けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のオジさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

横濱家系オープン 麺家 紫極(しきょく)大泉学園店

さいたま新都心で2018年8月に二代目武道家の流れを汲む店舗がオープンして人気となり、2店舗目は大泉学園駅近くに。
2023年1月3日オープンしたピカピカの新店。ゆめりあ1前はアコムが入っていたところ。
FullSizeRender
13時過ぎで中待ち4名、外待ち8名。割と2人連れが多いですね。
食券を買ってから並んでくださいとのこと。
FullSizeRender
入口左の券売機で、ラーメン、ねぎラーメン、チャーシューメン、全部のせ、普通盛り、大盛りから選びます。
京都九条ねぎラーメン 950円をポチり。
外町の間にホールのお兄さんが食券を撮りに来て、味の好みを聞かれます。
油の量 ふつう、味の濃さ ふつう、麺のかたさ ふつうでお願いします。
ライス無料で付くとのことですが丁重にお断りして。

そこそこの回転で店内に案内され、座席が空き次第案内されます。大きなL字のカウンター 12席。

お客さんの食べ進み方を見極めながら、麺を茹で始めます。麺箱には、酒井製麺所の文字が。横浜家系御用達の麺ですね。平ザルで麺上げしていますね。
100kgの豚ガラを煮込んだスープということで、寸胴で炊かれています。その割には店内に豚臭さはあまりありません。
FullSizeRender
着席すると、麺硬めの人から提供が始まります。
私の隣のお兄さんは食べ終わっても隣の連れを待って席を立とうとしないので、私の後ろの麺硬めの人の分が出来上がってしまっています。やっと「外で待ってるね」と退店。

カウンターには、おろしニンニク、おろししょうが、胡麻、お酢、豆板醤が用意され、ニンニク醤油もありますね。
ご飯のお供用に胡瓜漬けも用意されています。
FullSizeRender
麺のかたさ、ふつうでお願いしたのが着丼。
ストレートに深さと広がりのある黒い丼です。
スープは、超濃厚です。とろみを感じます。それでいて臭さやしつこさは無くさっぱりとしています。
麺は中太平打ち麺。ウェーブがかかり、超濃厚なスープが絡みます。美味しいですね。長さは短めですかね。
九条ねぎがどっさりと乗ってますからねぎも絡んで美味しいですね。ねぎの下にはほうれん草が隠れていました。
チャーシューは、肩ロースでしょうか、一枚ですが、大きさも厚さもあるのでボリュームがあります。
途中でおろしニンニクを入れましたが、ニンニク効いた方が更に美味しくなりますね。

超濃厚な割にペロリといただけて、クセもなく女性にも受け入れられるお味ではないでしょうか。
今日からは、11時15時と17時22時の2部営業でしばらくはお休みはないようです。
開店2日目ですが店内の通路は既に油感がありますね。
横浜家系ラーメン開店です。

2023/1/4

鶴見系総本山 ごん兵衛

鶴見系総本山と言われるこちらで金曜カレー。
立ち食いそば界では、昆布出汁の関西風、白身魚フライがキーワードで、何故か鶴見周辺に多いと言う不思議。
FullSizeRender
大倉山駅からはかなり遠く、バスを使わないと無理ですね。住宅街にポツンと。三ツ池公園の裏手という感じでしょうか。斜向かいに業務スーパーが出来ましたね。
FullSizeRender
13時過ぎで先客は5名。
口頭注文です。そば、うどんは230円と少し値上がりしたもののまだまだ破格のお値段。トッピングは50円。アジフライ、白身魚フライは 100円です。
セットも充実してます。
FullSizeRender
蕎麦半分で、天ぷら(玉ねぎ)、半カレーライス、ご飯少なめでお願いします。
お姉さんにみんな少ないのねと笑われながら。
茹で麺を湯掻き、透明なつゆを注ぎ、天ぷらだよね〜と言いながらトッピング。ネギはデフォで多めです。
もう一人のお姉さんが、ミニカレーを作ってくれて、壁際のカウンター席に着席。アクリル板で仕切られています。
FullSizeRender
先ずはつゆから、薄く透き通ったつゆは塩気を感じる昆布出汁の良いお味。美味しいですね。
蕎麦は、柔らかめですが、塩気のあるつゆと抜群の相性。
天ぷらは衣多めの薄めの天ぷらですが、玉ねぎ甘くて美味しい。つゆに解けてまた美味しい。

カレーはシンプルでそこそこ辛さのあるタイプ。素朴な味は、カウンターに用意されたソースをちょっとかけるとまた美味しい。

なんとも言えない関西風の出汁つゆが結構ハマるかも。

2022/12/23

人気店で硬めのプリン 4/4 Seasons Coffee(オールシーズンズコーヒー)

代々木のサリューに振られて、新しく開通した明治通りのバイパスを新宿御苑を横目に見ながらテクテク歩いて新宿2丁目あたり。結局原宿から歩いて来たことに。
FullSizeRender
外待ちは2名、中待ち2名なので並んでみます。

25分ほどして前の2名が中待ちになり、一人なので先に通してもらいます。
店内に入ると焙煎されたコーヒーの香りに包まれます。
レジで先注文の先会計。
14席ほどの店内は女性2名客ばかり、オジさんは居ません…女性客お二人だとお話が盛り上がりますから回転はあまりよくありません。
FullSizeRender
QUICK BREW 500円と、アイスクリームの乗ったアフォガードにしようかとも思いましたが、クラシックプリン 500円をPayPayで。
1時間制になっているそうです。カウンターの端に1人席が空いているのでそちらに。

15分ほど待って登場。
FullSizeRender
綺麗な肌のプリンは、しっかり硬め。角度的に綺麗で好きなフォルム。
カラメルが思った以上にかなり苦めなので甘さとバランスが取れてイイ感じ。
生クリームとの相性もイイですね。

QUICK BREWはエジプト豆だそうです。スッキリとしていて飲み易い。
FullSizeRender
外待ちは伸びているようなので帰るとしますか。外に出たら女性ばかり12、3名ほど並んでますね。

2022/12/21

吉そばの茶蕎麦 茶蕎麦 吉そば

立ち食いそばの吉そばが展開する茶蕎麦専門店。以前の吉そばからの転換店。
FullSizeRender
原宿竹下通りというちょっと場違いなところに今年の3月にリニューアルオープン。
周りはJC、JK。外国人旅行者も戻りつつあるようです。
店内2台の券売機、タッチパネルで購入します。
FullSizeRender
タグで冷たいそば、温かいそば、丼物などと分かれているので選び易いですね。
FullSizeRender
2枚もり 1000円をポチり。

発券すると厨房にオーダーが通り、席で番号を呼ばれるのを待つスタイル。

手前には椅子席カウンター、奥には入れ込みのようなベンチシートが並ぶ大きなテーブル。
水はセルフで紙コップ。
番号を呼ばれるので取りに行きます。
FullSizeRender
2枚重ねのせいろ、上には更科が、下に茶蕎麦が盛られています。
つゆは甘めの吉そばのつゆ。
蕎麦はかなりコシが強くて、しっかりと噛み締めないとダメですね。まぁ香りとかは期待しちゃダメなので。
FullSizeRender
茶蕎麦は、コシが強いのは同じで、ほんのりと抹茶の香りはします。
FullSizeRender
もりで 650円と普通の町蕎麦と同じような高めの設定。立ち食いそばではないんで。
丼とセットで1100円前後と高級路線です。
内容から言ってちょっとコスパは悪いですね。
まぁ新しい方向性としてはアリですかね。

2022/12/21

刻み春菊天 吉そば 代々木店

代勤で12時まで、北参道で途中下車。
交差点近くのこちらに。24時間営業年中無休。
FullSizeRender
あら、ごぼう天やハス天はメニュー落ち…
店内2台ある券売機で、まぁ吉そばと言えば、春菊天ですね。570円ポチり。玉子は、味付玉子 100円にしましょう。
蕎麦半分でお願いします。
FullSizeRender
入口は2方向。奥と交差点側に椅子席が7と5席。
調理場カウンター前には立ち席も。
明るく綺麗な店内。
先客は5名後客4名。
FullSizeRender
ミニ丼とセットで頼まれる方が多いですね。
アクリル板、個別パックの割箸、爪楊枝。紙コップなど対応が大変ですね。
FullSizeRender
さて登場。
蕎麦半分なので少し貧弱な感じですけど。
蕎麦美味しいんですよね吉そばは。
ライトなつゆも飲み干しそうな勢い。
春菊天は刻みタイプなのでつゆに解れて天抜きの様に。
味付玉子は、半熟の黄身がイイ感じ。

土曜のお昼なのでそれほど混雑はしておらず、まったりとした時間が流れています。

2022/12/17

再開発後やっと再開 豊しま 春日店

2月17日に再開後初訪問。
再開発地域に入り、2016年4月に惜しまれながら閉店。再開発ビルに戻るという話も、半信半疑でしたが、文京ガーデンが立ち上がるも気配が無く、やっぱり…と思っていたものの、内外装が済んだのが2021年9月。再開だと喜んだのも束の間。待てど暮らせど開店せず。どうなっちゃうんだろうと気を揉んだみんな。
コロナの影響で冷蔵庫が間に合わないというアクシデントだったそうで、無事に再開。
FullSizeRender
以前の店舗のあった一角が、ノーステラスという低層棟に生まれ変わりました。
店構えも以前と同じように2方向が開口した店舗はピカピカですが、中はオールスタンディング。開放感あふれる明るい店舗です。
看板の「是れはうまい!肉そば 関東風」の文言もそのままに。違いと言えば、飯田橋、江戸川橋、こちらの旧店舗にあった、ブルーのアクリルR型のショップルーフではなく、シンプルな青テントに変わったことと、サッシがモダンなチャコールグレーになったこと。

13時前の入店なので、先客は8名ほど、入れ替わり立ち替わりお客さんがやってきます。
女性客も多いですね。やっぱりピカピカの明るい店舗だからでしょう。
口頭注文は変わらず。名物の厚肉そばにも惹かれますが、肉玉そば 570円をお願いします。
きつね、たぬきが 330円、天玉 440円、厚肉 770円と他店とも同じ価格。
茹で置きの蕎麦を湯掻いて、肉を乗せ、卵を割入れつゆを注ぎ、ネギと揚げ玉を散らして着丼。
FullSizeRender
そうそう、コレコレ、濃いめの色のつゆ。それでいて辛さやしょっぱさは強くありません。確かに関東風のつゆ。揚げ玉のせいかほんのりと甘みもあります。
蕎麦は茹で置きなので、ふにゃり系ですが、ガッツリつゆとの相性が良いですね。
蕎麦半分を言い忘れたので結構なボリューム。
豚バラ肉の薄切りがペロリと一枚乗って、しっかりと煮込まれた肉が美味しいですね。

同じ再開発地域の近くにあった「おか田」は小伝馬町に移転して、更に近くに再移転。
再開発で閉業した立ち食いそばは数知れず。
そんな中、再開してくれたのに元気をもらうような気持ちになりますね。

2022/12/16

種類色々 SUNNY DAYS pudding cafe

帰り道池袋で途中下車。
要町方向にちょっと歩いて、あの魚屋さんのある通りに入って直ぐ左側。
古いビルをリノベーションして出来たプリンの専門店。
FullSizeRender
1階にはショーケース。テイクアウト対応です。
イートインも可能で、1階で先にオーダーお支払。
色々な種類のプリンがズラリとショーケースに並んでいます。
お願いするのは、基本のレトロプリン 600円とホットコーヒー 500円。
番号札をもらって狭い階段を登ります。
FullSizeRender
白と木のシンプルな店内にグリーンが飾られて女子受けしそうですね。
16席ほどの小さなスペースです。
先客は若い女性、お一人、お一人。先に入られた男女と4名。
オジさんはいませんねw
FullSizeRender
しばし待てば、レトロプリンの登場。
思いの外 黄土色のプリンの上には、生クリームとミントでしょうか。
しっかりとした硬めのプリン。
カラメルが別添えで、イイ感じに苦味がほんのり。
生クリームとの相性が良いプリンですね。

コーヒーはクセもなくスイーツに合うタイプ。
週末は行列が出来るとか。
いかにも女子受けするプリンショップです。

2022/12/13

再開しかもあのつゆで 六文そば 中延店

水曜半ドン。再開したとの情報を得てこちらまで。
駅のホームに降りれば、駅前の立ちそばの出汁の香りもふんわりと。
FullSizeRender
大分長いことお休みしていたこちら、無事に再開して一安心。
お願いするのは、そば、ゲソ天、春菊天。650円。
BGMは、勿論AMラジオでニッポン放送。
おや、若い綺麗なお姉さんが作ってくれます。立ち食いそばには珍しい。
興和物産の茹で麺。ささっと湯掻いて、つゆを注ぎ、揚げ置きの天ぷらを丁寧に載せてくれます。ネギを散らして着丼。
FullSizeRender
お〜、六文と言えばこのつゆ。濃いめの色、少ししょっぱ系のカエシの立ったつゆ。コレコレ、これですよね。美味しいですね。飲み干しちゃいけないタイプ。
蕎麦は茹で麺らしい ふにゃり系ですが、濃いめのつゆと良く合います。
硬めに揚がったゲソ天はつゆにほぐれることもなく、ゲソの歯応えがまた美味しい。
春菊天は、刻み揚げ、ほんのり苦味が美味しいですね。

昔の六文つゆで復活してくれて嬉しいですね。
最近の他の六文はライトなつゆに変わっていたので、本来の濃いめのつゆが戻って良かったです。

2022/12/13

京王ど真ん中 高幡そば 明大前店

金曜カレーは、こんなところに出没。
京王線と京王井の頭線の交差する明大前駅。駅ナカにあるお店。丁度線路が交差したところにハマってます。
FullSizeRender
京王グループのレストラン京王が展開する駅蕎麦ですね。「サッっと美味しいそばが食べられる、立食スタイルの駅ナカのお店」高幡そばは、こちらと高幡不動店のみになっちゃいましたね。
「万葉そば」も、何故か西武線保谷駅にあったお店も閉店して、つつじヶ丘店のみに。最近は夜呑みの出来る「たまの里」にウエイトを移しているのでしょうか。
FullSizeRender
中央改札口内の目の前にあります。
店頭に2台並ぶ券売機。勿論PASMO決済可能。
かけそばが350円、かき揚げそばが 470円、カレー肉南蛮そば 580円といった感じ。

みぞれ舞茸天そば 550円に、ミニカレー 270円もポチり。
おお13時の入店ですが混雑してますね。アクリル板で仕切っているので8名ほどしか入れないので店内待ちが1名。厨房内は2オペ。
席が開くのをしばし待って、調理が始まります。
そば半分、カレーのご飯もは少なめでお願いします。
FullSizeRender

最初のオーダーから時間経っているので、蕎麦半分忘れてるかな、まぁ少なめではありますが、袋麺の茹で麺、ややもっさりしていますが、まぁまぁ美味しい。つゆはスッキリしていて美味しいですね。
大根おろしは辛めですね。舞茸天は3つほど。美味しいてす。
ミニカレーは同じグループのC&Cのカレーを使ったものですから安定の味。具材は細かいのが入ってます。辛さはさほどありませんが、スパイシー感は多少あって、ああ、あの味。
蕎麦屋のカレーとは違い、カレースタンドの味ですね。

ちょっと食べすぎかもw さて、帰るとしますか。駅前のコインパーキングは20分以内ならば荷捌きとみなして無料なのが嬉しい。

2022/12/9

朝メニュー そば処 めとろ庵 西船橋店

西船橋まで研修に来たので、こちらでちょっと啜っていきますか。
先客は2名。
FullSizeRender
朝メニュー、店内の券売機で、ミニかき揚げそば 350円をポチり。
FullSizeRender
お姉さんに券を渡して、直ぐに出来上がり。
FullSizeRender
アレ、こんなにニチャリ麺だったかなぁ…
茹で過ぎで伸びちゃってるのか?
つゆもなんとなく薄い感じ。
ハーフサイズのかき揚げ天は美味しいですね。
そんなにお腹も減っていなかったので、申し訳なかったですが、蕎麦を残しました。

久々にちょっとダメな蕎麦に出会ってしまいました。まぁこう言うこともありますよね。
研修会場へ向かいましょう。

2022/12/8

激戦区で生き残る めん庵 浜松町店

浜松町から歩いてこちらまで。
周辺は大規模再開発も進んで、大きなビルも立ち上がっています。
FullSizeRender
パークコート浜離宮ザ・タワーの足下にポツンと路面店。浜松町界隈は、多くの立ち食いそばがありなかなかの激戦区。こちらは浜松町と言っても、もう少しで新橋という所。
FullSizeRender
ご飯物を含めメニューは豊富ですね。ミニ丼とのセット物とか心を惹かれるものばかり。
寒い時には鍋焼きもおすすめ。先客さんはそれでした。
FullSizeRender
先客1名。後客3名。
お父さん、お母さん、厨房から出て座って休憩中。
ゲソ天は終わっちゃったようですね。
壁際の券売機で、春菊天そば 460円に、玉ねぎ天 100円プラス。
蕎麦少なめでお願いします。
お母さんが、自家製麺の生麺を茹でてくれるので少し時間はかかります。
揚げ置きのケースをよく見れば、茄子天ラス1あったのか〜
盛り付けにはお父さんも参戦。2人の手が交錯しちゃってw
FullSizeRender
やや色の薄めのつゆは出汁が効いていて美味しいですね。
自家製麺は、細身でツルシコ、美味しいですね。
天ぷらは、つゆに解れてとろりとしてくればまた美味しい。
後の方は常連さん、先にカツカレーと声をかけてから食券買ってますね。

さてさて、お腹も膨れたので新橋駅まで歩きましょう。

2022/12/7

六文と言えばこちら 六文そば 金杉橋店

水曜日半ドン、今日の麺活は浜松町。
ざるそば屋に行こうと思ったら臨休だって。Twitter見て良かった。
FullSizeRender
金杉橋交差点の近くの六文グループのこちらに。六文と言えば金杉橋。黄色い自販機の横に書かれた「そば うどん」が目印。
14時なので先客1名。完全スタンディング。
なんと天ぷらは、かき揚げ天が2枚だけしか残っていません…
かき揚げ天そば半分でお願いします。
口頭注文 350円。安い。
カエシを感じるつゆに茹で麺がなんとも六文らしい味わい。昔ほど暗黒汁じゃなくなって健康的wな色になってますよね。
ぺらっと揚がったかき揚げは、大きめに切られた玉ねぎが広がって花が咲いたよう。このペラさが何とも言えないんですよねぇ。
アレ?写真撮るの忘れちゃった。
六文は撮り忘れるのが多いなぁ、閉まっちゃった昌平橋も撮り忘れたし。
FullSizeRender
後客2名、天ぷら無くなっちゃったお客さんは、清く潔くかけそば 230円を召し上がってます。

さて新橋方向に歩きますか。

2022/12/7

硬めがイイ プリンに恋して Esola池袋店

池袋駅Esola地下にあるテイクアウトのプリン専門店。ちょっと奥まっています。
FullSizeRender
硬めのレトロプリンと、なめらかプリンの両方あるのでお好みが選べます。
FullSizeRender
硬めのレトロプリンは3種類。
レトロプリン、120g、350円税込
大、240g、500円
特大、600g、1000円
FullSizeRender
他にバケツプリン、800g、2000円もあります。

レギュラー、大、特大を購入。
それぞれにカラメルソースをつけてくれます。

3つ並べて撮ろうと思っていましたが、あっという間に家族に食べられてしまいました。
大はこんな感じ
FullSizeRender

高さがあり、頭の部分はカラメルがとどまるような窪みもあるのがイイですね。
FullSizeRender
特大は、11センチの直径とかなり大きいです。
硬さがあるのでそれほど潰れることはないですね。
FullSizeRender
硬めのプリンは、しっかりと卵と牛乳を感じる味。ジャージー牛乳を使っているとか。
食べ進めても崩れることがないですね。
カラメルソースはビターでこれも美味しい。
このカラメルだけも瓶で販売しています。

今度こそは3種類並べて撮りたいですw

2022/12/3

なかなか盛況 SOBA DINING 凛や

昨日今日とピンチヒッターで午前中のみ。
帰ろうとしたら東横線車両故障で止まっちゃっているので、バスで渋谷へ。
渋谷からは湘南新宿ラインで池袋。
お昼食べて帰りましょう。
FullSizeRender
西武線池袋駅構内の地下改札近くにあるお店。
その昔はフードコートでしたが改装され、運営会社も変わり随分経ちます。
色々なカフェや、蕎麦系統だと「越後そば」や「笹陣」などを運営するクレアグループの傘下。同名の店舗は、大手町や武蔵村山、四街道などにも。
カジュアルモダンな店構えは、立ち食いそば感は全く無く、小洒落たカフェやパールの様。その為か女性客が多いのが特徴的。
FullSizeRender

表の2台の券売機はタッチパネル式。解り易い方ではありますが、後から来たお客さんは生ビールの買い方が解らず…まぁ最初の画面になきゃ解らないよね。
春菊天は❌印。池袋そばなんてのもあります。つけ麺があるのが珍しいですね。セットでご飯ものやカレーも。
夜はちょっと一杯に使えます。
天玉にしようかなと思いましたが、海鮮かき揚げ天そば 640円をポチり、PASMOでピッ。
FullSizeRender
席数を制限しているので、満席。しばらく待つように言われます。
立ち食いスペースと言えるハイカウンターにも椅子があるので一つ飛ばしなので数が入らないですね。
しばし待って席が空いてから作ってくれます。
茹で置き麺は、小ザルに小分けされていて、湯掻いてつゆを注ぎます。
昔と同じで、うどんは、つゆを関東風、関西風選べるようです。
こちらは蕎麦なので一択。
揚げ置きの海鮮かき揚げ天を乗せています。小ぶりではありますが、厚みがあってポールみたい。
FullSizeRender
奥のテーブルに着席。
つゆ良い香り、色は薄めで綺麗です。出汁がほんのり甘味を持ってて美味しい。
蕎麦は、茹で置きだったけどツルシコ麺でこれもイイ感じ。昔のフードコートの頃とは雲泥の差。まぁどこもレベル上がってますし、運営会社が変われば全くの別物。
海鮮かき揚げ天は下に野菜のかき揚げ、上に小海老がゴロゴロ乗っててなかなか良いですね。

あっという間に行列になっちゃいましたね。
13時を回ったところ、ささっと済ませたい方ばかりでしょうが渋滞中。女性客も多いのでなかなか回転は良くなりません。
さっさと帰ることにします。

2022/12/3

野村萬斎も愛用 泥人形

創業1980年の老舗喫茶店。
首都高4号線の脇、千駄ヶ谷や北参道から5分くらいでしょうか、お店は地下にあります。
FullSizeRender
近くに能楽堂もあるので、野村萬斎さんも来店していたとか。
FullSizeRender
ランチタイムは盛況です。フードメニューが豊富で近隣のサラリーマンや女性客で賑わっています。
FullSizeRender
特徴的な天井のステンドグラスは、こちらが入る前からあるそうで。
椅子の背中には天秤座のマーク。マスターの星座だそうです。
喫煙可で、愛煙者も多いので、煙がダメな方は用確認。
FullSizeRender
ランチは、フライ盛り合わせ。アジフライ、メンチ、唐揚げだそうです。
サービスはミートソース、ピラフです。
やはり定番のナポリタンをお願いしましょう。
高畑充希さん演ずる忘却のサチコで出てきたナポリタン。

昼時でまとめて作っているようで、先のナポリタン注文の方は、まだですか?って。
3人前同時で出来上がり。あまり待たずに登場。先注文の方申し訳ない。
FullSizeRender
べピオの基本に、縦半分に大きく切れ目の入ったソーセージが一本。おやおや小海老も入ってますね。
ピーマンとオニオンはシャキシャキの食感、その分炒めは浅めですね。気を付けないと飛んじゃうタイプ。
麺は中太麺で少しモチっとしています。
味付けとしては好みのやや甘さの出た酸味控えめのケチャップ味。
FullSizeRender
ホットコーヒーはマシン抽出でしょうか泡々です。
フードメニューに合うクセのない味。

13時を回って2回転目のお客さんもゾクゾク。周りで電子タバコを吸われる方も。
そろそろ退散しますか。

2022/12/2

ギャラリー
  • ゲソ天丼だよね 江戸前天丼 はま田 練馬関町店
  • ゲソ天丼だよね 江戸前天丼 はま田 練馬関町店
  • ゲソ天丼だよね 江戸前天丼 はま田 練馬関町店
  • ゲソ天丼だよね 江戸前天丼 はま田 練馬関町店
  • 穴場で硬いプリン No.13cafe(サーティーンカフェ)
  • 穴場で硬いプリン No.13cafe(サーティーンカフェ)
  • 穴場で硬いプリン No.13cafe(サーティーンカフェ)
  • 生パスタ JINJIN 新宿二丁目店
  • 生パスタ JINJIN 新宿二丁目店
  • 生パスタ JINJIN 新宿二丁目店
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ