けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のオジさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

天玉そば

交差点の近くで 十割蕎麦 嵯峨谷 神保町店

水曜半ドン、歯医者さんの前に腹ごしらえで途中下車。
神保町交差点近くの立喰い蕎麦は、いわQ閉まっちゃってこちら一択。まぁちょっと歩けば色々あるけど。
FullSizeRender
十割蕎麦を押出製麺で提供するこちら。
先客は7名ほどそこそこ出入りがあります。
入口左の券売で天玉そば600円、細蕎麦変更券もポチり。
FullSizeRender
昔有ったアジネギ天は無いんですね。
お姉様に券を渡すと、少し時間もらいますとのこと。
椅子席カウンターに座って待ちます。
しばし待てば、番号を呼ばれるので取りに行きます。
FullSizeRender
細蕎麦がイイ感じ。美味しいですね。十割蕎麦が低価格でいただけるのが嬉しいですよね。
ウン?なんかつゆが薄い感じ。もうちょっと濃くてイイかなぁ。飲み干せちゃう感じのライト感。
揚げたてのかき揚げはサクッとしていて、玉ねぎの甘さが美味しい。
押出製麺機を考えた人は凄いですよね。

2023/11/22

揚げたて天の美味い蕎麦 つぐみ食堂

カミさんのトレッキングを沿線まで送って、ちょっと遠出しますか。
京葉道路を直走り、篠崎辺り。つぐみ食堂のアクリル看板は何故か逆さまに。
FullSizeRender
​�夜営業も始めて、「つぐみ創心」から「つぐみ食堂」に改称。セットはもちろん、各種定食も取り扱います。お酒も飲めますよ。7月は夜営業お休みだそうです。
10時前の入店。L字カウンター9席。先客1名、後客1名。通りに車を止めてもカメラ映像がリアルタイムに。
FullSizeRender
入口左の券売機で、初見の券売機悩みます。
天玉そば 650円をポチり。
お兄さんに券を渡し、蕎麦、半分で、温かいのをお願いします。
かき揚げ天は注文を受けてからの作成。
揚がる頃合いになると声がかかり、そばの茹でに。
冷凍麺を半分に折ってテボに。
冷凍麺ですから1分程でしょうか。
卵を割入れ、つゆを注ぎ、油切りしたかき揚げ天を乗せ、ネギを乗せて、登場。
FullSizeRender
黒い逆円錐のシンプルな器がモダンです。
蕎麦、美味しい。冷凍麺ならではの味わい。馬鹿に出来ません。つゆがほんのり甘めで出汁感が強く美味しいですね。かき揚げ天の油も混ざり甘さが立ちます。聞くところによれば、本鰹節の厚削り、鯖節、宗田節、日高昆布で出汁をとっているとか。美味しいはずです。
かき揚げ天は揚げだけですから、サクシャキで、玉ねぎのこれまた甘みがイイですね。
コレは美味しいお蕎麦ですね。
券売機の右側に写真メニューにボタンの番号が振られていますね。
あ、野菜天(春菊、茄子、サツマイモ)にすればよかったかなぁ。

2023/7/13

塩分補給 常盤軒(旧品川26号店)

@jurou67 相馬十郎さんの図らずも追っかけになってしまいましたが、水曜半ドンのお昼は、品川駅13、14番線ホームの方の旧品川26号店。こちらもJRクロスステーション傘下になってしまいました。
FullSizeRender
14時前、丁度お姉さんが券売機の精算をしている所。

しばし待って、やはりこちらは、かき揚げ天玉蕎麦 580円が基本ですよね。
FullSizeRender
券を中のオジさんに渡して蕎麦半分でお願いします。
丸山製麺の麺箱の中の茹で麺を半分にほぐして湯掻き。
ヤマサのつゆを注いで、いわたの天ぷらを乗せ、卵を割り入れ、ネギを乗せたら出来上がり。
FullSizeRender
塩っぱいですw 一説に寄れば総武線利用の千葉県民に合わせたとか。
山手線ホームの22号店とは異なるつゆです。
蕎麦は、もそっと感は少なめで、茹で麺としてはイイ感じですね。
仕入品のペラペラのかき揚げ天がなんともノスタルジック。揚げ置きでも油感は少ないのがイイですよね。
生卵ですから、ポスターみたいに目玉焼きのように白身は固まりませんw
FullSizeRender
午前中かいた汗で失われた、塩分と水分を補給完了。移動します。

2023/7/5

懐かし王道「鈴」付き きそば鈴一(すずいち)

水曜半ドンの連食2件目は、桜木町で今生の別をしようかとも思ったのですが、悲しくなっちゃうので近くから遠目に見送る事にしました。
FullSizeRender
横浜西口五番街交番向かいのベルワンことこちらで。懐かしい。この一帯は、鈴一の鰹出汁、シェーキーズのピザ、吉野家の醤油だれとなんとも言えない匂いが混ざります。
創業は1971年。母体はイセザキ・モールで甘栗専門店をやっていた鈴一商事。
前職で2000年から2009年まで横浜の仕事に関わっていたので、週一は通っていた懐かしのお店です。当時は券売機も無く、いなり寿司も無かったけど、活気は今以上にあったかもしれません。
カウンター直上の低い梁にはご注意は変わらず。カウンターで食べると頭が気になっちゃうんだよなぁ。
FullSizeRender
券売機出来てカウンター狭くなっちゃったけど、天ぷら玉子そば 490円をポチリ。
おばちゃんに券を渡して、蕎麦半分って言ったら、残して!ってバッサリ。そうなんですよね。15秒で出てくるという流れを崩したくないんですよね。
湯掻き終わって丼に準備された蕎麦に揚げ置きのかき揚げ天を乗せ、玉子を割り入れ、つゆを注いで登場。やっぱり早い。

さて、ベルワンの基本の路上喰い行きますか。
FullSizeRender
先ずは行灯の上に置いて記念撮影w
シマダヤの袋茹で麺は、フワフワの柔麺。シマダヤの既製つゆに宗田節を追加して毎日炊いていて、少ししょっぱ辛めのスッキリ味。
昔は、やはりシマダヤのかき揚げ天だったようですが、2020年3月からは「有限会社いわた」の天ぷらです。
確かに昔と違って美味しいですね。衣多めでつゆを吸うタイプ。辛めのつゆと油の甘みが混然となって美味しくなります。
FullSizeRender
王道のTGSですね。しかし何故か鈴の字が入った立ち食いそばは美味いんだよなぁ。

2023/3/29

元祖天玉そば かめや 神田東口店

久しぶりの飲み会の前にお昼も食べてないので、こちらで。
新宿西口思い出横丁など都内に数店舗、神田には西口店もあります。
「元祖天玉そばの店」ということですが、正確に言うと温玉とかき揚げ天で出したのが元祖ということで、生卵のそれはどこでも出していたようです。
母体は鰻屋さんらしいですね。
FullSizeRender

店内はカウンター10席。アクリル板で仕切られています。
16時と言う言わばアイドルタイム。先客1名、後客2名。

お願いするのは、元祖天玉そば 470円。
口頭注文、現金先払い。
ツーオペで、お一人は夜に備えてかき揚げ天を揚げています。
蕎麦は生蕎麦ロット茹で、それほど時間は経っていない様です。
湯掻いて、つゆを注ぎ、温玉を割り入れ、ネギ投入。かき揚げ天は揚げたてを乗せてくれました。
FullSizeRender

白いかき揚げ天が、丼を覆い尽くします。大きいですね。揚げたてでサックリと揚がっています。
蕎麦は半分でお願いしたはずが結構な量。
生蕎麦ならではの喉越し。薄めのつゆと合いますね。
王道の天玉そばですね。ただの立ち食いそばとはちょっと違うレベルの味。
最後に温玉をするっといただいて、ご馳走様。

厨房ではつゆを追加仕込みしている様ですが、ちゃんと塩分濃度計で、確認してますね。
しっかりとお店の味を守ってますね。アバウトなところが無いのも好印象。

2022/5/19

ギャラリー
  • カレー南蛮発祥の地 朝松庵
  • カレー南蛮発祥の地 朝松庵
  • カレー南蛮発祥の地 朝松庵
  • カレー南蛮発祥の地 朝松庵
  • カレー南蛮発祥の地 朝松庵
  • カレー南蛮発祥の地 朝松庵
  • ラッキーメニューはナポリタン Friends
  • ラッキーメニューはナポリタン Friends
  • ラッキーメニューはナポリタン Friends
  • ラッキーメニューはナポリタン Friends
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ