京ラーメン。透明なスープは、奥行きがあって美味しいですね。カエシは控えめでその分出汁が出ています。
麺は浅草開化楼の中細麺、少しウェーブしていてスープと良くからみます。
チャーシューは、ホロリと崩れます。
支那筍が特別ではないのですが美味しい。
ノスラーの基本というラーメンですね。

ドンドンとお客さんは入れ替わり、女性の方はカレーを頼む方が多かったですね。
13時過ぎるとご飯系は品切れになる可能性があるので、確実には13時前の方が良いでしょうね。私の退店した13:20頃には、あと4つと言っていましたから。
営業時間も短くなり、平日のみの11時〜14時とこちらもハードル高いお店ですね

2020/11/30
栄屋ミルクホール
ジャンル:ラーメン
アクセス:都営新宿線小川町(東京都)駅A1口 徒歩1分
住所:〒101-0046 東京都千代田区神田多町2-11-7(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 神田×ラーメン

出前中心 そば処 つかもと


近隣の町蕎麦シリーズ
東映撮影所から3番目に近い町蕎麦。
プラウドシティの脇の外山橋を渡って、橋戸会館の手前。
FullSizeRender

おや?いつも外にある出前用のカブが無いので、オヤジさん出前ですね。
FullSizeRender

おかみさんワンオペ中。
13時前の入店、貸切です。
狭い店内はテーブルが4つ、座れない場所もあるので14席ほどでしょうか。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

メニューが豊富。町蕎麦と言うか食堂に近いですね。
そば うどんメニューの他に、ラーメン チャーハン 麻婆豆腐などの中華メニュー。アジフライ コロッケ カニコロッケなどのフライ系、ハンバーグ カレーライスなど、鍋も数種類。セットもあって悩みます。
カズさんが食べていたそばセットにも惹かれましたが、シンプルに鴨せいろ 750円をお願いします。

鴨肉を炒めているのでしょうか焼き音が聞こえます。
しばし待てば登場。あっ出前に行ってたご主人も帰って来ましたよ。
FullSizeRender

蕎麦は、自家製麺のようです。やや柔らかめですがツルッとして悪くないですね。
鴨汁は結構濃いめですが鴨が7枚も入っていて、鴨出汁も出ていて美味しいですね。鴨肉も歯応えあって美味しいですね。
蕎麦湯で割ってもまだまだ濃いwでもゴクゴク。
これで750円はコスパ高いですね。
電話鳴ってます。出前ですね。

さて買い物して帰りますか。

2020/11/7

駅は保谷 住所は南大泉の町中華 中央軒

町中華シリーズ。保谷駅から7、8分のこちら。
image
左隣の町蕎麦「辰巳庵」は建て替えられてロッジ風の大きなお店になってますね。
こちらは昔ながらの店構え。テントがオレンジに変わったくらいですかね。
結婚した最初に住んだのがこの先のアパート。懐かしいですね。29年前w
image
先客は2組のカップル1組は入れ替わり。
4人テーブル席が3つとカウンター5席。昭和な店内。
空いてるからテーブル席に座りますか。
image
ご年配のご夫婦でやられていますが、お母さんは、大分耳が遠くなってきた様で…
image
餃子 400円とオムライス 700円をお願いします。
テレビのやってTRYを見ながら待つことしばし。
image
オムライスの登場。あ〜少なめ言うの忘れた。
やや焼き色の付いた薄焼き卵に、チキンライスはケチャップ味。王道の中華料理屋さんのオムライス。うんうんコレコレ。
パクパクと食べ進めると、餃子も登場。
image
むっちりとした餃子は、餡がたっぷり包まれてハフハフ、パンチがあって美味しいですね。皮は薄めで柔らか。コレご飯が行けちゃうタイプ。

後からスポーツ帰りの常連さんは、コップを出してビールも自分で出して始めてます。
更に別の3人組も。アッココ空きます、と立ち上がりお会計です。

地元に愛されるお店です。いつまでも続いて欲しいですね。

2020/10/25

中央軒
ジャンル:中華料理
アクセス:西武池袋線保谷駅南口 徒歩6分
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉4-43-17(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 大泉学園×中華料理

TGS最古参 立喰そば 田舎

目黒駅前で昭和38年頃から営む立ち喰いそばの最古参と言えるお店。
image
黄色のテントに紺色の暖簾がはためき、中野駅の「かさい」同様、腰から下が見えるお店。

毎日サービスのアジ天の札が下がっている暖簾をかき分け入店。
人一人がやっと立てるスペース。前に3人、脇に1人でいっぱいですかね。
image
目の前の揚げ物ストックを眺めて、オヤジさんに、そば半分で、イカ天でお願いします。
メンチはもう無かったですね。
アレ?一玉湯がいちゃってる…オヤジさん気がついたようでそばを分けてます。
イカ天をつゆに一旦つけてからトッピング。
CODで400円。
image
駅前立ち喰いそばの、基本中の基本と言えるそばですね。茹で麺はややもそっとしています。
つゆはやや色が濃いですが、塩辛くも甘ったるくもありません。バランスの良い典型的な立ちそばの基本系。
イカ天は揚げ置き、大きさもあり食べ応えがあります。思いの外柔らかい。美味しいですね。

老舗の安定した味、吹きっさらしの店舗。
新しいお店が出来ても次々と撤退する中、揺るぎない安定感。

さて帰るとしますか。

2020/10/7

ギャラリー
  • ガテン系の味 中華料理おおくま
  • ガテン系の味 中華料理おおくま
  • ガテン系の味 中華料理おおくま
  • ガテン系の味 中華料理おおくま
  • ガテン系の味 中華料理おおくま
  • 春日から移転して1年 レストランルミネ
  • 春日から移転して1年 レストランルミネ
  • 春日から移転して1年 レストランルミネ
  • 春日から移転して1年 レストランルミネ
  • 春日から移転して1年 レストランルミネ
アーカイブ
カテゴリー
amazon
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ