けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

名物

世界一のカキフライ わぶ


世界一と称するカキフライを食べに新宿西口に。
FullSizeRender

11:45の到着で6人待ち。15分ほど待って案内されました。ドアにトランシーバーがぶら下がっていて、「外に並んでる人どうぞ〜」ってやってます。
お母さんは相変わらず大きな声で元気ですね。
FullSizeRender

カキフライとアジフライでご飯小盛りでお願いします。
カウンターの冷蔵ケースには、衣の付いたネタが山になってます。
大きなディスプレイには、取材映像がリピート放映中。
FullSizeRender

しばし待てば登場。
ウンウン大きなカキフライが2つ、アジフライは1.5尾。
カキフライは小さな牡蠣を5、6個まとめ揚げ。どこを噛んでもエキスがジュワ〜。火通りはバッチリ。ややレア感も残りつつ火は通っていてジューシー。美味しいですね。
タルタルソースがまた旨い。おかわり自由なので、お願いします。
ホールのオバチャンは山形出身で面白い。もう一つオマケしておくねとスプーンでタルタルを乗せてくれます。
アジフライややや揚がり過ぎ感もありますが、美味しいですね。1尾をイメージしてたのでボリュームに圧倒されました。
サービス精神旺盛なあ母さんは、後客の穴子フライが、今日は小さめなので2つ入れとくね〜と。アジフライもそんなで1.5尾だったのかも。
美味しいご飯は小盛りでも結構な量。山形名産のおみ漬けと一緒にいただけば箸が止まりません。
付け合わせのキャベツの千切りは山盛り、消化を助けるためにもしっかりといただきます。

世界一のカキフライとの事ですが、人形町 三友の先代が亡くなった今、確かに一番かもしれません。三友の先代のはもう少し衣が薄かった。

お腹パンパンです。
外の並びは更に伸びて10名ほどですかね。
さて腹ごなしに歩かなくては。

2020/12/23

名物舞茸天そば おくとね

やっと発行されたマイナンバーカードを受け取り、その足で蕎麦活へ。今日は新橋。
新橋駅前ビルの地下。小さなお店が並んでいる一角。
FullSizeRender
先客は2名。あと客3名。
入口左の券売機で購入するのは、名物の舞茸天そば 460円。
FullSizeRender
そば半分でお願いします。
目の前で直ぐに湯掻いて、作り置きの舞茸天を壊さないようにそおっと乗せれば完成。
FullSizeRender
大きな舞茸天は、刻まれてシート状になっています。
揚げ置きですが、厚さが無いためか油っこさはありません。
つゆはスッキリしています。
蕎麦は、エッジとコシが残っていますので美味しいですね。
衣がどんどんと溶けて行きますので、最後はたぬきのような状態に。
この時にバランスが良くなるので、衣の事を考えたつゆなんでしょうか。

さて、向かいの担々麺屋さんも美味しそう。
1階のポンヌフのナポリタンにも惹かれますが次に移動しましょう。

2020/7/17

おくとね
ジャンル:そば
アクセス:都営浅草線新橋駅A3口 徒歩1分
住所:〒105-0004 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館B1F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新橋×そば

居酒屋の名店 千登利(ちどり)

まだ電車混乱しているみたいなのでもう一軒。
FullSizeRender
昔から親しまれている居酒屋さんです。
女将さんお元気そうですね。
中程のカウンターに案内されました。
FullSizeRender
赤星をお願いします。
人気メニューの肉豆腐。しみしみの豆腐がイイですねぇ
FullSizeRender
銀杏とレバーを焼いてもらいました。
こちらのレバーは割と火が通っています。
結構肉豆腐の量が多いのでお腹いっぱい。
店員の方々は、韓国の人が多い様でお客さんの韓国人の方と仲良く話してます。
女将さんに挨拶して腰をあげますか。

2019/12/5

千登利
ジャンル:居酒屋
アクセス:東京メトロ丸ノ内線池袋駅12番口 徒歩1分
住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-37-15 西形ビル 1F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 池袋×居酒屋

ジャンボ餃子 一圓 本店

カミさんが休みだったのでお買物にお付き合いして吉祥寺。

お腹も空いたので16時過ぎにこちらに。

FullSizeRender

ちょうど2人席が空いてました。奥にまだ2席空いてましたが、少し経つと埋まりました。

FullSizeRender

プラチナ(白金豚)焼餃子、ひとくち焼餃子、とりしそゆで餃子、私は焼叉麺、カミさんは、味噌拉麺を。

10分ほど時間がかかりますと言われます。

餃子の焼き台が二つなので順番で焼くとそうなるのですね。

ラーメンは、餃子の焼き上がりに合わせて準備されます。


さて出来上がりました。

FullSizeRender

自慢の大きさの餃子。デカイ!

ひとくち焼餃子の倍以上あります。

皮はモチっとしていて、餡はジューシー美味しいですね。

白金豚のジューシーさがイイですね。ひとくち焼餃子は、通常の焼餃子と中身は同じだそうです。

FullSizeRender

とりしそゆで餃子は、思いの外香りが弱かったですね。

FullSizeRender

焼叉麺(メニューにはそう書かれています)は、6枚大きなチャーシューが乗って、ほうれん草やメンマなどがすっかり隠れています。

麺は中太ストレート麺。スープは鶏ガラの醤油スープ。

オーダー多過ぎましたねwお腹パンパン。


帰る頃には席にも余裕が出てました。

歩くのも苦しくてw

さてバスに乗って帰りましょう。


2019/11/30



一圓本店
ジャンル:ラーメン
アクセス:京王井の頭線吉祥寺駅北口 徒歩4分
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-17-2(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 吉祥寺×ラーメン

三峯神社参拝のあとの腹ごしらえ 大島屋

連休最終日は、珍しくカミさんと休みが一緒になったので、折角だから出かけようかと。
先日テレビでやっていた秩父の三峯神社に行ってみようとノコノコ出かけました。
途中、和同開珎で有名な和銅採掘遺跡や聖神社に立ち寄ってから三峯神社に向かいます。
IMG_8991
日曜日という事もあり駐車場手前500mから渋滞です。
やっと駐車場に車を入れ三峯神社に参拝です。
途中お茶屋さんが2軒ありますね。帰りに寄ることにしましょう。
見事な山門と、思いのほか絢爛豪華な極彩色の本堂にお参りして、御神木にすりすりしてパワーをもらいます。
FullSizeRender
御朱印と「氣守」をいただきます。毎朔日に配られる白い「氣守」はあまりの渋滞問題もあって6月1日から当分の間配布を休止しているそうです。
参道を降りて14時を回っていますから、下に降りてからの食事は厳しいだろうということで、お茶屋さんで蕎麦でもすすりますか。
IMG_9032
1軒は、いもでんがくを大々的に扱っている「山麓亭三峰お犬茶屋」手打ちそばののぼりがはためきます。中に入って見ると蕎麦は終わりましたって…そば食べたいよね…
FullSizeRender
じゃあちょっと戻って「大島屋」こちらは、大衆的な定食屋といった趣ですね。こちらの方が開けているので外のテラスなら山並みを見ながら休憩することができます。
こちらは手打ちそばの表示はありませんが、くるみごまだれそばもやってますね。カミさんと二人、くるみごまだれそば 800円と秩父名物わらじかつどん 1000円を先に食券売場でお願いします。

店前にはお土産と氷、飲み物、トウモロコシといったものが並びます。
店内は、テーブル席に、座敷席、前述のテラス席もありますね。
お茶は自由にお召し上がりください。って書いてあるってことは休憩だけでもいいかしらん?
さて、番号を呼ばれて手を挙げれば、お姉さんやお母さんが持ってきてくれます。
FullSizeRender
挽きぐるみのポツポツとそば殻の入ったおそばですね。くるみごまだれは思いのほか濃さはなくさっぱりとしています。もっとどろりとしていてもいいかなぁ。蕎麦自体はもうちょい茹で加減が短くてもいいかもくらい。
FullSizeRender
秩父名物のわらじかつどんは、丼の蓋からはみ出してますよ。
肉自体はやや薄めですが、割と食べごたえがありますね。
FullSizeRender
ご飯の上にはたれとして絡んだソースが絡んでいるのでこれがなかなか美味しいです。まあ千切りキャベツ等はなく、ソースに浸けたカツが2枚というシンプルさがイイですね。そうそう、西武鉄道のCMで吉高由里子や土屋太鳳が食べていたのが、こちらのわらじかつどんなんですね。
こちらは、下げ膳はセルフなんですね。お片付けして。

さて、お腹もいっぱいになったので、近くで立ち寄り湯で一っ風呂浴びて帰りますか。

2018/7/16

ギャラリー
  • サクサクの春菊天 そば切り うちば
  • サクサクの春菊天 そば切り うちば
  • サクサクの春菊天 そば切り うちば
  • ガテン系の味 中華料理おおくま
  • ガテン系の味 中華料理おおくま
  • ガテン系の味 中華料理おおくま
  • ガテン系の味 中華料理おおくま
  • ガテン系の味 中華料理おおくま
  • 春日から移転して1年 レストランルミネ
  • 春日から移転して1年 レストランルミネ
アーカイブ
カテゴリー
amazon
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ