けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のオジさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

コーヒー

喧騒から離れたスペシャリティコーヒー COFFEE VALLEY

池袋でちょっと一服しようとこちらに。
以前丸善が入っていた、電車の先頭部分がドカンと飾られたビルの手前の道を入ったところ。
2014年11月にオープンして約10年、白木のファサードもイイ色合いになって来ました。
スペシャリティコーヒーがいただけます。
FullSizeRender
先に席の確保を促され、3階まである客席で席を探します。2階の席を確保して入口に戻ります。
お菓子を食べようかなと思いましたが、結構売り切れていました。
FullSizeRender
こちらの特別メニュー、スリーピークス700円をお願いします。
バリスタが、マシンを使って一種類の豆から3つのスタイルのコーヒーをデミカップに作ってくれます。
木製のトレーにペーパーが置かれてデミカップが3つ並びます。ペーパーには種類がさりげなく書かれています。
FullSizeRender
左から、エスプレッソ、マキアート、コーヒー。
先ずはドリップコーヒーから、香り高い飲み易い味、酸味も苦味も抑えめです。
マキアートはフォームドミルクが加わってマイルドになります。ハートが可愛いけど、オジさん恥ずかしい。
最後にエスプレッソ。ガツンと来ます。鼻に抜ける感じがイイですね。
皆さんそれぞれに、ご自分の時間を楽しまれていますね。
ソファ席ではご夫人のお話が止まりません。
居心地の良い空間です。

2024/6/12

地元で硬いプリン ムサシノコーヒー大泉学園店

昨年の12月22日にオープンしたというこちら。
以前はムサシノバルと言う名称でしたが変更したようです。田無にあるお店の系列だそうで。
FullSizeRender
東映アニメーションミュージアムの近く。ハンバーガーのブッチャーズテーブルの斜向かいって感じの所。
駅からは10分ぐらい歩くでしょうか。東映通り沿いです。
入口は狭く、奥まっています。隣の天寿司(昔は菊寿司)の奥にお店があるんですね。面白い構造になっている建物です。
店内は明るく、シンプルモダン。
FullSizeRender
元々バルだったので田無のお店と違って、調理場が広くフードメニューが豊富。
FullSizeRender
FullSizeRender
パスタや焼きサンド、ピザ、ビーフシチューなどもあります。
FullSizeRender
表の看板に「コーヒーおかわり自由」の文字が出ています。太っ腹w
スイーツメニューも豊富です。
お願いするのはプリン 450円税抜。とホットコーヒー 430円、セットにすると200円引き。

豆から挽くので少し時間くださいとのこと。
しばし待てば登場。
FullSizeRender
おお、まごうこと無き硬めのプリン。生クリームも硬めですね。お決まりのチェリーも載ってます。
FullSizeRender
アイスクリームスプーンで、おっ!硬いですよ。切り崩しても形に変化が出ないほど。
硬さのある割に非常に滑らかな口当たり。甘さは控えめ、カラメルも少な目ですが苦みも甘さも抑え気味。
生クリームと一緒に食べるとイイ感じ。
ボリュームもありますね。
プリンアラモードもメニューにあったのですが写真で見るとフルーツのもりが少なかったのでこちらにして正解。
コーヒーもやや苦みがあって美味しいですね。
プリンと一緒にほぼ飲み終わる頃、おかわりを持ってきてくれました。ナイスタイミング。
コーヒー2杯にプリンという贅沢して税込 734円でしたよ。

こんなお店が地元にあったなんてちょっと灯台下暗しでした。

2023/2/1


街の憩いの場 プルメリア

大泉学園町、風致地区のオリエントハローズコーヒーに行ったら、まさかの3月31日で閉店。戻ってきてこちらに。
FullSizeRender

やってるかどうか怪しい店構えw昔流行ったスナックの色の付いた扉に、ガラスも色が付いているので中の様子は伺えません。表にはラーメンの幟が旗めく不思議なお店。
ママさんワンオペ。先客常連さん1名。
カウンターは5席ほど、4人テーブル席が2つ。
テレビでは競馬中継。店前と店内には、メダカや金魚の水槽が飾られている、昭和レトロな店内。
IMG_2170

カウンターの端には今日のおすすめが書いてありますが、酒のつまみ的な物や、和定食のおかずと言う感じ。夜は飲めるんですかね。
FullSizeRender

ナポリタン680円とコーヒー360円をお願いします。
FullSizeRender

ママさんはマイペース。具材の準備から始めて、それから麺を茹でると言う一つ一つを確実にこなすスタイル。
茹で上がってから炒めて、35分ほどかかって登場。
FullSizeRender

ハピオに赤パプリカ、しめじも入っています。
炒めは割としっかりしているので飛ばない系。ケチャップも甘味が出てますね。麺は中細で茹でたてを炒めているのでモチモチ感は少なめ。
時間はかかりましたが、なかなか美味しいナポリタンです。
コーヒーは、極々普通のまとめて落とした温めタイプ。
IMG_2171

街の喫茶店兼居酒屋なんでしょう、地元のリタイア組の常連さんが出入りしています。
常連さん以外はなかなか入るのにハードル高い感じです。

ラーメン、チャーハン、餃子と中華メニューや、カレーライス、生姜焼き、日替り定食と和食、蕎麦、うどんもある、なかなかバラエティに富んだメニュー。
次回は中華メニューですかね。

2022/4/2

レトロ喫茶の濃厚プリン 喫茶サテラ

48年続き2019年閉店した「青山茶館」を引き継いで2020年にオープンしたこちら。宮増坂上交差点近く。「もうやんカレー」の入るビル。ビル正面からちょっと奥に入ってます。
昔の面影を遺しながら若い方達がやっています。
FullSizeRender
席に着く前に先に注文するようになっています。
プリン 600円と本日のコーヒー 400円をお願いします。
プリンは季節の桜プリンもあるそうですがスタンダードで。
5席あるカウンターに着席。
奥の個室も薦められましたが一人ですからね。
FullSizeRender
先ずはプリンが出てきました。
練乳とクリームチーズが入り、高温で作るのでなめらかさが出るんだそうです。
スプーンを入れると生チーズケーキの様な手応え。
きめ細かいなめらかさがありますね。お味はクリームチーズをそれほど感じず、むっちりとした舌触りが美味しいですね。
人気のほどが良くわかるプリンです。青山茶館のママさんの手作りプリンの流れを継承していますね。
FullSizeRender
本日のコーヒーは、グァテマラともう一つのブレンドだそうですが聞き逃しましたw本日のコーヒーはハンドドリップではないようです。
酸味と苦味のバランスが良いですね。
FullSizeRender
ドリアもあるのでお食事も出来ますね。
次から次へとお客さんが訪問します。
若い方、女性が多いですね。
お一人のオジさんはなんだか場違いな感じもするし、待ってる方もいるとなると落ち着いてと言う感じでも無く、早々に退散しましょう。

2022/4/1

今は喫茶のみ BANFF(パンフ)

コーヒーが飲みたくなってバッティングセンターの隣のコチラの純喫茶へ。
FullSizeRender

東映撮影所も近いので、良くロケに使われているのでも有名です。

清瀬の「るぽ」にも似た山小屋夫婦の外観。昔は結構こういう建物が流行った時期がありますよね。
駐車場に立派な桜の木が何本もあってとても綺麗だったのですが、3年ほど前でしょうか、残念ながら切り倒されてしまいました。
FullSizeRender

切り株を見ると中は虫食いだったのですね。
FullSizeRender

平日のこの時間帯貸切です。ママさんも自分の仕事をしていたようです。

ホットコーヒー 350円をお願いします。
しばし待てばシンプルな器で登場。
FullSizeRender

酸味がややある軽い味わい。
椅子はお尻が沈み込むタイプなので、後ろにのけ反った感じになり、ちょっと偉そうw。落ち着いた雰囲気と、イージーリスニングに癒されながら、贅沢なひとときでした。
FullSizeRender
FullSizeRender

ママさんと桜の話をすれば、綺麗なのは1週間ほど、あとは、花びら、ガク、毛虫、落ち葉と毎日大変だったようです。
裏は以前梅畑で、2月から4月までは、梅に桜と楽しめたものでした。あっという間に建売がびっしりと建ってしまい、落ち葉の迷惑も考えなくてはいけなかったようです。
FullSizeRender

ナポリタンや味が良いと評判だったカレーなどの軽食も今は無く、トーストとケーキくらいになってしまいました。
やはり年並みには勝てず、仕込みが大変になって来て止めたんだそうです。

喫茶だけでもありがたいですね。まだまだ続けて欲しいお店です。

2021/10/19

ギャラリー
  • こちらも閉店 珈琲貴族 池袋店
  • こちらも閉店 珈琲貴族 池袋店
  • こちらも閉店 珈琲貴族 池袋店
  • こちらも閉店 珈琲貴族 池袋店
  • こちらも閉店 珈琲貴族 池袋店
  • こちらも閉店 珈琲貴族 池袋店
  • 確かにお得な丸得定食 丸富食堂 池袋東口店
  • 確かにお得な丸得定食 丸富食堂 池袋東口店
  • 確かにお得な丸得定食 丸富食堂 池袋東口店
  • 商店街の珈琲専門名店 実川珈琲
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ