けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

練馬・板橋

嬉しい立ちそば新店舗 のじろう


12月15日グランドオープン。立ち喰いそば消滅の江古田に待望の立ち喰いそば店です。
日芸前の「江古田北口」交差点のTOKI SEVEN TEAの隣り、以前仕舞屋の昭和な不動産屋さんのあったところ。焼き鳥の鉄人の向かい。駅北口からは1分と好立地ですね。
FullSizeRender

11時半前の訪店。
外でお兄さんが呼び込みしています。自転車のおばちゃん「テイクアウトはやってるの?」まだやってないんですよ〜とのこと。
オーナーは中華料理店を3店経営しているそうですが、立ち喰いそばが好きすぎてオープンしたそうです。嬉しいですね。店名は社長の名前から。
FullSizeRender

15日は、6時から営業したようですが、10:00
〜19:30の営業になったようです。
朝営業が無いのはちと寂しい。休業日の表示はありませんでした。しばらくは様子を見てと言う事でしょうか。

肉そば、肉うどんがウリのようで、看板も出ています。他には唐揚げ、コロッケ、ちくわなど。おにぎりもあります。ライスには❌が付いていました。
店内は右手にカウンター4席にエンビのパーテーションで区切られています。
島カウンターもあり6人くらいは行けそうです。
FullSizeRender

入口左の券売機で、基本のかき揚げそば 370円、生たまご 50円をポチり。
奥の調理場に券を渡すと、そばかうどんかを聞かれて蕎麦で。
茹で担当のお姉さんは、手早くテボに袋入の茹で麺を投入。少なめをお願いしましたが時既に遅し…
カウンターにはおにぎりが並んでます。
さっと湯掻いて、手前のお兄さんに渡します。
揚げ置きのかき揚げを乗せ、ネギを散らし、卵を割り入れます。まだお兄さんは手慣れていないですねw
FullSizeRender

カウンターの七味をかけていただきます。
蕎麦はやや太め、茹で麺のそれです。そこそこ歯応えはありますね。
つゆは万人受けする特に尖ったところのないつゆですね。熱々では無いので食べ易い温度です。
かき揚げ天は、揚げ置きでシナっとしています。玉ねぎ、人参、長ネギと言う構成。シナってるのがちと残念。玉ねぎの甘さはありますね。
全体的には立ち喰いそばの基本形と言うお味。バランスは良いですね。

後客1名。
外にはベンチが置いてありますから、気候が良い時や、密にならない様に、外での食事も出来ますね。
立ち喰いそばが次々と閉店している中のオープンがとても嬉しいですね。
開店5日と、これからの変化に期待したいお店です。

2020/12/19

大山でモンジュール 文殊 大山店

台風接近の雨でカミさんを駅まで車で送った後足を伸ばしてこちらまで。
image
東武東上線大山駅改札外の駅構内にチョコンとあるお店。お店として最小限のモジュールですよね。
image
外の券売機、天玉と月見にバツついてます。卵切らしたのかな。パスモ、スイカ使えます。
春菊天そばのボタンがないので、茄子天そば 400円に春菊天 100円をプラス。
8:50の入店。土曜日だから誰もいません。
カウンター5席。椅子席になってます。
image
ワンオペのお兄さんに券を渡し、そば少なめでお願いします。
柱に貼られた申し送りに、卵は土曜日入荷って書いてあります。カウンターの上には入荷した卵が。

春菊天と、茄子天は注文受けてから揚げてくれてます。
ちょっと時間はかかりますが嬉しいですね。
店内にはAMがかかり朝の情報番組が流れています。

文殊定番の卵サービス。生卵か茹で玉子どっちにします?と聞かれて、生卵をお願いします。
さて着丼。
image
両壁に天ぷらが、真ん中には月見が。イイ景色ですね。
細身の生麺茹でたては、茹でてからしっかりと締めて、再度温めているので、喉越しも、コシもイイ感じ。美味しいですね。
モンジュールは、割とライトな感じですね。まだ朝だからでしょうか。もうちょいガツンと来て欲しかったかな。
熱々の春菊天は、荒刻みまとめ揚げ、苦味がほんのり、カラリと揚がって美味しいですね。
茄子天はちょうど良い揚げ加減でややトロリとしてこれまた熱々。
生卵のおぼろ加減も霞雲となってイイ感じ。

さて、朝蕎麦を終えて、ハッピーロードは傘要らず。
そうだ、券売機のこと言ってあげればよかったかな。

2020/10/10

人気行列店 中華そば べんてん

平日で雨降ってるから行列は大したこと無いだろうと予測して訪店。14時前着。
image
並び6名、丁度電信柱の場所。
順番に食券を先に購入。
image
基本は、醤油、塩、つけ麺。
ラーメン(醤油)850円、味付玉子 100円をポチリ。
後ろのチャラいカップルはまだいいんじゃねと購入せず…
image
しばし待ち、いざなわれて着席。カウンター11席、特にコロナ減席はしていないようですね。
麺量の確認です。普通をお願いします。
茹で前で普通 250g、中 350g、同価格です。大盛り 700gは 250円です。
あのカップルも券を購入、中で待とうとするので、すかさず外でお待ちくださいと言われます。初めてでルールがわからなくても前の人を観察していれば自ずとわかるものですけどね。領収書はと聞いてますね。券売機の右下にありますよとバッサリ。その年で経費で落とそうなんて。

オヤジさんは14時を回ったところで休憩に入ります。
息子さんの作る次のロットは塩味からなので、順番がちょっと前後します。塩、醤油、つけの順で作るようです。
次の次のロットしばし待てば着丼。
image
大振りのチャーシューが麺を覆います。メンマも食べ易い大きさでたっぷり。小さな海苔2枚。
スープは、最後にトッピングする節粉の方から行けば、ガツンと節が香ります。
濃厚なのにさっぱりしている、深い味のスープは美味しいですね。
麺はツルツル自家製中太ストレート麺、長さはそれほどないので、太さのわりに食べ易いですね。もちもちで美味しい。並でも250gとボリューム満点です。
メンマはやや甘みを感じる味付けで歯触りも良く美味しいですね。
チャーシューは厚みもそこそこあり食べ応えがあります。
カウンターには、酢、おろしにんにく、トウガラシが置かれていますが、味変をしようと思わせない美味しいスープです。
麺のボリュームを感じさせない、美味しいスープがこちらのお味ですね。
私の後、6名で麺切れでしたので、ギリギリでした。

さてお腹パンパン、台風が来ていますけど被害がないことを祈りつつ。

2020/10/9

土佐っ子の系譜 下頭橋ラーメン(げどばし)

夜営業だったこちら、コロナの影響で、昼営業に変わっていると聞いて行ってみました。
東武東上線ときわ台駅が最寄り。
店に近づくと豚骨臭。なんか懐かしいなぁ。
image
その昔、土佐っ子という店が環七沿いにあり、当時は路駐で夜の環七土佐っ子渋滞で有名でした。
16杯ロットで、割箸のお尻がピンクの色付きと色無しでロットが分かれてました。
背脂を豪快にチャッチャするのが見ものでした。
image
その後紆余曲折があり、元従業員さんが開いたこちらのお店。18時から翌4時迄と夜営業。
コロナで12:00〜22:00に変更になっています。
image
メニューは、ラーメンとチャーシューメンの2種類のみ。
image
先客2名。ソーシャルディスタンスでカウンター席も6席に減らしています。
ラーメン 800円をお願いします。
ご主人ワンオペ。
太麺はつるや製麺。茹で釜に大胆に丼も一緒に入れています。

丼を引き上げ、カエシと化調をパラリ。
1回目のチャッチャです。
豚骨スープを注いで、2回目のチャッチャ。
麺を入れて、チャーシューを豚骨スープで温めてから2枚、3回目のチャッチャ。
ネギを盛って、細身のメンマを載せ、茹で卵は半分がスライスされています。
image
さて着丼。丼熱々でさわれません。
カエシとスープは、溶けていないので、天地返しで混ぜ合わせます。
スープの上には厚い背脂の層。脂が甘いです。
スープ自体は、昔のそれより豚骨が弱く今風になっているんでしょうか。
太麺をワシワシいただきますが、それほど硬くもなくムチムチといただきます。
チャーシューは、柔らかで美味しいですね。
めんまは、細身で固めの味濃いタイプ。美味しいです。
おろしニンニクが欲しいところですね。

豚骨醤油の豚骨のパンチがイマイチですかね。
まぁ懐かしの背脂チャッチャは、美味しいですけど。
ご主人に、ご馳走様、懐かしいねと言えば、ニヤリ。

さて、帰るとしましょう。

2020/9/4

新規一転 Heart Restaurant 安ざわ家

名前を変えてから初訪問。
店主さんは、定食が売れても、やっぱり自分のオリジナルを打ち出したいと、店名も変えて一新。
image
昼の時間もそろそろ終わる14時に入店。先客は1名。
image
小さな券売機で、一押しオリジナルの Gingerやきめん 850円をポチ。目玉焼き欲しかったけどボタンが無いから味玉 100円ポチ。
image
バイトのお姉さんに券を渡します。

ジャー!と言う麺を炒める音が聞こえます。
しばし待てば登場。
image
ドーンと乗っているのは、あのチャーシューエッグのバラチャーシュー!
麺は太平打生麺を一度茹でてから焼いているそうです。
この面が美味い。ソースと絡み、上に乗った生姜と長ネギと一緒に食べれば、また違う味わい。
焼そばの上には豚肉が生姜焼きが乗ってます。
端には紅生姜とマヨネーズ。
味玉を割れば黄身が少しトロリ。チャーシューに絡めて食べれば、あのチャーシューエッグを彷彿とさせます。
店主さんのやりたいことが何となくわかる気がします。

さてお腹もいっぱい。帰ることにしましょう。

2020/9/2

ギャラリー
  • 喫茶店でナポリタン 小野珈琲
  • 喫茶店でナポリタン 小野珈琲
  • 喫茶店でナポリタン 小野珈琲
  • 喫茶店でナポリタン 小野珈琲
  • ビルの奥の老舗 とりかつチキン
  • ビルの奥の老舗 とりかつチキン
  • ビルの奥の老舗 とりかつチキン
  • 区役所で蕎麦 渋谷ハチ公そば
  • 区役所で蕎麦 渋谷ハチ公そば
  • 区役所で蕎麦 渋谷ハチ公そば
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ