けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

昭和感

今時ラーメン350円 大羊飯店

台風の雨ですね。止んだかと思うとザッと降る。
昔の千川通り、街道筋だっんでしょうね。東長崎の裏道。
創業は1960年 昭和35年。昭和感あふれる町中華ですね。
FullSizeRender
店内はカウンター5席にテーブル席6席。変形なカウンターなので客席はちょっと狭め。
先客は常連さん2名。
ご夫婦で営まれる町中華です。
FullSizeRender

この時代、ラーメン 350円と破格。
他のメニューも大丈夫?って感じの値段です。
定食は600円。丼物も600円。玉子丼は500円。
何気に焼魚定食もあると言うバラエティ。
ラーメンと餃子 350円をお願いします。
後から来た方はセットですね。

卓上の新聞を見ながらしばし待てば登場。
FullSizeRender
見た目スープは薄い感じ。トッピングは、チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギと一通り。
麺は黄色い 中細縮れ麺。これこれ。
スープが絡んで来ますね。スープは見た目通りライトな口当たり。角もありません。ノスラーの一つですね。
かんすいの効いた縮れ麺がなんとも言えず懐かしい感じ。噛み締めた感じが良いんですよ。
餃子は6個。ニンニクも入ってパンチがありますね。これまた王道な美味さ。焼き色も良い色です。
酢胡椒でいただけば、さっぱりとして箸が止まりません。途中で醤油をほんの少し垂らして味変。本当に幾つでも食べられますね。

ビールが飲めれば最高なんですけどねぇ。
さて、帰るとしますか。

2021/9/18

緑に囲まれた町の洋食屋さん ニューマルヤ

根岸の「日よしや」からの連食は三河島のこちらで。尾竹橋通りと日暮里中央通りの交差点の近く。
FullSizeRender 
こちらも蔦の絡まる昔ながらの昭和感あふれる町の洋食屋さん。ひしゃげたテント、すすけた食品サンプル。ガラスの入ったドアを開ければ、小綺麗ながらも昭和の雰囲気を十分に感じられます。

FullSizeRender 
年配のご主人がお一人でやられています。
FullSizeRender
テーブル席は26席ほど。赤いビニールの背もたれ付きの椅子がイイ感じ。テーブルも縁にアルミが巻かれている懐かしいタイプ。
先客は5名。地元の人に交じって、明らかに食べ歩きをしている男女も。
FullSizeRender
オムライスやカツカレー、ポークソテー、ハンバーグなど王道メニューがリーズナブルな価格で並びます。600円から1000円とイイ線の価格帯。
連食なのでここはハンバーグサンド 500円とコーヒー 350円をお願いします。サンドはどれも500円。

順番に一つ一つ手造りです​から少し時間はかかります。
お一人ですからホールのかたずけなどもやらなくてはいけないので忙しいですね。
FullSizeRender
さて「お待ちどうさま」と ハンバーグサンドの登場。
FullSizeRender
4つに綺麗に切り分けられて並んでいます。野菜なんかは入らずに、いさぎよいフォルム。
柔らかいパンに挟まれたハンバーグは厚みもあり、肉々しさが溢れています。塗られたソースは控えめなのがとてもイイ。ハンバーグの味が損なわれること無く全体のバランスを整えています。ほのかに辛子が効いていてこれまたアクセントになっていて美味しいですね。ハンバーグの味をしっかりと味わえるサンドイッチです。
コーヒーもさりげなく美味しいですね。

あっという間に食べ終​わってしまいましたが、オムライスの方を見ると食べたくなっちゃいますよね。
ビーフシチューやエビフライなんかも、最高金額でも1000円。美味しそうです。​ポークソテーも美味しそう。

さて帰るとし​ますか。

2021/9/​17


また一つ昭和が去っていきます 日よしや

9月末で閉店してしまうとの情報でこちら。
FullSizeRender
林家正蔵一門が贔屓にしていることもありメディア取材も多い町蕎麦です。浅草で創業、根岸に移転してきたのが昭和26年とのこと。

FullSizeRender 
お店には蔦が絡まり緑に囲まれて鬱蒼としていてイイ味出してます。
昼時ということもあり、テーブルは満席。地元の方々がお好きなものを注文されています。
カウンターに席を確保。

FullSizeRender
FullSizeRender
メニューのアクリルケースも もうバリバリw
壁にかかる札も年季が入ってますね。林家一門の色紙もしっかりと飾られています。

FullSizeRender 
蕎麦、うどん以外にも、中華そばやタンメンなどの中華メニュー、牛丼、マーボーなす丼などのメニューもカツ丼や親子丼と共に並んでいます。一品料理もありますが、酒類提供無しですからちょっと寂しい。

お願いするのは、カレー南蛮そば、少な目で 750円。チーズは自粛。
調理場は昼時ということもありバタバタとしています。

しばし待てば、カレー南蛮の登場。
しかし、どこの町蕎麦でもカレー南蛮って、なんで なみなみにつゆが注がれているんだろう。
FullSizeRender
細身の蕎麦が美味いですね。熱さに負けていません。
カレーは何故か懐かしい味。こげ茶のとろみがイイ感じですね。熱々なので火傷注意です。
ネギと豚肉が入っていてカレーの辛さはさほどではありませんが、後でスパイシーさが迫ってくるタイプ。
伸びないように一生懸命啜ろうとするのですが、熱々なのでなかなか進みません。そうは言ってものんびり食べてはいられないので、先に出てきたカレーうどんの方を追い越して食べ終わります。

後から来た方は「やたがいカレー」を頼まれる方が2名。
カレー丼(カレー南蛮とほぼ同じこげ茶のカレー)と普通のカレー(黄色いカレー)が あいがけになっている、常連客が注文しだした、こちらの名物を頼んでいらっしゃいますね。
私もそれ行こうかとは思ったのですが、糖質制限ということもあり…

歴史のある町蕎麦がひっそり​と無くなろうとしています。下町の景色もどんどんと変わって行きますね。

2021/9/17




ビルの奥の老舗 とりかつチキン


水曜にの半ドン、今日は何を食べて帰ろうかな。
久々にこちらに。道玄坂から折れて「大人の劇場」の向かい辺りの雑居ビル。手前から入ると最後に階段を上がります。ぐるりと坂を登れば、フロアは同じと言う坂道に建ったビルの一番奥です。
FullSizeRender

14時近くそれでも先客3名、女子お二人も。後客4名。調理場の奥には、懐かしいブラウン管のテレビが。昭和な雰囲気は健在です。サラリーマンがオリンピックの野球をリクエストしますが、最新型なのでBSは映んないのよとお姉さんw
カウンターは、紙のボードにフイルムが貼られた簡易版ですがしっかりと区切られています。
FullSizeRender

フライを選んで、2品ならば 700円。3品ならば 850円、4品で 1050円と言う価格設定。
以前伺ったのは680円の頃でしたかね。昔々は580円だったかな。

悩みに悩んで、アジフライとメンチでお願いします。お姉様達3人で回しているのは相変わらず。
注文を受けてから、衣を付けて揚げてくれます。

とり、ハム、コロッケの人気定食は700円とリーズナブル。但しコロッケは、業務用の冷凍コロッケです。

しばし待てば揚がった品物を食べ易いようにカットして出してくれます。
FullSizeRender

ご飯は半分でお願いしましたが、深さのある丼なので結構量があります。中鉢で供されるお新香を少しよそって。
アジフライは、そこそこ厚みもありフワッとしてますて美味しいですね。
カウンターに置かれた小皿で蓋をされたゆるい辛子を皿に取り、ソースをかけていただけば美味いですね。
メンチは鶏メンチなので重くなくいただけます。ゆるい辛子と相性良いです。
キャベツの千切りの脇にはカブの漬物が添えられていてこれがまた美味いんですよね。
玉ねぎも欲しかったかな。野菜巻きも。

お腹もいっぱいになって坂を下りましょう。

2021/7/28


ちょっと変わったトルコライス 日の出とんかつ


梅雨明けした土曜日の昼下がり、パワーチャージしないとね。
新青梅街道の保谷中南交差点の近く、少し南に入った所。駅からは遠い住宅街にあるとんかつ屋さん。昭和感漂いますが綺麗な店内。
FullSizeRender
カウンター6席。先客は中年のご夫婦。お二人で食べ歩きしている風。カツカレーにオムライスの王道メニュー。
カウンターの中では、お母さんが調理担当。お父さんは、下拵えとか出前担当でしょうか。
電話を受けて、配達の準備など。
FullSizeRender

表のメニューにはトルコライスは出ていません。
FullSizeRender
FullSizeRender

トルコライス 750円をお願いします。ライス半分で、カツは、+100円でとんかつに変えられますが、チキンで良いのでデミグラスソース 50円をかけてくれるようにお願いします。

お母さんは、リズミカルに体を動かしながらの調理。東銀座の歌舞伎そばの先代や、水道橋のとんがらしの先代の様な身体の動かし方です。これでご自分の調子を取りながらのお仕事なんですね。

チキンをフライヤーに投入してから、ケチャップライスの炒めに。洋食必須​アイテムの銀皿にキャベツやポテトサラダを盛るのはお父さん。ケチャップライスを乗せて、チキンの揚がりを待ちます。
揚げ上がりにザクザクと包丁を入れて出来上がり。
FullSizeRender

ケチャップライスは、具は玉ねぎだけ。ややまったりとしています。スプーンが止まらないw
揚げたてのチキンカツは、サクサクで熱々。上顎は熱さとトゲトゲのパン粉でやられます。

あっという間に食べ終わり、ふうっと一息。
やっぱりトルコライスと言うならばナポリタンが欲しいところ。別に頼めば良かったかなw

出前は、スパゲッティとハンバーグ​のようです。お父さん出発です。
後客の方はヒレカツ、ライス、豚汁を注文されてました。
お二人の良いコンビで末永く続けていただきたいお店ですね。

2021/7/17


ギャラリー
  • 高架下の喫茶店 元町珈琲 石神井公園の離れ
  • 高架下の喫茶店 元町珈琲 石神井公園の離れ
  • 高架下の喫茶店 元町珈琲 石神井公園の離れ
  • 高架下の喫茶店 元町珈琲 石神井公園の離れ
  • 旬香る舞茸天 小諸そば 渋谷新南口店
  • 旬香る舞茸天 小諸そば 渋谷新南口店
  • 旬香る舞茸天 小諸そば 渋谷新南口店
  • 旬香る舞茸天 小諸そば 渋谷新南口店
  • 今は喫茶のみ BANFF(パンフ)
  • 今は喫茶のみ BANFF(パンフ)
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ