けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

24時間年中無休 コーヒーショップ クール

歌舞伎町TOHOビル、あの話題のトー横を抜けた突き当りの老舗コーヒーショップ。24時間営業、年中無休で昔から続くお店。
FullSizeRender
1階の磯丸水産は閉めちゃったのね。
2階の店内は愛煙者でいっぱい。
煙モクモクです。
FullSizeRender
フードメニューも充実。ハンバーグやカレー、ピラフ、ポークジンジャー、ナポリタンもあるんですが、お腹はいっぱいなのでちょっと我慢。チョコパフェも良いなぁ。
FullSizeRender
お願いするのは、コーヒーフロート。
ただのアイスコーヒーじゃ無くてこんなのがイイですよね。
FullSizeRender
お手本通りのコーヒーフロート。
ちょっとカーブした足付きのグラスがなんとも言えません。
しばらく放っておくとアイスの下が凍るんですよね。

さて、タバコは吸わなくなって随分と年月が経つので、少し辛いので退散しましょう。

2022/6/23

7月末で閉店 吉田屋

朝昼は、立ち食い蕎麦、夜は寿司の二毛作店。
幸寿司の看板が目立ちますが、立ち食い蕎麦は吉田屋。ご家族で営業されてますから、難しい事はいいんです。
創業は昭和51年。なんと7月末で閉店してしまうと言う話を聞いて。
FullSizeRender
今日は女将さんいないですね。娘さんかな?とおじいちゃんでオペ。
女将さんの旦那さんは大井町でやはり二毛作のお店をやっていると言う稀有なご夫婦。
先客は3名。
椅子は表に出されて、カウンターには立ち食い蕎麦用の台が置かれています。
FullSizeRender
蕎麦半分で、天玉を願いします。あ〜味玉にすれば良かったかな。
茹で麺を湯掻き、つゆを注ぎ、仕入天ぷらを乗せて卵を割り入れれば完成。
FullSizeRender
懐かしさも覚える、フガフガの茹で麺がなんとも言えない味。
色は濃いですが、スッキリした、ほんのり甘みを感じる出汁感のあるつゆとマッチしてます。
天ぷらは仕入と聞きますが、ヘナっとポテッとしたどちらかといえば、ヘナ天が、実に立ち食い蕎麦らしさを出しています。

区画整理で取り壊しとのことですが、そんなにしてまで、交通量や利便性が上がる開発なんでしょうかネ。

夜の寿司も食べてみたいですね。

2022/6/23

昭和レトロ 喫茶 銀座

恵比寿でお仕事なのでこちらの純喫茶でランチ。
ロケなどにも度々使われるレトロな喫茶店です。
FullSizeRender

店内にはミラーボールも設置されていると言う、いかにも昭和なお店です。創業は昭和37年、最初の東京オリンピックを2年後に控えた頃。
FullSizeRender

ランチタイムには、セットメニューが沢山。
ハンバーグ、生姜焼き、ナポリタン、ミートスパ、たらこスパ、カレー、牛丼、ハヤシライス、焼きそば、サンドイッチと迷うほどの多さ。
FullSizeRender

昭和のナポリタンをお願いします。
サラダとドリンク付いて 1000円。

店内入口には、ショーケースも鎮座。
FullSizeRender

サラダが出てきました。大きめに切られたレタスには、フレンチドレッシングがかかっています。
しばし待てば登場。
FullSizeRender

ハピオマッシュの基本形。
炒め浅めで気を付けないと飛ぶタイプ。
ピーマンが大きめの千切りで主張してます。
少なめかなと思いましたが食べてみるとそれなりの満腹感。大盛りは100円増し。
食べ終わると口の周りはオレンジ色。
FullSizeRender

食後にお願いするのはアイスコーヒー。
ブラックでいただけば、口の中もさっぱり。

12時を回って、お客さんもどんどん入ってきます。
喫煙可なので、煙たくなって来ました。そろそろ撤退しましょう。

2022/6/17

釜めしのアタマ 荻野屋 弦(げん)神田店

6日にグランドオープンしたこちら。同名のお店が有楽町にもありますが、こちらは蕎麦を売りにした2店舗目。JR神田西口すぐのガード下。
FullSizeRender
あの釜めしは現在は予約注文。昼は蕎麦、夜は立ち飲みのお店になります。
FullSizeRender
「駅そばと蕎麦前 伝統の味を新しいカタチに」というコンセプト。
FullSizeRender
ランチタイムは、蕎麦3種類と、釜めしのアタマと蕎麦のセットの4種類。
店内はカウンター席の、ハイチェア8席。先客3名。
お好きなお席でお待ちくださいと言われて着席。お水を持って注文取りに来てくれます。
釜めしのアタマに惹かれますが、釜めしと同じ1100円はちょっと…ここはかき揚げ蕎麦 880円をお願いします。
ランチは日替わりご飯がセットで付いてくるようで、本日は鮭ご飯。あっ少な目でお願いします。

荻野屋と言えば、峠の釜めしですが、軽井沢駅などでは立ち食いそばも提供しています。
自家製麺の蕎麦とうたってますね。
創業は明治18年。私の記憶にあるのは碓氷峠の横川駅の南国道18号沿いのドライブイン。小学校5年生くらいだったでしょうか。その当時の釜めしは数百円だった記憶が。
横川駅前の本店には、横の工場にあの釜の丼が大量に並んでいました。
FullSizeRender
しばし待てば登場。カウンターの前の引出しの中から箸を出していましたが、お盆と一緒に提供されました。
釜めしモチーフの丼が大小。面白いですね。小さい方にはちゃんと「おぎのや」の名前入り。
大きな釜丼には蕎麦が入り、かき揚げ天とゴボウ、ネギが乗っています。蕎麦はなかなか美味しいですね。コシも風味もイイ感じ。温かいつゆにも負けていません。立ち食いそばよりレベルが高い。
やや甘口のつゆは濃い目ですね。天ぷらの油が回って甘めになっているようです。ゴボウがまた美味しい。
残念ながらかき揚げ天は揚げ過ぎで焦げているような色。中身は判然としませんが、玉ねぎとイカなどの海鮮でしょうか。つゆに解けていきます。
ミニの釜丼には茶飯に、鮭フレークがまぶされています。これ美味しいですね。少な目と言ってもしっかり入っています。
蕎麦のボリュームがかなりしっかりとあります。日替わりご飯も食べるとかなりお腹いっぱいに。
お盆の端には「峠の力餅」が一つ乗っています。デザート付きです。これも嬉しい。

釜めしのアタマも気になりますが、やはりご飯といただきたいですね。
ややお値段はお高めで、ランチの選択肢も少ないので、ボリュームを減らして、価格を下げてもらえると嬉しいですが。

お会計は渡された番号札をレジに持って行き、帰りに精算。
まだまだ試行錯誤中の感じはありますが、蕎麦は美味しかったです。

2022/6/15


一子相伝の黄色いカレー 東嶋屋(とうしまや)

金曜日のカレー、今日は懐かしの黄色いカレーを求めて入谷のこちらに。
FullSizeRender
老舗蕎麦屋の黄色いカレー。創業は明治25年。人形町などの東嶋屋の本家ですね。
メニューは色々ありますが、お願いするのは、ライスカレー 710円。ご飯少なめでお願いします。
FullSizeRender
14時を回った所なので、先客は1名。14時半にはオーダーストップです。
手前はカウンター、8席ほど、奥に4人テーブル席が4つと、奥が広くなってます。
FullSizeRender
一子相伝の黄色いカレー。調理場で立ち回る女将さんしかレシピは知らないのだとか。
調理場からはカレーの良い香りが漂ってきます。

お水とおしぼりは既にもらっていますが、お盆にコップに入れた水にスプーンを刺して、ウスターソースを乗せてスタンバイ。

さて出来上がって登場です。
FullSizeRender
うんうん、黄色い。
小麦粉に、ラードも入っているのでしょうが、とろみがすごいですね。このとろみの為に作り置きが出来ないので、注文受けてからの一つずつの手間がかかってます。
具材は豚肉、玉ねぎ。付け合せの福神漬もたっぷり。
辛味はそれほど強くないですが、メニューの短冊にもある様に、塩カレーですね。塩気が結構あります。S&Bのカレー粉を使っているそうですが、香りがまんまそれですね。
時間が経つとラードのとろみが一段と強くなって、固まってきますね。
熱々のうちに食べていかないとダメですよ。
ご飯少なめでお願いしましたが、カレーがたっぷりかかっていて、ずっしりとしたとろみなので、かなりお腹いっぱいになります。
もりそばとのセットもありましたが、セットにしなくて正解でした。

さて、寄り道せずに帰るとしましょう。

2022/6/10

遅いお昼は十割蕎麦 十割蕎麦 さ竹 恵比寿店

半ドンなのに代わりに勤務する所での業務説明が長い長い…もう16時ですよ…昼抜きで行ったからお腹空いた。
FullSizeRender
恵比寿と言えばこちらかな。
十割蕎麦のお店。
FullSizeRender
入口右の2台の券売機。セットものが強く主張して誘って来ますが、こんな時間だし我慢して、胡麻ダレもりそば 460円をポチり。
先客は、5名。
一番奥の厨房に券を渡し半券を受け取ります。
こちらは押出製麺の十割蕎麦。
プシュ〜っと茹で釜に直接イン。
茹で上がりを水で締めて出来上がり。
ミニ湯桶に蕎麦湯も付いてきます。
FullSizeRender
蕎麦はつるんとした中太。十割らしからぬツルツル感。食べた感のある蕎麦ですね。
胡麻ダレは、かなり濃厚。蕎麦が絡んで食べ終わる頃には胡麻ダレはほとんど残りません。
ワシワシと食べ進めあっと言う間に食べ終わります。

お隣には富士そばがありますが、断然こちらですね。
ガリ鯖メシも食べたかったんですが、まぁご飯は我慢と言うことで。

2022/6/8

あのアイスドが復活 カフェ ド カナール

新橋駅前 ニュー新橋ビルで50年に渡り営業していたお店が、2月末で閉店し、荒川区西尾久に移転して再開。
FullSizeRender

尾久の駅から5分程度、都電の荒川遊園地前からだと4分くらいですかね。
どらっぐばばす西尾久店の2階です。
FullSizeRender

新橋の頃に比べれば半分くらいの大きさでしょうか。壁に向かったカウンターが8席、2人席が8席、ボックス的な席が10席で、計26席とこじんまりとしています。スペースはゆったりと使われていますね。入れ物が倉庫のような作りですから、新橋時代の調度品はあるもののしっくりは来ないですよね。
FullSizeRender

現金のみの先払い方式。
あのアイスドをお願いします。600円。
ガムシロップとクリームは少なめで。
お姉さんワンオペ、お客さん居ないので貸切です。

来ました!
FullSizeRender

あの歪んだコップもそのままにアイスドが登場。
クリーム少なめでお願いしたので白い部分が少ないですが、コーヒーをしっかりと味わえます。
FullSizeRender

濃いめのアイスコーヒーが美味しいですね。

こちらも昔ながらで、ネルドリップでまとめ淹れだそうですから、しっかりとした味になるのでしょう。
FullSizeRender
新橋時代とは違って、のんびりと営業されているようで、少なくともアイスドがまた味わえるのが嬉しいですね。

2022/6/2

山形冷ったい肉そば 河北や(かほくや)

このところ振られ続けていたので休みを利用して訪問。
金曜日のカレーはこちらでいただきましょう。
FullSizeRender

ちょうど土砂降りになって来たタイミング。
山形県河北町に謂れのある、冷ったい(つったい)肉そばがいただけるお店。
夜は山形郷土料理の居酒屋になります。
FullSizeRender

小さな券売機で、冷ったい肉そばとミニカレーのセット890円をポチり。
お姉さんに券を渡し「冷ったいの、蕎麦半分で」お願いします。
昼時はお姉さん4名体制。
ミニカレーもご飯軽めでお願いします。
FullSizeRender

さて出来上がり。
先客5名。低いテーブルに着席。
コシの強い田舎蕎麦と優しいつゆ。何とも言えない味ですね。山形県民のソウルフードと呼ばれています。
お値段は変わりましたが、内容は変わりません。
銀座の山形田とは微妙に違うライン。基本コシの強い田舎蕎麦なんですが、つゆも蕎麦も微妙に違う。
親鳥の歯応えと噛み締めた時の肉の味がイイですね。
ミニカレーは真っ黒な牛すじカレー。お肉も2つも入ってます。辛さは控えめですが、コクがあります。
FullSizeRender

さて移動しますか。

2022/6/2

創業昭和30年 喫茶 穂高

須田町から昔なら登りをテクテク歩かなくては行けなかったのですが、再開発のビルが林立して、エスカレーターを使って行けば、楽々と聖橋の南詰に。

ちょっとお茶して行きましょう。
FullSizeRender
何十年ぶりでしょうか、お好きな席にどうぞと案内されます。お店自体は10年ほど前に建て替えられていますが、山小屋風の作りはそのままに。山の絵や書籍が並びます。店名は山と同じで濁らずにホタカ。
駅側の窓横が空いていたので着席。
御茶ノ水駅の喧騒や電車の音も聞こえて来ます。
FullSizeRender
アイスコーヒー 650円をお願いします。
昔に比べれば随分と値上がりはしていますが、お店の存続を考えれば致し方無い。
カウンターの中から、まとめて淹れるネルドリップのコーヒーの香りが広がります。
FullSizeRender
シンプルでありながら、下の方にカットの入ったグラス。
丸みを帯びた小振りな冷タンが嬉しい。
ガムシロップピッチャー、ミルクピッチャーが、なんとも言えず雰囲気ですね。

細身のストローが嬉しいですね。
ゆっくりと喫茶の時間が楽しめます。
FullSizeRender
グリーンベルベットの椅子も良い感じで味が出ています。家族経営のアットホームなお店です。

さて、帰るとしますか。明神そばは折角復活したのにやっぱり閉店。そのまんまで残ってますね。

2022/6/1

絵に描いた立ち食いそば 六文そば 須田町店

水曜半ドン。業務引き継ぎに時間がかかって、神田まで来たけど軒並み中休み。
困った時にはこちらがある。
FullSizeRender

先客2名、後客2名。厨房周りのカウンター椅子席に着席。本当は角の立ち席が良かったのですが、先客で埋まり。
オヤジさんに、茄子と生姜で口頭注文。
茹で麺を湯がき、揚げ置きの天ぷらを乗せれば登場。現金引換。
FullSizeRender

興和物産のもそっとした茹で麺が立ち食いチックなお味。
つゆは六文全体に言えますが昔に比べると随分と優しくなりました。
生姜天のパリッとした食感と辛味を味わい、蕎麦を啜ればなんとも言えない美味さですね。
茄子天は大振りで少し柔くて美味しい。

天ぷらは昔に比べると段々と小振りになっているのは仕方ないですね。それでも天ぷら2個で510円はありがたい。
FullSizeRender

厨房周りのカウンターは、椅子に座ると高さが微妙なんですよね。ガラスケースに頭がぶつかりそうになるしw

神田藪蕎麦は定休日。珈琲ショパンに寄ろうかとも思いましたが、御茶ノ水駅まで歩きますか。

2022/6/1

みっしりと餡子 たいやき ひいらぎ

恵比寿に来たから、お土産にこちら。日本4大たい焼きのひとつと言われているらしい。
4大と言われる中、唯一の養殖もののお店という珍しさ。
昼過ぎなので並びは無し、暑いしね。
FullSizeRender

たい焼き3尾お願いします。
FullSizeRender

季節限定は、ソフトクリームや、冷やしたい焼き、たいやきソフトなんてのもありますよ。
FullSizeRender

家に帰っていただけば、薄い皮の中にはみっしりと餡子が頭から尻尾まで溢れ出さんばかり。
ところがこの粒餡、甘さ控えめで、ほんのり塩味も感じられて美味しいんです。
流石に焼けてから時間も経っているので、皮のパリパリ感は薄れていますが、美味しいですね。
甘い物は控えないとなんて関係ありません。美味しいものはしっかり食べなきゃ

2022/5/25

牡蠣と聞いては見逃せない おにぎり維心 恵比寿店

恵比寿からこがね製麺所に歩いて行く途中、恵比寿駅東口交差点の角にあるおにぎり屋さんが気になって、帰り道吸い寄せられました。
FullSizeRender

何故と言えば、名物 牡蠣おにぎり と書いてあるではありませんか。
FullSizeRender

早速お姉さんに牡蠣おにぎり 420円をお願いします。
FullSizeRender

歩道に縁台が出ているので、ちゃんと座って食べましょう。
FullSizeRender

またほんのり温かいですね。
海苔は小さめですが、フワッと握られています。
中の牡蠣まで一緒にガブりと行けば、これは美味しい。
広島産の牡蠣を焼いてからオイル漬けにしてあるそうで、ほろりと牡蠣が崩れ、ご飯と絡まってイイ塩梅。
醤油系の辛くも甘くも無く、それでいて牡蠣の旨味が前面に出てきて美味しい。
こだわりの食材、山形県産「つや姫」、長崎対馬産「浜御塩」、有明産「厚漉艶稀」。
なんかこれだけでも大満足ですね。

2022/5/25

これは本当の讃岐うどん こがね製麺所 恵比寿店

水曜日の半ドン、今日はテクテク恵比寿の駅を越えてこちらに。
FullSizeRender

セルフの讃岐うどんのお店。
FullSizeRender

入口左の券売機で、冷おろしぶっかけ 490円。天ぷら2個 340円をポチり。

うどんはポチると直ぐに用意されて出てきます。
セルフの天ぷらは揚げ置きですがいろいろ種類がありますね。
後会計じゃ無いのだから、券売機で天ぷら1個を押せば良いのに…
結局、かき揚げ天、カレーとり天をチョイス。

奥のカウンター席でいただきます。明るい店内は椅子席。
先客は4名。後客には女性お一人様も。
FullSizeRender

あ〜セルフのネギや揚げ玉乗せるの忘れましたね。
でもレモンを絞ればおろしとのバランスがちょうど良い。
うどんは、コシがあり、しっかりとしめてあるので、これは美味しいですね。本格的な讃岐うどん。
いりこ出汁のつゆも優しく美味しいですね。
かき揚げ天は、流石にサクッと感はありませんが、玉ねぎメインで甘みがあって美味しいです。
カレーとり天は、薄く仕上げてあるので、食べた感があってカレーが控えめに効いているので、食欲をそそります。

焼鳥屋さんがやっている某有名チェーン店の、美味しいけれど讃岐うどんとは違うそれとは、一線を画す美味しい讃岐うどんですね。こちらは香川県が本部の県下最大讃岐うどん店。本物です。

2022/5/25

元祖天玉そば かめや 神田東口店

久しぶりの飲み会の前にお昼も食べてないので、こちらで。
新宿西口思い出横丁など都内に数店舗、神田には西口店もあります。
「元祖天玉そばの店」ということですが、正確に言うと温玉とかき揚げ天で出したのが元祖ということで、生卵のそれはどこでも出していたようです。
母体は鰻屋さんらしいですね。
FullSizeRender

店内はカウンター10席。アクリル板で仕切られています。
16時と言う言わばアイドルタイム。先客1名、後客2名。

お願いするのは、元祖天玉そば 470円。
口頭注文、現金先払い。
ツーオペで、お一人は夜に備えてかき揚げ天を揚げています。
蕎麦は生蕎麦ロット茹で、それほど時間は経っていない様です。
湯掻いて、つゆを注ぎ、温玉を割り入れ、ネギ投入。かき揚げ天は揚げたてを乗せてくれました。
FullSizeRender

白いかき揚げ天が、丼を覆い尽くします。大きいですね。揚げたてでサックリと揚がっています。
蕎麦は半分でお願いしたはずが結構な量。
生蕎麦ならではの喉越し。薄めのつゆと合いますね。
王道の天玉そばですね。ただの立ち食いそばとはちょっと違うレベルの味。
最後に温玉をするっといただいて、ご馳走様。

厨房ではつゆを追加仕込みしている様ですが、ちゃんと塩分濃度計で、確認してますね。
しっかりとお店の味を守ってますね。アバウトなところが無いのも好印象。

2022/5/19

一日一麺 六文そば 日暮里一号店

上野からの移動中、そうだこちらに寄ってみようと二駅乗って途中下車。
再開発でビルの3階に入ったこちら、2号店の方が勢いあるかな。
FullSizeRender

アレオヤジさん出て来ちゃって店内誰もいないよ。あ〜外の看板下げに行ったのね。もう仕舞の時間ですね。
外の券売機で、ゲソ天そば 390円をポチり。
FullSizeRender

オヤジさんに券を渡して、そばコール。
こちらは生蕎麦茹でたてがいただけます。

しばし待てば登場。
FullSizeRender

つゆが、鰹節がフワッと香ってイイ感じ。
カウンターの上にあるタッパーから刻みネギをぱらり。
ゲソ天は揚げ置き、ぽてっと衣多めのずっしりタイプ。
蕎麦は、生蕎麦茹でたてですが、もそっとしている立ち食い王道の小麦粉たっぷりタイプ。
やや濃いめのつゆと相まって、立ち食いそば王道のお味。
衣も含めて小麦粉沢山摂取で、お腹に溜まります。

しかしこれで390円は、お安いですよね。まぁ値段相応の味ではあるのですが、この値段を維持するのだって昨今の情勢からは大変だろうなと。

さて帰るとしますか。

2022/5/18

ギャラリー
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 24時間年中無休 コーヒーショップ クール
  • 7月末で閉店 吉田屋
  • 7月末で閉店 吉田屋
  • 7月末で閉店 吉田屋
  • 昭和レトロ 喫茶 銀座
  • 昭和レトロ 喫茶 銀座
  • 昭和レトロ 喫茶 銀座
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ