けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

ラーメン

唯一無二の麺 中華そば みたか

創業60年余の伝説の名店、あの孤独のグルメの原作者、久住昌之氏が小説にもした「江ぐち」の閉店を元従業員が復活させて早10年余。
FullSizeRender

相変わらずの人気店、土曜日の13時で10人待ち。地下への階段の踊り場まで。
回転は良いので25分で着席。コの字カウンター10席。
ラーメン 550円から、五目にすると野菜が乗ります。油そばもありますよ。
FullSizeRender

お願いするのは、ワンタンメン 700円。
丼に魔法の白い粉を入れて、ネギを散らし、カエシを注ぎ香味油を垂らしてスタンバイ。
麺の茹で上がりのタイミングに合わせて、スープを注ぎます。
スープの寸胴には、野菜がゴロゴロ入っているのが目に入ります。
今回は4杯進行だったので、平ザルで麺を上げ、茹で釜にワンタンを投入。
トッピングをしつつ、ワンタンを丼に。
五目の人は、野菜を乗せて出来上がり。
FullSizeRender

シンプルな優しい醤油味。じんわりと美味しいです。普通なのに美味しい。
麺は、唯一無二の和蕎麦の感じもする全粒粉のやや茶色い中細ストレート麺。これが美味しい。どこかで食べた事があるような。
ワンタンは、少し肉が付いてツルンと喉に流れます。
なんとも言えない懐かしい味わい。

卵を注文すると、生か半熟か聞かれます。半熟は、そばの茹で釜に落としてポーチドエッグ状にしてくれます。

年配のご夫婦が懐かしみながら召し上がっているのも微笑ましい。
常連さんの多いお店ですよね。
明るい店長は、どことなく芸人の明るい◯村にも似てるw
さて、待ち列もありますからさっさと退散しましょう。

2022/3/5

シンプルなのに深いワンタン麺 支那そば いしはら

なんとなくシンプルな醤油ラーメンが食べたくなってこちらに。
FullSizeRender

浜田山たんたん亭の創始者がやっている支那そばのお店。店に入るとご主人の禿頭がお出迎え。
土曜日の13時前、カウンター7席の小さなお店。混雑しているかなと思ったら、先客2名で一人入れ替わり、もう一人も直ぐに退店、貸切になりましたが、それも一時。
後客2名、子供連れ3名、お一人様と、満席に。
2名の方達は、熱燗を始めました。
FullSizeRender

お願いするのは、ワンタン麺ミックス 1210円。
ワンタンを肉、海老、2個ずつ茹で釜に投入。
時間差で麺を投入。
温めた丼に、刻んだネギ、カエシと油を入れて、奥でスープで割ります。
麺だけを平ざるで湯切りして丼に、後からワンタンを掬って丼に。
トッピングは、チャーシュー1枚、メンマ、海苔。
FullSizeRender

香りの良いスープは、シンプルですが飽きのこない美味しいスープですね。先ずは節系などの香り、後から動物系の旨味が来ます。
中細ストレート麺は、スープも絡み、少し軟めが自分好み。ややもちッとして、啜り心地が良い麺ですね。
ワンタンは、餡がかなり大きめ。ムッチリとしていて、海老は、海老が香り磯の味。肉は噛み締めればジュワッと肉の旨味。

途中でお酢を少しかけて、より支那そばっぽくいただいて、あれよあれよと言う間に完食。スープも飲み干しそうになりましたが、我慢して。
美味しい支那そばでした。

外に出ると2名の外待ち。タイミングが良かったのですね。
近くのカツ丼専門店になっちゃったお店は、相変わらずの行列でした。

2022/2/5

焼麺と言うラーメン 焼麺 劔(つるぎ)

ちょっと面白いラーメンがあると聞きこちら。
FullSizeRender

焼麺と言うラーメン。今年の夏にリニューアルされたそうです。支店も出して元気ですね。
FullSizeRender

入口右に券売機。
焼麺とラーメンです。
目玉焼麺 840円をポチり。フロアのお兄さんに券を渡し、並盛が大盛を聞かれるので並森で。
カウンター8席、アクリル板でひと席ずつ区切られています。女性のお一人様もポツポツ。
FullSizeRender

茹でた麺を焼くので少し時間はかかりますね。
小さなすり鉢に鰹節が入って用意されますので、ゴリゴリして待ちます。
さて着丼。
FullSizeRender

焼いた麺がはみ出てます。
目の前に貼られた食の心得通りに先ずはスープを。
濃厚な豚骨ベジポタスープは、ほんのり甘みを感じますね。美味しいです。豚骨臭さは全くありません。トロリとしていますが、くどさも無く割とさっぱりとしています。
片面をしっかりと焼いた麺はそのまま食べればパリパリと。焼かれていない部分はもっちりと。
スープに絡めればなんとも絶妙な味わい。
大きな豚バラチャーシューは、薄めにスライスされているので脂のくどさが無く美味しい。
太メンマも食べ応えがあります。

スープに浸しておくと少し柔くはなりますが、パリパリ感は残りますね。
途中で、鰹節をかければ、一気に香りが立ってまた違う味わいに。
カウンターに用意された紅生姜を乗せるとまた違う味に変化しますね。

豚骨ベジポタスープが美味しいので、アレンジしてもイイ感じ。
焼いた麺もかた焼きそばとはまた違う味で面白いですね。

2021/12/16

人気店の原点 ZUND-BAR ズンド・バー

紅葉も見頃と聞いて七沢温泉まで。
蕎麦でもと、福寿庵に向かったら定休日。
お昼時並んでるだろうけど行ってみるかとこちら。
FullSizeRender

今は恵比寿の阿夫利を筆頭に支店もいっぱいある原点。今年で創業20年。
理想の水を求めて大山(阿夫利山)の麓の渓流脇に店を構えたと言うグループのルーツと言えるお店。食べログ3年連続百名店。

FullSizeRender

店頭の発券機で予約をすると5組待ち。おや6名と言う団体がいますね。コレはちと時間かかりそう。実質8組待ちってことかな。
それでも12:15到着で15分ほどの待ちで入店できました。
古民家を改装して二階を抜いて天井が高く解放感あふれるモダンな店内。
FullSizeRender

創業当時に出されていたと言う「クラシック」にも惹かれましたが、やっぱりこちらのグループでは、柚子らーめん 1080円。塩味の鶏油少なめの淡麗で。
カミさんは、味玉らーめん、醤油淡麗。
FullSizeRender

炙りコロチャーシュー飯 691円もシェアしましょう。

先に炙りコロチャーシュー飯から来ました。
しばし待って着丼。
FullSizeRender

トッピングは、炙りチャーシュー、味玉、細いメンマ、海苔、水菜。
スープを一口。奥深い味わい、柚子の香りが塩味と素晴らしいバランス。流石に美味しいですね。
中細ストレート麺はスープが絡みますね。
炙ったチャーシューは脂が丁度良く厚みもあって食べ応えもありますね。
FullSizeRender

炙りコロチャーシュー飯は、おろしが付いているので、思いの外さっぱりといただけます。タレが絡んだご飯がたまりません。
FullSizeRender

カミさんの味玉らーめんもスープ抜群。コレは塩か醤油か迷いますよね。

人気店ですから、後からもドンドンお客さんがやって来ます。比較的回転はイイですね。
FullSizeRender

店内にはオリジナルのガチャガチャ。
FullSizeRender

駐車場には、今流行りの冷凍らーめん自動販売機。レンジ調理は出来ませんが、24時間自宅で手軽に楽しめますね。

さて、お腹も落ち着いたので、波動を感じるお湯につかりに行きますか。

2021/12/9

ラーメンショップ背脂系 ラーショ◯猫(マルミャー)

11月14日にオープンしたラーショ インスパイア系の、池袋に続く2号店だそうです。
FullSizeRender

マルミャーは猫を◯囲み。ラーメンショップと名乗らず色々と大人の事情があるのでしょう。
以前は唐揚げ専門店「からり商店」のあったところ、寿司のまる辰の隣です。最近大泉学園に唐揚屋が数店出来ましたが、揚げたてで提供に時間がかかるところはことごとく短期間で閉店してしまいましたね。
FullSizeRender

店頭のメニュー看板には、しお、味噌は準備中と書いてあります。
FullSizeRender

入口左の券売機で、ラーショと言えば、ネギチャーシューメンでしょうと言うことでポチり。1200円とちょいとお高め。ラーメン 750円ネギラーメン 950円とややお高め。

L字カウンター10席。隣との間にはパーテーションがしっかり設置されています。

味を色々と調整出来ます。
「味の濃さ」うすめ/ふつう/濃いめ
「油の量」少なめ/ふつう/こってり
「麺のかたさ」やわらかめ/ふつう/硬め
味、濃いめ。油、こってり。かたさ、ふつう でお願いしてします。

お店のTwitter画面を見せて「ミャー」と叫べばトッピングが無料で付くようですが、ジイさんは恥ずかしくて出来ません。

ボールに白髪ネギを入れてタレを絡めています。
さて、着丼。
FullSizeRender

ラーショに似た広がった青いお皿。
大きめのチャーシューが5枚が全面に。
ネギがこんもりと盛られています。大きめな海苔が一枚。スープには背脂がたっぷりと浮かんでいます。
卓上には、おろしニンニク、おろし生姜、ライス用のマタタビにんにく、豆板醤、白胡椒、黒胡椒、マヨネーズなどが置かれています。
おろしニンニクを入れようとしたけどあまり残ってません。まぁ控えめで。黒胡椒。

スープは、豚骨醤油。豚骨臭さはほとんどありません。背脂の甘みと合って美味しいですね。
麺は中細ストレート麺。スープが絡みますが、麺も絡んじゃって食べにくいw かたさ普通でお願いしましたが、割と柔らかめなので硬めの方が良いかもしれません。
チャーシューは大振りでなかなかのボリューム。薄切りですがちょっと厚さにバラ付きが。
チャーシューの下にメンマが隠れてました。
ネギはシャキシャキで美味しい。

ネコメシもありますが、我慢して。
まだまだオペレーションは安定していないようで、店内の片付けにも気が回らないようです。
背脂たっぷりのラーショ系が食べられるのは嬉しいですね。

2021/11/18


ギャラリー
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 7月末で閉店 吉田屋
  • 7月末で閉店 吉田屋
  • 7月末で閉店 吉田屋
  • 昭和レトロ 喫茶 銀座
  • 昭和レトロ 喫茶 銀座
  • 昭和レトロ 喫茶 銀座
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ