大泉学園と上石神井の中間あたり、石神井台にある藪系のお店。
FullSizeRender
昔からある町蕎麦ですが10年ほど前に建て直ししてモダンな感じになり店名も「藪伊豆」から「そば匠 やぶいず」になってます。二八蕎麦ののぼりもはためいています。
北海道音威子府村、三好農場の蕎麦を使っているそうです。
お店の前は妙な三角地帯になっていてそこが4台ほど駐車場になっているので車で来ても大丈夫。あ~蕎麦前は出来ませんねw

新そばののぼりがはためいているので吸い込まれました。
テーブル席にはアクリル板が設置されていて対策もばっちりです。
壁には「藪睦会」の木札が下がります。
FullSizeRender
FullSizeRender
土曜日の13時過ぎですから、先客は9名ほど。
お好きなお席にどうぞと言われ、僭越ながら4人席を占領させていただきます。
FullSizeRender
FullSizeRender
季節メニューで牡蠣南蛮もありますね、カキフライセットなんてのも。
天せいろ 1400円をお願いします。

しばし待てば登場。
FullSizeRender
先ずは新蕎麦を何もつけずにいただきましょう。かなり細い蕎麦です。コシがあり蕎麦の香りもほんのりと。これは美味しい蕎麦ですね。この辺りではここまで細い蕎麦はなかなか見当たりません。
つゆは藪系の辛めのすっきりつゆ。天ぷらを付けると油で甘さが出てきます。

天ぷらは、車海老、ピーマン、茄子、カボチャ、椎茸。
車海老が大きいですね。カラッと揚がりプリプリです。美味しい。
野菜も総じて大き目で食べ応えがあります。

蕎麦の量も平たく盛られてはいますが結構食べ応えがあります。
天ぷらも蕎麦も練馬界隈の量ですかね。

後から来た方がカキフライセットを注文されて配膳されたところ。
大き目の広島県安芸津産の真牡蠣を使ったカキフライが5個、ご飯に、お蕎麦がついて、あれにすれば良かったかなと後悔w

美味しい新蕎麦をいただいたので、買い物に行きますか。

2021/11/6