けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

浅草・上野・御徒町・浅草橋・台東

創業明治22年 土手の伊勢屋

最近はさほど並んでいないとの情報を得てこちらに。確かにインバウンドの姿はありません。
FullSizeRender

11時50分で並びは10人。最初の方々がそろそろ帰る時間帯。30分も経たずに中に入れました。
入口直ぐのテーブルで相席。
FullSizeRender

相席の方は熱燗で楽しまれてますね。お酒解禁になったので、また混み始めた様です。
FullSizeRender
FullSizeRender

お願いするのは天丼。乗るネタの数によってイロハと分かれます。天ぷらご飯も良いかなと思いましたが、それなら飲みたくなってしまうので、天丼 ハ 2800円をお願いします。味噌汁はこちらは別料金。みそ腕、なめこ腕、お吸い物どちらも200円。
あっ、ご飯半分でお願いします。

揚げ場からは香ばしい胡麻油の香りが漂い、食欲を刺激します。
FullSizeRender

入口の席なので、あまり店内を観察することは出来ませんでしたが、登録有形文化財に認定された建物は、関東大震災で消失したので昭和2年の建設。趣のある建物と意匠。
創業は遡る事明治22年と大変歴史のあるお店。

さて、登場。
FullSizeRender

大きくはみ出す穴子、海老、キス2本、蓮根、獅子唐、茗荷、イカと小エビのかき揚げとガラリと揚がった天ぷらが聳えます。
甘過ぎず辛過ぎずのタレはちょうど良い感じ。これはご飯をバクパクと食べてしまう危険な味。半分にしてもらって良かったw
箸が止まる事なくドンドンと食べ進んでしまいます。
キスは開かないこだわりの揚げ方。ご主人曰くマルの方がフワッと感がしっかり出るからとの事。
こだわるネタと揚げ方にお値段も納得です。

やっぱり電車で来て一杯やれば良かったかなぁ。

2021/10/29

昭和の風情 一八

13時半を過ぎたので、京島の寅さんは中休み時間、六区の翁そばはお休みだったので、路地を曲がってこちらに。
FullSizeRender 
お母さんワンオペ。
カウンターに3人も並べばいっぱいのお店。その昔ビートたけしも通ったという立ち食いそば屋さん。
14時前なので貸切です。

FullSizeRender 
カウンターの上に綺麗な字で書かれた札が並び、何にしようかな。

天ぷらそば 450円を蕎麦半分でお願いします。
おつゆはどうする?って聞かれるので普通でお願いします。
あっ、卵 50円も付けてください。
カウンターのカルトンに500円玉を置きます。
茹で麺の袋麺を半分に切りテボで湯掻いてくれます。
湯掻いた麺を入れ、揚げ置きの天ぷらを乗せ。小鍋で温めたつゆを注ぎ、ネギをたっぷりとのせて完成。
FullSizeRender
蕎麦は茹で麺ですから、正に立ち食いそば王道の味。
つゆは、色は薄めですが、結構塩辛い。
大きな天ぷらは、蒲田の閉店した「みよし庵」を彷彿とするペラ天です。
なんとも立ち食いそばの王道の形。

向かいのへその店は建替えられてビルになってますが、この路地の風情は、こちらのお店が守っていますね。

さて帰るとし​ますか。

2021/10/22



懐かしい黄色いカレー ニューダイカマ

金曜日はカレーの日ということで、白い暖簾にカレーの店の書かれた、昭和感あふれるこちらのお店に。
FullSizeRender 
13時ということで、先客は多分ご常連でしょう高齢の男性がお一人。新聞を丁寧に読まれています。
ご高齢のご主人は厨房で座ってテレビを見ています。
FullSizeRender
アクリル板の設置されたカウンターに陣取り、お願いするのは、カツカレー 900円、ライス半分で。
カツを揚げるのは、息子さんでしょうか、外から帰ってきた男性に声を掛けます。
モヤさまでも言われた通り「お手洗い」のプレートがかかる扉の中に右はトイレの扉、まっすぐにはもう一つの調理場(恐らくは自宅部分)で揚物をしているようです。
しばし待つと、奥から声がかかり、ご主人がご飯をお皿に盛り付けの準備を始めます。このくらいでイイですか確認されます。
奥から揚がって切られたカツが、あの扉から出てきて、オンザライス。お兄さんが運んでくれました。
ご主人は、グレービーポット​に温めたカレーを注ぎます。
FullSizeRender
カツは縦にも包丁が入っているので食べやすい大きさです。
厚さこそありませんが、カリッと揚がった揚げたてのカツは美味しいですね。
カレーは、昔ながらの小麦粉​が効いた粘度の高い黄色みが強いカレー。
辛さはさほどありません。溶けたジャガイモと玉ねぎの甘さが後ろに。
FullSizeRender
卓上には、ラッキョウと​福神漬が置かれ、ソース、醤油、タバスコもおかれています。途中で、少しソースをかけて味変。一段と懐かしい味になりました。

何故ニューダイカマなの​かと言えば、隣の「大釜本店」がお兄さん、こちらがカレーで弟さんが始めたお店とのこと。だからニューなんですね。なのでメニューにはありませんが、ラーメンを頼めば隣から出前してくれますw

さて雨もやや小ぶりになったので移動しましょう。

2021/10/22




また一つ昭和が去っていきます 日よしや(閉店)

9月末で閉店してしまうとの情報でこちら。
FullSizeRender
林家正蔵一門が贔屓にしていることもありメディア取材も多い町蕎麦です。浅草で創業、根岸に移転してきたのが昭和26年とのこと。

FullSizeRender 
お店には蔦が絡まり緑に囲まれて鬱蒼としていてイイ味出してます。
昼時ということもあり、テーブルは満席。地元の方々がお好きなものを注文されています。
カウンターに席を確保。

FullSizeRender
FullSizeRender
メニューのアクリルケースも もうバリバリw
壁にかかる札も年季が入ってますね。林家一門の色紙もしっかりと飾られています。

FullSizeRender 
蕎麦、うどん以外にも、中華そばやタンメンなどの中華メニュー、牛丼、マーボーなす丼などのメニューもカツ丼や親子丼と共に並んでいます。一品料理もありますが、酒類提供無しですからちょっと寂しい。

お願いするのは、カレー南蛮そば、少な目で 750円。チーズは自粛。
調理場は昼時ということもありバタバタとしています。

しばし待てば、カレー南蛮の登場。
しかし、どこの町蕎麦でもカレー南蛮って、なんで なみなみにつゆが注がれているんだろう。
FullSizeRender
細身の蕎麦が美味いですね。熱さに負けていません。
カレーは何故か懐かしい味。こげ茶のとろみがイイ感じですね。熱々なので火傷注意です。
ネギと豚肉が入っていてカレーの辛さはさほどではありませんが、後でスパイシーさが迫ってくるタイプ。
伸びないように一生懸命啜ろうとするのですが、熱々なのでなかなか進みません。そうは言ってものんびり食べてはいられないので、先に出てきたカレーうどんの方を追い越して食べ終わります。

後から来た方は「やたがいカレー」を頼まれる方が2名。
カレー丼(カレー南蛮とほぼ同じこげ茶のカレー)と普通のカレー(黄色いカレー)が あいがけになっている、常連客が注文しだした、こちらの名物を頼んでいらっしゃいますね。
私もそれ行こうかとは思ったのですが、糖質制限ということもあり…

歴史のある町蕎麦がひっそり​と無くなろうとしています。下町の景色もどんどんと変わって行きますね。

2021/9/17




2月22日オープン 清水や

2月22日にオープンしたこちら。
立ち食いそば名店の居並ぶ激戦区に。

表のスタンド看板に001って入っているから多店舗展開するのか話題になってる店。
FullSizeRender

店内先客2名。
右手にカウンター椅子席5席。
左に立ち席カウンター4席ほど。アクリルパーテーションで区切られています。
FullSizeRender

入口右の券売機でかき揚げそば 440円をポチり。
奥の厨房に券を出して蕎麦半分でお願いします。

立ち席にスペースを確保して出来上がりを待ちます。茹で場が影になっているので、蕎麦の確認が出来ません。

しばし待てば出来上がり。上に載せるか別盛りか聞かれますので乗せてもらいます。
FullSizeRender

小振りですが厚さはあるのでポール状に近いかき揚げ。
つゆは色は薄め、スッキリとした出汁を感じる味は、控えめですね。
蕎麦は、やや細身でそこそこ喉越しもあります。
かき揚げは玉ねぎ主体の野菜かき揚げ。
天ぷらの油が回るとつゆもやや甘めに振れて行きます。

特に特徴的なところはありませんが、バランスは取れている一杯です。

2021/3/16

ギャラリー
  • 十割蕎麦押出製麺 そば処呑み処 つつみ
  • 十割蕎麦押出製麺 そば処呑み処 つつみ
  • 十割蕎麦押出製麺 そば処呑み処 つつみ
  • 十割蕎麦押出製麺 そば処呑み処 つつみ
  • 十割蕎麦押出製麺 そば処呑み処 つつみ
  • お弁当も人気 みのがさ 本店
  • お弁当も人気 みのがさ 本店
  • ビビンバを求めて 焼肉 平城苑 大泉学園店
  • ビビンバを求めて 焼肉 平城苑 大泉学園店
  • パンパンに膨らんだ牡蠣 よし房 凛
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ