土曜日の昼ご飯は椎名町駅で下車。南天の肉そばを外で食べるのもイイなと思いましたが、少し東長崎方向へ歩いてこちら。
FullSizeRender

数年前に店を小さくしてその分賃貸にすると言う堅実な建て替えをしたこちらの町中華。
店名も無く、赤無地の暖簾と黄色いポールに立てかけられた手作りであろう営業中の看板のみ。何屋さんかもわかりません。
FullSizeRender

中を覗くと先客5名でカウンターは埋まってます。一つ椅子は空いているのですが限りなく密w
外でしばし待ちます。ちょうどお昼ですからね。

さて帰った方の後に入店。
親父さんワンオペ。しばらくすると決まったらおっしゃってくださいと声がかかります。
FullSizeRender

餃子 350円のラーメン 350円をお願いします。
FullSizeRender

先客のソース焼そばが凄いボリュームで出来上がり、次の方はあんかけ焼そば。これもかなりなボリューム。
FullSizeRender

餃子は包み置き冷凍を餃子鍋に並べ、命のスープを張ってます。

そう言えばビールなどドリンクメニューが落ちてますね。餃ビーは出来ないのか…

ラーメンと同時進行。親父さんテキパキと動きます。結構低い位置に作業台や一部の調味料が置かれていて随分と腰を屈めながらの作業はキツいだろうに。

ラーメン出来上がって、餃子の焼きに気に入らないのか、焼きを進めて出来上がり。
FullSizeRender

昔ながらの東京ラーメン。鶏ガラメインの澄んだスープ。カエシ控えめ化調の旨み。美味しいですねぇ。
麺はややウェーブ麺。大量に製麺してあるのをグラムを計りビニール袋に3玉ずつ移し替えてある麺。自家製麺なのでしょうか。
トッピングは、厚さのあるチャーシュー、メンマ、小松菜、ネギとシンプル。
麺量もそこそこあるので、これで350円は素晴らしい。最近800円900円が当たり前の世の中、この値段でも美味しいものは作れると言う事実。

餃子は、焼き加減にこだわった焼き色。
少し大振りで6個。これも350円とは思えないクオリティ。中の餡は野菜多めで後からニンニクのパンチが来ます。これも美味い。皮はしっかりとスープを吸ってモチっとしています。

オムライスや酢豚、レバニラなど食べたいメニューには事欠かず。次回は何にしましょうか。
食後に2駅ウォーキング。

2021/2/20