けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

カレー

金カレ 茶房 武蔵野文庫

今日は金曜日なので、piwangに伺ったらイベント出店でお休み…
こちらで先日お腹いっぱいで食べられなかったカレーをいただきましょう。
FullSizeRender
昼時も過ぎたので先客は6名ほど。さすがにこのご時世と平日と言うこともあり店内はすいています。
お好きなところにどうぞと案内されるのでカウンターに席を確保。
今日はマスター厨房に入っていますね。
FullSizeRender
こちらは入店する方のほとんどの方が注文するというカレーが有名ですね。
カレーの小盛、ちびカレーのセット1200円をお願いします。セットはサラダとドリンクが付きます。ご飯小盛だと通常1300円のセットが100円引きです。
クラシックが流れる落ち着いた空間。まったりとした時間が流れます。

まずはセットのサラダが到着。
しばしすれば、ちびカレーが登場。
FullSizeRender 
ごろりとチキンが2切れ、ジャガイモもごろり。
ややシャバ系の色の濃いカレーです。
辛さはさほどではありませんが、スパイス感のある美味しいカレーです。あっさりとしている口当たり。わたしにとってはこのくらいの量がちょうどいい。

食後にアイスコーヒーを。

FullSizeRender
やや小ぶりのコップに、都度ガラガラとクラッシュする氷。
冷たくても香りを感じるコーヒーです。

そうこうしているうちに、マスターは、コーヒーミルの修繕でしょうか、ガンガンハンマーで調整レバーを叩き始めました。店内には大音響w
この辺の自由気ままなところがマスターのマスターたる所以。

さて音に追い出されて帰るとしますか。

2021/8/27




味とコスパ 洋食の店 クロンボ

半ドンの後、高円寺に所用で。時間調整の意味も含めてランチを。
FullSizeRender

北口からすぐのガード下に佇む洋食店。阿佐ヶ谷のゴールデン街から2011年にこちらに移転。高齢の男性お一人でオペレーション。並びには「桃太郎すし」も。
FullSizeRender

外には食品サンプルも出ています。
FullSizeRender

今日の「サーヴィスランチ」は、ハンバーグ、メンチカツ、チキンカツ、ハムエッグ、ライス味噌汁付きで 650円。なんと魅力的な!
FullSizeRender

入口右の食券機で悩ましいメニューに惑わされながら、Eセット(クロンボ定食)750円をポチり。ハンバーグと半ナポリタン。
FullSizeRender

L字カウンター10席ほど。先客は20代男女。
端っこに席を確保してお父さんに券を渡します。
ナポリタンから作り始めます。茹で置きの正統派ナポリタンですね。仕込んだ食材がそれぞれ業務用トマトケチャップの大型缶に入っているのはお決まりですよね。
端っこなのでお父さんの動きが良く見えません。失敗したw
FullSizeRender

しばし待てば、サラダと半ナポリタン、味噌汁、ご飯が出てきます。このままだと炭水化物祭りになってしまいます。やや遅れてハンバーグが鉄板に乗って白スパと目玉焼きを従えて登場。お父さん「跳ねますから気をつけて帰って」とお声がけも嬉しいですね。

先ずはナポリタンからいただきます。ねっとりとしたケチャッピーなハムオニオンマッシュルームの具材が太麺と絡みます。うんうんコレコレ、王道のナポリタン。おかずになっちゃうタイプ。
ハンバーグは、サイズは小さめて厚みもありませんが、そこそこ肉肉しい感じ。クドく無いデミソースもイイ感じ。
FullSizeRender

ライスには卓上に用意された のりたま をしっかりと振りかければ、もうこの組み合わせはパラダイス。
ライスはやや柔らかめで好みの炊き上がり。
全体ボリュームは見た目ほどでは無く、半ライスにしなくてちょうど良いくらいのボリューム感。

先客のカップルが帰る時には「また2人で来てね」とお父さん。そんな優しさが聴こえて来るだけで嬉しい。
単品で注文出来ればイイんだけどなぁ。

14時を回っても後からお客さんは入ってきますね。
さあ時間になったから行きますか。

2021/8/18

日式インドカレー フジヤ


金曜日はカレーの日。昨日臨休で振られたのでリベンジ。むろまち小路の中程、緑のテント。
FullSizeRender
1996年創業、感覚的にもっと経っているかと思いきや25年なんですね。元々の創業は1908年、下駄屋さんだったとか。カレーでも3代続く名店です。
雨も降っているので、13時前ですが、並ばずに入れました。カウンターのみ11席。
FullSizeRender
Aランチは、ライス、サラダ付き。
Bランチは、ハーフライス、ハーフナン、サラダ、ゆで卵、豆スープ付き。
具材は、チキン、ビーフ、豆、ヤサイ、キーマが選べます。
ランチタイムのみの営業なので、これらがレギュラーメニュー。
FullSizeRender
チキンのAランチを、半ライスでお願いします。
たっぷりと注がれたルーの中にチキンがゴロゴロっと入っています。
そうそう、こちらのスプーンは、右利き用に先が曲がっているタイプ。なかなか見ないですよね。慣れないと逆に食べ辛いかもw
FullSizeRender
野菜が溶けてドロリとしていながら、ややさらりとしたスパイシーなカレーで、辛さがパンと来ます。口に残る辛さではないので美味しいですね。
日本らしいインドカレーと言ったところでしょうか。玉ねぎの甘さとトマトの酸味が感じられます。

入れ替わり立ち替わりお客さんが出入り。カレースタンドと言った趣きなので回転はイイですね。

さて、帰るとしますか。


2021/7/2

ボンディの流れの名店 プティフ・ア・ラ・カンパーニュ


市ヶ谷まで用事できたので、金曜日カレーの日、雨降ってますがこちらまでテクテク。
FullSizeRender

ビルの奥まった所に洒落たテントが出ています。
コロナ対策で席数を間引いて、アクリル板で区切り対応しています。

先客は8名ほど。
長いテーブルの端に案内されます。
FullSizeRender

ボンディ出身の方が始めたので、基本ボンディの流れです。
FullSizeRender

お願いするのは、基本のビーフカレーの辛口。半ライスで、ジャガイモ1個でお願いします。
ボンディ同様こちらもまず茹でたジャガイモがバターと共に出てきます。
半ライスのカレーも登場。
FullSizeRender

綺麗に盛り付けられたご飯がイイですね。中心には溶かしバターがかけられています。ルーはソースポットに並々。角切りのビーフが5個入ってました。
テーブルには、福神漬け、ラッキョ、緑はキューちゃんかなぁ。
FullSizeRender

福神漬けとラッキョを取り、カレールーをかけていきます。
ややドロっとしたルーは、人参や玉ねぎの具材はトロトロに溶けています。
一口運ぶと最初に野菜の甘みがあって、後から辛味がガツンと来ます。奥深いコクがあって美味しいですね。人気なのが良くわかります。
ビーフは柔らかく噛み締めると味が出てきますね。
ジャガイモは、2個の時には、まずジャガバターで、もう一個はバターを和えてカレーと一緒に食べるそうですが、糖質制限中ですから1個を2つの食べ方で。
FullSizeRender

女性のお客様や3人のグループなどが出たり入ったり。
フランス料理が出てきても良いような落ち着いた雰囲気ですね。

さて帰るとしましょうか。

2021/6/4

カレーが有名 茶房 武蔵野文庫

吉祥寺に移動して、お昼時間も過ぎた平日の午後。ゆっくりお茶を飲みたくて。
1985年の創業。東急裏で永く親しまれている喫茶店。
FullSizeRender

なんと言ってもこちらはカレーが有名です。
お蕎麦を食べた後なのでここは我慢。
FullSizeRender先客は2名。クラシックの流れる落ち着いた雰囲気の中、カウンターに席を取ります。

アイスコーヒーでは味気ないので、アイスウインナコーヒー 700円をお願いします。
取手のない大きなカップにクラッシュアイスを入れてアイスコーヒーを注ぎ、生クリームを盛って出来上がり。
FullSizeRender

生クリームは甘くないのが良いですね。
ゆっくりとくつろいでのんびり帰るとしましょう。

2021/6/2

ギャラリー
  • 温浴施設の本格ピッツァ SAVOY スパジアムジャポン店
  • 温浴施設の本格ピッツァ SAVOY スパジアムジャポン店
  • 温浴施設の本格ピッツァ SAVOY スパジアムジャポン店
  • えっ!アサリ? どん底
  • えっ!アサリ? どん底
  • えっ!アサリ? どん底
  • えっ!アサリ? どん底
  • えっ!アサリ? どん底
  • えっ!アサリ? どん底
  • 北海道新徳町の十割蕎麦 肉蕎麦 トムラウシ
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ