12年ほど前支店の店長をやっていて新規店舗を立ち上げ、アルバイトさんの採用なんかもやっていたとき、高卒の男の子と女の子がやってきました。どちらも爽やかな感じの好青年、美少女で採用。
そのうち、なんか二人付き合ってる見たいっすてな話しになりw 
そうこうしているうちに私も異動となり、その後二人は退職。消息はちらちらと聞き及んでいて、facebookでも繋がり、名古屋へ2人で行ったことは知っていましたが、今年になって結婚式を挙げることになりましたと連絡があり、本日お呼ばれしてきました。
その当時の同僚が多く駆けつけ、久しぶりに会う顔もあり、当時の状況が思い起こされました。
大宮駅からシャトルバスがあるとのことで乗車しましたが、30分程かかります。地図を見れば二駅先の上尾駅の方が近いんですね。
住宅街の中に忽然と現れる建物。Camelot Hillsに到着です。
18世紀の英国ウエールズ地方にある伝統の「マナーハウス」をコンセプトに落ち着いた建物や内装です。 結婚式は、施設内のチャペルで執り行われましたが、ステンドクラスがはめ込まれたゴシック仕様の内装や19世紀のアンティークパイプオルガンも配置され、なかなかの雰囲気ですね。
お天気も良くイングリッシュガーデンでフラワーシャワーに乾杯。なんとここで乾杯のご発声をw 
爽やかな2人にあった爽やかな天気ですね。
建物の中に入り披露宴の開宴です。 

まずは前菜から 
帆立貝のコンフィと緋扇貝のマリネ
ビーツと柚子胡椒の2種のソース
FullSizeRender
ソースが美味しいですね。ビーツのソースは癖もなく彩りを添えています。
緋扇貝が美味しかったですよ。

温かいカボチャのポタージュ
抹茶のアイスとズワイガニを添えて
FullSizeRender
カボチャのスープにはズワイガニが浮いてます。
抹茶の丸いアイスが付いていてお好みでスープの中へと言われてやってみましたが…これは別に食べたほうがイイね。
 
真鯛のバロンティーヌ シャンパンソース
FullSizeRender
バロンティーヌって普通肉で詰め物したタイプだよね。魚料理でも使うのかなぁ。 お味は良いですね、パテもしつこくなく、どの料理も万人受けする無難な味付けです。
 
フローズンフルーツのグラニテ
FullSizeRender
お口直しにと出てきたグラニテ。フローズンフルーツが口の中をさっぱりとさせてくれていいですね。
 
牛フィレ肉のデュクセル添え トリュフ風味のクロケット ポルト酒のソース
FullSizeRender
フィレ肉は柔らかく、ソースとの相性もいいですね。右奥の丸いのがクロケット、一口なのでトリュフの風味はさほではなく…
左下の刻んだ野菜の乗っているのはハンバーグ的なミンチ肉。 これも美味しいです。
FullSizeRender
サラダですと出されたのは、まるでソフトクリームのようにワッフルコーンに入っています。おしゃれですね。サラダと言っても人参一本ですがw
 
桜のブラマンジェ 春の訪れ
ウエディングケーキ
FullSizeRender
最後は、桜の花びらが中に入ったブラマンジェとガーデンで入刀したウエディングケーキ。
ブラマンジェはもう少し小さくてもよかったかな。ケーキともども美味しいですね。 
お腹もパンパンになり、余興で思いの外プレゼントが当たったり、自分にとっても嬉しい挙式でした。
お二人とも末永くお幸せに。 

2018/4/28