けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

新宿・高田馬場・大久保・代々木

嬉しい新規開店 田舎そば 須坂

10月2日オープン。LM2 @LM2_soba さんや、はくぶん @romenjin さんなどが既に訪問しているこちら。
image
以前は手打蕎麦 又八郎があった場所ですね。
image
須坂名物須坂そば、長野県須坂市に関係があるのでしょうか。店内には須坂市の観光ポスターが。
左手が厨房と立ち席カウンター、右側にカウンター椅子席パーテーション付きが5席ほど。奥に4人テーブル席。
注文は入口のレジで口頭注文。
image
天ぷらそば 480円をそば半分でお願いします。
出来上がると呼ばれるので、セルフで。
image
外に積まれたばんじゅうには、むらめんの文字が。
やや灰色がかった田舎そば。むらめんらしい茹で麺。
つゆはほんのり酸味も感じるタイプ、甘さも辛さも中庸で万人受けする安定した味ですね。
天ぷらは、玉ねぎ主体のかき揚げ。玉ねぎの甘みがイイですね。揚げ置きですが、油の切れはイイですね。
路麺はコレが王道と言う味ですね。

駅前なのでパラパラと人は入ってきます。女性お一人様はいつオープンしたのか聴いてますね。
男性2名と女性1名でオペレーション。
image
朝は5時からやっているようで、朝得セット 400円は9時まで、閉店は21時のようです。

メニューの数字がややはっきりしないので、4なのか9なのか判別し難いですね。初見びっくりしてしまいました。
このご時世、路麺がバタバタと閉店している中、新店舗は嬉しいですね。頑張って欲しいです。

2020/10/6

目白通りのオアシス 伊藤松吉商店

高円寺の江戸丸から、方南町のY'sKatoに、向かったら、なんと休業…ガ〜ン!
ではと、2軒目はこちらまで。名前が店名のTGS。
image
目白通りも路駐ダメですよ…
image
紺色の暖簾がはためきます。こちらも歩道に向かってカウンター、一人分の奥行きはあります。
image
左側の券売機で、迷った末に春菊天そば 420円。
そば半分でお願いしたら 50円バック!

しばし待てば着丼。
image
春菊天はやや小さめですが、厚さはあります。衣少なめなので、つゆにホロホロと崩れてくれます。
そばは、茹で麺のややニチャリ系。
つゆはカエシの効いた暗黒汁系ですが、鰹出汁が香り美味しいつゆです。
コレもバランスの良い一杯ですね。

歩道の状況の分かるモニターも完備されています。
あ〜あ、原付のお兄さん、白バイに捕まっちゃた。

さて安全運転で帰りましょう。

2020/10/2

安い美味い 牛すじカレー 小さなカレー家

長寿庵を出て、直ぐそこにあるので、金曜日ということもあってこちらで金カレ。
image
先客6名でカウンターいっぱいかなと思いましたが、1席空いていたので滑り込み。
image
紙コップにお水を入れながらお願いするのは、牛すじカレー並 450円、ご飯半分。コールスロー 50円は、売切れでした。ゆで卵 50円もお願いします。

キ◯ナシュラン認定店、テントこそボロボロですが、ただ古いだけですね。良くある油でベトベトと言うことはありません。認定しなくてもイイんじゃない?

カウンターで待っている方3名。
私の番、ご飯半分ってこのくらいでイイ?と聞かれますがそれでも多いです〜その半分でイイです…
こちらの並は、普通のお店の大盛りより多いかも。それでも大盛りを頼む方多いです。大盛りは普通のカレー屋さんの普通盛りの2.5倍くらいありますかね。
それでいて並 450円、大盛 600円と、とにかく安い。自家製カレー、国産牛の牛すじなど儲け度外視ですね。これで大丈夫のかしら。
image
さて、こちらの並の1/3くらいでしょうか(十分普通盛りですけど)
カレーは辛みのある、具材が溶けてややとろみのある割とサラリとしたカレー。美味しいカレーです。一口目より食べ進むと辛さが後から来るタイプ。
牛すじは、あと盛り。トロトロで筋を感じません。
ご飯の上にはフライドオニオンが振りかけられ、とても丁寧に盛り付けされています。
カウンターには、らっきょと福神漬が置かれていて、らっきょラバーの私には嬉しいですね。

お母さんのコールスローが売切れがちょっと残念。この値段も驚異的。
外待ち3人で今日は終わりのようでご主人に「あなたで終わりネ」と窓越しに伝えてました。

さて帰るとしましょう。

2020/9/11

とにかく安い 長寿庵

今日の麺活は、大久保駅近くのこちらで。三ノ輪の長寿庵の先代の息子さんがやられているお店です。
image
カウンター椅子席も数を減らしてソーシャルディスタンス。先客は3名。向かいの専門学校生は学校の敷地で食べてますよ。丼返す時に店主さん、お水大丈夫?って一人一人に声掛けしています。
image
口頭注文。天玉そば 360円。蕎麦半分で。
安過ぎます。茅場町の亀島に匹敵します。
かけそば 240円、たぬきそば 280円、天ぷらそば 320円。冷しは 20円増し。大盛 60円増し。
蕎麦半分ならば、ワカメでも載せましょうか?と気の良い店主さん。丁重にお断りして。

茹で麺を半分にして湯掻いてくれます。
揚げ置きの天ぷらを乗せて、つゆを注ぎ、ネギを乗せたら出来上がり。

つゆはスッキリ、このつゆは美味しいですね。ごくごくと行けるタイプ。蕎麦はもそっとする茹で麺。絶妙のバランス。この茹で麺侮れません。茹で麺らしからぬ茹で麺。
かき揚げ天は、コロもペタっの揚げ置きですが、干し海老も入っていて香ばしい。

入れ替り立ち代わりお客さんが入って来ます。
さて帰りますか。

2020/9/11

こちらは9月末まで 永坂更科布屋太兵衛 新宿地下鉄ビル店

新宿まで移動して、こちらも今月いっぱい。やはり再開発。
この食堂街もバラエティに富んだ店舗で中二階の様な天井の低い感じも独特で良かったのですが。
image
さて、立ち喰いスペースは、結構混み合っていますね。先客は6名、券売機に1名。女性お一人様もちらほら。
座席店舗との境にある券売機でやはりこちら名物の、肉天もり 820円をパスモでピッ。テーブル店舗では立ちそばメニューは食べられず、その逆も出来ません。
image
立ち喰いではありますが、老舗蕎麦店の手がけるお店なので、お値段は高いですよね。

先客の隙間から、券を渡して、そば少なめでお願いします。
「さくらで」と蕎麦屋の符丁で注文を通す所は流石ですね。
しばし待てば、奥の小窓から蕎麦が出て来ました。
揚げ置きの肉天を乗せて。通路に置かれたテーブルでいただくことにしましょう。
image
おやこんなにつゆは甘かったでしたっけ?しかも濃いですね。
蕎麦は、特段に美味い訳ではありませんが、立ち喰いとしては通常レベル。最近の立ちそばのレベルアップを考えれば、コスパは悪いですね。

肉天はガチガチなので崩すのにも一苦労。肉の部分も以前より少なくなったような…
こちらも支店は色々とあるので困りませんが、この雰囲気が無くなるのは、ちと寂しいですね。
向こうの「墨繪」は女性が大行列です。あちらは新宿センタービルに移転だそうです。

さて、独特の雰囲気を心に遺して帰るとしましょう。

2020/9/1

ギャラリー
  • 季節の天ぷら よし房 凛
  • 季節の天ぷら よし房 凛
  • 季節の天ぷら よし房 凛
  • 季節の天ぷら よし房 凛
  • 季節の天ぷら よし房 凛
  • この辺りも激戦区 高本製麺所
  • この辺りも激戦区 高本製麺所
  • この辺りも激戦区 高本製麺所
  • この辺りも激戦区 高本製麺所
  • 十割蕎麦揚げたて天ぷら かんだ冨そば
アーカイブ
カテゴリー
amazon
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ