けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

ラーメン

創業70年ほどの昭和の食堂 天平食堂(てんぺい)

金曜日カレーは巣鴨新田の昭和の食堂で。大塚の北口からもそう遠くになりません。
高齢のご夫婦が営む食堂は、創業70年ほど、2代目なんだそうです。
FullSizeRender

平屋の正面に看板を取り付け、敷地いっぱいに建てられているので、オーニングで雨除け。
建物自体がなんとも平面構成の昭和の建物。
ガラスケースの下はタイル張りで、その昔は食品サンプルが並んでいただろう佇まい。
FullSizeRender

天ぷら、刺身、カツ、エビフライ、ポークソテー、生姜焼き、レバニラ、焼魚、唐揚げ、肉豆腐、天丼、カツ丼、カレー、オムライス、チャーハン、ラーメン、焼きそば、餃子、冷奴、さば味噌煮、そしてうなぎまでも。なんでも来いのオールスターメンバーがラインアップ。
アジフライ頼もうと思ったらやって無かった。頭の中にあったのは、アジフライとハムエッグとカレーだったんですが…
カツカレー 680円、ご飯少なめでお願いします。
先客は1名メンチ定食でしょうか。
FullSizeRender

店内は14席ほど。小上がりの奥にあるテレビを見るとは無くしばし待てば、タイマーの音。カツが揚がったようです。
FullSizeRender

名前と電話番号の入った出前仕様のカレー皿(市内局番は三桁のまま)に、ほんのり黄色味を帯びたカレーが。
カレー粉で作るあのカレーですね。舌に懐かしさを思い出させる味です。玉ねぎも残っていて美味しい。豚肉はスライスが入ってますね。
カツは揚げたてですから熱々。さほど厚みはありませんが、カツカレーにちょうど良い厚さ。

なんとも言えない懐かしい味のカレーでした。
まだまだ続けて行っていただきたい昭和の食堂です。

2022/9/2

丁寧な作りで醤油香る すすり処 奥がわ

保谷駅周辺は割と個人経営ラーメン店が多くあり、それぞれがこだわりを持っているのが面白い。
保谷駅北口からひばりヶ丘方向に歩いて、地元民通称大踏切の手前。
紫色の暖簾がはためきます。
FullSizeRender

土曜日の昼過ぎですが、先客は帰ったばかりの2名の他に1名と空いてますね。
入口右の券売機で購入して好きな所に座ってくださいとのこと。
FullSizeRender

醤油そば、にぼしそば、わんたんそば、にんにくそばなんてのもありますね。
多少は気温も落ち着いたとは言え、冷しが良いですね。
味玉冷しつけ小 870円をチョイス。
FullSizeRender

店内はシンプルで14席ほどでしょうか。
店主さんワンオペで水を持って来てくれます。
壁を見ると醤油にこだわりがあるようですね。

しばし待てば登場。
FullSizeRender

ガラスの器に涼味を感じさせて、綺麗に盛り付けられた中太の全粒粉でしょうか、つるんとしていてモチモチですね。
カレンダーがあるので、東久留米の三河屋製麺でしょうか。
つゆは醤油のいい香り。表面に油が張ってます。
テーブルに置いてあるお酢を回しかけると、冷し中華のつゆのように、美味しいですね。
チャーシューもしっとりとしています。穂先メンマと、つゆの中にはもやしも入っています。
味玉は半熟で黄身がとろーり。

変にこねくり回さずシンプルにかつ繊細に作られていて好きな味ですね。
気温が落ち着いたらにぼしそばなんかもいただいてみたいですね。

2022/8/6

唯一無二の麺 中華そば みたか

創業60年余の伝説の名店、あの孤独のグルメの原作者、久住昌之氏が小説にもした「江ぐち」の閉店を元従業員が復活させて早10年余。
FullSizeRender

相変わらずの人気店、土曜日の13時で10人待ち。地下への階段の踊り場まで。
回転は良いので25分で着席。コの字カウンター10席。
ラーメン 550円から、五目にすると野菜が乗ります。油そばもありますよ。
FullSizeRender

お願いするのは、ワンタンメン 700円。
丼に魔法の白い粉を入れて、ネギを散らし、カエシを注ぎ香味油を垂らしてスタンバイ。
麺の茹で上がりのタイミングに合わせて、スープを注ぎます。
スープの寸胴には、野菜がゴロゴロ入っているのが目に入ります。
今回は4杯進行だったので、平ザルで麺を上げ、茹で釜にワンタンを投入。
トッピングをしつつ、ワンタンを丼に。
五目の人は、野菜を乗せて出来上がり。
FullSizeRender

シンプルな優しい醤油味。じんわりと美味しいです。普通なのに美味しい。
麺は、唯一無二の和蕎麦の感じもする全粒粉のやや茶色い中細ストレート麺。これが美味しい。どこかで食べた事があるような。
ワンタンは、少し肉が付いてツルンと喉に流れます。
なんとも言えない懐かしい味わい。

卵を注文すると、生か半熟か聞かれます。半熟は、そばの茹で釜に落としてポーチドエッグ状にしてくれます。

年配のご夫婦が懐かしみながら召し上がっているのも微笑ましい。
常連さんの多いお店ですよね。
明るい店長は、どことなく芸人の明るい◯村にも似てるw
さて、待ち列もありますからさっさと退散しましょう。

2022/3/5

シンプルなのに深いワンタン麺 支那そば いしはら

なんとなくシンプルな醤油ラーメンが食べたくなってこちらに。
FullSizeRender

浜田山たんたん亭の創始者がやっている支那そばのお店。店に入るとご主人の禿頭がお出迎え。
土曜日の13時前、カウンター7席の小さなお店。混雑しているかなと思ったら、先客2名で一人入れ替わり、もう一人も直ぐに退店、貸切になりましたが、それも一時。
後客2名、子供連れ3名、お一人様と、満席に。
2名の方達は、熱燗を始めました。
FullSizeRender

お願いするのは、ワンタン麺ミックス 1210円。
ワンタンを肉、海老、2個ずつ茹で釜に投入。
時間差で麺を投入。
温めた丼に、刻んだネギ、カエシと油を入れて、奥でスープで割ります。
麺だけを平ざるで湯切りして丼に、後からワンタンを掬って丼に。
トッピングは、チャーシュー1枚、メンマ、海苔。
FullSizeRender

香りの良いスープは、シンプルですが飽きのこない美味しいスープですね。先ずは節系などの香り、後から動物系の旨味が来ます。
中細ストレート麺は、スープも絡み、少し軟めが自分好み。ややもちッとして、啜り心地が良い麺ですね。
ワンタンは、餡がかなり大きめ。ムッチリとしていて、海老は、海老が香り磯の味。肉は噛み締めればジュワッと肉の旨味。

途中でお酢を少しかけて、より支那そばっぽくいただいて、あれよあれよと言う間に完食。スープも飲み干しそうになりましたが、我慢して。
美味しい支那そばでした。

外に出ると2名の外待ち。タイミングが良かったのですね。
近くのカツ丼専門店になっちゃったお店は、相変わらずの行列でした。

2022/2/5

焼麺と言うラーメン 焼麺 劔(つるぎ)

ちょっと面白いラーメンがあると聞きこちら。
FullSizeRender

焼麺と言うラーメン。今年の夏にリニューアルされたそうです。支店も出して元気ですね。
FullSizeRender

入口右に券売機。
焼麺とラーメンです。
目玉焼麺 840円をポチり。フロアのお兄さんに券を渡し、並盛が大盛を聞かれるので並森で。
カウンター8席、アクリル板でひと席ずつ区切られています。女性のお一人様もポツポツ。
FullSizeRender

茹でた麺を焼くので少し時間はかかりますね。
小さなすり鉢に鰹節が入って用意されますので、ゴリゴリして待ちます。
さて着丼。
FullSizeRender

焼いた麺がはみ出てます。
目の前に貼られた食の心得通りに先ずはスープを。
濃厚な豚骨ベジポタスープは、ほんのり甘みを感じますね。美味しいです。豚骨臭さは全くありません。トロリとしていますが、くどさも無く割とさっぱりとしています。
片面をしっかりと焼いた麺はそのまま食べればパリパリと。焼かれていない部分はもっちりと。
スープに絡めればなんとも絶妙な味わい。
大きな豚バラチャーシューは、薄めにスライスされているので脂のくどさが無く美味しい。
太メンマも食べ応えがあります。

スープに浸しておくと少し柔くはなりますが、パリパリ感は残りますね。
途中で、鰹節をかければ、一気に香りが立ってまた違う味わいに。
カウンターに用意された紅生姜を乗せるとまた違う味に変化しますね。

豚骨ベジポタスープが美味しいので、アレンジしてもイイ感じ。
焼いた麺もかた焼きそばとはまた違う味で面白いですね。

2021/12/16

ギャラリー
  • 上海料理が美味しい 好又香(こうゆうか)
  • 上海料理が美味しい 好又香(こうゆうか)
  • 上海料理が美味しい 好又香(こうゆうか)
  • 上海料理が美味しい 好又香(こうゆうか)
  • 上海料理が美味しい 好又香(こうゆうか)
  • 祝再開 SOBA-JU(ソバージュ)
  • 祝再開 SOBA-JU(ソバージュ)
  • 祝再開 SOBA-JU(ソバージュ)
  • 祝再開 SOBA-JU(ソバージュ)
  • 祝再開 SOBA-JU(ソバージュ)
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ