今日はバースデーなので一人お祝いランチw

そうそう、こちらでお寿司をいただきましょう。


日本橋芳町、小菊通りの角、日本橋小学校にもほど近いこちら。

創業は昭和30年とか。趣のある建物です。

FullSizeRender

ガラリと扉を開けると、「いらっしゃい、こちらの真ん中にどうぞ」と案内されます。

先客は2名、2名とお一人様がお二方。

注文は、嫌いなものが無いかを聞かれ、シャリの量を聞かれます。並、ちょっと少な目、小、極小と別れます。こちらは、デカ盛りでも有名なので、小でお願いしましょう。

おしぼり、大きな湯呑のお茶が出てきます。

先客のうち2名、2名が進行中ですね。にぎりが終わったところのようです。

お一人様2名と私は、次のロットになるので、少し待ちます。


我々の準備が進むと、声がかかり、ガリが出てきました。

FullSizeRender

先ずは、マグロ、赤身と中トロ。こちらは、お箸は出ないので、手でいただきます

大きく厚いネタはそれだけでも美味しいのですが、こちらはシャリとの間にすき身の中落ちが入っているのでねっとりとした舌触りがたまりません。

シャリが小でも大きいですね。並だと普通の寿司の3倍くらいの大きさですからね。柔らかめのシャリは、大きなネタと一緒に噛み締める楽しさがあります。酢加減は私の好みですね。

ヒラメ、小肌、カンパチ。

ヒラメはコリコリして白身のイイ味がします。小肌は江戸前の仕事がしてあり美味しいですね。カンパチは季節の魚になるのでしょうか、脂が程よく乗ってこれは旨い。

FullSizeRender

軍艦巻きは、カニ、イクラ。どちらも醤油を垂らしてあるのでそのまま食べてくださいとのこと。盛りがイイですね。一口で食べるのが大変です。

FullSizeRender

ドカンと出てきた太巻きは、玉子巻。ジュワっと出汁の出る大きな玉子焼きが美味しいです。凄いボリュームです。

FullSizeRender

ホタテは、少し手がかかり、ツメが塗られています。個人的にはホタテはツメ無しがいいんですが、美味しいツメですよ。でもちょっとホタテが負けちゃいますね。

巻物は、カッパ、タクアン、鉄火、梅シソ、干ぴょうから選びます。やはりここは鉄火で。

FullSizeRender

ねぎとろや中落ちではなく、マグロの柵の端っこを切り出して大胆に並べ、隙間には先程のすき身の中落ちを加えて巻いていきます。


シャリ小でもお腹パンパンです。江戸前のお寿司と言うよりも、ネタの力をバンと味わうお寿司ですね。そうそう伺えるお値段ではないですが、美味しいものをお腹いっぱいならこちらですね。

最初に写真許可を取りましたが、最後にご主人に写真撮ってどうなさるんですか?って聞かれました。お隣の方も昨年リタイアされて自分の記録として撮っておられるようで、まあお互い様ボケ防止ですねと笑い合いました。ご主人はパソコンなんか触ったことないってwその代り表に停めてあるビンテージのオリーブドラブのハーレーで河岸に行ってるみたいですよ。


さてさて、とても良い記念のバースデーランチになりました。


2019/6/26


太田鮨
ジャンル:寿司屋
アクセス:東京メトロ日比谷線人形町駅A6口 徒歩1分
住所:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-5-2(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 人形町・小伝馬町×寿司