けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

銀座の路地裏の不思議な空間 一乗寺(業態転換)

銀座の裏路地にある古民家を改装したような和食と懐石料理のお店。
入るのにちょっと勇気がいりますね。
謳コ蟶ッ_0257

2階に案内されました。普通のおうちのような間取り。壁には綺麗な絵もかけられています。
謳コ蟶ッ_0255

ランチメニューは、週替わり定食、深川丼、ねぎチャーシュー丼、あづま丼、まぐろとネギトロ丼、田楽定食などなどバリエーション豊富です。
謳コ蟶ッ_0256

レディースセットは、珈琲、紅茶、に数種類のケーキや和菓子がチョイス出来きます。
定食のごはんを深川飯に変更出来たりと色々な注文が出来ます。
謳コ蟶ッ_0254

ねぎチャーシュー丼を少な目でお願いします。
ちょっと不思議な静寂の時間が流れます。

さて登場。
謳コ蟶ッ_0252

チャーシュー大きいですね5枚ほど乗っています。
手前にはだし巻き玉子。小鉢に香の物味、噌汁が付きます。
5枚のチャーシューはなかなかのボリューム。
だし巻き玉子がいいお味です。

お値段はそこそこ行きますが、お味と雰囲気はよいお店ですね。

2010/2/4


肉屋が営む刺身が美味い定食屋 味処いちむら

ビックサイトの見本市に向かうときによく利用する豊洲駅周辺の飲食店。
肉屋さんの営む定食屋さんがあります。
NEC_0031 (2)

ビルの2階の店舗。入口にはサンプルガラスケースがありますが、今は写真メニューが並んでいます。
営業中掲げられる手書きのホワイトボードは必見。その日の日替わりメニューやおすすめメニューが並びます。

混雑している店内にスペースを見つけて、南方系のお姉さんにメンチカツ定食をお願いします。
こちらのメニュー、肉料理は美味しくてボリュームがあるのは肉屋さん直営だから当たり前。
実は毎日築地に買付に行く海鮮メニューが、新鮮でボリュームもあり評判なんです。
刺身各種、煮魚や照焼、帆立や鮭のバター焼きなど肉屋さんとは思えない充実ぶり。

さて登場。
NEC_0032 (2)

大きく広げられたメンチは時間短縮の為に薄めに仕上げられていますが、ボリュームがすごい。
美味しいご飯と相まって箸が止まりません。

お腹パンパンになっちゃったけど見本市で歩き回るからいいよね。

2010/02/03

独特なチャンポン 桃園 とうえん(閉店)

有楽町交通会館の地下にある長崎料理のお店。交通会館が出来た時からの老舗。
外には食品サンプル。汁ビーフン、肉だんご、焼きそば、皿うどん、炒ビーフン、チャンポンのラインナップ。
謳コ蟶ッ_0094

入口でお姉さまにちゃんぽんと告げプラスチックの札をもらいます。
カウンターとテーブル席キャパはあります。

ホールにお姉さま2人、調理場はご主人と2人のお姉さまが忙しそうに動いています。
しばし待てば登場。
謳コ蟶ッ_0093

コチラのちゃんぽんは、独特で、唐揚げ、肉団子、炒めた鶏肉、錦糸卵が乗ってます。
麺はかなり太目、そのために茹で時間がかかり提供に時間がかかります。ワシワシと食べ進みます。二郎みたいw
豚骨ベースの塩気の効いたあっさりスープ。
野菜はゴマ油でいためられているので香りも良く箸が進みます。
やはりこちらの一番は自家製の肉団子。朝から手作りしているそうで、お姉さま方も自慢のようで新しいお客さんには説明しています。
まぁ本場の長崎ちゃんぽんと少し違っていますが、何でもありなのがちゃんぽんの良いところ。

調布に兄弟店がありますがそちらは中華料理系のお店です。

2010/1/29



ナポリタン好きの聖地 カフェテラス ポンヌフ

新橋駅前ビル1号館の1階にあるナポリタン好きにとっては聖地ともいえる店。
1967年の創業、信夫健二さんの作り出したナポリタンは、喫茶店のナポリタンとしてピカイチです。
謳コ蟶ッ_0090

毎朝6時から20kgのパスタを茹でるところから始まる一日。
ご主人は昼時は調理場に入らずお会計だけ。

テーブル席16席、カウンター7席の喫茶店です。
テーブルの一角に着席。
オーダーはもちろんナポリタンなんですが、ハンバーグを付けて、ポンヌフバーグをお願いします。

フライパンで茹で置きの2.1ミリの太麺をケチャップで炒めていきます。
しばし待てば登場。
謳コ蟶ッ_0089

ナポリタンの上に自家製ハンバーグが乗ってます。ナポリタンは茹で置き野モチモチ麺。これぞ喫茶店のスパゲッティ。具材は少な目。
自家製ハンバーグももっちりと重さを感じます。
真ん中に切り込みのあるバターロールが付いてますので、生野菜、ハンバーグを挟んでサンドイッチにも出来ますよ。

喫茶店ですが中休みがあるので注意が必要です。

路地裏の天丼 春日

銀座1丁目の路地裏にある割烹料理店。
見過ごしてしまいそうな路地を入りすぐ右手に天丼の立て看板が。
謳コ蟶ッ_0085

カウンター9席、テーブル席2つとこじんまりとしています。
天丼でいいですか?と聞かれます。まぁ他のメニューもあるんですけどね。

しばし待てば、着丼。
謳コ蟶ッ_0084

丁寧に揚げられた天ぷらは、ドボンとつゆに浸していないので、サクッとして辛めの天つゆと共にご飯が進みます。
海老、キス、茄子、大葉、カボチャ。
味噌汁も美味しく満足感は高いですね。

2010/1/27

全品630円 あろいなたべた(移転)

有楽町のガード下、いろいろなお店がありますよね。
古いところでは、都庁が目の前にあった頃からという店もチラホラ。
携帯_0079

こちらは何を頼んでも 630円というリーズナブルなタイ料理のお店。
ランチタイムももちろん 630円。
〇〇ナシュラン獲得のお店なので、薄汚れたお人形がレジに置いてあります。
店内はガード下なので、弧を描いた天井、場所によっては低い感じの所も。
テーブルや椅子も簡易的でチープな感じがまたイイんです。

バッタイをお願いします。
携帯_0078

すぐに出てきますよ。にらともやし、乾燥海老がいい味出してます。

メニューが色々あるので迷いますが、どれを頼んでも間違いはないですね。

2010/1/25

大洗であんこうを食す 磯料理 山水

大洗海岸までプチ旅行。カミさんと一緒に市場を見たり、大洗磯前神社を参拝したりとウロウロ。
神社の前にあるこちらのお店。
477)

店先ではこの時期ならではの、鮟鱇の吊るし切り。
2010-01-18NEC0052

暖簾にも「あんこう鍋」と大書きされています。
店内はテーブル席にお座敷。お座敷の方が広いですね。
305)
窓の外には、磯前神社の鳥居が波打ち際に立っているのを見ることが出来ます。

あんこう鍋をお願いし、出てくる前に岩牡蠣をお願いしました。
801)

ウワ~!大きい!とても一口では食べきれるサイズではありませんね。口に含めばミルキーなエキスが口の中を暴れまわります。美味しいですね。
940)

さてあんこう鍋の準備も出来ましたよ。そびえたつ具材も煮込んでいくと鍋に収まる具合になってますよ。味噌仕立ての鍋は温まりますね。
車でなければ熱燗をクイッとやりたいところですがここはグッと我慢です。
お腹も心も気持ちも満足したお昼になりました。

2010/1/18

カツカレー発祥の有名店 王ろじ

新宿伊勢丹の近く、皆さんご存知の老舗のとんかつ屋さん。
改装した後、お店の入口が合わりましたよね。
数々のメディアに取り上げられ、大正10年の創業。有名人のお客さんも多いですよね。

家族で入店、混雑しています。
何とか席に座れてお願いするのは、とん丼、これはいわゆるカツカレーの丼バージョン。
とんサンドイッチもお願いしますよ。いわゆるカツサンド。
でもなあ、串カツも食べたいんだよなあ。ここのは自分好みの玉ねぎのタイプ。
謳コ蟶ッ_0052

さて、まずは、とん丼。ややとろみの強いカレーが丼のご飯の上にかけられて、まんまるのヒレカツが3つに切られて乗っています。カレーはそれほど辛くなく、どちらかというとお蕎麦屋さんのカレーに近いかも。美味しいですね。
一緒について来る豚汁が絶品。これだけでご飯行けますよね。
謳コ蟶ッ_0053

とんサンドイッチも来ましたよ。銀皿に盛られてちょっと昔の喫茶店の様ですね。キャベツの千切りがたっぷり挟まれてソースが滲みています。
パンは6つに切られているので食べやすい大きさなのですが、厚みがあるので大きな口をあけないと食べられませんw
謳コ蟶ッ_0054

串カツも来ました~玉ねぎが甘くておいしいんですよね。
やや衣の下の小麦粉と卵の層が厚いのが特徴。目黒のとんきにも通ずるものがありますよね。

たまに無性に食べたくなるとんかつですね。

2010/01/17


埼玉の人気レストラン 馬車道所沢ミューズ店(閉店)

小学4年の息子君の同級生の女の子(ちょっとお互い意識してるみたいw)が、第九を歌うということで所沢まで。マチネですね。

開演まで時間があるので腹ごしらえ。
埼玉県民ならだれでも知っているレストラン馬車道。
外が見渡せる明るい窓際の席です。

ナポリタンとソーセージピザをお願いします。
携帯_0001

ソピオの基本形、ライトな味付けで飛ばない系。
ソーセージが主張するピザは子供受けしますね。
携帯_0002


さて、年末恒例の第九を聞きに行くとしましょう。

2009/12/13

四川・薬膳創作中国料理 銀座小はれ日より

銀座一丁目の外れ、ビルの地下にある四川・薬膳創作中華のお店です。
入口の入り方が今一つ分かりにくい。小さなくぐり戸を開けるのか、引き戸になっているのかw
携帯_0251

地下は意外と広く、20席以上ありますね。
ランチタイムは、担々麺で有名です。
時間を外れると閉まってしまうのでなかなかタイミングが合いません。
携帯_0250

担々麺は、やや辛めでお決まりのひき肉と青梗菜がイイ感じ。
麺は中細ストレート麺。
スープのコクがたまりません。

2009/12/10

こんなところに立喰いうどん 相模屋(閉店)

三原橋地下街も建て替えの為にそろそろ立ち退きが始まってきました。
中ほどにうどんの看板。
携帯_0219

立喰いうどんのお店です。
狭い店内で、肉うどん 490円をお願いします。
さて登場。
携帯_0218
携帯_0218

薄い色のつゆは関西風。
お揚げとゆで豚ワカメが乗り小葱が散らされています。
つゆは出汁が効いていてイイですね。
うどんはやや細め、大阪うどんのような感じですかね。

肉はあまり濃い味ではないのでしつこくないです。
お揚げの炊き込みが少し甘みがあるので、後半はつゆも少し甘みが出てきます。
なかなか美味しいうどんです。

2009/11/26

かつ丼セット 木挽町砂場(閉店)

たまにお蕎麦屋さんのかつ丼って食べたくなりますよね。
今日はこちらの老舗でいただくことにしましょう。
地元の常連さん達が集う昔ながらの町蕎麦です。
携帯_0206

砂場の系列ですから、ちゃんと花番さんがいて注文を取ってくれます。
かつ丼とミニそばのセットをお願いします。

しばし待てば登場。
携帯_0205

ミニそばはシンプルにかけそば。自分の好みでネギを載せられます。
砂場のやや辛めのすっきりとして後に甘みが来るつゆです。
蕎麦は極々普通の町蕎麦。
絵にかいたような町蕎麦のかつ丼ですね。三つ葉もちゃんと散らしてある。
玉子は少し火が通りすぎかなぁ…もうすこし半熟の方が好みです。
そこそこ厚みもあるカツは食べ応えありますね。つゆが浸ったご飯が美味しいんですよね。
どんぶりからガツガツ行ってしまいます。

ちょっと食べすぎですかネw

2009/11/20

若手に任せたのは良いけれど さんさく(閉店)

昭和通りを渡り、木挽町仲通りには飲食店が軒を並べています。
携帯_0204

日本料理のお店。夜はそこそこのお値段とるんでしょうね。
ランチタイムはお気軽に。

生姜焼き定食をお願いします。
大将は手を休め若手に任せます。
まだまだ手元も危なっかしい。
携帯_0181

さて、出来上がり。
生姜焼きはちょっと火を通しすぎて焦げ気味…
付け合わせのふろふき大根が美味しいですね。
まぁもうちょっと頑張ろうねな仕上がりでした。

2009/11/19

なんか落ち着く家 カレーハウスAICHIYA

新富橋を渡って平成通りの手前黄色いテントが目立つカレーショップ。
携帯_0203

中はカウンター。
フライ系のトッピングが色々あり、一個からでも追加できます。
携帯_0202

カレーは、サラダとスープが付いてきます。
家庭的などこにでもあるようなカレーですが、何故か落ち着きホッとできるお店です。

2009/11/18

昭和レトロなとんかつ屋さん 豚児(閉店)

木挽町に昭和な空間が残っているところがあります。
マガジンハウスにほど近く、路地裏の和菓子の銘店「よしや」向かいの軍鶏料理「小や満」お弁当の「かすみ亭」など、ちょっと時間に置いて行かれた空間です。
NEC_0121 (2)

緑の縞のテント、ガラス戸に書かれた「豚児」の文字、メニューも無く入りづらい(事実店の自転車が邪魔で入り辛いw)

店内は昭和感あふれ、オヤジさんが一人でやっているので、時間がかかることもあります。
メニューは、とんかつをメインにフライ系、ポークソテー、丼もの各種、オムライス、焼きめし、肉野菜炒め、コロッケ、シュウマイなど、価格の入っていないものは作ってくれないみたいw

串かつライスをお願いします。壁には短冊が出ていますが、メニューには価格が書いてありません。

しばし待てば登場。ここはあくまでオヤジさんのペースが標準。
NEC_0122 (2)

長ネギと豚肉の串かつは少し揚がり過ぎかなぁという濃い色になっています。
しっかりと揚がっているのでやや硬めになっています。
2本の串かつの下に、千切りキャベツとポテトサラダが隠れています。このポテトサラダが美味い。
お新香と味噌汁、美味しいご飯がなかなかのバランス感。

さてお腹いっぱいになって帰るとしましょう。

2009/11/12
ギャラリー
  • 休みの餃ビー 天香屋
  • 休みの餃ビー 天香屋
  • 休みの餃ビー 天香屋
  • 休みの餃ビー 天香屋
  • 聖地巡礼 文殊両国本店
  • 聖地巡礼 文殊両国本店
  • 聖地巡礼 文殊両国本店
  • 小さめだけど月見 福そば
  • 小さめだけど月見 福そば
  • 隣同士どちらも捨てがたい 蕎麦一心たすけ 八重洲店
アーカイブ
amazon
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ