けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のオジさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

原宿の伝説の店は今ここに 平均律

駅まで戻って急な階段を登り「珈琲と紅茶とバロック音楽」のお店。
FullSizeRender
原宿で1980年から10年立ち退きの為閉店された伝説のお店。
2001年に雰囲気を引き継ぎこちらに再開。マスターは7年前に亡くなられて奥様が営業されています。
引戸を開けると目の前にはカウンター席が8席ほど、足元には荷物置きのカゴが用意されています。先客は窓際のテーブル席でマダムのティータイムです。
奥様にカウンターにどうぞと言われて着席。
カウンターの上には手斧削りの古材(樹齢300年らしい)の飾り梁が主張しています。
店内は古民家再生の第一人者石川純夫氏が手掛けたもの。重厚でいて心地良い空間です。
カウンターの壁には数々のコーヒーカップが並びます。
FullSizeRender
お願いするのは、こちらの名物、ウインナーコーヒー 1000円とプリン 600円。
FullSizeRender
ところが、今日はプリンを焼いていないと言う事で残念。
目の前で制作過程が見えるのが良いですね。
細長いシャンパングラスにグラニュー糖を入れスタンバイ。
亡きマスターも開発に関わったと言うKONO式ドリッパーで丁寧に淹れたコーヒーを一気に注ぎ、ロングスプーンで少しかき混ぜ、溶け残りをスプーンの先で抑えて、砂糖とコーヒーの層を作ります。
残りの部分にややゆるめの生クリームを注いで、綺麗な3層になり完成です。
FullSizeRender
そのままかき混ぜないでお飲みくださいと言われ、グラスに口をつけて傾ければ、やや甘さのあるコクのあるコーヒーが口の中に広がります。
KONO式は円錐ペーパーフィルターで落とすのでネルドリップに匹敵する味が出るとか。
店内にはバロック音楽が流れて落ち着いた時間が流れます。この豊かな時間を味わっていたいですが、マダムのティータイムは終わる事を知らず…
もう少し窓際に近い方が、昭和初期に作られて原宿当時から移設されたステンドグラスも眺められて良かったかな。
ビル建て替えの為に再び閉店してしまうと言う事実を知り、次回はプリンがありますように。

2024/4/24

大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店

水曜半ドン、今日は帰り道と反対方向に学芸大学まで。
創業大正7年100年以上続くこちらの町蕎麦で。
学芸大学駅西口から商店街を抜け、碑文谷公園通りに面したビルの半地下になっている店舗。
FullSizeRender
階段のところには雨除けのアーチが付いてます。
店内は節電中なのですが、調度品が明るい色なので落ち着いた雰囲気。
FullSizeRender
先客1名、後客1名。
笑顔の素敵な花番さんにお好きなところにどうぞと言われて着席。
カウンター5席、4人テーブル席7つ。
豪快に店主手書きで書かれたメニューを見ながら何にしようかな。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
セットメニューが豊富で心を大きく惹かれますが、最近食べ過ぎなので自重して。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
とろろ、おろし、揚げ玉の欲張りこわけ 1100円にしようかなとも思いましたが、一押しの夏季限定の鱧天せいろ 1540円をお願いします。
ビルに建て替えられているので、大正年間から続く様な重厚感や老舗感はありませんが、垢抜けた店内は、永く地元に愛されているのがわかるお店ですね。
しばし待てば登場。
FullSizeRender
鱧天は4切れ、ピーマンとカボチャが付きます。
蕎麦は機械打ちだそうですが細身のコシのある蕎麦。一瞬雑な香りがしましたが水のせいでしょうか。
蕎麦自体は美味しいお蕎麦ですね。
つゆはカエシがスキッとしたキレの良いつゆで、このお蕎麦に合っています。
鱧天は、当たり前ですが鱧自体の味は淡白で、ピンク塩が用意されているので、付けて食べると丁度良い感じ。フワフワです。しっかり骨切りされているので柔らかいですね。
そろそろ食べ終わる頃に花番さんが蕎麦湯を持って来てくれます。蕎麦粉を溶いてあると言う、ややとろみのある蕎麦湯はそのままでも風味がありますね。
量もそこそこあるので結構お腹に溜まります。
お会計はPayPayで。クレジットカードは使えません。
美人姉妹の花番さんの気配りや動きが心地良く、それが地元に愛される大きな要因かもしれません。

2024/4/24

ラーメンストリートの新規TGS 米十(よねじゅう)

4月6日にプレオープンした堀切菖蒲園駅北側のラーメンストリートのハズレ、堀切5丁目交差点の近くの立ち食いそば屋さん。金曜カレーを求めて伺いました。「よねじゅう」と読むそうです。
FullSizeRender
なんでも松本の「手打そは庵 米十」の直営店とか。
12時半の入店で貸切。お客さん居なくてちょっと厳しそうですね。
ハイカウンターで立ち食いも出来るし、椅子もあります。
テーブル席も用意されています。
FullSizeRender
オススメはゲソ天そば、肉そば、かき揚げ天そばとの事です。口頭注文、現金先払い。
調理場は男性2人でオペレーション。
FullSizeRender
かき揚げ天そば 480円とカレーライス 280円をお願いします。開店当初は、カレーライスミニと名うっていたようですが、ミニが外れてます。
茹で麺を湯掻いて、揚げおきのかき揚げ天、ワカメ、ネギを乗せて出来上がり。
もう一人がご飯をよそりカレーをかけてこちらも出来上がり。
FullSizeRender
蕎麦はフガフガの茹で麺、割とライトな感じのつゆ。そうそう、立ち食いそばってコレでイイのよ、なお味。
かき揚げ天には、紅生姜も入ってアクセントになっています。小振りではありますが、ほぼ球状の食べ応えのあるかき揚げで美味しいですね。
手打ち蕎麦屋の直営店と聞いて蕎麦に期待しましたが、立ちそばに完全シフトの どストライクなTGS。
カレーライスは、聞いた通り普通サイズよりも多めですね。半分サイズでも280円で十分ですよね。
お味は蕎麦屋のカレーというほど出汁感はありませんが、そこそこ辛さもあり、ニンジンが大きめに入っていて、これはこれで美味しいですね。正に金曜カレーと言った味でしょうか。
お腹パンパンになってしまいました。
夜は松本の日本酒が飲めるようで、居酒屋的な展開も考えているのでしょうか。

2024/4/19

食事メニューも豊富 喫茶、(きっさてん)

美味しい珈琲が飲みたいと婆さんが言うのでお気に入りになった東伏見駅近くのこちらに。
丁度昼時店内ほぼ満席ですね。ホールスタッフも一人で大変そう。
ランチメニューを見て食事もすると言い出して。
婆さんは具だくさんのシチューセット 1580円、カミさんはチキンライス 990円、私は「きっさてんのナポリタン」 1040円。
セットのドリンクは、婆さんとカミさんはソフトブレンド、私はストロングブレンドを。
食事メニューを待っていると、先日売り切れていたプリンを食べると言い出して注文。
先にプリンとコーヒーをもらいます。
FullSizeRender
プリンは四角の硬めタイプ。ボディはとても滑らかで、クリームチーズのような まったり感もあります。美味しいですね。
珈琲はサイフォンなので、風味が良くとても美味しい珈琲です。ストロングブレンドは苦味もしっかり、目が覚めるようなストロング感。
食事メニューも来ましたよ。
シチューは、ビーフ、ジャガイモ、人参、マッシュルームがゴロゴロと入ります。見た目と違ってあっさりとしています。少し期待外れかな。しつこく無いので重く無いのは良いですね。
チキンライスはやっぱり玉子で包んでオムライスにして欲しかった…
FullSizeRender
店名を冠したナポリタンは、名前の通り昔ながらの喫茶店のナポリタン。ベーコンソーセージのWミート、オニピーナス。炒めはやや弱め、ソース多めなので飛んじゃうかもタイプ。
お腹もいっぱいになったので帰るとしましょう。

2024/4/18

本に囲まれながら 神保町ブックセンターカフェ

歯医者さんまでの時間調整も兼ねてこちらのプリンをいただきに。
FullSizeRender
岩波書店アネックスビルの神保町ブックセンター内のカフェです。
席を確保してから、入口のレジで先注文。
お願いするのは、プリンと、アイスコーヒー。セットで1100円。
周りは本棚に囲まれて、落ち着いた雰囲気。
片側の壁面には、岩波文庫、岩波新書が壁一面に並んでいるのは圧巻です。
しばし待てば登場。
FullSizeRender
小さめの銀色の丸ポートに乗って、四角いプリンが2段重ね。生クリームに、チェリーと懐かしの可愛さ。
本をイメージしたであろう四角のプリン2段重ねにしても崩れない硬さ。凄く硬いです。スプーンがなかなか入らないほど。
上段は生クリームで、下段はカラメルで味変も楽しめます。
アイスコーヒーは、苦味しっかりのサラッとしたタイプ。プリンに丁度合いますね。
店内にはリズミックなジャズが流れて良い感じです。

2024/4/17

仙台で牛タン 仙臺(せんだい)

水曜半ドンの歯医者さんまでの昼食は、身体はお蕎麦を欲しているので肥後一文字屋でも良かったのですが、向かいのこちらで。
FullSizeRender
カレー激戦区で頭角を表す欧風カレーのお店。
店内は17席のハイカウンター椅子席。
先客は2名。
FullSizeRender
お願いするのは自慢の牛たんカレー 850円、ご飯半分で。
先客はチキンカレーなのでちょっと時間がかかってますが、こちらの牛たんカレーは直ぐに登場。
FullSizeRender
カウンターに置かれた福神漬を乗せていただきます。
黒い煮込まれた欧風カレー。カレーの中には牛タンがしっかりとゴロゴロ入っています。
デミグラスソースを思わせるカレーは見た目ほどしつこさが無く、重さはありません。後から辛さがホワッと来ます。野菜などが溶けこんだコクのあるカレーですね。
牛たんはスプーンで切れるほど柔らかく、このお値段の割に、一切れの大きさもあり、ゴロゴロと入っていて嬉しいですね。
ご飯半分でもそこそこの量があります。半分にしてもらって良かった。
お昼ピークを過ぎたので、岡山名物のえびめしでも良かったのですが…
FullSizeRender
オムライスやハヤシライス、ロースカツやハンバーグのトッピングも試してみたくなりますよね。

2024/4/17

地元の方のオアシス カフェ イーリス

ばりこてで博多ラーメンを食べた後、まだ時間があるので、東高円寺駅方面に戻る途中に佇んでいたカフェ。
FullSizeRender
間口も狭く、扉を押して入ろうとすると、若いマスターが扉を開き、足元の段差に気をつける様に誘ってくれます。
狭い店内、先客は奥に2名。お好きなところでどうぞと言われるので、4人席2つに3人席1つ、カウンターは1席しかなかったので、3人席に、着席。
店内は落ち着いた昔ながらの珈琲専門店と言った趣き。
FullSizeRender
メニューは、
浅煎り:キリマンジャロ
中煎り:ブラジル、モカ
深煎り:マンデリン
ストレートコーヒーとアイスコーヒーは500円、ブレンドは480円とお手頃。
ウインナー、オレは 520円、カプチーノ 580円。
ココア、紅茶、オレンジジュースなども用意されています。
トースト3種のみの、軽食。シンプルなメニュー構成です。
表の看板に今日のサービスはブラジル 480円と書いてあったので、ブラジルをお願いします。
FullSizeRender
しばし待てば丁寧に淹れたコーヒーの登場。カップはウェッジウッド。ブラジルは、口当たりも良く、酸味と苦味のバランスが良いのはブラジルの特徴。爽やかなナッツ系の香り。
美味しいですね。
後から常連の方達が来られますが、マスターと地元話題を交わしています。地元の方々の、ちょっとした休憩スペースと言う感じでしょうか。
若いマスターの丁寧な接客と仕事ぶりに癒されるお店ですね。取材は断っているのでしょうか、検索しても情報がほとんど出て来ません。

2024/4/10

本格博多豚骨 博多ラーメンばりこて

東高円寺で用事があるので、時間調整も含めて昼ご飯。
東高円寺駅からニコニコロードを降り切った南中央通りを渡ったところにある、博多ラーメンのお店。
FullSizeRender
「東京風に調整していません」と宣言されています。
カウンターのみ8席、先客は小学生高学年の子供連れのお母さん。
FullSizeRender
基本の博多ラーメン 750円、麺の硬さは普通で。博多焼き餃子(8個)380円をお願いします。
隣の小学生、替玉頼んでますね。慣れてるw
FullSizeRender
生でも食べられる麺との事で硬めがおすすめな様です。
さて着丼。
FullSizeRender
綺麗に乳化した豚骨スープですね。豚骨のみでグツグツと煮込んでいるそうです。
雑味がなくて美味しいスープです。
麺は普通なので柔めですが、小麦粉の香りもする細ストレート麺、美味しいです。
カウンターには、すりごま、紅生姜、唐辛子が置かれています。おろしニンニクもちょっと入れましょう。
FullSizeRender
さて、餃子が来ました。小さな一口サイズです。案に反してパンチがありますね。アレ?10個並んでる。
後客3名。隣に座った方は、博多ラーメンバリカタ、着丼直ぐに食べて替玉は、生で。
本当に生なのかな?と思ったら一応湯掻いてはいます。
替玉は我慢して、スープを飲み干してしまいました。
久々に豚骨飲んだって言う感じです。

2024/4/10

ティールーム縮小残念 お菓子の家NOE(ノア)

創業1975年の界隈では有名な洋菓子屋さん、有名人のファンも多いですね。
一口サイズの窯だしチーズと言うチーズスフレが一番人気。一日千個売るとか。
婆さんとちょっとお茶でもしようかと立ち寄り。
FullSizeRender
相変わらずの混雑ぶり、ティールーム使用も番号札を取らなきゃいけないのがちょっと面倒くさい。
数年前にティールームは大幅に縮小されて、ステンドグラスや大きな丸テーブルの上に飾られていたシャンデリアは無くなってしまいました。
しばし待てば案内されます。
4人席2つと2人席2つと随分と小さくなってしまいました。
FullSizeRender
以前のティールームだった所は製菓スペースになっていて、お菓子の売れ行きが良いのが分かります。
実物のカカオの実も飾られていて、改めてイメージとは違う大きさに驚かされます。
婆さんはチョコレートケーキ、私はモンブランをお願いしてブレンドコーヒーをお願いします。
FullSizeRender
こちらのモンブランは、麺状のマロンクリームがかけられているのでは無く、尖んがった帽子の様に盛り付けられています。
以前はこちらくらいしか、やや高級な洋菓子は無かったのですが、今は様々なパティスリーがオープンしているので、昔ほどの感動感はないかなぁ。
コーヒーは、マシン抽出で、ごく普通のお味。
昔の広々としたティールームが懐かしいですね。

2024/4/6


家カレーの上級バージョン カレーや うえの

金曜カレーはこちらで。「じゅん散歩」や「タクシー運転手さん一番うまい店連れてって」でも取り上げられたカレー。
FullSizeRender
鷺ノ宮駅西側の駅近く、線路と妙正寺川の間に挟まれた所、2019年10月に隣のビルからお引越し。スーパーの2階。隣にはアジアンマート&レストランが入ってます。
FullSizeRender
急な階段を上がり、セルフサービスなので、入店したら、先に注文と支払い。
FullSizeRender
トッピングで種類が沢山ありますね。650円から、1000円前後のブライスレンジ。
FullSizeRender
ランチカレーは、4種類。Fのロースカツと野菜カレー 950円、ご飯半分でお願いします。
FullSizeRender
先客は2名。15席ほどの店内。以前はカラオケだった場所ですね。
お好きな所にどうぞと言われるので、セルフで水とサラダ用に割箸、小皿に福神漬を乗せて空いている席に座ります。
先ずはサラダが出て来ました。千切りキャベツメインでドレッシングはかかっています。
FullSizeRender
しばし待てば、細長いお皿で登場。
半分に一口サイズに切られたロースカツ、半分にゴロゴロの野菜が盛られています。
カレーは、インドとか欧風とか何にも属さない、敢えて言えば日式カレー、家カレーの延長にある様な落ち着く懐かしさのある味。突んがったスパイス感もなく、しっかりとベースの味があるものの、粘度は多少ありながら重く無く、後味はスッキリとしています。
家カレーの究極の上級バージョンと言ったら伝わるでしょうか。
店主は、元マイアミで寿司職人をやっていたなど様々なジャンルで腕を磨かれた方。その腕が流れているのでしょう。
カツは注文を受けてから揚げてくれるので、熱々サクサク。適度な厚さが食べ応えを出していますね。
野菜はゴロゴロ、大きめのにんじん、じゃがいも、茄子、インゲンが入っています。茄子はとろとろになっていて美味しいですね。
くどさがないので、スルスルと食べられるカレーです。
炙りチーズのメニューもありますから、それが気になりますね。お値段的にお得感のある鶏肉メニューが人気な様です。
カレースタンド的な味わいと言ったらイイでしょうか。気軽に食べられるカレーです。

2024/4/5

最初はメキシコ料理 茶平(チャーペイ)

葬儀の打合せが終わったけどお腹すいたねという事で環七脇のこちらに。駐車場も大きいので便利です。
FullSizeRender
元々はメキシコ菓子工場からメキシコ料理の店になり、墨国(メキシコ)という名の中華料理になり、1970年に今の中華料理の茶平(チャーペイ)となる歴史のあるお店。
西武池袋線から環七の下を通る時に見えるので電車利用者には見覚えがあるでしょう。
カジュアルな雰囲気ですが、お料理のお値段はそこそこします。その分お味とボリュームはありますね。
FullSizeRender
5人で頼んだのは、海老そば、地鶏そば、特製五目かた焼きそば、特製五目焼そば(柔らかい)、特製五目そば。
春巻とパリパリ餃子もお願いしました。
春巻きはパリッとした皮が他では中々無い食感。
餃子は普通の様な包みでは無く、餡を薄く敷いて、皮を三つ折りにして揚げ焼きにしてあり、一口大に切ってあるのでパクりと食べられてこれまた他には無い餃子。付いてくるタレが美味しい。
五目は具材は一緒で、かた焼き、柔らかの、焼きそばに、スープと揃い踏みとなりました。
FullSizeRender
具材がたっぷりと乗っていて食べ応えがあります。中太ストレート麺の量もあってボリュームがあります。
ランチメニューも3種類用意されています。
今日は、麻婆豆腐、若鶏とアスパラ塩炒め、海老とカシューナッツ醤油炒め。どれも美味しそう。
メニューに、辛いもの、醤油味、塩味の3種類の表示があるのが分かりやすくて選びやすいですね。

2024/4/4

束の間の腹ごしらえ ロイヤルホスト石神井台店

父親を看取って安置施設に送り出して、さて先ずは腹ごしらえ(サマーウォーズかって)
ギリギリ6人席を確保。その後待ちが出てました。
婆さんの奢りだからちょっとお高いものでもなんでも。
ミックスフライ スペシャルセット(サラダ、デザート、デザート付)2050円税抜、スープはマリリンモンローが絶賛したというオニオングラタンスープに変更 300円。
FullSizeRender
牡蠣フライ2個、天然海老フライ、紅ずわい蟹のクリームコロッケ。お値段なりの美味しさですね。海老のプリプリ感とボリュームがイイね。
スペシャルセットにするとサラダが被るのね。まぁフライ食べてる罪悪感薄れるけど。
カキフライは可もなく不可もなく、蟹クリームコロッケはほんのり蟹の香りはあるけど、破裂防止のためかちょっと衣が薄いけど硬い。
FullSizeRender
デザートはカフェゼリー。下にアイスクリームが入ってた。
葬儀の打合せは明日の朝から、取り敢えず今日は撤収。

2024/4/3

中休み無しが嬉しい 板蕎麦 山葵(旧店名 天龍庵)

爺さんの面会が終わって、腹減った婆さんをこちらに連れて来ました。住宅街の角、商店街の外れたところ。すぐそばにはTV取材で有名なスーパーアキダイも、店頭には秋葉社長の姿も見えます。
FullSizeRender

中休み無しなのがありがたい。
土曜の午後ということもあり、店内はそこそこ混み合っています。
ちょっと隠れてしまうデシャップなので、各テーブルには鈴が置かれてこれを鳴らして花番さんを呼びます。
FullSizeRender

婆さんは天丼の小さいのが食べたいとの事なので、板蕎麦と天丼小のセット 1280円(蕎麦は一口しか食べないのですが)
FullSizeRender

私は海老と野菜天ぷら蕎麦 1630円をお願いします。比較的価格は抑えめでセット物で1000円とリーズナブル。
FullSizeRender

壁に貼られたメニューには、春野菜の天ぷら蕎麦やカキとじ丼のセットなど魅力的なメニューも出ています。
先に薬味のセットが出て来ます。
FullSizeRender

鬼おろし、ネギ、白胡麻、揚玉と4種類。
さて登場。
FullSizeRender

大きめな海老が2本、大きなサツマイモ、レンコン、茄子、ピーマン、人参のかき揚げとボリュームたっぷり。ややぽってりとした海老は、ぷりぷりで美味しいですね。野菜はさっくりと揚がっていて美味しいです。茄子天が小さかったのが個人的には残念。サツマイモは大き過ぎw。
板蕎麦は、しっかりと冷水で締められていて冷たいですね。コシがありやや硬めの食感がイイですね。
つゆはややパンチにかける感じ、万人受けするお味です。
なかなかのボリュームです。婆さんの食べ残しの蕎麦も食べたので大盛り以上の量ですね。
セットメニューが豊富で、曜日によって100円引きのメニューもあります。
中休み無しなので遅めのお昼にも便利です。

2024/3/30

小腹を満たしに 喫茶、(きっさてん)

関町の病院にお見舞いに行った帰り道、小腹が空いたと言う人もいてこちらに寄っていくことに。
裏手に一台分駐車場があるのがありがたい。
店内は午後のお茶の時間帯。マダム達の社交場となっています。
武蔵野ブレンドコーヒーを皆さん頼むようですが、少し温かいので、カフェフロート 790円をお願いします。
みんなで一口ずつ摘めるようにクラブハウスサンド 1040円をお願いします。このクラブハウスサンドは、2種類から選べ、ツナ・オニオンか、ハム・チーズなので、ツナ・オニオンでお願いします。
FullSizeRender
カフェフロートは、ほんのり甘味を加えたアイスコーヒーにバニラアイスが乗っています。こちらのアイスクリームは美味しいので丁度良い甘さ加減ですね。
FullSizeRender
クラブハウスサンドは、ツナ感は抑えめです。チキンが入っていないのでボリューム感は少ないですが、6種類の素材と言う事でバランス良くまとまっていて美味しいです。玉子がフィリングではなく、粗切りゆで卵なのも、ベタっと重くなくてイイですね。辛子マヨネーズがトーストに塗られているのも一つの隠し味でしょうか。
4人で一切れ雑だと本当に一口ですが満足感はあります。パンが美味しいからでしょうか。
さてこの先のパンステージ・マイに寄って行きましょう。

2024/3/27

高級ファミレス ロイヤルホスト 石神井台店

病院から呼び出しがあったりしてバタバタした日でしたが、何も食べていないと言う婆さんを連れてこちらに。夕方の時間帯すんなりと入れましたが、帰る頃には待ちが沢山いらっしゃいました。
Good JAPAN 春スペシャルメニューの牡蠣と帆立のシーフードピラフ 1980円税抜をオーダー。
播磨灘産牡蠣、北海道産帆立、長崎県産芝海老を使用しているとの事です。
ファミレスのはしりの頃、調理場に包丁も無く、電子レンジしかないと揶揄された他の店舗に比べ、店内調理のファミレスとして定評がありましたよね。
提供までの時間はそれなりにかかります。最近はセントラルキッチンで下処理され、一部機械化も導入されてバラツキを無くす工夫もされているようです。
さて登場。
FullSizeRender

お皿の脇にはバター醤油のソースが添えられています。
ソテーされた牡蠣はプックリとしていて、バター醤油を付けて食べれば美味しいですね。
帆立の貝柱にベーコンを巻きつけて串に刺してグリルした帆立は柔らかく美味しいです。
シーフードピラフには、芝海老も入り満足度が高いですね。もう少ししっとり感があってもイイかも。
若干濃いめの味付けでしょうか。食は進みます。
4人それぞれ頼んで綺麗に完食。
お値段はそこそこしますが美味しさは金額に応じていますね。

2024/3/26

ギャラリー
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 原宿の伝説の店は今ここに 平均律
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
  • 大正7年創業の町蕎麦 丸はし総本店
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ