けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のオジさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

復活

継承されたあの味 Renge no Gotoku

水曜半ドンのお昼はこちらで。
惜しまれつつ再開発により閉店した、排骨担々麺の銘店「亜寿加」
元店長がさくら坂近くにオープンした、亜寿加の系譜を次ぐお店。
FullSizeRender
モダンな店内入って直ぐ左の券売機で、あの排骨担々麺 1080円をポチり。メニューもほぼ以前と同じ。
FullSizeRender
先客は13時半で4名ほど。次から次へと途切れず入れ替わり。カウンターオンリー16席でハイチェア。
ホールのお兄さんにカウンターの端を勧められて着席、券を渡すと、ご飯は?と聞かれますので丁重にお断りして。
しばし待てば登場。
FullSizeRender
あの排骨担々麺よりラー油が目立ちません。中太ちぢれ麺がもちっとしてスープに絡みます。胡麻感はやや薄め。辛さもさほどありません。いただき易いお味です。
スープに潜った排骨は大きさはほぼ同じくらいでしょうか。厚みも薄めのお肉。細かく切られているので食べ易いですね。部分的に五香粉の香りがします。亜寿加よりスパイス抑えめの感じです。個人的にはもう少し五香粉が効いていた方が好みかな。
取り敢えずあの味が継承されている事が一番のことですね。
時代と共に変化はして行くのでしょうが、基本はブレずに続いて欲しいものです。

2023/10/18

4年ぶりに復活 ニュープリンス

大和屋ですコロッケそばを堪能した後は、こちらでお茶でも。
FullSizeRender

4年ほど閉まっていましたが、次々とご家族が亡くなるという失意の中からの再出発。
2022年3月26日に、再開されました。

上に掲げられた看板には「瑝玭」の当て字が書かれています。
FullSizeRender
店内はそのまま、メニューもほとんど変わらないようです。
昭和感あふれる店内には本がいっぱい、かなり凝った造りになっているのは初代のこだわりだそうで。カップも色々と揃っていますね。何故か一角には仏像も安置されています。

今日のランチはカレーのようです。
FullSizeRender

お願いするのは、ブレンドコーヒー 500円と昭和プリン 700円。
先客は2名。億を動かすのにはなんちゃらと話されてます。
FullSizeRender

奥の方と一緒にブレンドを落としてくれています。
FullSizeRender

しばし待てば登場。ブラジルサントスNo.2がベースのようです。
FullSizeRender

昭和プリンも登場。生クリームの上のチェリーが嬉しいですね。

プリンは硬めでしっかりとした味わい。カラメルも苦味を感じてイイ感じ。
生クリームと合わせると美味しいですね。
ボリュームもあります。
FullSizeRender

コーヒーはスッキリとした味わいで、苦味と酸味のバランスも良く美味しいですね。

後の方はランチですカレーを頼まれてます。ドリンク付きでも1500円はちょっとお高め。

9月にはずん喫茶で飯尾さんが来たようで、例のカップと色紙が飾られていますね。
さて、五反田経由で帰りますか。

2022/10/12

復活した伝説のカレー BLAKES(GHEE)

雨降ってるんでカミさんを駅まで送った後、どっかお昼食べに行こうかなと。
そうだ、GHEEを食べに行こう。

神宮前で流行の最先端として人気だったGHEE。
村上春樹や安西水丸もファン、NIGO®︎や川村カオリがバイトしていたお店。
その後閉店して復活したもののまた閉店。
シェフの赤出川氏は、他の店舗や銀座に間借りしたりして、ヤドカリカレーのレジェンドとも言われていました。2016年再び実店舗営業を神宮前で復活させたのがこちらのお店。
FullSizeRender
国立競技場近くのビルの2階。有名カレー店が数100mにひしめき合う激戦区です。
FullSizeRender
ヨーロピアンクールな内装は、赤出川氏らしさを醸し出しています。

16席ほどのこじんまりした店内、12時の開店とやや遅めのスタート。先客は5名。
2人テーブルに案内されました。
FullSizeRender
そうそう、このメニューですよね。
合いがけのコンビネーションをSサイズで 1000円。
バターチキンとビーフカレーでお願いします。
しばし待てば登場。
FullSizeRender
綺麗に盛り付けられ、真ん中のライスの上にはサラダと漬物が載っています。
先ずはこちらのオリジナル激辛のビーフから。
さらっとしていますがスパイシー。ガツンと辛さが来ますが複雑な香辛料が垣間見えます。
ビーフはほろほろに煮込まれてしっかりと肉を感じさせます。
直ぐに頭から発汗。どんどん食べ進みます。先にこちらをやっつけましょう。
バターチキンに行きましょう。クリーミーで軽快な酸味。生クリームとヨーグルトを絶妙な温度で火入れしているからだそうです。ビーフの後なので優しい味にホッとします。

うんうん、美味しいカレー。
ビーフの辛さは以前より少し抑えているかも。
GHEE系と言われるお店がいくつもありますが、やはり本家本元の赤出川氏の作り出すカレーです。
大分髪に白い物も混じって来ましたが、お客さんの様子を伺う優しい笑顔は昔のままでした。

2022/9/24

復活! びっくりうどん本舗 りばいばる


令和2年の2月末で閉店した八丁堀(宝町)の立ち飲みとうどんのお店。京橋で2年、八丁堀で14年親しまれたお店でしたが、本社解散でやむなく閉店。
満を辞して「りばいばる」したのは、馬喰町。浅草橋の三角交差点の脇です。
FullSizeRender

道路を渡ったところの新規店舗の清水やで蕎麦を食べた後でしたが、これは寄っていかなければと。
FullSizeRender

昼時なので行列です。郵便ポストの前に郵便局の車も停車してテイクアウトをお買上げ。
FullSizeRender

ヒヤヒヤ並 320円をお願いします。
少なめは出来ないそうです。見れば、冷凍麺ですね。
ひや玉も人気みたいですね。
揚げ置きの天ぷらが並びますが、大きな茄子天を発見。
お会計は420円。
FullSizeRender

立ち喰いカウンターにお盆を運び。
冷たいうどんを啜ります。コシのあるうどん、解凍なのでしっかりと冷たいですね。
いりこだしの優しい薄い色の透明なつゆもキンキン。美味しいですね。

茄子天は少しトロリとして良い揚げ具合。
鳥天と悩みましたが、茄子で正解。
FullSizeRender

女子はテイクアウトにする方が多いですね。

さて浅草橋まで歩きましょう。

2022/7/1

あのアイスドが復活 カフェ ド カナール

新橋駅前 ニュー新橋ビルで50年に渡り営業していたお店が、2月末で閉店し、荒川区西尾久に移転して再開。
FullSizeRender

尾久の駅から5分程度、都電の荒川遊園地前からだと4分くらいですかね。
どらっぐばばす西尾久店の2階です。
FullSizeRender

新橋の頃に比べれば半分くらいの大きさでしょうか。壁に向かったカウンターが8席、2人席が8席、ボックス的な席が10席で、計26席とこじんまりとしています。スペースはゆったりと使われていますね。入れ物が倉庫のような作りですから、新橋時代の調度品はあるもののしっくりは来ないですよね。
FullSizeRender

現金のみの先払い方式。
あのアイスドをお願いします。600円。
ガムシロップとクリームは少なめで。
お姉さんワンオペ、お客さん居ないので貸切です。

来ました!
FullSizeRender

あの歪んだコップもそのままにアイスドが登場。
クリーム少なめでお願いしたので白い部分が少ないですが、コーヒーをしっかりと味わえます。
FullSizeRender

濃いめのアイスコーヒーが美味しいですね。

こちらも昔ながらで、ネルドリップでまとめ淹れだそうですから、しっかりとした味になるのでしょう。
FullSizeRender
新橋時代とは違って、のんびりと営業されているようで、少なくともアイスドがまた味わえるのが嬉しいですね。

2022/6/2

ギャラリー
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • カリふわが旨い MELON PAN 802 石神井メロンパン
  • カリふわが旨い MELON PAN 802 石神井メロンパン
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ