けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

アジフライ

白いメンチカツ とんぺい

TVで経営の厳しいお店をテコ入れする番組で、従来の居酒屋から白いメンチカツ専門店に業態変換して放映されていたお店。
FullSizeRender
一時は整理券を発行するほどだったようですが、度重なるコロナ禍で、緊急事態宣言が明けてもなかなか前のようにとはいかないようで、金曜日の13時半に伺いまだイイですかと聞けばどうぞと言われます。
先客は若い男女。ほどなくして帰って行きました。
FullSizeRender
メニューは一択、揚げたてフライ定食 1430円。生ビール 550円もお願いしちゃいましょう。
FullSizeRender
カウンターの下には引き出しがあり、お箸やおしぼり、楊枝が入っています。お水はカウンターにあるピッチャーからセルフ。
お盆がはまる大きさに四角く段差があり、その前には小さな四角が。こちらは揚げたカツを乗せる角皿が配置されます。
成蔵で修業したという白いフライは3種類。アジフライ、海老フライ、メンチカツと順番に出てくるそうです。
ビール頼んだのでご飯は不要と伝えます。

しばし待てば、まずアジフライから揚がります。なるほど白い粗目のパン粉。
FullSizeRender
流石に練馬の専門店のようにはいきませんね。普通の背開きのアジフライ。さほど低温揚げは影響していない感じ。ちょっと油の切れが悪いように感じます。少し柔らかいかなといった感じです。
続いて海老フライが登場、あ、写真撮る前に食べちゃったw
FullSizeRender
長さはそこそこありますが、これも普通の海老フライ。身はプリプリです。
その後、メンチカツが登場。吉祥寺サトウの様に丸いメンチカツです。
FullSizeRender
下味が付いているので先ずはそのまま食べて、それからソースをかけて食べるように教わります。
揚げた後、余熱で中まで火を通してまん丸のメンチカツは、箸で割ればジューシーですね。
これは低温揚げの効果が出ていますね。なかなか美味しい。
赤味噌の豚汁には、胡麻油を垂らすと美味しいと教わり、その通りにすれば薫り高く具材も沢山入って美味しいですね。

TV効果も少し息切れでしょうか、コロナの影響でまだまだ以前のようにとはいかないようですが、居酒屋を続けていたら継続は困難だったでしょうから業態変換は正解だったのでしょうね。

2021/11/5


プラチナアジフライ アジ好きですか?

6月にオープンしたアジフライの専門店。千葉、富津産の黄金アジを使っているそうです。
店名は最近流行りの文章系。
FullSizeRender
元々間借り営業していたのが、満を辞してのオープンだそうです。
FullSizeRender
店内は手前にテーブル席、奥の調理場の前にカウンター席4席とこじんまりとしています。
テーブル席には若い男子がグループで。
FullSizeRender
お願いするのは、黄金アジフライとプラチナアジフライの食べ比べ、定食では無く単品で、お休みなので生ビールも。
FullSizeRender
アジのなめろうもお願いします。
FullSizeRender
なめろうは、時間がかかるかなと思いましたが、作り置きをしているので直ぐに出て来て、ビールのあてにちょうど良い。
調味料を抑えてアジの旨味を引き出していますね。脂もあり美味しいですね。ぱらりとかけられたゴマも隠し味。

さてアジフライの登場。
FullSizeRender
黄金アジを普通に揚げた黄金アジフライと同じ素材を低温で揚げたプラチナアジフライ。
背開きではなく、半身ごとに揚げてあるので、黄金二切れ、プラチナ二切れです。尾が無いので食べ易い。
そのままで、山武の海の塩、おろしワサビ、タルタルソース、ソースと食べ方も選べます。
FullSizeRender
黄金アジフライは、フワフワで身も厚く旨味が強いですね。塩、タルタル、中濃ソースが合う感じです。良くあるアジフライとはちょっと違います。
プラチナアジフライは、黄金と白で白金、プラチナということだそうです。
同じ素材とは思えない食感と旨味。柔らかくジューシー。コレは美味しい。旨味がジュワッと口の中に広がります。塩が一番合う感じですね。

何気に一緒に盛られたサラダが美味しく、ドレッシングも美味しい。千葉産の素材にこだわっているそうです。

若い店主は丁寧で接客も気持ち良く、フレンドリーな方ですね。
日本酒の種類も豊富でゆっくり飲んでみたいですね。
なかなか味わえない美味しいアジフライでした。

2021/11/5


世界一のカキフライ わぶ


世界一と称するカキフライを食べに新宿西口に。
FullSizeRender

11:45の到着で6人待ち。15分ほど待って案内されました。ドアにトランシーバーがぶら下がっていて、「外に並んでる人どうぞ〜」ってやってます。
お母さんは相変わらず大きな声で元気ですね。
FullSizeRender

カキフライとアジフライでご飯小盛りでお願いします。
カウンターの冷蔵ケースには、衣の付いたネタが山になってます。
大きなディスプレイには、取材映像がリピート放映中。
FullSizeRender

しばし待てば登場。
ウンウン大きなカキフライが2つ、アジフライは1.5尾。
カキフライは小さな牡蠣を5、6個まとめ揚げ。どこを噛んでもエキスがジュワ〜。火通りはバッチリ。ややレア感も残りつつ火は通っていてジューシー。美味しいですね。
タルタルソースがまた旨い。おかわり自由なので、お願いします。
ホールのオバチャンは山形出身で面白い。もう一つオマケしておくねとスプーンでタルタルを乗せてくれます。
アジフライややや揚がり過ぎ感もありますが、美味しいですね。1尾をイメージしてたのでボリュームに圧倒されました。
サービス精神旺盛なあ母さんは、後客の穴子フライが、今日は小さめなので2つ入れとくね〜と。アジフライもそんなで1.5尾だったのかも。
美味しいご飯は小盛りでも結構な量。山形名産のおみ漬けと一緒にいただけば箸が止まりません。
付け合わせのキャベツの千切りは山盛り、消化を助けるためにもしっかりといただきます。

世界一のカキフライとの事ですが、人形町 三友の先代が亡くなった今、確かに一番かもしれません。三友の先代のはもう少し衣が薄かった。

お腹パンパンです。
外の並びは更に伸びて10名ほどですかね。
さて腹ごなしに歩かなくては。

2020/12/23

ワンコインでアジフライ みなもと屋 人形町店

気持ち良い天気ですが、日差しはまだまだ強いですね。

13時半を回るとラストオーダーの所も多いですよね。

FullSizeRender

アジフライが食べたくなって今日はこちらでワンコインランチ。

ビルの2階の居酒屋さん。

ランチタイムは、ブッフェ形式で好きなものを取って行きます。

この時間なのでおかずは、ほとんどありませんが、言えば作ってくれます。

アジフライをお願いしましょう。

おやおや、今日は店長居ないんですね。お姉さんワンオペで大変そう。まぁ空いている時間なので大丈夫か。


小鉢は一つだとワンコイン、二つにすると 580円と言うシステム。

小鉢は焼売にしましょう。

ご飯半分でお願いします。

先に 500円をお支払いして、焼売は電子レンジで 10秒チン。

テーブルでアジフライの揚げ上がりを待ちます。

出来たようですよ。ポン酢があるので、アジフライの一つにはポン酢で行きますか。

FullSizeRender

揚げたてのサクサクのアジフライが美味しいですね。

焼売は冷食ですが、おかずが増えて嬉しい。

こちらのご飯は、コシヒカリを使っていて美味しいです。どんぶり飯は多過ぎるので半分にしてもらいますが。


さて、セルフでお盆を下げて、今日は一人なの?と聞くと、ちょっと出かけましたって。頑張ってるね。


2019/9/25

和食居酒屋 みなもと屋 人形町
和食居酒屋 みなもと屋 人形町
ジャンル:人形町|大衆居酒屋
アクセス:地下鉄日比谷線人形町駅A1番出口 徒歩1分
地下鉄半蔵門線水天宮前駅7番出口 徒歩2分
住所:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-3-5 ソレイユ人形町2F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 人形町・小伝馬町×居酒屋

ワンコインのアジフライ定食  みなもと屋 人形町店

ちょっと寒いですね。雨も降りそうな天気。

アジフライ的な感じなのでこちらで。

ビル2階の居酒屋さんのランチ。

FullSizeRender

メインに小鉢2つで 580円。小鉢1つなら 500円のワンコイン。


出来上がりのメインや小鉢を取って行くブッフェスタイル。お味噌汁とご飯は温かいものが提供され、メインや小鉢は、電子レンジで温める方式。


メインは、13時半ですからほとんど無くて、鯖味噌、ハンバーグ、アジフライという感じ。

無いものはオーダーで、材料切れてなければ作ってくれます。唐揚げや塩焼き鯖なんかは出来そうですね。

アジフライな感じなので、迷わずアジフライを。

小鉢は、サラダ系はパス。生卵と海苔は、ご飯いっぱい食べちゃうのでこれもパス。肉団子にしようかシュウマイにしようか。じゃあシュウマイ3個入りを。


ご飯はいつも通り少なめで。丼飯ですから半分でお茶碗一杯くらいですね。

メインは15秒、小鉢は10秒チンします。

FullSizeRender

アジフライはソースをかけて、厚さもありフワフワですよ。周りのカラッとした衣もイイですね。

しゅうまは、冷食のそれですが、醤油を垂らせば味の変化も出ます。

味噌汁はちょうど作りたてだったので、味噌の香りも良いですね。


食べ終わったら、セルフで下げ膳。

さて、曇り空ですが花見をしながら帰りましょう。


2019/4/1


和食居酒屋 みなもと屋 人形町
和食居酒屋 みなもと屋 人形町
ジャンル:人形町|大衆居酒屋
アクセス:地下鉄日比谷線人形町駅A1番出口 徒歩1分
地下鉄半蔵門線水天宮前駅7番出口 徒歩2分
住所:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-3-5 ソレイユ人形町2F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 人形町・小伝馬町×居酒屋
ギャラリー
  • 年末で閉店 吉見うどん
  • 年末で閉店 吉見うどん
  • 年末で閉店 吉見うどん
  • 年末で閉店 吉見うどん
  • 年末で閉店 吉見うどん
  • 老舗の味わい 船橋屋 亀戸天神前本店
  • 老舗の味わい 船橋屋 亀戸天神前本店
  • 老舗の味わい 船橋屋 亀戸天神前本店
  • 老舗の味わい 船橋屋 亀戸天神前本店
  • 揚げたての天ぷら そば処 寅さん
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ