けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のオジさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

人気店

ティールーム縮小残念 お菓子の家NOE(ノア)

創業1975年の界隈では有名な洋菓子屋さん、有名人のファンも多いですね。
一口サイズの窯だしチーズと言うチーズスフレが一番人気。一日千個売るとか。
婆さんとちょっとお茶でもしようかと立ち寄り。
FullSizeRender
相変わらずの混雑ぶり、ティールーム使用も番号札を取らなきゃいけないのがちょっと面倒くさい。
数年前にティールームは大幅に縮小されて、ステンドグラスや大きな丸テーブルの上に飾られていたシャンデリアは無くなってしまいました。
しばし待てば案内されます。
4人席2つと2人席2つと随分と小さくなってしまいました。
FullSizeRender
以前のティールームだった所は製菓スペースになっていて、お菓子の売れ行きが良いのが分かります。
実物のカカオの実も飾られていて、改めてイメージとは違う大きさに驚かされます。
婆さんはチョコレートケーキ、私はモンブランをお願いしてブレンドコーヒーをお願いします。
FullSizeRender
こちらのモンブランは、麺状のマロンクリームがかけられているのでは無く、尖んがった帽子の様に盛り付けられています。
以前はこちらくらいしか、やや高級な洋菓子は無かったのですが、今は様々なパティスリーがオープンしているので、昔ほどの感動感はないかなぁ。
コーヒーは、マシン抽出で、ごく普通のお味。
昔の広々としたティールームが懐かしいですね。

2024/4/6


東京一の讃岐うどん うどん 丸香(まるか)

水曜半ドン、歯医者の前のランチタイム。
東京一と言われるこちらの讃岐うどんをいただきます。
店主さんは香川の名店「山越」で修業をされて創業は2003年。今では香川に帰らなくとも讃岐うどんが食べられるお店として香川出身者にも認知されているそうです。
FullSizeRender
外待ちは12人、お姉さんが注文取りに来てくれます。
FullSizeRender
FullSizeRender
お願いするのは、かけ月見うどん560円、野菜天盛 400円。普通盛でお願いします。
回転は良いので7、8分の待ちで店内に案内されます。
店内は撮影禁止。入れ込みが2列並んでいます。どんどん回転しますね。
入れ込みは向かいの方と目線が合わないように板が貼られているのですが、うどんを召し上がる時に前傾姿勢になると、こんにちはしてしまいますね。
奥の調理場では釜からうどんがドンドン茹で上がって行きます。
FullSizeRender
先に注文受けているので程なく登場。
並んでから10分で着丼でした。
ツヤツヤのうどんが綺麗に丼の中に収まっています。
ツルツルのうどんはコシもほどほどあり、もちもちとした美味しいうどんです。なんと言っても優しい味のいりこ出汁がたまりません。
やや長めのうどんがするすると喉を通り過ぎて行きます。
本日の野菜天盛はサツマイモ、レンコン、茄子とベストトリオ。サクサクの衣も美味しく、つゆに浸せば、また味わい深くなります。サツマイモはふかふか、レンコンはシャキシャキ、茄子はねっとり。それぞれの食感が楽しめて、ボリュームもあります。
あっという間にうどんを啜り終えて、つゆもゴクゴク完飲です。意見の分かれるところですが、あまり熱々では無いのでゴクゴク行けます。個人的にはもうほんの少し熱い方が良かったかな。

2024/3/13

コメダサイズ コメダ珈琲店 保谷店


爺さんの病院にお見舞いに婆さんを連れて行って、帰り道コメダに行きたいと言い出したのでこちらに。
FullSizeRender

ホットコーヒーたっぷり カミさんはカフェオレ 婆さんはクリームソーダ。
まんぷくプレートのヒレカツを頼みたいと言うので注文。
FullSizeRender

相変わらずのボリューム。コレはとても一人では食べ切れません。
ヒレカツが5個 山盛りサラダ ポテサラ。
ローブパンがフワフワでバター感もあって美味しいですよね。デニッシュ生地が入っているそうです。
ヒレカツも柔らかくボリューミー。
3人で分けても有り余るボリュームでした。
残念だったのは、食器が大分くたびれていた事。コメダのマークも禿げてるし、カップの内側には茶渋が残り…
人手不足なのか、3人で回していてちょっと大変そうな店内でした。

2024/3/8

ハイクォリティの蕎麦と天ぷら よし房 凛

日医大に爺さんを健診に連れて来ていた頃は脚繁く通ったのですが、病院を地元近くに変わってからは、とんとご無沙汰。
爺さんはショートステイに入所中。婆さんがこちらの蕎麦と天ぷらを食べたいと言い出したので、カミさんと3人で2年ぶりに伺いました。
FullSizeRender

口開けの1回転目を目指しましたが、叶わず2回転目に。45分ほど待って入店です。
女将さんも覚えていてくださり、爺さんの具合を案じてくれたりありがたい。
FullSizeRender

お願いするのは、婆さん、カミさんは天せいろ 2000円。私は季節の牡蠣汁せいろ 2300円。
FullSizeRender

前回は牡蠣南蛮をいただいたので、今回は冷たいお蕎麦で。
待っている間に注文を聞いてくれたのでさほど待たずに登場です。
大振りのパンパンに膨らんだ牡蠣が4つ熱々のつゆに泳ぎます。椎茸の上には丸く削ぎ出された柚子皮が載っています。見た目も綺麗なのがイイですよね。
蕎麦は相変わらず美味いですね。キリッと締められたエッジの立ったコシのある手打ち蕎麦。熱々のつゆにも負けず喉越しも良くスルスルと入って行きます。
パンパンの牡蠣は中からジュワッとエキスが染み出し、絶妙な火入れです。
FullSizeRender

婆さん達の天せいろは、海老、キス、カボチャ、レンコン、椎茸、えのき茸などのレギュラー陣に、季節のものは、アブラナ、干柿、ピョーンと立っているのは皮付き人参。
少し天ぷらをいただきましたが、皮付き人参は甘くて美味しいですね。例年の干柿もまったりとして美味しいですね。
やはりこちらの天ぷらと蕎麦はハイクォリティ。

お腹も落ち着いたので、斜向かいの根津のたいやきを買って帰りましょう。

2024/2/15

コインランドリーの上 オトナリ珈琲

時間調整のお茶でも。
FullSizeRender
こちらは昭和の木造2階建店舗をリノベーションして、1階はコインランドリー。2021年の開業。
FullSizeRender
右手の壁際に2階に上がるギシギシと軋む急勾配の木の階段。
天井を抜いて屋根裏が見えるスケルトン。
大きなカウンターとテーブルが2つ。
カウンターの端で先注文。
FullSizeRender
お願いするのは、プリン 550円とブラックコーヒー 600円。3種類の中から濃いめのブラジルをお勧めに従ってチョイス。
カウンターに先客2名。中程に着席。高いカウンターにハイチェア。ガス圧で高さが調整出来るのでイイ高さに。カウンターは古い建物の所為なのか建て付けなのか、グラグラと揺れますね。ちょっと気持ち悪い。
ゆっくりとした時間が流れます。
FullSizeRender
しばし待てばプリンと丁寧に淹れたコーヒーがサーブされます。
プリンにはやや柔らかい生クリームがちょこんと載っています。硬めのプリンは周りに粒感が残ります。
FullSizeRender
小振りのシュッとしたフォルム。好みの硬さです。カラメルソースは苦味と甘味は抑えてあります。生クリームとの相性イイですね。
やや深煎りのブラジルコーヒーはスッキリとしていながらバランス良く酸味と苦味とほんのりとした甘味が混じり合っています。美味しいコーヒーです。
こちらも混雑してきましたね。
さてあんまり時間がなくなったので歯医者さんに行きましょう。

2024/2/7

ギャラリー
  • たっぷりな餡子は上品な甘さ 目黒ひいらぎ
  • たっぷりな餡子は上品な甘さ 目黒ひいらぎ
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ