けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のオジさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

今は珈琲ショップが人気 むさしの森珈琲 浜田山店

お墓の名義変更や納骨の日取りの打ち合わせなどを済ませて遅いお昼。
この時間に食べると晩ご飯食べられないなぁ
15時半だし、車の停められるところを探してこの辺りまで来ちゃいましたよ。井の頭通り浜田山駅入口交差点角。
FullSizeRender
婆さんは果敢にロコモコに挑戦してたけど、クラブハウスサンド 1180時税抜、セットドリンク 400円でお願いします。
コチラはスカイラークグループ、ジョナサンからの業態変換店舗ですね。
珈琲ショップの方が、ファミレスより人気なようです。
客単価も高くなってイイんじゃないでしょうか。
さて登場。
FullSizeRender
6種類の素材を使ってとありクラブハウスサンドらしい仕上がりですね。
ベーコンではなくハム、スモークサーモンなので、私の好みとはちょっと違ってましたが、コレはコレで美味しい。
婆さんのロコモコには、20分かけて焼き上げるフワフワのパンケーキが付いていますが、フワフワ過ぎて食べてる感じがしないくらい。
パンケーキは、やはり高倉町珈琲に大きく差を付けられています。
さて帰るとしますか。

2024/5/9

昭和の喫茶店のナポリタン コーヒー&スナック エル

まだ時間があるのでお茶でもとぷらぷら。
コチラのコーヒー&スナックに。
FullSizeRender
換気のために半開きになっているドアを開けて入店。
マスターに一人と告げて、どこでもと言われてテレビの近くの4人席に着席。特捜9の再放送。コレ見た見た。
昭和レトロの店内に先客は3名。低めの大きめのシートがイイですね。スナック的な要素も残っています。
喫煙可能店舗なので灰皿がデフォルトで置かれています。
若い男女は今流行りの昭和レトロ純喫茶巡りのようです。こう言う方々が増える事は、純喫茶にとっても良い流れなんでは無いかと思います。
FullSizeRender
お願いするのは、ナポリタン 1050円。
あゝ連食ダメじゃん。だって美味しそうなんだもん。
セットでサラダとスープ、ドリンクが付くんです。アイスコーヒーでお願いします。アイスコーヒーは甘く無いので。
スープとサラダが先に来ました。コンソメスープとキャベツの千切り。
FullSizeRender
マスターお一人でマイペース営業。
ナポリタンを炒めて行きます。
しばし待てば登場。
FullSizeRender
絵に描いたような喫茶店のナポリタン。ちゃんと銀皿なのが嬉しい。
ハピオの基本形、炒めしっかり飛ばないタイプ。
チーズとタバスコはお決まりですよね。
熱々のナポリタンを頬張れば汗が流れてきます。見た目少なめかなと思いましたがどっこいボリュームあります。
マスターはカウンターでタバコに火をつけて一服。
常連さんもいらっしゃいました。
後から来られたコレも常連さんですかね、アイスコーヒー甘く無いのと注文。タバコをプカリ。
一気に平らげてアイスコーヒーをチビチビ。
さて雨も降りそうなので歯医者さんの近くまで移動しましょう。

2024/5/8

L

名物豚天そば 肥後一文字や(ひご ひともじや)

水曜半ドン、歯医者の前のお昼ご飯は神保町。
先日は向かいのカレーでしたが、今日は立ちそばにしましょう。
FullSizeRender
開け放たれたドアを入り左の券売機でコチラの名物、左上のボタン 豚天そば 400円をポチり。
FullSizeRender
ロット茹での狭間になった様で5分ほどお待ちくださいと言われしばし待ちます。茹でたてが いただけるのならいくらでも待ちますよ。
14時前と言う時間ですが、先客は5名。椅子席の方は避けて、スタンディングスタンバイ。
待っている間に気になった長ナス天がまだあるか聞いたところ売切れだって残念。
茹で上がりの蕎麦を水でしっかりと締めて、一人前に取り分けてテボで温めて、つゆを注ぎ、揚げ置きの豚天を載せてネギとワカメを散らせば出来上がり。
FullSizeRender
大きな豚天が主張します。
蕎麦は細身で茹でたてなのでコシもありとても美味しい蕎麦です。つゆもあっさりとはしていますが出汁感のしっかりあるコレも美味しいつゆ。
豚天は食べ応えありますね。つゆに柔らかくなった衣もイイ感じ。そこそこ厚みもあるので歯応え抜群。
ついつい完飲しそうになりますが、少し残してご馳走様でした。
FullSizeRender
やっぱりコチラの蕎麦は美味しいですね。
タイガースグッズと共にいただくお蕎麦です。

2024/5/8

蕎麦欲とタウリン補充 一◯そば

連休最終日身体が蕎麦を欲して、ばかぼん さんの大衆店営業情報で営業しているのを確認してこちらに。
一由そばからの暖簾分け。スエヒロを再開したあのレジェンドも今はこちらにいるとか。
FullSizeRender
先客は5名でほぼ席が埋まっていましたが、空いている席を確保。
FullSizeRender
口頭でお願いするのは、温かい太蕎麦小盛、ゲソ天と半紅で420円。現金のみの先払い。
FullSizeRender
太蕎麦を湯掻いて、つゆを張り、ゲソ天と半紅生姜天を載せてネギを散らして着丼。かき揚げBでも良かったかな。
FullSizeRender
つゆの色が少し淡くなりましたかね。それでいて出汁感はある美味しいつゆは相変わらず。
太蕎麦はコシも強く食べてる感が凄くあってイイですね。
ゲソ天は大粒のゲソがゴリゴリ。顎が疲れちゃうタイプ。
タウリン補充です。
途中に紅生姜天を挟みながら口の中をリセットしつつ。
後から中国人らしい男女が、日本語全然わかりません。バイトのベトナム人店員さんが英語で対応。英語メニューを見ながらの注文。希望のものは頼めたかな?
どんどんお客さんが入れ替わり立ち替わり。
更に後客の女性の方は手慣れた注文で持ち帰りでJKBも頼んでました。若いお姉さんの割にやるねw
ついついつゆも飲み干しそうになるのを堪えて、食器下げ口に返して、ご馳走様。
蕎麦欲が十分満たされました。
レジェンドはいらっしゃいませんでした。

2024/5/6

個人店の開店は嬉しい 和そば(かずそば)

水曜半ドン、昨年11月にオープンしたこちらに。
「ムサコ」は武蔵小山、武蔵小杉は「コスギ」なのにいつの間にかコスギのことをムサコって言う人が増えてるのは残念。
パルムGのアーケード内、駅から2分くらいですかね。
元は『三ツ矢堂製麺』をFCで営業していたオーナーが、光熱費の高騰もあり、独立して蕎麦屋を開いたそうで。
FullSizeRender
ガラス張りの正面、明るい店内と相まって入り易いお店になっています。
FullSizeRender
入口右の券売機はタッチパネル式。
向かいのムサコの人気店「とよんちのたまご」を使った卵かけご飯もありますがここは自重して。
かき揚げ天そば 680円をポチり、茄子天 100円もポチり。
FullSizeRender
購入するとオーダーエントリーで厨房に注文が飛ぶので、番号を呼ばれるまでしばし待ちます。
低いカウンター椅子席が3列、17席ほど用意されています。先客は、女性客2名。この雰囲気ならば女性ウケもありますね。
チラッと見えた麺箱には、嘉味庵のロゴの様に見えましたので、むらめんの生蕎麦を使用している様です。
生蕎麦なので茹で時間はかかります。茹で上がるとしっかりと水で締めてから、再び温めると言う手数をかけています。
天ぷらも注文受けてからの揚げてくれる様です。
さて番号を呼ばれたので取りに行きます。
受取口には、柚子胡椒とおろし生姜が、用意されているので、柚子胡椒を少し。
FullSizeRender
綺麗な細身の蕎麦、コシもあり生蕎麦ならでは味わいで美味しいですね。つゆは出汁の効いたカエシ弱めで、蕎麦に合ってます。
デフォで大根おろしが少し載っているのが嬉しいですね。
カウンターの七味唐辛子は気を付けないとドバッと出るので注意です。
天ぷらは別盛りになっています。拳くらいの大きさのかき揚げ天と茄子天は2切れ載ってますよ。
かき揚げ天はサクッと上がり、玉ねぎとニンジンの王道の組合せ。おやおや?中心部の衣は火が通っていないですねぇコレは残念。
茄子天は、100円で2切れとは大盤振る舞いの破格ですね。このご時世1切れで140円が普通ですよね。
茄子ラバーには嬉しい。こちらはちゃんと火が通り少しトロミも出てイイ感じ。
かき揚げ天そば680円は少し高めかもしれませんが、このご時世ですし致し方無いと思います。
やっぱり卵かけご飯食べれば良かったかなぁ…

2024/5/1

バナナの葉に包まれたお弁当 タップロボーン 南青山本店

テレビでスリランカカレーをやっていて美味しそうだったので、金曜カレーはこちらで。
南青山一丁目交差点近くのウィン青山ビルの1F。
FullSizeRender
このビルも1980年築で2010年に大規模修繕された賃貸オフィスビルですね。
FullSizeRender
こちらのお店は2011年にスリランカ宝石販売をしていたオーナーがスリランカ料理の店を始めて、今では門前仲町、神保町にも支店があります。
当然スリランカ大使館御用達。女優の石原さとみも絶賛のアーユルヴェーダスパイスを使用し動物性油を使っていない女性人気のお店です。
11時半の開店5分後に入店しましたが、先客2名、持ち帰り待ち1名。カウンターに席を取り何にしようかな。
FullSizeRender
カレーがチョイス出来るランチメニューやセット的なメニューもありますが、食べてみたかったのは、スリランカのお弁当。ランブライス 1800円をお願いします。
FullSizeRender
店員は皆さんスリランカの方々の様です。
FullSizeRender
先にスープが出てきますが、特にスパイスやアジア系の味はしないですね。しばし待てば、バナナの葉で包まれたランブライスの登場。
FullSizeRender
葉を留めてある爪楊枝を抜いて葉っぱを広げれば、7種類のおかずがライスの上に載っています。
香りがイイですね。
・ココナッツオイルとスパイスとターメリックで味付けされたバスティマスライス
・揚げ茹で玉子
・鰹節カレーリーフ玉ねぎを炒めたウンバラカダサンダル
・レンズ豆のドライカレー
・茄子キビナゴ赤ピーマン玉ねぎを煮込んだナスモージュ
・ピリ辛チキンカレー
・玉ねぎと鰹節を炒めたジーニサンバル
・デーツ パイナップル 玉ねぎ 人参 パプリカスパイスで煮込んだメレーピクルス
それぞれを一口ずつ楽しんでから、お兄さんに「ジェンブかき混ぜるオイシイ」と言われたので、混ぜ混ぜ。
一口毎に色んな味が広がってとても美味しいですね。
そこそこ辛さもあって少し汗が出ます。
ボリュームもあるのですが、植物油やアーユルヴェーダスパイスのためか全くお腹にもたれません。
FullSizeRender
こう言う料理を毎日食べていれば、健康状態も良くなりそうな感じがします。
食べ終わり12時を回ると次々と女性客が入店してきます。
スリランカ料理イイですね。

2024/4/26

天ぷらの山の上に雲がかかる 真そば 尾崎庵(まそばおざきあん)

今日は西東京市役所に爺さんの諸手続きをしに行って、妹を送りがてらの帰り道。
青梅街道かの有名店「中華 梁山泊」近くにある蕎麦屋さん。
駐車場も沢山あるので車で利用もOK。
FullSizeRender
11:40頃に入店しましたが、あれよあれよと言うまに満席に。タクうまでも紹介されて、芸能人の色紙も和多く飾られています。
FullSizeRender
皆さん頼まれているのはランチ 1300円。各種丼物にお蕎麦とお新香が付くタイプ。
たぬき丼ってなんだ?妹がチャレンジ。婆さんとカミさんはイカ天丼で。
FullSizeRender
FullSizeRender
私はご飯は要らないので天ざる 2200円をお願いします。
しばし待てば、たぬき丼登場。
FullSizeRender
あげ玉を椎茸とネギ、玉子でとじた丼でした。なかなか美味しそう。
FullSizeRender
イカ天丼も大きなイカの他に茄子、エリンギ、ピーマンなどが乗る豪華版。
蕎麦も普通盛りくらいありますね。
さて、天ざるの登場。
FullSizeRender
凄い、天ぷらの盛り上がった山の上に雲がかかっています、
蕎麦を揚げた物ですね。
海老、ピーマン、葱坊主、ぜんまい、人参、エリンギ、カボチャ、さつまいもなど盛り沢山。凄いボリューム。
葱坊主が何気に美味しいですね。
混雑時ですから油の切れは今一つ、懐紙が透けてしまうほど。
蕎麦は、細身でコシがあります。
今日の蕎麦は、茨城県猿島郡境町の常陸秋そば。
外ニのいちご蕎麦。店内の石臼で自家製粉。手打ちではなく60年ほど前の手打ちに近い味わいの出る機械打ちです。
この蕎麦がなかなか美味しい。
つゆはやや甘みを感じる出汁感のあるつゆですね。
天ぷらをつけると更に甘味が増して行きます。
蕎麦の量も普通の大盛りくらいありそうです。
最初は薬味のわさびが多めだなぁと思ったのですが、丁度載せて食べ進めると丁度良い量でした。
地元の方々や善福寺などを歩き回った方々など様々な人から親しまれています。
いや〜凄いボリュームでした。

2024/4/25

たっぷりな餡子は上品な甘さ 目黒ひいらぎ

学芸大学は小さくても色んなお店があって面白いですね。
碑文谷公園通りに面した和菓子のお店。
FullSizeRender

店頭にはおはぎの看板が出ています。
名物のたい焼き 200円を購入。
30分かけて焼いているそうです。
FullSizeRender

家に着いてもまだほんのり暖かい。
皮は流石に柔らかくなってしまいましたが、餡子が全身にびっしりと入っています。
この餡子が美味しい。甘さ控えめながら、粒がしっかり立っていてイイ感じ。上品な甘さです。これだけ量が入っていてもしつこさがありません。

カミさんは、紙に書いてあるように、レンジで30秒トースターで2分。パリッとして美味しくいただきました。

2024/4/24

原宿の伝説の店は今ここに 平均律

駅まで戻って急な階段を登り「珈琲と紅茶とバロック音楽」のお店。
FullSizeRender
原宿で1980年から10年立ち退きの為閉店された伝説のお店。
2001年に雰囲気を引き継ぎこちらに再開。マスターは7年前に亡くなられて奥様が営業されています。
引戸を開けると目の前にはカウンター席が8席ほど、足元には荷物置きのカゴが用意されています。先客は窓際のテーブル席でマダムのティータイムです。
奥様にカウンターにどうぞと言われて着席。
カウンターの上には手斧削りの古材(樹齢300年らしい)の飾り梁が主張しています。
店内は古民家再生の第一人者石川純夫氏が手掛けたもの。重厚でいて心地良い空間です。
カウンターの壁には数々のコーヒーカップが並びます。
FullSizeRender
お願いするのは、こちらの名物、ウインナーコーヒー 1000円とプリン 600円。
FullSizeRender
ところが、今日はプリンを焼いていないと言う事で残念。
目の前で制作過程が見えるのが良いですね。
細長いシャンパングラスにグラニュー糖を入れスタンバイ。
亡きマスターも開発に関わったと言うKONO式ドリッパーで丁寧に淹れたコーヒーを一気に注ぎ、ロングスプーンで少しかき混ぜ、溶け残りをスプーンの先で抑えて、砂糖とコーヒーの層を作ります。
残りの部分にややゆるめの生クリームを注いで、綺麗な3層になり完成です。
FullSizeRender
そのままかき混ぜないでお飲みくださいと言われ、グラスに口をつけて傾ければ、やや甘さのあるコクのあるコーヒーが口の中に広がります。
KONO式は円錐ペーパーフィルターで落とすのでネルドリップに匹敵する味が出るとか。
店内にはバロック音楽が流れて落ち着いた時間が流れます。この豊かな時間を味わっていたいですが、マダムのティータイムは終わる事を知らず…
もう少し窓際に近い方が、昭和初期に作られて原宿当時から移設されたステンドグラスも眺められて良かったかな。
ビル建て替えの為に再び閉店してしまうと言う事実を知り、次回はプリンがありますように。

2024/4/24

大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店

水曜半ドン、今日は帰り道と反対方向に学芸大学まで。
創業大正7年100年以上続くこちらの町蕎麦で。
学芸大学駅西口から商店街を抜け、碑文谷公園通りに面したビルの半地下になっている店舗。
FullSizeRender
階段のところには雨除けのアーチが付いてます。
店内は節電中なのですが、調度品が明るい色なので落ち着いた雰囲気。
FullSizeRender
先客1名、後客1名。
笑顔の素敵な花番さんにお好きなところにどうぞと言われて着席。
カウンター5席、4人テーブル席7つ。
豪快に店主手書きで書かれたメニューを見ながら何にしようかな。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
セットメニューが豊富で心を大きく惹かれますが、最近食べ過ぎなので自重して。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
とろろ、おろし、揚げ玉の欲張りこわけ 1100円にしようかなとも思いましたが、一押しの夏季限定の鱧天せいろ 1540円をお願いします。
ビルに建て替えられているので、大正年間から続く様な重厚感や老舗感はありませんが、垢抜けた店内は、永く地元に愛されているのがわかるお店ですね。
しばし待てば登場。
FullSizeRender
鱧天は4切れ、ピーマンとカボチャが付きます。
蕎麦は機械打ちだそうですが細身のコシのある蕎麦。一瞬雑な香りがしましたが水のせいでしょうか。
蕎麦自体は美味しいお蕎麦ですね。
つゆはカエシがスキッとしたキレの良いつゆで、このお蕎麦に合っています。
鱧天は、当たり前ですが鱧自体の味は淡白で、ピンク塩が用意されているので、付けて食べると丁度良い感じ。フワフワです。しっかり骨切りされているので柔らかいですね。
そろそろ食べ終わる頃に花番さんが蕎麦湯を持って来てくれます。蕎麦粉を溶いてあると言う、ややとろみのある蕎麦湯はそのままでも風味がありますね。
量もそこそこあるので結構お腹に溜まります。
お会計はPayPayで。クレジットカードは使えません。
美人姉妹の花番さんの気配りや動きが心地良く、それが地元に愛される大きな要因かもしれません。

2024/4/24

ラーメンストリートの新規TGS 米十(よねじゅう)

4月6日にプレオープンした堀切菖蒲園駅北側のラーメンストリートのハズレ、堀切5丁目交差点の近くの立ち食いそば屋さん。金曜カレーを求めて伺いました。「よねじゅう」と読むそうです。
FullSizeRender
なんでも松本の「手打そは庵 米十」の直営店とか。
12時半の入店で貸切。お客さん居なくてちょっと厳しそうですね。
ハイカウンターで立ち食いも出来るし、椅子もあります。
テーブル席も用意されています。
FullSizeRender
オススメはゲソ天そば、肉そば、かき揚げ天そばとの事です。口頭注文、現金先払い。
調理場は男性2人でオペレーション。
FullSizeRender
かき揚げ天そば 480円とカレーライス 280円をお願いします。開店当初は、カレーライスミニと名うっていたようですが、ミニが外れてます。
茹で麺を湯掻いて、揚げおきのかき揚げ天、ワカメ、ネギを乗せて出来上がり。
もう一人がご飯をよそりカレーをかけてこちらも出来上がり。
FullSizeRender
蕎麦はフガフガの茹で麺、割とライトな感じのつゆ。そうそう、立ち食いそばってコレでイイのよ、なお味。
かき揚げ天には、紅生姜も入ってアクセントになっています。小振りではありますが、ほぼ球状の食べ応えのあるかき揚げで美味しいですね。
手打ち蕎麦屋の直営店と聞いて蕎麦に期待しましたが、立ちそばに完全シフトの どストライクなTGS。
カレーライスは、聞いた通り普通サイズよりも多めですね。半分サイズでも280円で十分ですよね。
お味は蕎麦屋のカレーというほど出汁感はありませんが、そこそこ辛さもあり、ニンジンが大きめに入っていて、これはこれで美味しいですね。正に金曜カレーと言った味でしょうか。
お腹パンパンになってしまいました。
夜は松本の日本酒が飲めるようで、居酒屋的な展開も考えているのでしょうか。

2024/4/19

食事メニューも豊富 喫茶、(きっさてん)

美味しい珈琲が飲みたいと婆さんが言うのでお気に入りになった東伏見駅近くのこちらに。
丁度昼時店内ほぼ満席ですね。ホールスタッフも一人で大変そう。
ランチメニューを見て食事もすると言い出して。
婆さんは具だくさんのシチューセット 1580円、カミさんはチキンライス 990円、私は「きっさてんのナポリタン」 1040円。
セットのドリンクは、婆さんとカミさんはソフトブレンド、私はストロングブレンドを。
食事メニューを待っていると、先日売り切れていたプリンを食べると言い出して注文。
先にプリンとコーヒーをもらいます。
FullSizeRender
プリンは四角の硬めタイプ。ボディはとても滑らかで、クリームチーズのような まったり感もあります。美味しいですね。
珈琲はサイフォンなので、風味が良くとても美味しい珈琲です。ストロングブレンドは苦味もしっかり、目が覚めるようなストロング感。
食事メニューも来ましたよ。
シチューは、ビーフ、ジャガイモ、人参、マッシュルームがゴロゴロと入ります。見た目と違ってあっさりとしています。少し期待外れかな。しつこく無いので重く無いのは良いですね。
チキンライスはやっぱり玉子で包んでオムライスにして欲しかった…
FullSizeRender
店名を冠したナポリタンは、名前の通り昔ながらの喫茶店のナポリタン。ベーコンソーセージのWミート、オニピーナス。炒めはやや弱め、ソース多めなので飛んじゃうかもタイプ。
お腹もいっぱいになったので帰るとしましょう。

2024/4/18

本に囲まれながら 神保町ブックセンターカフェ

歯医者さんまでの時間調整も兼ねてこちらのプリンをいただきに。
FullSizeRender
岩波書店アネックスビルの神保町ブックセンター内のカフェです。
席を確保してから、入口のレジで先注文。
お願いするのは、プリンと、アイスコーヒー。セットで1100円。
周りは本棚に囲まれて、落ち着いた雰囲気。
片側の壁面には、岩波文庫、岩波新書が壁一面に並んでいるのは圧巻です。
しばし待てば登場。
FullSizeRender
小さめの銀色の丸ポートに乗って、四角いプリンが2段重ね。生クリームに、チェリーと懐かしの可愛さ。
本をイメージしたであろう四角のプリン2段重ねにしても崩れない硬さ。凄く硬いです。スプーンがなかなか入らないほど。
上段は生クリームで、下段はカラメルで味変も楽しめます。
アイスコーヒーは、苦味しっかりのサラッとしたタイプ。プリンに丁度合いますね。
店内にはリズミックなジャズが流れて良い感じです。

2024/4/17

仙台で牛タン 仙臺(せんだい)

水曜半ドンの歯医者さんまでの昼食は、身体はお蕎麦を欲しているので肥後一文字屋でも良かったのですが、向かいのこちらで。
FullSizeRender
カレー激戦区で頭角を表す欧風カレーのお店。
店内は17席のハイカウンター椅子席。
先客は2名。
FullSizeRender
お願いするのは自慢の牛たんカレー 850円、ご飯半分で。
先客はチキンカレーなのでちょっと時間がかかってますが、こちらの牛たんカレーは直ぐに登場。
FullSizeRender
カウンターに置かれた福神漬を乗せていただきます。
黒い煮込まれた欧風カレー。カレーの中には牛タンがしっかりとゴロゴロ入っています。
デミグラスソースを思わせるカレーは見た目ほどしつこさが無く、重さはありません。後から辛さがホワッと来ます。野菜などが溶けこんだコクのあるカレーですね。
牛たんはスプーンで切れるほど柔らかく、このお値段の割に、一切れの大きさもあり、ゴロゴロと入っていて嬉しいですね。
ご飯半分でもそこそこの量があります。半分にしてもらって良かった。
お昼ピークを過ぎたので、岡山名物のえびめしでも良かったのですが…
FullSizeRender
オムライスやハヤシライス、ロースカツやハンバーグのトッピングも試してみたくなりますよね。

2024/4/17

地元の方のオアシス カフェ イーリス

ばりこてで博多ラーメンを食べた後、まだ時間があるので、東高円寺駅方面に戻る途中に佇んでいたカフェ。
FullSizeRender
間口も狭く、扉を押して入ろうとすると、若いマスターが扉を開き、足元の段差に気をつける様に誘ってくれます。
狭い店内、先客は奥に2名。お好きなところでどうぞと言われるので、4人席2つに3人席1つ、カウンターは1席しかなかったので、3人席に、着席。
店内は落ち着いた昔ながらの珈琲専門店と言った趣き。
FullSizeRender
メニューは、
浅煎り:キリマンジャロ
中煎り:ブラジル、モカ
深煎り:マンデリン
ストレートコーヒーとアイスコーヒーは500円、ブレンドは480円とお手頃。
ウインナー、オレは 520円、カプチーノ 580円。
ココア、紅茶、オレンジジュースなども用意されています。
トースト3種のみの、軽食。シンプルなメニュー構成です。
表の看板に今日のサービスはブラジル 480円と書いてあったので、ブラジルをお願いします。
FullSizeRender
しばし待てば丁寧に淹れたコーヒーの登場。カップはウェッジウッド。ブラジルは、口当たりも良く、酸味と苦味のバランスが良いのはブラジルの特徴。爽やかなナッツ系の香り。
美味しいですね。
後から常連の方達が来られますが、マスターと地元話題を交わしています。地元の方々の、ちょっとした休憩スペースと言う感じでしょうか。
若いマスターの丁寧な接客と仕事ぶりに癒されるお店ですね。取材は断っているのでしょうか、検索しても情報がほとんど出て来ません。

2024/4/10

ギャラリー
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • 路地裏の行列店 BASO表参道(ばーそー)
  • カリふわが旨い MELON PAN 802 石神井メロンパン
  • カリふわが旨い MELON PAN 802 石神井メロンパン
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ