けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

ラーメン

賄い飯 酔来丼 酔来軒

横浜まで来たので、こちらの名物をいただきに。
阪東橋駅方向から横浜橋商店街を抜けた所を左に直ぐ。
FullSizeRender

広東料理の町中華。
昼時なので混雑覚悟でしたが、テーブルが1つ空いてました。右側には小上がりがあります。
FullSizeRender

古色蒼然とした店内は、ドラマやCMなどにも使われています。使い込まれたテーブルがいい味出してます。
FullSizeRender

にこやかなお兄さんに、名物の酔来丼 400円とミニラーメン 200円をお願いします。あっご飯少なめ言うの忘れた…
ガテン系の方やサラリーマン風の方、地元のおばちゃんなど客層も豊か。あちらでは昼飲みされてます。
FullSizeRender

しばし待てば登場。
ラーメンは、全然小さくありませんw昔ながらの醤油ラーメンは澄んだスープに細麺ストレート。美味しいですね。
さて名物酔来丼は、元は賄い飯と言う話ですね。
刻まれたチャーシュー、茹でもやし、メンマ、ネギ、目玉焼きがトッピングされたご飯に、特製(醤油、胡麻油、辛子)タレをかけて、しっかりと混ぜていただきます。
ジャンキーな味がイイですよね。これで400円はコスパ高いですね。
FullSizeRender
FullSizeRender
卓上のメニュースタンドの裏側に書いてあるスペシャル酔来丼 850円は文字通りの裏メニュー。目玉焼き2個に厚切りチャーシュー7枚。凄い!チャーシューが無くならないように伏せてあるそうです。


本来ならば、点心や一品で飲みたい所ですが、このご時世20時閉店となってます。

お腹パンパンになってしまいました。
さて帰るとしましょう。

2021/2/17
酔来軒
酔来軒
ジャンル:大衆中華料理
アクセス:横浜市営地下鉄阪東橋駅 徒歩7分
住所:〒232-0021 神奈川県横浜市南区真金町1-1(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 伊勢佐木町・長者町×中華料理

ラーショ聖地巡礼 ラーメンショップ

早めのランチ。昼過ぎにはクローズし、月火、木金しかやってないのでバードル高め。
ラーショの総本山聖地巡礼。
FullSizeRender

10時15分に入店、先客2名。
L字カウンター6席に減席。
親父さんワンオペ。ハアハア言いながらで大丈夫かなぁ…
FullSizeRender

ネギチャーシュー 1000円をお願いします。
先客と一緒のロット。細く切られたネギをボールで「カメノテ」を混ぜています。
小さめの寸胴で麺を茹で、平ザルのザルを半分に強引に折り曲げたザルで麺を上げてます。
FullSizeRender

平たい大きな丼で登場。
スープは、東京豚骨醤油。少し薄くなったかな、懐かしい味です。サッパリとしていますが、豚骨スープが効いてます。
細麺ストレートは、スルスルと食べ進めます。
なんと言っても細いネギがイイですよね。
チャーシューは、下に隠れてますが5枚。
柔らかいメンマも昔ながら。
途中で大きな入れ物に入ったおろしニンニクを入れて。やっぱりニンニク入れた方が美味しいな。

10時半になりおばちゃんも出勤。親父さんやっと座れるね。

2021/2/16

移転開店おめでとう 三松 青砥店


今日は午後休なので、泉岳寺から青砥駅に移転したこちら。
青砥駅の下ホーム、青砥そばの跡地に2月に出来たばかり。
FullSizeRender

カウンター、仕切りは無し、4、5人でいっぱいになりそうです。先客は1名。
FullSizeRender

口頭注文、半ラーメン 470円、茶碗カレー 200円。
半分でも値段変わらないと言われますがOK。
FullSizeRender

この方が社長さんかな?ラーメンの準備を始めます。
泉岳寺の親父さんは、奥でカレーの番。
皿洗いに男性、お会計に可愛らしいお姉さん。可愛いんだけどまだ金額を覚えきって無いからちょっともたもた。4名体制ですね。

茶碗カレーが先に出て来ます。
しばし待てばラーメン登場。
FullSizeRender

醤油ラーメンの基本形。やや薄味ながら澄んだ東京ラーメン。麺は中細、すすればスープがからみます。トッピングは、チャーシュー、メンマ、ナルト、海苔とこの値段でありながら嬉しい盛り付け。美味しいですね。三松のラーメンです。

茶碗カレーは、ねっとりした辛さ控えめのカレーがお茶碗によそられて家で簡単に食べてるみたいwカウンターのソースをかければ味変。

先客の方は、私の茶碗カレーを聞きつけてか、追加オーダーしてました。

さて帰るとしますか。しいたけそばはまた次回。

2021/2/10

川崎名物 元祖ニュータンタンメン本舗 池袋東口店


先日ケンミンshowで取り上げられていたからか、12時で10人待ち。カップルが多いですね。2人並びにしたりとか回転はイマイチ。
FullSizeRender

20分弱で店内に。左側にある券売機で、シンプルにタンタンメン 830円。
L字カウンターは10席。びっちり詰まって対策無し。ま週末だし。
FullSizeRender

券を渡すと辛さを聞かれるので、この後気温も上がるって言ってたから普通で。
FullSizeRender

ロットで作られているので、辛さの順番で、前に入店した5人をぶっちぎりで抜いて一番先に出来上がり。
この後辛さが強くなって中辛、大辛、と続いて行きます。
FullSizeRender

クッパ風の、かき玉子に、唐辛子がまぶされています。挽肉の入ったスープは、ニンニクがガツンと効いていて美味しいですね。飲む時ちょっと注意ですけど。かき玉子がマイルドに。
中辛で丁度イイくらいですかね。
麺は中太ストレートでモチモチつるり。やや太麺が辛さに合ってます。
トッピングは何も無いのでちょっと寂しいですがこれはこれでバランス取れてて美味しい。
トッピングで、ニラとかもやしとか入れた方が更に美味しくなりそうですね。
FullSizeRender

ランチタイムはライス無料、皆さん麺を食べ終わった後にライス投入して、まさにクッパの様に食べてますね。
私はライス自粛でw
スープも完飲して、頭から発汗してきましたよ。ニンニクガッツリなので、ちょっと帰りの電車ゴメンナサイ…

2021/1/16

懐かしの土佐っ子系 平太周 味庵(ひらたいしゅう あじあん)

環七ラーメン土佐っ子の流れをくむこちら。
一秀は閉店し、じょっぱりは鴻巣に移転して、土佐っ子系も少なくなりました。
FullSizeRender
背脂チャッチャ系の中でも土佐っ子は群を抜いていましたよね。
FullSizeRender
こちらのお店も板橋は閉店してこちらだけになりました。
FullSizeRender
店頭右の券売機で、基本のこってりらーめん 700円をポチり。コの字のカウンターはアクリル板でソーシャルディスタンス。12時半の入店で先客は3名。
Uber Eatsの注文も入ってましたね。
長手の部分に着席しましたが、「換気」のために開け放たれた入口から「寒気」が…
お姉さんに味付けを聞かれます。
FullSizeRender
味の濃さ 濃い、脂の量 普通、にんにく 多め、でお願いします。
背脂チャッチャの音が聞こえます。
FullSizeRender
しばし待てば着丼。
丼に雪が積もった様に背脂が。良くかき混ぜてから食べてくださいとの事なので。ぐるぐる。
中太の麺はカエシとスープを吸って茶色になってます。かき混ぜると背脂も溶けて麺にからみます。
麺をすすると、濃いめの味が環七時代を彷彿とさせます。辛さと甘さと豚骨、背脂が入り混じったジャンクな味です。懐かしいですね。
背脂に隠れていますが、チャーシュー2枚と、メンマ、ネギ、ゆで卵半分がトッピング。
チャーシューは、柔らかく濃いめの味がイイですね。メンマは何の変哲もない昔ながらの色が濃いタイプ。これがイイんです。
FullSizeRender
FullSizeRender
カウンターの説明の様に上質な豚の背脂は健康に良いと言うことを信じていただきます。
あっという間に食べ進み、流石にスープは残しましたが後を引く味は40数年前にタイムスリップします。
まぁ確かに脂のもたれは思いの外無いですね。

さて、帰るとしますか。

2021/1/11

ギャラリー
  • 大箱純喫茶 珈琲 西武
  • 大箱純喫茶 珈琲 西武
  • 大箱純喫茶 珈琲 西武
  • 大箱純喫茶 珈琲 西武
  • 大箱純喫茶 珈琲 西武
  • 大箱純喫茶 珈琲 西武
  • 洋菓子店のレトロ喫茶店 ルーブル
  • 洋菓子店のレトロ喫茶店 ルーブル
  • 洋菓子店のレトロ喫茶店 ルーブル
  • 洋菓子店のレトロ喫茶店 ルーブル
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ