けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

昭和感

待ちが居ても我関せずのお客さんはねぇ  桃乳舎

今日は天気が気持ち良い。こんな陽気もあと少し。

こちらまで遠征して。

おやおや、満席。中待ち1名。

FullSizeRender

食べ終わってもタバコ吸って長居する人が多いからですね。

結構待ちましたが、席が空いたので着席。

しばし待ってお母さんのタイミングを待ちます。

お母さんは、混雑していても順番をキチンと把握しているので大丈夫。

やたらに声掛けてもダメなんです。


さて、お母さんが、お待たせしちゃって、と恐縮。

チキンカツ 520円を丸皿ライス無しでお願いします。

FullSizeRender

思いの外早く出来てきましたね。

しっかり盛られた千切りキャベツから。手切りの千切りキャベツはシャキシャキで美味しいですね。

チキンカツは、半身程なのでボリュームは少ないですが、このくらいで十分です。

付け合せの素ナポがたまりません。


タバコ吸って話し込んでる人達やっと腰を上げましたね。待ってる人がいても全然気にならない方々はチョットね。

普通の店ならお皿下げられちゃいますけど。


お会計は、丸皿ライス無しなので 400円。いつもすみませんの価格です。

さて、薫風の中を帰りましょう。


2019/5/17



こんなに安くて良いんでしょうか?  桃乳舎

今日はちょっと風が強いですね。

Rettyのフォロワーさんから「一番参考になりました」通知をもらったら、無性に食べたくなったのでこちらに。

FullSizeRender

ファサードの上の方には桃の鏝絵があるんですよねぇみんな気がつかないけど。

今日はやや空いています。空きテーブルも2つほど。

入口そばのテーブルに着席。

ランチまだあるようですね。サーモンフライとポテトサラダか…

お母さんにお願いするのは、ハンバーグ、丸皿、ライス無し。

FullSizeRender

しばし待てば登場です。

丸皿は、キャベツの千切りと付け合せのスパゲティが大盛りになります。

キャベツをしっかり食べればお腹も膨らみます。最近は、パセリを乗せるところも減って来ましたが、こちらは未だに乗っかっています。苦味がたまりません。

付け合せのスパゲティは、素ナポですが、これがなんか良いんですよね。これだけでもお腹が膨れます。

ハンバーグはしっかり手作りで割と粗めなので食べ応えあります。デミグラスソースが年月を感じさせますよね。添えられた辛子がイイ仕事するんですよ。


さてお腹も膨らんだので、お母さんにお会計をお願いすれば 380円!いつもどういう計算なのか、これじゃ儲からないですよね。どうもお皿を使うか使わないかで価格差が大きくなるようです。

奥のお父さんにも挨拶して帰るとしましょう。

いつもながら感謝です。


2019/4/23


桃乳舎
ジャンル:洋食屋
アクセス:東京メトロ日比谷線茅場町駅10番口 徒歩4分
住所:〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町13-13(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 人形町・小伝馬町×洋食屋

ノスタルジックなラーメン  あづま軒

日差しはあるんですがあまり暖かくは無いですね。


今日はこちらの町中華で。

FullSizeRender

昭和23年創業、2015年末に建て替えをして新しいビルになり小綺麗になっています。


1階のテーブルは各席1名で満席なので2階に案内されます。

2階はテーブル席が6つほどあり広々としています。

FullSizeRender

注文するのは、ラーメン 550円。

ライス、お新香、冷や奴の付くラーメン定食 750円や、ミニチャーシュー丼とのラーメンセット 800円もありますが、ここはシンプルに。


しばし待てば着丼。

調理場は、1階なのでダムウェーターで上がって来ます。

FullSizeRender

トッピングは、チャーシュー1枚、豆苗、メンマ、ネギとシンプル。

チャーシューは、柔らかく厚さもあり食べ応えがあります。

スープは鶏ガラ系のオーソドックスな東京ラーメン。お酢を回し掛けたくなるアレです。

麺は中細ストレート、最初はほんの少し博多ラーメン系の粉感があり、徐々にスープが絡まるとイイ感じのツルツルに。


懐かしい感じの味にスープも完飲。


東京ラーメンと言えば、銀座 共楽のラーメンが早く再開されないか気を揉んでますが、内装工事がやっと始まったようで、隣の菊水は6月1日再開と書いてあるので、その位になるのでしょうか。


2019/4/19


あづま軒
ジャンル:中華料理
アクセス:東京メトロ日比谷線人形町駅A1口 徒歩1分
住所:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-3-8(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 人形町・小伝馬町×中華料理

ポツンと町中華が侮れない  中華そばターキー

昨日の暖かさとは打って変わって雪までチラつく寒さ。

新宿まで忘れ物を届けに行った帰り道。そうだこちらに寄ってみようと。

雑司が谷霊園の先、旧宣教師館の近く、住宅街の中にポツンとある町中華のお店です。

FullSizeRender

14時前の入店、先客は1名。

カウンター6席。4人テーブル一つと2人テーブルが二つあります。昔懐かしいパイプのテーブルと丸椅子です。

店名には中華そばとありますが、町中華のメニューは豊富です。

FullSizeRender

ラーメン 600円と餃子 480円をお願いします。

年配のご主人お一人で永くやっていらっしゃるそうで、昔々はこの通りが商店街だったとか。今は面影もありません。

テレビは相棒の再放送。マッタリとした時間が流れます。後から来た方も初めての方のようですね。

FullSizeRender

餃子は、注文を受けてから包んでくれてます。

鉄鍋に並べて焼き始め、頃合いを見て麺の準備を始めます。良く麺だけ先に出てきちゃうとかありますが、ちゃんと同じタイミングで出せるようにしてくれる。当たり前なんだけど、今は中々そういう所は少ないですよね。

FullSizeRender

さて、同時に出来上がりです。

ラーメンは色の濃い醤油スープ。いやいやコレは奥の深いお味。色の濃さとは裏腹にスッキリとした後味。

麺は中細麺。柔らかめなのが町中華で良いですよね。

トッピングは、厚みもしっかりあるチャーシュー2枚、メンマ、ほうれん草、ネギとシンプルですが、コレは美味いラーメンですよ。

聞くところによれば、スープをとるのに材料をケチって無いのが美味しい秘密とか。

餃子は6個。薄めでもモチっとした柔らかい皮に、餡は細かく刻まれてパンパンに入っています。噛むと柔らかい食感。ニンニクがガツンと来ます。これぞ懐かしい町中華の餃子。


スープも完飲して、喉が乾くかなと思いましたが、そんなことは無くとても美味しくいただきました。

こういう個人経営のお店は永く残って欲しいですよね。


2019/3/23


中華そばターキー
中華そばターキー
ジャンル:中華そば・ターキー
アクセス:副都心線雑司が谷駅雑司が谷口 徒歩6分
荒川線雑司が谷駅 徒歩6分
有楽町線東池袋駅 徒歩6分
住所:〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷1-24-2(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 護国寺×ラーメン・麺料理

自分勝手なスペシャルメニュー  桃乳舎

今日は暖かいですね。風も弱くて冷たく無い。こんな時は遠征に丁度良い。

FullSizeRender

さてと、満席ですね。ドア前のお兄さんカレー食べ終わってるけどスマホに夢中。

お母さんが相席お願いしてくれました。


今日のランチは終了しているので、スペシャルメニュー、ハンバーグ丸皿ライス無し、カキフライ3個乗せをお願いします。


しばし待てば登場。

FullSizeRender

まずは、大盛り千切りキャベツをムシャムシャ。野菜から食べないとねw

今日は少しカキフライが濃い目の揚げが上がり。熱々のカキフライを頬張れば牡蠣の旨味が広がります。

ハンバーグは、今日は柔らか目。デミソースは、何時ものコクのあるお味です。

こちらのハンバーグは、付け合わせの練り辛子を付けながらいただくとイイ感じなんです。

作り置きの冷たい素ナポリタンが、ナポ好きには嬉しいです。


さてお支払いは、ワンコイン。こんなにわがまま言ってこのお値段は申し訳ない。

さて、春も少しずつ近付いているようですかね。


2019/2/18


桃乳舎
ジャンル:洋食屋
アクセス:東京メトロ日比谷線茅場町駅10番口 徒歩4分
住所:〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町13-13(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 人形町・小伝馬町×洋食屋
ギャラリー
  • 手間を惜しまないのが嬉しい  福そば
  • 手間を惜しまないのが嬉しい  福そば
  • 旨い蕎麦屋があるのは嬉しい  手打ち蕎麦 雷鳥
  • 旨い蕎麦屋があるのは嬉しい  手打ち蕎麦 雷鳥
  • 旨い蕎麦屋があるのは嬉しい  手打ち蕎麦 雷鳥
  • 旨い蕎麦屋があるのは嬉しい  手打ち蕎麦 雷鳥
  • 待ちが居ても我関せずのお客さんはねぇ  桃乳舎
  • 待ちが居ても我関せずのお客さんはねぇ  桃乳舎
  • 話題のライザップ牛サラダ  吉野家 人形町店
  • 話題のライザップ牛サラダ  吉野家 人形町店
amazon
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ