けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のオジさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

個人宅

路地裏の個人宅 喫茶こくん

歯医者さんまでまだ時間があるのでちょっと寄り道。
先日お亡くなりになった親方の錣山部屋に一礼して弔意を示してから、その前の細い路地を入っていくと、昭和な古民家に看板が出ています。
FullSizeRender
入口のガラス引戸は正に下町の玄関扉のそれ。
FullSizeRender
狭い土間で靴を脱いで靴箱に入れ、用意されたスリッパに履き替えて、喫茶店に改装された店内に。昭和レトロな空間です。
14時半で貸切でした。お好きな所にどうぞと言われ、カウンターに着席。
FullSizeRender
目の前には素敵なカップの数々。
FullSizeRender
お願いするのは、ストレートコーヒーも色々と用意されていますが、何種類かあるブレンドコーヒーの中から「白」中浅煎り 600円と自家製スイーツの どら焼きモンブラン 800円。栗とクリーム(あんなし)で。
セットで100円引きになりました。
FullSizeRender
カップを何にしましょうかと相談を受け、どら焼きと合わせて和風な感じで明るめなカップにする事に。
女性店主が丁寧に珈琲を淹れてくれます。
しばし待つとスイーツと一緒に登場。
FullSizeRender
温めたどら焼きにモンブランクリームがたっぷりと載っています。中には栗とクリームが。
温めてあるのがイイですね。餡子が無いので和菓子よりも洋菓子の趣き。美味しいです。
珈琲はスッキリとしていて酸味がほんのり。スイーツに合いますね。
中深煎りの珈琲も気になります。お食事メニューや他の自家製スイーツも。
FullSizeRender
店主さんと歯医者さんの話で盛り上がりながら歯医者さんに向かいます。
2024/1/10



ほっこりする昭和な店 喜多村

今日は風が強くて寒いですね。

水天宮前交差点からちょっと行った、新大橋通りから一本裏手の路地裏にあるとんかつ屋さん。

13時を過ぎての入店です。店内はカウンターが4席にテーブル席が12席とこじんまりとしています。

先客は2名。お隣の2人席に案内されましたが、奥に座っている方が大分出っ張っているので、ぐるりと遠回りw

カキフライ 1350円か…

ランチのロースは1000円。ヒレが1100円。

ランチロースカツ定食をお願いしましょう。


お年を召したご夫婦で営まれていますね。

おや、お孫さんでしょうか高校生のお兄ちゃんが帰って来て2階に上がって行きましたよ。

じっくりと揚げてますね。10分程揚げたとんかつが登場です。通常ロースが1250円ですから貧弱かなと思いましたが、なかなかの大きさと厚さですね。6切れに切られています。

お母さん、ご飯半分で良いです。

1センチ程のお肉はしっかりと火が通っていますが、柔らかいですね。まぁ脂身の部分はやや気になりますがロースですからね。

店内には昭和歌謡が有線でしょうか流れています。

使い込まれたテーブルや調度品は時代を感じさせますが、小綺麗にしているのが良いですね。


高校生のお兄ちゃんもお昼ですね。

2階に持って上がって食べるようです。

何故かほっこりとする、街のとんかつ屋さんでした。

 

2016/11/28



ギャラリー
  • カレー南蛮発祥の地 朝松庵
  • カレー南蛮発祥の地 朝松庵
  • カレー南蛮発祥の地 朝松庵
  • カレー南蛮発祥の地 朝松庵
  • カレー南蛮発祥の地 朝松庵
  • カレー南蛮発祥の地 朝松庵
  • ラッキーメニューはナポリタン Friends
  • ラッキーメニューはナポリタン Friends
  • ラッキーメニューはナポリタン Friends
  • ラッキーメニューはナポリタン Friends
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ