けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

ガード下

昭和のカレースタンド クラウンエース 上野店

今朝西武池袋線が、パンタグラフにネットが引っかかって、車両も架線も壊れちゃって、運転再開は13時頃(この時は。実際に再開したの14時半)と言うので、遅番出勤のカミさんを新宿まで車で送って、さてどうするかねと上野に向かったわけで。


金曜日だからカレーだよねと、こちらに。
FullSizeRender

2021年1月に突如閉店、惜しまれつつ再開を望む声に応えて3月になんと復活。
FullSizeRender

サンプルケースも健在ですね。
FullSizeRender

入口左の券売機は、メニューも少なくなっています。
特選カレー、ハンバーグカレー、カツカレーの3品。トッピングのチーズ、大盛、コーラとビールの7つしか稼働してません。チキンはなくなっちゃったのね。

カツカレー 570円をポチり。
ホールのお兄さんに券を渡して、壁際のカウンターを指定されます。あ、ご飯半分でお願いします。

しばし待てば、お待たせしましたと綺麗に盛り付けられたカレーの登場です。
FullSizeRender

割とサラッとしたカレーに豚バラ肉が1つ。
カツは4つに切られています。
カウンターには、ラッキョウと福神漬が用意されていますから、トッピング。
カレーは、サラリとしてはいますが、少し粘度もあります。辛さは尖った物ではなくそれ程辛くはありません。
カツは見た目より厚みもあって柔らかいですね。
カレーに浸して食べればまた美味しい。
ラッキョウが大きめな粒なのが良いですね。福神漬も食紅控えめなタイプ。

昼時となってドンドンお客さん入って来ますね。
新幹線のガード下なので、電車の通過する音と揺れが結構あります。在来線の方が静かですよね。
今は、こちらの上野と、茗荷谷だけになってしまいましたね。
昭和なカレースタンドを満喫です。
この後銃撃事件の報を聞くわけで。
2022/7/8

駅前ガード下 立ち蕎麦 つるや

先日定休日で振られてしまったので。
FullSizeRender
お昼前なので先客2名、後客2名。1階が立ち喰い、2階がめん処と別れています。
FullSizeRender
入口左の券売機でヒヤタをポチり。
FullSizeRender
ずらりと並んだ揚げ物ケースは、どれも美味しそうでそそりますが我慢して。
ケースの先でお姉さんに、蕎麦半分でお願いします。日本語の上手な外国人店員さん。つゆは普通で良いのと聞かれハイオッケー。実に丁寧に具材を載せて登場。
店内はそのまま立っても食べられるカウンターがぐるり。アクリル板で仕切られて。
椅子もあるので座って食べられます。
FullSizeRender
きゅうり、錦糸卵、ネギ、たっぷりの揚げ玉。
蕎麦は、フガっとする茹で麺。この蕎麦は、温かいつゆで、もそもそ食べるのが良いかも。
つゆは、しっかりと寝かせたそうで、キリッとしていてなかなか美味しい。

一時はインバウンド需要も多かったそうで、その名残のてんないの色々な表示が物語っています。
店頭の蕎麦を上げ下げする動く看板も、インバウンド受けなんでしょうね。

さて移動しましょう。

2022/7/8

美味い舞茸天 いぶきうどん 吉祥寺店

吉祥寺にカエルグッズを買いに来て、お昼も食べたいなとガード下のこちらに。
FullSizeRender

ちょうどうどんの茹でロットの具合で外まで列が伸びてます。
FullSizeRender

入口に2台ある券売機も1台しが使えません。
悩んだ末に選んだのは、気温も上がって来たのでぶっかけ。
舞茸シングル 550円、とり天も食べたいなとトッピング2個で 200円。
FullSizeRender

先ずは、券を渡して、しばし出来上がりを待ちます。
うどんの茹でのロットに入っていたのでズンズン進みますね。
舞茸天は注文受けてから揚げてくれます。
氷水で締めたうどんにつゆをぶっかけ、乗せちゃって良いですかと聞かれるのでハイハイ。
舞茸天と鳥天を乗せてくれます。
トッピングは、自由に。
刻みネギをしっかり、おろし生姜、揚げいりこも乗せて、カウンターに移動。
FullSizeRender

いりこだしの効いたつゆがほんのり甘みがあって美味しいですね。
うどんはもちっとしていて美味しい讃岐タイプ。
舞茸天がめちゃ美味い。根本の部分は甘みすら感ずる新鮮な舞茸ですね。久々に美味しい舞茸天をいただきました。
とり天は柔らかくて期待通りのお味ですね。幾つでも食べられそう。

女子おひとり様も目立つ、立ち食いうどんですが、色々乗せちゃうとそれなりのお値段にはなってしまいますから自重が必要ですw

さてカミさんへのプレゼントを買いに行きますか。

2021/9/21

味とコスパ 洋食の店 クロンボ

半ドンの後、高円寺に所用で。時間調整の意味も含めてランチを。
FullSizeRender

北口からすぐのガード下に佇む洋食店。阿佐ヶ谷のゴールデン街から2011年にこちらに移転。高齢の男性お一人でオペレーション。並びには「桃太郎すし」も。
FullSizeRender

外には食品サンプルも出ています。
FullSizeRender

今日の「サーヴィスランチ」は、ハンバーグ、メンチカツ、チキンカツ、ハムエッグ、ライス味噌汁付きで 650円。なんと魅力的な!
FullSizeRender

入口右の食券機で悩ましいメニューに惑わされながら、Eセット(クロンボ定食)750円をポチり。ハンバーグと半ナポリタン。
FullSizeRender

L字カウンター10席ほど。先客は20代男女。
端っこに席を確保してお父さんに券を渡します。
ナポリタンから作り始めます。茹で置きの正統派ナポリタンですね。仕込んだ食材がそれぞれ業務用トマトケチャップの大型缶に入っているのはお決まりですよね。
端っこなのでお父さんの動きが良く見えません。失敗したw
FullSizeRender

しばし待てば、サラダと半ナポリタン、味噌汁、ご飯が出てきます。このままだと炭水化物祭りになってしまいます。やや遅れてハンバーグが鉄板に乗って白スパと目玉焼きを従えて登場。お父さん「跳ねますから気をつけて帰って」とお声がけも嬉しいですね。

先ずはナポリタンからいただきます。ねっとりとしたケチャッピーなハムオニオンマッシュルームの具材が太麺と絡みます。うんうんコレコレ、王道のナポリタン。おかずになっちゃうタイプ。
ハンバーグは、サイズは小さめて厚みもありませんが、そこそこ肉肉しい感じ。クドく無いデミソースもイイ感じ。
FullSizeRender

ライスには卓上に用意された のりたま をしっかりと振りかければ、もうこの組み合わせはパラダイス。
ライスはやや柔らかめで好みの炊き上がり。
全体ボリュームは見た目ほどでは無く、半ライスにしなくてちょうど良いくらいのボリューム感。

先客のカップルが帰る時には「また2人で来てね」とお父さん。そんな優しさが聴こえて来るだけで嬉しい。
単品で注文出来ればイイんだけどなぁ。

14時を回っても後からお客さんは入ってきますね。
さあ時間になったから行きますか。

2021/8/18

また一つ消えて行く 名代 後楽そば 五反田店(閉店)


14日で閉店してしまうと聞いて訪問。
FullSizeRender

まごう事なく無情な貼紙が…
FullSizeRender

メニューは、大分減ってますね。
FullSizeRender

そば系は、イカ天が無くなってます。
FullSizeRender

焼きそば並 450円、玉子 70円、マヨネーズ 20円をポチり、トッピングするとスープはサービス。
14:45ですが、別れを惜しむ方々でソーシャルディスタンスを取るとほぼいっぱい。
玉子どうしますかと聞かれるので生で。
路麺好きの佐藤栞里さんがインスタに上げた影響か、若い女性の姿も多く見られます。

そばつゆを使ったスープが来ました。
FullSizeRender

焼きそばに生卵が載って登場。綺麗に青海苔もかけられてます。

今日は余す事なく五段活用。
まずは、ノーマル。もちっとした中太麺が美味しいですね。
2つ目は、紅生姜と共に。ソースの甘味が強くなります。
3つ目は、生卵を割って絡めて。マイルドに変身。
4つ目は、スープにつけて、つけそば、スープ焼きそばの様にさっぱりとした味わいに。
5つ目は、マヨネーズをかけて、背徳の味に。
決して特別な味ではありません。しかし鉄板で焼かれたその味は、屋台のそれに似てなんとも懐かしい味。

移転する前の有楽町ガード下の更に前、百果園の道を渡った所、再開発された今の広場の辺りの角に立っていた頃からですから、40年近く前から、残業帰りの腹を満たす大事な店でした。
天玉うどん、海苔巻きがいつものパターンでしたね。遠い昔の事です。
当時、鯔背なお兄ちゃんが焼き担当で見てるだけで元気もらってました。
「やき〜」の声がけに山を崩して一人前温め直してくれてました。

また一つ懐かしの味が消えて行きます…

2020/12/11

ギャラリー
  • 丁寧な作りで醤油香る すすり処 奥がわ
  • 丁寧な作りで醤油香る すすり処 奥がわ
  • 丁寧な作りで醤油香る すすり処 奥がわ
  • 丁寧な作りで醤油香る すすり処 奥がわ
  • 人気カレー店 piwaangピワン
  • 人気カレー店 piwaangピワン
  • 人気カレー店 piwaangピワン
  • 人気カレー店 piwaangピワン
  • 人気カレー店 piwaangピワン
  • 老舗喫茶は不滅 カフェ ド トレボン
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ