けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

神保町・神田・秋葉原・浅草橋

安定の人気路麺 天亀そば


神田2軒目は、お母さんの顔を見に行かなくちゃとこちらに。
FullSizeRender
狭い店内先客3名、1名と入れ替わりです。
調理場ではお母さん2人体制で、一人は賄い中。​
蕎麦半分で春菊天 420円をお願いします。
FullSizeRender
やや暗黒感のあるつゆは、​濃口でスッキリとしています。
蕎麦はむらめんの茹で麺。柔らかめで立ちそばの基本の味ですね。半分でも結構多いですよ。
春菊天は、密生タイプ。解して食べれば苦味があって美味しいですね。
おまけはなんだろう香りもあるし…

あと客もどんどん。
安定の路麺は、目の前にハザード​出してるタクシーやなんと大型トラックまで。人気のお店ですね。

2021/3/24

二毛作の新店舗 立ち喰い蕎麦 酒処 一久

今日は神田で蕎麦活。
昨年末オープンした、昼は蕎麦、夜はバルと言うお店。
FullSizeRender

L字のカウンターにハイチェア8席ほど。
壁際にも2人席が二つ。先客は1名
FullSizeRender

口頭注文。蕎麦半分で、茄子天をお願いします。
FullSizeRender

ご主人ちょっと悩んで、丼物のミニそば 200円で対応してくれる様です。茄子天付けて 290円。
FullSizeRender

天ぷらは注文受けてから揚げてくれました。かき揚げは揚げ置きでありましたが。
つゆも一杯毎に温めています。
FullSizeRender

さて出来上がり。
茄子天は横半分に切ってあるので食べ易いですね。揚げたてなので熱々で火傷しそう。
つゆは、鰹節香るだしの効いたスッキリタイプ。美味しいですね。
蕎麦は生麺でしょうかロットで茹でているようです。コシもそこそこでイイ感じ。
FullSizeRender

香りの良い出汁が美味しいそばでした。
ゲソ天も新メニューに据えて、ゲソ天そばに、ゲソ天丼。
冷やしも始めたようですね。
丼物は、タレも選べるようですね。

このご時世、二毛作も大変でしょうね。

2021/3/24

2月22日オープン 清水や

2月22日にオープンしたこちら。
立ち食いそば名店の居並ぶ激戦区に。

表のスタンド看板に001って入っているから多店舗展開するのか話題になってる店。
FullSizeRender

店内先客2名。
右手にカウンター椅子席5席。
左に立ち席カウンター4席ほど。アクリルパーテーションで区切られています。
FullSizeRender

入口右の券売機でかき揚げそば 440円をポチり。
奥の厨房に券を出して蕎麦半分でお願いします。

立ち席にスペースを確保して出来上がりを待ちます。茹で場が影になっているので、蕎麦の確認が出来ません。

しばし待てば出来上がり。上に載せるか別盛りか聞かれますので乗せてもらいます。
FullSizeRender

小振りですが厚さはあるのでポール状に近いかき揚げ。
つゆは色は薄め、スッキリとした出汁を感じる味は、控えめですね。
蕎麦は、やや細身でそこそこ喉越しもあります。
かき揚げは玉ねぎ主体の野菜かき揚げ。
天ぷらの油が回るとつゆもやや甘めに振れて行きます。

特に特徴的なところはありませんが、バランスは取れている一杯です。

2021/3/16

昭和遺産でノスラー 栄屋ミルクホール


昭和の看板建築。銅板はとうに緑青で覆われています。ミルクホールの白い暖簾がはためきます。
FullSizeRender

ガラスの大きな引戸は、換気のために開け放たれて、入口にはアルコールスプレー、店内はテーブルにアクリルスタンドが設置され、コロナ対策中。
椅子も減らされ、4人席を2人で使う様に間隔も開いています。テーブルは6なので本来ならば24席ですが、半分の12席になっています。
FullSizeRender

注文の半分は、ラーメン&カレーセット 1000円。
私もそれをご飯半分でお願いします。
紙ナプキンの上にスプーンが置かれます。

先にカレーが出てきます。ご飯半分なのにあんまり変わらなくてごめんねとホールのお姉様に謝られます。
FullSizeRender

やや黄色いもったりとしたカレー。甘辛でこれはクセになる味ですね。ある意味懐かしい家庭のカレー味。赤い福神漬けとのコントラストも綺麗ですね。
ペロリと食べ終わりしばし待つと、セットのラーメンが着丼。
FullSizeRender

シンプルです。トッピングは、チャーシュー、支那筍(メンマ)ほうれん草、ネギ。
スープは、鶏ガラの東京ラーメン。透明なスープは、奥行きがあって美味しいですね。カエシは控えめでその分出汁が出ています。
麺は浅草開化楼の中細麺、少しウェーブしていてスープと良くからみます。
チャーシューは、ホロリと崩れます。
支那筍が特別ではないのですが美味しい。
ノスラーの基本というラーメンですね。

ドンドンとお客さんは入れ替わり、女性の方はカレーを頼む方が多かったですね。
13時過ぎるとご飯系は品切れになる可能性があるので、確実には13時前の方が良いでしょうね。私の退店した13:20頃には、あと4つと言っていましたから。
営業時間も短くなり、平日のみの11時〜14時とこちらもハードル高いお店ですね

2020/11/30
栄屋ミルクホール
ジャンル:ラーメン
アクセス:都営新宿線小川町(東京都)駅A1口 徒歩1分
住所:〒101-0046 東京都千代田区神田多町2-11-7(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 神田×ラーメン

創業大正3年 八ッ手屋


途中下車して大正3年創業のこちらに。
建物は戦後の建物ですが趣がありますね。
FullSizeRender

引戸をガラリと開けて、入口右で、口頭注文先払いです。
FullSizeRender

天丼が、中 800円と、上 1100円。天重箱 1450円、天ぷら定食 1800円。
上をご飯軽めでお願いします。
テーブル席は、4人席5つに6人席。後は小上がりですね。先客は3名でしたが、バラバラとテーブル埋まりましたね。お弁当を頼みに来た若いカップルも。
FullSizeRender

昭和感の店内は落ち着いていて何故か気持ちが和みます。
揚げ場にはご主人が構え、ご飯と盛り付け担当お姉さん、配膳とホールのおばちゃんの3人体制。
開業時4人で始めたから店名を八つの手としたとか。

さて登場。
FullSizeRender

海老2本、インゲン、イカのかき揚げ。
胡麻油で揚げられた江戸前の天婦羅。
タレがやや辛口で天婦羅はつゆをくぐっていますが、サクッとした部分も残り胡麻油とあって美味しいですね。海老はプリッとしています。インゲンの歯応えが良いですね。イカのかき揚げはゲソ天ではなくちゃんと身が刻まれています。
ご飯に適度にかかったタレがいい塩梅。良くびちゃびちゃの店がありますが、こちらはそんなことは無い。
ご飯軽めでもしっかりお腹にたまります。

さて移動しますか。

2020/11/24

ギャラリー
  • 喫茶店でナポリタン 小野珈琲
  • 喫茶店でナポリタン 小野珈琲
  • 喫茶店でナポリタン 小野珈琲
  • 喫茶店でナポリタン 小野珈琲
  • ビルの奥の老舗 とりかつチキン
  • ビルの奥の老舗 とりかつチキン
  • ビルの奥の老舗 とりかつチキン
  • 区役所で蕎麦 渋谷ハチ公そば
  • 区役所で蕎麦 渋谷ハチ公そば
  • 区役所で蕎麦 渋谷ハチ公そば
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ