半ドンの後、高円寺に所用で。時間調整の意味も含めてランチを。
FullSizeRender

北口からすぐのガード下に佇む洋食店。阿佐ヶ谷のゴールデン街から2011年にこちらに移転。高齢の男性お一人でオペレーション。並びには「桃太郎すし」も。
FullSizeRender

外には食品サンプルも出ています。
FullSizeRender

今日の「サーヴィスランチ」は、ハンバーグ、メンチカツ、チキンカツ、ハムエッグ、ライス味噌汁付きで 650円。なんと魅力的な!
FullSizeRender

入口右の食券機で悩ましいメニューに惑わされながら、Eセット(クロンボ定食)750円をポチり。ハンバーグと半ナポリタン。
FullSizeRender

L字カウンター10席ほど。先客は20代男女。
端っこに席を確保してお父さんに券を渡します。
ナポリタンから作り始めます。茹で置きの正統派ナポリタンですね。仕込んだ食材がそれぞれ業務用トマトケチャップの大型缶に入っているのはお決まりですよね。
端っこなのでお父さんの動きが良く見えません。失敗したw
FullSizeRender

しばし待てば、サラダと半ナポリタン、味噌汁、ご飯が出てきます。このままだと炭水化物祭りになってしまいます。やや遅れてハンバーグが鉄板に乗って白スパと目玉焼きを従えて登場。お父さん「跳ねますから気をつけて帰って」とお声がけも嬉しいですね。

先ずはナポリタンからいただきます。ねっとりとしたケチャッピーなハムオニオンマッシュルームの具材が太麺と絡みます。うんうんコレコレ、王道のナポリタン。おかずになっちゃうタイプ。
ハンバーグは、サイズは小さめて厚みもありませんが、そこそこ肉肉しい感じ。クドく無いデミソースもイイ感じ。
FullSizeRender

ライスには卓上に用意された のりたま をしっかりと振りかければ、もうこの組み合わせはパラダイス。
ライスはやや柔らかめで好みの炊き上がり。
全体ボリュームは見た目ほどでは無く、半ライスにしなくてちょうど良いくらいのボリューム感。

先客のカップルが帰る時には「また2人で来てね」とお父さん。そんな優しさが聴こえて来るだけで嬉しい。
単品で注文出来ればイイんだけどなぁ。

14時を回っても後からお客さんは入ってきますね。
さあ時間になったから行きますか。

2021/8/18