青砥からの帰り道、日暮里乗り換えならば、もう一杯食べてくかと、途中下車。

何処に行こうか考えますが、駅近のこちらに。
FullSizeRender

先客3名。
奥のお兄さん気付いてくれません。ピークも過ぎて一段落。何か作業をしているようです。あっイラッシャイマセ〜

蕎麦半分でゲソ 330円。相変わらず安いですね。かけ 200円は都内最安値でしょうか。亀島も上がっちゃったし。

着丼。
FullSizeRender
最近の六文は、つゆがマイルドになりましたよね。色も薄め。人形町のつゆに似てますかね。
昔の暗黒汁も懐かしいけど、ガツンと来ない分出汁感があります。
蕎麦は、興和物産の茹で麺。イイ感じの柔らかさと喉越しが同居してます。
ネギたっぷりも嬉しい。

六文と言えば、ゲソはガッツリ衣もしっかり、カリカリに揚がってます。ガブリと行けば、熱々のつゆがじゅわ〜大振りなゲソがゴロゴロと歯応えバッチリ。
やっぱり六文のゲソは美味いね。なんか荒々しくて食べ応えがある。

しかし日暮里界隈の方は、立ちそばの良いお店がいっぱいあってイイですよね。
さて、もう寄り道せずに帰るとしましょう。

2021/2/10