けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のオジさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

有楽町・日比谷

交通会館の主 ローヤル

交通会館の地下商店街にビル開業時1965年から営業する老舗レトロ純喫茶。
FullSizeRender
入口には、しっかりと食品サンプルが並びます。
FullSizeRender
裏の入口(閉鎖中)の脇のサンプルは色褪せちゃってますが、正面は綺麗になってます。
FullSizeRender
大箱です。100席クラス。
昼時ということもあり、ほぼ満席です。
白ワイシャツに蝶ネクタイの皆さん年配のウエイターさん達。
殆どの方がランチを召し上がってますが、先程カレーを食べたので、喫茶店のプリンをセットで 1400円。
FullSizeRender
店内は昭和レトロな佇まい。天井のRを取った飾り縁からして今はなかなか見ることができません。
店内禁煙ですが、喫煙ブースが用意されています。

さて登場。
FullSizeRender
割と大きめのプリンには、ホイップクリームとイチゴ。カラメルソースは、しっかり固めてあるので周りにはありません。
硬めですが滑らかさがあり、ややねっとりした感じ。固まったカラメルは苦味は少なめ。美味しい。
ホイップクリームとの相性がイイですね。
セットのブレンドコーヒーは、マシンで淹れてた大量落としの味。熱々です。火傷しそうなくらい。個別に小鍋で熱しているのでしょうか。ちょっと香りは飛んじゃってます。
有楽町、「マーブル」から「ローヤル」への韻を踏んでの移動でした。
お昼時の掻き入れ時、あまりのんびりせずに退散しましょう。

2023/6/2

ビル建替えで秋に閉店 マーブル(閉店)

有楽町ビルの建替えのため、10月13日で閉店となってしまうこちらで金曜カレー。
FullSizeRender
創業は有楽町ビルヂング開業時の1966年。
カウンターのみの11席。
FullSizeRender
11:20の到着ですが既に満席。と言っても回転は良いので殆ど待ちません。
FullSizeRender
メニューは、インド、ラム、ビーフ、チキン、ハヤシライスの5種類。結構細かなリクエストにも応えてくれます(ルー大盛、福神漬け抜きなど)
東南アジア系の日本語の堪能な元気なお姉さんに待っている間に注文を聞かれます。
ラムカレー 950円ご飯半分、ゆで玉子 50円をお願いします。
直ぐに席が空き案内されます。
ナプキンで包まれたスプーンがイイですよね。
さて登場。
FullSizeRender
ご飯半分でもボリュームあります。
キャベツの千切りが載っているのがこちらのスタイル。金沢カレーなんかより早くキャベツ載ってたんじゃ無いかな。
カレーを一口。スパイシー感は強くは無いのですが複雑な味。後から辛さがやって来ます。美味しいカレーです。
ゴロゴロ入ったラム肉は臭みも無くスパイス感とよく合ってます。
千切りキャベツは、ほんのり酸味があります。リンゴ酢に通しているとか。なのでカレーと混ぜて食べると、また複雑な味になり美味しいです。
FullSizeRender
となりのカウンターが空いて、おや?と思っていると、3人客を並べて入れるためでしたね。
さて、サッと席を立ちましょう。
FullSizeRender
外待ちは5人ほどになっています。
丸の内勤務だった20数年前頃にはお世話になったお店。また一つ老舗がなくなってしまいます。1階のストーンも閉店ですかね。

2023/6/2

※ビル建て替えのために2023年10月13日にて閉店

ノスタルジックな中華 慶楽(閉店)

今日は社会科見学で、新規オープンした日比谷ミッドタウンを見学。飲食店は、おばさま達で占拠され長〜い列が出来ています。

そうそう、オジさんは、ガード脇懐かしのこちらのお店で。

FullSizeRender

相変わらずガタゴトうるさい自動ドアを開ければ、おばちゃんいつもの様に中国人の若い店員さんを責めてますね〜w

厨房の人が足らないらしく、料理が出るのが遅くなるって来店する人に説明してんだけど、言ってることがよくわかんないw


入口近くの席に相席で着席。

メニューは、昔のままでもうボロボロ…

FullSizeRender

焼そばにしようか悩みましたが、結局の所は炒飯ランチ 1230円。選べるおかずはカニ玉をチョイス。

お昼時だんだん込んで来ましたね。常連さんも沢山。


しばし待てば、炒飯ランチを登場。

FullSizeRender

炒飯は、ラグビーボール型に盛られてます。しっとり系の炒飯は、基本的なお味ですよね。

カニ玉はトロトロに仕上がってます。

牛肉と青菜は味噌炒め。ザーサイは定番の味ですね。

ボリュームはたっぷりでお腹いっぱいです。


まぁ懐かしいだけで、味も落ちて、ごく普通の街中華になってしまい、コスパは悪いですね。

オジさん達にとってのノスタルジックなだけのお店になってしまいました。


2018/4/10


慶楽
ジャンル:広東料理
アクセス:東京メトロ日比谷線日比谷駅A2口 徒歩2分
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-2-8 慶楽ビル(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 有楽町・日比谷×広東料理

まだん

今月末で退職する方と最後に飲みましょうと。なかなか空いている所もなく、怪しげなインターナショナルアーケードの奥にある、こちらの韓国料理のお店に。
ナムルやキムチを手始めに、海鮮チヂミや、韓国冷奴、プルコギにだし巻き卵。
ここの料理は、クセがなく、脂っこいこともなく、いい味なんですよね。
二人で食べるにはちょっと多めの量ですね。4人位でワイワイやるのが良いですね。
マッコリもいただいて、オモニに「カオ真っ赤だヨ〜〜」と笑われながら、楽しく飲みましたよ。

新しく起こす会社、頑張ってね。

2015/9/16

とんかつ あけぼの

14時回っての昼ご飯。
どこもラストオーダー終わってますね。こういう時には交通会館。中休みがないので便利ですね。
さて何にしましょうか。ひょっとこは、この時間でも相変わらずの行列に。
交通飯店のチャーハンもいいなぁ。
お腹がすごく空いたので、揚げ物行っちゃいますか…
この間は、大正軒だったし、カツ丼食べたくなってきたから、隣のこちらに。
カウンターは、まばらですね。
この時間は、ヒゲの弟さんとお姉さんの二人で回します。
カツ丼!ご飯半分で…980円。

待つ間にポツリ、ポツリと席が埋まっていきますね。
さて着丼。ご飯半分なので、カツ煮が下に下がってしまい、ビジュアル的にはダメですかねw
熱々のカツ丼をハフハフとかき込む快感。
肉厚なカツと半熟玉子。少し甘みのあるタレがたまらないですよね。
ご飯半分でもお腹がいっぱいです。
満足度高いお昼でした。

2015/9/14

あけぼの
ジャンル:とんかつ
アクセス:東京メトロ有楽町線有楽町駅D8口 徒歩1分
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 有楽町・日比谷×とんかつ(トンカツ)
ギャラリー
  • 黒川紀章設計の信用金庫の建物 かすたねっと
  • 黒川紀章設計の信用金庫の建物 かすたねっと
  • 黒川紀章設計の信用金庫の建物 かすたねっと
  • 独自路線で生き残る 丼太郎
  • 独自路線で生き残る 丼太郎
  • 独自路線で生き残る 丼太郎
  • 緑深いお庭を眺めながら 明治記念館ラウンジKINKEI
  • 緑深いお庭を眺めながら 明治記念館ラウンジKINKEI
  • 小振りな美味しいプリン SENDAI-Kaffee
  • 小振りな美味しいプリン SENDAI-Kaffee
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ