けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

ラーメン

人気行列店 中華そば べんてん

平日で雨降ってるから行列は大したこと無いだろうと予測して訪店。14時前着。
image
並び6名、丁度電信柱の場所。
順番に食券を先に購入。
image
基本は、醤油、塩、つけ麺。
ラーメン(醤油)850円、味付玉子 100円をポチリ。
後ろのチャラいカップルはまだいいんじゃねと購入せず…
image
しばし待ち、いざなわれて着席。カウンター11席、特にコロナ減席はしていないようですね。
麺量の確認です。普通をお願いします。
茹で前で普通 250g、中 350g、同価格です。大盛り 700gは 250円です。
あのカップルも券を購入、中で待とうとするので、すかさず外でお待ちくださいと言われます。初めてでルールがわからなくても前の人を観察していれば自ずとわかるものですけどね。領収書はと聞いてますね。券売機の右下にありますよとバッサリ。その年で経費で落とそうなんて。

オヤジさんは14時を回ったところで休憩に入ります。
息子さんの作る次のロットは塩味からなので、順番がちょっと前後します。塩、醤油、つけの順で作るようです。
次の次のロットしばし待てば着丼。
image
大振りのチャーシューが麺を覆います。メンマも食べ易い大きさでたっぷり。小さな海苔2枚。
スープは、最後にトッピングする節粉の方から行けば、ガツンと節が香ります。
濃厚なのにさっぱりしている、深い味のスープは美味しいですね。
麺はツルツル自家製中太ストレート麺、長さはそれほどないので、太さのわりに食べ易いですね。もちもちで美味しい。並でも250gとボリューム満点です。
メンマはやや甘みを感じる味付けで歯触りも良く美味しいですね。
チャーシューは厚みもそこそこあり食べ応えがあります。
カウンターには、酢、おろしにんにく、トウガラシが置かれていますが、味変をしようと思わせない美味しいスープです。
麺のボリュームを感じさせない、美味しいスープがこちらのお味ですね。
私の後、6名で麺切れでしたので、ギリギリでした。

さてお腹パンパン、台風が来ていますけど被害がないことを祈りつつ。

2020/10/9

東京ラーメンと独特の焼売 来集軒

明日から10月になり混むかなと思って訪店。
懐かしいお店です。創業昭和25年。
いつの頃かシャッターの中柱は外さなくなりました。
image
思い起こせば、一番最初は、亡くなった六区で喫茶店をやっていた叔母さんに連れられて食べたのが小学生の時。その時からほとんど変わっていませんね。初代から代替わりしてから味が…と言う話も聞きますが…
12時半前の入店、先客は5名。ソーシャルディスタンスを取ってます。地元の常連客ばかりですね。
昭和で止まった店内は古くはなっていますが懐かしい雰囲気。
image
ワンタンメン 900円と焼売 550円をお願いします。
image
焼売は蒸し上がっているので直ぐに出てきます。
小皿は無し、直接お皿に調味料をかけます。
むちっとした焼売は、肉が入っていない初代の出身の足利スタイル。玉ねぎとつなぎだけ。コレが美味いんです。
お酢と辛子、少し醤油で食べるのも良し、ソースをかけて食べるのも良し。冷めたら絶対ソースですね。昔は安い焼売はこんなでした。懐かしい味。

そうこうしている間に着丼。
image
中細縮れ麺。スープは鶏ガラメインで豚骨も加わっています。澄んだ東京ラーメンですね。脂が浮いてやや甘みを感じます。
ワンタンは肉がイイ味ですね。
甘めに煮込まれたメンマがまた美味しい。
ちょこっと海苔と思いの外厚みのあるチャーシューもイイ味です。

ブレがあるという意見も多く見受けますが、今日は当たりですかね。
店内には色紙がいっぱい飾られています。

さて、浅草寺をお参りしてから帰りましょう。

2020/9/30


来集軒
来集軒
ジャンル:中華料理
アクセス:地下鉄銀座線 田原町駅 徒歩6分
つくばエクスプレス浅草駅 徒歩2分
住所:〒111-0035 東京都台東区西浅草2-26-3(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 浅草×中華料理

淡麗なスープが絶品 はつね

西荻窪の超人気店。雨降ってるしどうかなと覗いたら待ち5名。じゃあと並びます。
image
ところが、タイミングが悪くなかなか進みません。
一人女性は離脱。25分ほどで入店。
image
カウンター6席。
眼鏡をかけた小峠風のご主人。
タンメン 750円を少なめでお願いします。
刻み置きのキャベツを他の具材と共に炒めて行きます。
茹で上げた麺を平ザルで湯切りして、炒めた野菜とスープを丁寧に盛ってくれます。
image
着丼。
透明で綺麗なスープです。美味しい。塩辛さも無く奥行きのある淡麗なスープです。
ストレート麺は小麦感がある麺でスープが絡みます。
キャベツと麺を合わせて食べれば最強。
美味しいスープ完飲しそうになりましたが、我慢。

ご主人に美味しかったと伝えて。
image
西友で買い物して帰りましょう。
北の庄で@ドンモヤイダさん居るかなと覗いたけど居ませんでした。残念。

2020/9/26

はつね
ジャンル:ラーメン
アクセス:JR中央本線(東京-塩尻)西荻窪駅南口 徒歩1分
住所:〒167-0053 東京都杉並区西荻南3-11-9(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 荻窪×ラーメン

創業六十七年のノスラー 福寿

笹塚の商店街の外れの角地。創業六十七年と書かれた暖簾かはためく昭和な香りプンプンの空間。
image
ご年配のご主人一人で営業中。
テーブル席もありますが、カウンターでお願いしますと言われます。
image
カウンターは、赤いパイプ丸椅子。皆さんそれぞれにソーシャルディスタンスで着席。
先客は5名。カップルも1組。
image
メニューは、大きく分けてラーメンとワンタンの2種類。ラーメンは500円から。上チャシュウメンでも770円。
ワンタンメン 570円をお願いします。

調理場には大きな竈(へっつい)が。これまた大きな中華鍋がど〜んと乗り、そこで麺を茹でていきます。
カップルの後、私の分が調理されます。
壁の棚に置かれた小箱からワンタンを取り出して鍋の中に、?皮だけ? 麺も投入。
時間を測るのではなく、小鍋に張った水に指先を冷やして麺の硬さを直接確かめていきます。数度確かめて平ザルで湯切り。スープの中へ、泳いでいるワンタンを掬いメンマネギチャーシューを盛って出来上がり。
ちょっと離れてますが、厨房中から直接丼を渡されます。
image
縮れ中細麺は硬めなので小麦粉感がありますね。茹でる前はやや茶灰色なので全粒粉かもしれません。
スープは、シンプルな鶏ガラスープにカエシ。角もなくスイっと入るスープですね。
ワンタンは、皮だけ。肉は入っていませんw
いわゆるノスラーですね。昭和感に浸れます。
image
後からもカップルが入店。
スープを完飲すれば、丼の底からは「日本一」の文字が出てきます。
こちらのお店は、食べ終わったら厨房の端のシンクに自分で下げるセルフ式。
奥の作業台にお金を置いて、自分でお釣りを貰って奥の出口から帰ります。

スープ完飲しちゃったから、連食はやめて、台風来てるからコロッケ買って帰りましょう。

2020/9/23

福寿
福寿
ジャンル:ラーメン店
アクセス:京王線笹塚駅 徒歩5分
住所:〒151-0073 東京都渋谷区笹塚3-19-1(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 笹塚×ラーメン・麺料理

市ヶ谷の人気店 麺や 庄の

市ヶ谷に用事があり、ランチタイム。
人気のお店もこのご時世なら並びも…
image
12:40入店、待ちなく券売機で味玉ラーメン 890円をポチり。
image
季節限定のトウモロコシの冷たいつけめんにも強く引かれましたが、シンプルに。
image
一番奥一つ手前の席に案内されました。
カウンター14席、1人席と2人席でアクリル板で区切られています。
image
しばし待てば着丼。
煮干しの効いた豚骨スープ。少しとろみがあります。
なかなか美味いスープですね。
茶色っぽい中太のウェーブ麺は、自家製麺、小麦粉感があり、スープがよく絡みます。
トッピングは、炙りバラチャーシュー3個、穂先メンマ、フライドオニオン、刻み玉ねぎ、ネギ、味玉。
濃い味ですが、意外にしつこくは無くグイグイ飲めちゃいますね。

あっ、トウモロコシ作ってますね。コーンポタージュにつけて食べるようです。あれにすれば良かったかなぁ…

隣の方は替玉頼んでました。
メニューもバラエティがあり、人気なお店ですね。
並びこそ出来ませんが、常に満席が続きます。

さて、移動しましょう。

2020/9/14

ギャラリー
  • 改札内に新規オープン いろり庵きらく 池袋店
  • 改札内に新規オープン いろり庵きらく 池袋店
  • 改札内に新規オープン いろり庵きらく 池袋店
  • 改札内に新規オープン いろり庵きらく 池袋店
  • 店舗転換するらしい 大江戸そば 池袋店
  • 店舗転換するらしい 大江戸そば 池袋店
  • 店舗転換するらしい 大江戸そば 池袋店
  • 店舗転換するらしい 大江戸そば 池袋店
  • 時間調整 カフェ シルクリバー ワイ&エム SILK RIVER Y&M
  • 時間調整 カフェ シルクリバー ワイ&エム SILK RIVER Y&M
アーカイブ
カテゴリー
amazon
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ