けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のオジさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

新規開店

横濱家系オープン 麺家 紫極(しきょく)大泉学園店

さいたま新都心で2018年8月に二代目武道家の流れを汲む店舗がオープンして人気となり、2店舗目は大泉学園駅近くに。
2023年1月3日オープンしたピカピカの新店。ゆめりあ1前はアコムが入っていたところ。
FullSizeRender
13時過ぎで中待ち4名、外待ち8名。割と2人連れが多いですね。
食券を買ってから並んでくださいとのこと。
FullSizeRender
入口左の券売機で、ラーメン、ねぎラーメン、チャーシューメン、全部のせ、普通盛り、大盛りから選びます。
京都九条ねぎラーメン 950円をポチり。
外町の間にホールのお兄さんが食券を撮りに来て、味の好みを聞かれます。
油の量 ふつう、味の濃さ ふつう、麺のかたさ ふつうでお願いします。
ライス無料で付くとのことですが丁重にお断りして。

そこそこの回転で店内に案内され、座席が空き次第案内されます。大きなL字のカウンター 12席。

お客さんの食べ進み方を見極めながら、麺を茹で始めます。麺箱には、酒井製麺所の文字が。横浜家系御用達の麺ですね。平ザルで麺上げしていますね。
100kgの豚ガラを煮込んだスープということで、寸胴で炊かれています。その割には店内に豚臭さはあまりありません。
FullSizeRender
着席すると、麺硬めの人から提供が始まります。
私の隣のお兄さんは食べ終わっても隣の連れを待って席を立とうとしないので、私の後ろの麺硬めの人の分が出来上がってしまっています。やっと「外で待ってるね」と退店。

カウンターには、おろしニンニク、おろししょうが、胡麻、お酢、豆板醤が用意され、ニンニク醤油もありますね。
ご飯のお供用に胡瓜漬けも用意されています。
FullSizeRender
麺のかたさ、ふつうでお願いしたのが着丼。
ストレートに深さと広がりのある黒い丼です。
スープは、超濃厚です。とろみを感じます。それでいて臭さやしつこさは無くさっぱりとしています。
麺は中太平打ち麺。ウェーブがかかり、超濃厚なスープが絡みます。美味しいですね。長さは短めですかね。
九条ねぎがどっさりと乗ってますからねぎも絡んで美味しいですね。ねぎの下にはほうれん草が隠れていました。
チャーシューは、肩ロースでしょうか、一枚ですが、大きさも厚さもあるのでボリュームがあります。
途中でおろしニンニクを入れましたが、ニンニク効いた方が更に美味しくなりますね。

超濃厚な割にペロリといただけて、クセもなく女性にも受け入れられるお味ではないでしょうか。
今日からは、11時15時と17時22時の2部営業でしばらくはお休みはないようです。
開店2日目ですが店内の通路は既に油感がありますね。
横浜家系ラーメン開店です。

2023/1/4

釜めしのアタマ 荻野屋 弦(げん)神田店

6日にグランドオープンしたこちら。同名のお店が有楽町にもありますが、こちらは蕎麦を売りにした2店舗目。JR神田西口すぐのガード下。
FullSizeRender
あの釜めしは現在は予約注文。昼は蕎麦、夜は立ち飲みのお店になります。
FullSizeRender
「駅そばと蕎麦前 伝統の味を新しいカタチに」というコンセプト。
FullSizeRender
ランチタイムは、蕎麦3種類と、釜めしのアタマと蕎麦のセットの4種類。
店内はカウンター席の、ハイチェア8席。先客3名。
お好きなお席でお待ちくださいと言われて着席。お水を持って注文取りに来てくれます。
釜めしのアタマに惹かれますが、釜めしと同じ1100円はちょっと…ここはかき揚げ蕎麦 880円をお願いします。
ランチは日替わりご飯がセットで付いてくるようで、本日は鮭ご飯。あっ少な目でお願いします。

荻野屋と言えば、峠の釜めしですが、軽井沢駅などでは立ち食いそばも提供しています。
自家製麺の蕎麦とうたってますね。
創業は明治18年。私の記憶にあるのは碓氷峠の横川駅の南国道18号沿いのドライブイン。小学校5年生くらいだったでしょうか。その当時の釜めしは数百円だった記憶が。
横川駅前の本店には、横の工場にあの釜の丼が大量に並んでいました。
FullSizeRender
しばし待てば登場。カウンターの前の引出しの中から箸を出していましたが、お盆と一緒に提供されました。
釜めしモチーフの丼が大小。面白いですね。小さい方にはちゃんと「おぎのや」の名前入り。
大きな釜丼には蕎麦が入り、かき揚げ天とゴボウ、ネギが乗っています。蕎麦はなかなか美味しいですね。コシも風味もイイ感じ。温かいつゆにも負けていません。立ち食いそばよりレベルが高い。
やや甘口のつゆは濃い目ですね。天ぷらの油が回って甘めになっているようです。ゴボウがまた美味しい。
残念ながらかき揚げ天は揚げ過ぎで焦げているような色。中身は判然としませんが、玉ねぎとイカなどの海鮮でしょうか。つゆに解けていきます。
ミニの釜丼には茶飯に、鮭フレークがまぶされています。これ美味しいですね。少な目と言ってもしっかり入っています。
蕎麦のボリュームがかなりしっかりとあります。日替わりご飯も食べるとかなりお腹いっぱいに。
お盆の端には「峠の力餅」が一つ乗っています。デザート付きです。これも嬉しい。

釜めしのアタマも気になりますが、やはりご飯といただきたいですね。
ややお値段はお高めで、ランチの選択肢も少ないので、ボリュームを減らして、価格を下げてもらえると嬉しいですが。

お会計は渡された番号札をレジに持って行き、帰りに精算。
まだまだ試行錯誤中の感じはありますが、蕎麦は美味しかったです。

2022/6/15


ラーメンショップ背脂系 ラーショ◯猫(マルミャー)

11月14日にオープンしたラーショ インスパイア系の、池袋に続く2号店だそうです。
FullSizeRender

マルミャーは猫を◯囲み。ラーメンショップと名乗らず色々と大人の事情があるのでしょう。
以前は唐揚げ専門店「からり商店」のあったところ、寿司のまる辰の隣です。最近大泉学園に唐揚屋が数店出来ましたが、揚げたてで提供に時間がかかるところはことごとく短期間で閉店してしまいましたね。
FullSizeRender

店頭のメニュー看板には、しお、味噌は準備中と書いてあります。
FullSizeRender

入口左の券売機で、ラーショと言えば、ネギチャーシューメンでしょうと言うことでポチり。1200円とちょいとお高め。ラーメン 750円ネギラーメン 950円とややお高め。

L字カウンター10席。隣との間にはパーテーションがしっかり設置されています。

味を色々と調整出来ます。
「味の濃さ」うすめ/ふつう/濃いめ
「油の量」少なめ/ふつう/こってり
「麺のかたさ」やわらかめ/ふつう/硬め
味、濃いめ。油、こってり。かたさ、ふつう でお願いしてします。

お店のTwitter画面を見せて「ミャー」と叫べばトッピングが無料で付くようですが、ジイさんは恥ずかしくて出来ません。

ボールに白髪ネギを入れてタレを絡めています。
さて、着丼。
FullSizeRender

ラーショに似た広がった青いお皿。
大きめのチャーシューが5枚が全面に。
ネギがこんもりと盛られています。大きめな海苔が一枚。スープには背脂がたっぷりと浮かんでいます。
卓上には、おろしニンニク、おろし生姜、ライス用のマタタビにんにく、豆板醤、白胡椒、黒胡椒、マヨネーズなどが置かれています。
おろしニンニクを入れようとしたけどあまり残ってません。まぁ控えめで。黒胡椒。

スープは、豚骨醤油。豚骨臭さはほとんどありません。背脂の甘みと合って美味しいですね。
麺は中細ストレート麺。スープが絡みますが、麺も絡んじゃって食べにくいw かたさ普通でお願いしましたが、割と柔らかめなので硬めの方が良いかもしれません。
チャーシューは大振りでなかなかのボリューム。薄切りですがちょっと厚さにバラ付きが。
チャーシューの下にメンマが隠れてました。
ネギはシャキシャキで美味しい。

ネコメシもありますが、我慢して。
まだまだオペレーションは安定していないようで、店内の片付けにも気が回らないようです。
背脂たっぷりのラーショ系が食べられるのは嬉しいですね。

2021/11/18


新規開店製麺所直営 〇美(まるび)

2月16日にオープンしたこちら。
今日の蕎麦活1軒目。
FullSizeRender
川崎市にある自家製麺所で製麺したそば、うどんを食べられるお店です。なんでも、大口卸を辞めて直営店を出したそうな。
環八沿いに新規開店。矢口渡駅からも近いですね。、
FullSizeRender
入口左の券売機で、春菊天そば 350円をポチり。安っ!
FullSizeRender
メニューは少なめですね。オーソドックスなメニューが並びます。
定食ではハムカツや白身魚などもあります。
FullSizeRender
少し高めのカウンター10席です。アクリルパーテーションで区切られてます。ちょっと狭いかな。
蕎麦半分でお願いします。

生麺を茹でてくれるので時間はかかります。
天ぷらとネギを散らし、つゆを注いで出来上がり。​
FullSizeRender
生蕎麦なのでコシがあり美味しいですね。香りは無いですが、立ち蕎麦としてはレベル高いですね。製麺所直営なので美味い。
つゆはやや甘みがあり出汁が効いてます。
春菊天は、刻みタイプ。見た目は小振りですが、つゆに溶けるとしっかり広がります。

製麺所直営で美味しい蕎麦がいただけてイイですね。すでに地元の常連客もいらっしゃるようですね。年配の方も利用されています。良いお店がオープンしました。

2021/2/27

13日新規開店 田舎そば うどん 加茂や

2月13日に新規オープンしたと聞いて訪問。
FullSizeRender

六角橋商店街の一本裏「まいばすけっと」の脇の路地を入って直ぐ右。
FullSizeRender

外の券売機もピカピカ。
ちくわ天が推しメニュー。大きなボタンにはちくわ天が必ずw
かけそば 290円、ゲソ天 160円をポチり。
店内先客1名。
ご主人ワンオペ。券を渡して蕎麦半分でお願いします。
麺箱には「むらめん」の文字が。
FullSizeRender

揚げ置きのゲソ天を乗せ、いつものつもりでちくわ天も乗せようとしています‼︎セーフ。

カウンターは詰めれば4席。テープで区画が示されています。
テーブルが2つ。何故か丸椅子は3つずつ…
FullSizeRender

つゆはカエシ強めの辛口つゆ。
蕎麦はむらめんの田舎そばなので少し太さがあり食べ応えがあります。喉越しはイイ感じ。
ゲソ天は揚げ置きながらやや大きめのゲソが歯応えたっぷり。タウリン補充!
出汁がカエシにちと負けちゃってるかな。

カレーは、セットの小カレーのみで単品提供はしていないそうです。
鳥天や牛すじもありバラエティーもありますね。
お休みはまだ決めていないとの情報。
朝8時からの営業で閉店時間もまだ決めていないようです。
こんなご時世ですが新規の開店嬉しいです。頑張ってほしいですね。

2021/2/17

ギャラリー
  • ゲソ天丼だよね 江戸前天丼 はま田 練馬関町店
  • ゲソ天丼だよね 江戸前天丼 はま田 練馬関町店
  • ゲソ天丼だよね 江戸前天丼 はま田 練馬関町店
  • ゲソ天丼だよね 江戸前天丼 はま田 練馬関町店
  • 穴場で硬いプリン No.13cafe(サーティーンカフェ)
  • 穴場で硬いプリン No.13cafe(サーティーンカフェ)
  • 穴場で硬いプリン No.13cafe(サーティーンカフェ)
  • 生パスタ JINJIN 新宿二丁目店
  • 生パスタ JINJIN 新宿二丁目店
  • 生パスタ JINJIN 新宿二丁目店
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ