けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のオジさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

手打ちうどん

ガシガシ硬くて太い 手打ちうどん 力丸

有休を取ることになってお昼は課題店へ。
西武池袋線富士見台駅の商店街の中にある、富士吉田市の郷土料理の「吉田うどん」を手打ちで出すお店。
硬くて太いうどんが有名ですね。関東では武蔵野うどんがやはりガシガシ系ですよね。
FullSizeRender
近くには越後屋カレーや、今は無い吉見うどんもありました。
平日の13時半の入店なので貸切、後客1名。
店頭の扉は開け放たれています。
店内両側にハイカウンター席が9席、2人テーブル3つというこぢんまりとして、立ち食いそば店ライクな店構え。
FullSizeRender
温かいうどんは、キャベツのと牛肉の吉田うどんの他にも、つけ汁が武蔵野うどんの醤油味で豚肉の肉汁うどんもあります。奥さんが丁寧につゆの違いなどを説明してくれます。
FullSizeRender
カレーやカツ、平日限定でホルモンや肉玉あんかけもありますね。焼きうどんもあります。ちょっと想像つかないw
FullSizeRender
冷しも当然。富士吉田市では温かいのと冷たいのを一緒に注文するとか。
うどんの量は、300gが基本で400gと少なめの200gが用意されています。
肉汁うどん 200g 850円をお願いします。
トッピングにかき揚げ天 200円があるので、立ち食いそば感覚で注文してみました。
FullSizeRender
しばし待てば登場。200gですが一本が太いので見た目は少なく感じます。硬いですw太いですwガシガシといただきます。小麦粉の風味の残る美味しいうどん。
武蔵野うどんのつゆは醤油でやや辛味の強い甘辛汁。ふわっと柚子が香るのが美味しいですね。豚肉は控えめなので肉増しにしても良いかもしれません。
量が多いと顎が疲れそうです。大泉学園の北の外れにある武蔵野うどんの「大助うどん」より硬いですね。量は控えめですが。
卓上に用意された「すりだね」(赤唐辛子をベースにゴマ、山椒を加えて油炒めしたもの)を少し入れて味変。コレは必須な感じですね。辛いので少しにしないと大変。
かき揚げ天は注文受けてから揚げてくれるのですが、小さいですね。コレで200円はコスパ悪いかな。ちょっと揚げ過ぎな感じでした。
FullSizeRender
食べ終わって、お会計の時お土産で「すりだね」150円も一緒に。奥さんからコレからの季節、味噌汁に入れると温まりますよとアドバイス。
ご馳走様でした。

2023/11/28

22/11/11開店の讃岐系 手打ちうどん わだや

爺さん婆さんを連れてのお昼。あんまり遠くには行けないし、昨年末22/11/11にオープンした手打ちうどんのお店です。
FullSizeRender
最寄り駅はひばりヶ丘駅ですが、結構距離あります。バスならば「別れ道」バス停前。県道25号飯田橋石神井新座線の栗原の辺り、駐車場もあるので、車利用が良さそうです。肉のハナマサの前と言えば解り易いか。
店頭に大きなメニュー看板が出ています。
FullSizeRender
入口左に券売機。店主さん厨房お一人。ホールは、若い女性が担当でツーオペ。
お願いするのは、肉温玉ぶっかけ 820円。
婆さんはワカメ、爺さんは玉子。カミさんは私と同じ。年寄りなので全員少なめにお願いします。

手打ちうどんを都度茹で上げてくれるので少し時間はかかります。
しっかりとぬめりを落とし水で締めての温ぶっかけ。登場です。
FullSizeRender
うどんは、手打ち手切りで若干の不揃い感がイイですね。長いです。
コシがありツルツルでシコシコ。美味しいうどんですね。讃岐系。ほんのり小麦粉も香ります。
つゆはイリコ出汁の優しい味。美味しいですね。
豚肉は柔らかく味も染みています。
温玉は黄身がほとんど生でイイですね。
途中でテーブルに用意されたおろし生姜を投入。体も温まります。
この辺りは武蔵野うどんの地域ですが、敢えての讃岐系。
若い店主さんイケメンですね。頑張ってくださいね。

2023/4/6

年末で閉店 吉見うどん(閉店)

富士見台商店街を少し歩いたところにある手打ちうどんのお店。
実は、@GotoMitsuro さん情報で、年末で閉店と言う話を聞いておっとり刀で訪問。
創業昭和44年の老舗。地元に愛され、西武池袋線沿線のうどん屋さんで必ず名前が出てくるお店。
FullSizeRender

テントは綺麗になっていますが、いかにも昭和な店構え。
11時から19時までの通し営業が嬉しいですね。
14時半の入店。入れ替わりでお一人退店、先客1名。4人席が6つと丁度良い広さ。
FullSizeRender

入口左には使い込まれた打ち場が鎮座。
お父さんワンオペですね。お母さん買い物かしら。
FullSizeRender

温かい店名を冠した「吉見うどん」550円!をお願いします。
リーズナブルな価格帯が嬉しいですね。
うどんを茹で、野菜を刻んで小鍋でつゆを温めます。
しばし待てば着丼。
FullSizeRender

ふんわり鼻腔をくすぐる鰹節の香りが第一印象。
小松菜、えのき、椎茸、油揚げなどが刻まれて、大振りの丼にたっぷりと。別皿で刻みネギ。
つゆを一口。ダシが効いた優しいお味。花鰹が追い鰹となって風味が良いですね。
手打ちうどんは、表面はつるりとしてモチッとした食感。コシもありますが、いわゆるガシガシ系の武蔵野うどんとは異なりますかね。様々な幅に切られたうどんは、それぞれの食感とつゆの絡みで楽しめます。太めや細め、捻りのある無し、脇のビラビラなど変化に富んで、とても美味しいうどんです。
食べても食べても減りませんw
壁の札に書かれた、これより左は大盛り出来ません。の文字。いやいや普通で十分大盛りですから。
つゆが結構熱く、それを吸った油揚げが曲者wジュワッとシミ出す熱々のつゆに火傷しそうになりながらの戦い。

お腹いっぱいになってなおつゆを飲み続けてしまう美味しいうどんです。
FullSizeRender

買物から帰って来たお母さんに会計を勘違いしたお父さんが怒られてて。
お母さんに聞いたら、年内で終了との事。このマンションが50年以上経って取り壊しなのだそうです。もう50年以上やったから、今更借金したくないって言ってます。
少しゆっくりされたらイイですね。

美味しいうどん屋さんが無くなってしまうのは寂しいですね。

牛蔵の売店寄ろうと思ったら14時迄で中休み。大人しく帰りましょう。

2021/12/8

すっかり定着 手打ちうどん 長谷川

代休のお昼は地元で。
手打ちの武蔵野うどんのお店。石神井台から駅近に移転してきてから3カ月も過ぎ今まで以上にお客さんが増えていますね。
20131122_034313000_iOS-001
今日お願いするのは、梅昆布うどん 800円とチャーシュー 400円。
20131122_033540000_iOS-001
厳選した小麦粉を使った手打ちのコシの強い武蔵野うどんが美味しいですね。
つゆも出汁が効いていてゴクゴク行けちゃいます。
チャーシューが美味しいんです。
こちらの良いところは酒のアテが揃っていて美味しいことですね。
只のうどん屋ではありません。

2013/11/22



なんだか懐かしい駅前第二ビル 四国のさぬきうどん(閉店)

なんだか懐かしい感じのする大阪駅前第二ビル。
今日もこのビルに来てしまいました。新橋駅ビルと同じ匂いのするビルです。
NEC_0041 1

四国のさぬきうどん…讃岐うどんは四国だと思うんですがそんなことはどうでも良い。
セルフのうどん屋さん。

肉温玉うどんをお願いします。
NEC_0042 1

讃岐というほどコシは無く、いわゆる大阪うどんのちょっと歯応えがあるくらい。このくらいがこの辺りでは当たり前な感じなんでしょう。
肉はしっかり味ですね。ボリュームはそこそこあるのでお腹はいっぱいになりますね。

2010/6/19


ギャラリー
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ