けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

新宿・高田馬場・大久保・代々木

24時間年中無休 コーヒーショップ クール

歌舞伎町TOHOビル、あの話題のトー横を抜けた突き当りの老舗コーヒーショップ。24時間営業、年中無休で昔から続くお店。
FullSizeRender
1階の磯丸水産は閉めちゃったのね。
2階の店内は愛煙者でいっぱい。
煙モクモクです。
FullSizeRender
フードメニューも充実。ハンバーグやカレー、ピラフ、ポークジンジャー、ナポリタンもあるんですが、お腹はいっぱいなのでちょっと我慢。チョコパフェも良いなぁ。
FullSizeRender
お願いするのは、コーヒーフロート。
ただのアイスコーヒーじゃ無くてこんなのがイイですよね。
FullSizeRender
お手本通りのコーヒーフロート。
ちょっとカーブした足付きのグラスがなんとも言えません。
しばらく放っておくとアイスの下が凍るんですよね。

さて、タバコは吸わなくなって随分と年月が経つので、少し辛いので退散しましょう。

2022/6/23

7月末で閉店 吉田屋

朝昼は、立ち食い蕎麦、夜は寿司の二毛作店。
幸寿司の看板が目立ちますが、立ち食い蕎麦は吉田屋。ご家族で営業されてますから、難しい事はいいんです。
創業は昭和51年。なんと7月末で閉店してしまうと言う話を聞いて。
FullSizeRender
今日は女将さんいないですね。娘さんかな?とおじいちゃんでオペ。
女将さんの旦那さんは大井町でやはり二毛作のお店をやっていると言う稀有なご夫婦。
先客は3名。
椅子は表に出されて、カウンターには立ち食い蕎麦用の台が置かれています。
FullSizeRender
蕎麦半分で、天玉を願いします。あ〜味玉にすれば良かったかな。
茹で麺を湯掻き、つゆを注ぎ、仕入天ぷらを乗せて卵を割り入れれば完成。
FullSizeRender
懐かしさも覚える、フガフガの茹で麺がなんとも言えない味。
色は濃いですが、スッキリした、ほんのり甘みを感じる出汁感のあるつゆとマッチしてます。
天ぷらは仕入と聞きますが、ヘナっとポテッとしたどちらかといえば、ヘナ天が、実に立ち食い蕎麦らしさを出しています。

区画整理で取り壊しとのことですが、そんなにしてまで、交通量や利便性が上がる開発なんでしょうかネ。

夜の寿司も食べてみたいですね。

2022/6/23

笠置系のFC店舗 だるまそば 西新宿支店

今日の半ドンは、新宿でお昼。
笠置そばのFC系列、赤羽にあっただるまそば本店はもう無く、だるまそばは、こちらだけに。
FullSizeRender

たばこ屋さんの始めたFC立ち食いそばと言う立ち位置でしょうか。入口左に狭い喫煙スペースさえありますよ。
FullSizeRender

セット物も多く、入口左の券売機もボタン沢山。
FullSizeRender

ミニ豚生姜丼セット 630円をポチり。
厨房のお姉さんに、冷たい蕎麦半分、ご飯も少なめでお願いします。
蕎麦はお姉さん、ご飯はオジサンの担当。
オジサンは弁当の販売や揚げ物などもこなしている様ですよ。
生蕎麦の茹で置きをキチンと重さを測って茹通し、水で締めます。
器は冷蔵庫で冷やしてあるのが手間かけてますね。
器の隣の大きな醤油のボトルに入った冷したつゆを注ぎ、ワサビを乗せて、ネギを散らせば出来上がり。
茄子天があったのでお願いします 80円。現金払い。
オジサンのよそってくれた丼に豚バラ肉を乗せて完成。
FullSizeRender

椅子も設置されたカウンターでいただきます。
先客は3名、後客3名。13時半を回っているので落ち着いた店内。

蕎麦は笠置系の少し田舎風のもの。冷しなのでコシもしっかりあり喉越しもイイですね。
つゆはスッキリとしてワサビと合いますね。
茄子天は、揚げ置きですが、予想外に2つで80円。一つ一つは薄いですが、コスパが良いですね。
豚生姜丼は、甘辛く煮込まれた豚バラとほんの少しの玉ねぎが入って、コレはご飯進んじゃいますね。
流石に今日は皆さん冷たい蕎麦を注文されてますね。
FullSizeRender

しかし隣に出店とは、よもだ蕎麦も随分と強気ですね。でも、私ならば日によって使い分けるかもしれませんね。

さて腹ごなしに新大久保まで歩きます。

2022/4/13

歓楽街の24時間営業 いわもとQ 歌舞伎町店


東新宿からテクテク歩いて歌舞伎町まで。
こちらも生蕎麦茹でたて、天ぷら揚げたてのお店です。24時間営業ですよね。
FullSizeRender

外と中に1台ずつある券売機で、天ぷらセット 690円をポチり。
FullSizeRender

カウンターで、もり、かけ、ひや が選べるので、もりでお願いします。半券を受け取り席で待ちます。先客は若いお兄さん達3名。この街ならではの感じですね。
注文受けてからの天ぷら揚げ、生蕎麦茹で。
番号を呼ばれるので取りに行きます。
FullSizeRender

海老、イカ、かぼちゃ、オクラ、半かき揚げ(かき揚げは揚げ置き)揚げたての天ぷらは、大根おろしの入った天つゆでいただきます。
蕎麦は、しっかりと締めてあるのですが、多分温かい蕎麦だと柔くなってしまいそう。冷たい蕎麦が良さそうな感じ。喉越しイイです。蕎麦半分は言わなかったのですが、こちらは割と麺量少なめなのでちょうど良い感じ。
つゆはほんの少し辛めでズズッと行けるタイプですね。
海老もイカも大きさがあって満足度が高いですね。
デフォのワサビが少ないので、カウンターで足してくれば良かったかな。
FullSizeRender

セットメニューや丼物も充実。朝そばは、かき揚げでも390円。テイクアウトの天重もあります。
茹でたて、揚げたてを楽しんでご馳走様でした。

2022/3/30

FCチェーンなのに各店特徴がある 笠置そば 東新宿店

本日の麺活は、東新宿駅A2番出入口横のこちらから。
FullSizeRender

先客は3名、後客1名。
FC展開しているので、店舗によってメニューやトッピングなどが違い、基本の蕎麦やつゆも微妙に違っているのが特徴のチェーン展開。どちらかと言えば個人店に近い感じですね。
美味しいと評判の深川店や、メニューが豊富な西荻窪店などが人気です。一時は17店舗展開だったようですが、今は東京5店舗、埼玉2店舗の展開です。
FullSizeRender

入口右手の券売機で、笠置そばと言えば、海鮮かき揚げそば 580円をポチり。お値段変更で手書きシールですね。

蕎麦半分でお願いします。席で待ちます。
2人席が5つに、カウンター席が両側に10席ほど。椅子席です。
こちらは生蕎麦、茹でたてなのですが、ロットでまとめ茹でしています。
天ぷらは注文受けてから揚げてくれます。
しばし待てば呼ばれるので取りに行きます。
FullSizeRender

白くて深めの丼。中はつゆでしっかりと茶色く色が染まってます。こう言うのが気になる方もいるでしょうが、立ち食いそばならではの器らしいのが、また味があり私は気になりません。
蕎麦はモチっとしていて、コシもあり美味しい蕎麦です。
つゆは色もさほど濃く無くライトな感じ。スッキリとしていますね。
やや揚げ過ぎかなと言う感じの海鮮かき揚げ天は、イカ、海老、小柱、玉ねぎとバラエティに飛んで美味しいですね。深川とは少し違う感じです。
FullSizeRender
全体のバランスは良く美味しいそばでした。

4月1日からは月~金7:00~20:00の通し営業、土曜は7:00~15:00となるようです。
FullSizeRender
さて移動しましょう。
明治通りを渡ったところに東京油組総本店の東新宿店がオープン価格なので大行列です。

2022/3/30

ギャラリー
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 7月末で閉店 吉田屋
  • 7月末で閉店 吉田屋
  • 7月末で閉店 吉田屋
  • 昭和レトロ 喫茶 銀座
  • 昭和レトロ 喫茶 銀座
  • 昭和レトロ 喫茶 銀座
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ