けいのむ 食べたもの作ったもの

体脂肪30%のおじさんが食べたものや作ったものを徒然に書いていきます。

けいのむの個人的な感想を書いております。
その時々の体調や様々な状況により 異なるご意見の方もおられると思いますが ご容赦ください。

練馬・板橋

土佐っ子の系譜 下頭橋ラーメン(げどばし)

夜営業だったこちら、コロナの影響で、昼営業に変わっていると聞いて行ってみました。
東武東上線ときわ台駅が最寄り。
店に近づくと豚骨臭。なんか懐かしいなぁ。
image
その昔、土佐っ子という店が環七沿いにあり、当時は路駐で夜の環七土佐っ子渋滞で有名でした。
16杯ロットで、割箸のお尻がピンクの色付きと色無しでロットが分かれてました。
背脂を豪快にチャッチャするのが見ものでした。
image
その後紆余曲折があり、元従業員さんが開いたこちらのお店。18時から翌4時迄と夜営業。
コロナで12:00〜22:00に変更になっています。
image
メニューは、ラーメンとチャーシューメンの2種類のみ。
image
先客2名。ソーシャルディスタンスでカウンター席も6席に減らしています。
ラーメン 800円をお願いします。
ご主人ワンオペ。
太麺はつるや製麺。茹で釜に大胆に丼も一緒に入れています。

丼を引き上げ、カエシと化調をパラリ。
1回目のチャッチャです。
豚骨スープを注いで、2回目のチャッチャ。
麺を入れて、チャーシューを豚骨スープで温めてから2枚、3回目のチャッチャ。
ネギを盛って、細身のメンマを載せ、茹で卵は半分がスライスされています。
image
さて着丼。丼熱々でさわれません。
カエシとスープは、溶けていないので、天地返しで混ぜ合わせます。
スープの上には厚い背脂の層。脂が甘いです。
スープ自体は、昔のそれより豚骨が弱く今風になっているんでしょうか。
太麺をワシワシいただきますが、それほど硬くもなくムチムチといただきます。
チャーシューは、柔らかで美味しいですね。
めんまは、細身で固めの味濃いタイプ。美味しいです。
おろしニンニクが欲しいところですね。

豚骨醤油の豚骨のパンチがイマイチですかね。
まぁ懐かしの背脂チャッチャは、美味しいですけど。
ご主人に、ご馳走様、懐かしいねと言えば、ニヤリ。

さて、帰るとしましょう。

2020/9/4

新規一転 Heart Restaurant 安ざわ家

名前を変えてから初訪問。
店主さんは、定食が売れても、やっぱり自分のオリジナルを打ち出したいと、店名も変えて一新。
image
昼の時間もそろそろ終わる14時に入店。先客は1名。
image
小さな券売機で、一押しオリジナルの Gingerやきめん 850円をポチ。目玉焼き欲しかったけどボタンが無いから味玉 100円ポチ。
image
バイトのお姉さんに券を渡します。

ジャー!と言う麺を炒める音が聞こえます。
しばし待てば登場。
image
ドーンと乗っているのは、あのチャーシューエッグのバラチャーシュー!
麺は太平打生麺を一度茹でてから焼いているそうです。
この面が美味い。ソースと絡み、上に乗った生姜と長ネギと一緒に食べれば、また違う味わい。
焼そばの上には豚肉が生姜焼きが乗ってます。
端には紅生姜とマヨネーズ。
味玉を割れば黄身が少しトロリ。チャーシューに絡めて食べれば、あのチャーシューエッグを彷彿とさせます。
店主さんのやりたいことが何となくわかる気がします。

さてお腹もいっぱい。帰ることにしましょう。

2020/9/2

地元に愛される 立ち食いそば さかうえ

先日夏休みに当たったのでリベンジ。
おくちゃんの閉店に、地元のバーの方が引き継いだお店です。
FullSizeRender
14時半の入店、先客は2名。カウンターにはテープでソーシャルディスタンスの線が引かれ、バツ印で使用できないところが示されています。
5人ほどに制限されているようです。

早摘み生もずくや、ひっぱり風など魅力的なメニューがありますが、ここは基本で天玉そば 460円をそば少な目で口頭注文。
店主さんが半分なら20円挽きになりますと言うのでそれでお願いします。

ケースに入った茹で麺を半分にして湯掻いていきます。
つゆを注ぎ、揚げ置きのかき揚げ天を載せ、卵を割り入れ、ネギを載せたら着丼。
CODで440円です。
FullSizeRender
暗黒汁の部類ですね。しかし、塩辛さや角がなく、出汁もカエシも立っている美味しいつゆですね。後で喉が渇くような感じもしませんね。
蕎麦は茹で麺ですがのど越しも良く美味しいですね。
かき揚げ天ぷらはやや薄眼の仕上がり、周りに衣が薄く広がり、つゆを吸ってやわやわと良い食感です。
最後に卵をズズッといただき、ついついつゆを啜ってしまいます。

閉店に対しての事業継続や、営業さんの遅いお昼など、本当に地元に愛されているお店ですね。

さて帰るとしましょう。

2020/8/25

風前の灯の町中華 飛鳥

5月末で閉店と言う話もありましたが、昼営業のみで継続中。町中華の王道。
東武練馬駅北口から歩いて10分弱ですかね。不動通りのやや曲がったところにあるお店です。
FullSizeRender
お父さん、お母さんお二人でオペレーション。30年以上続けられています。
FullSizeRender
先客は3名、若い女性お二人も。後客4名。
厨房側にカウンターがL字に8席ほど、
テーブルは4、4という感じです。
FullSizeRender
お母さんに、お願いするのは、半チャンラーメン 750円。
お父さんが料理、お母さんが麺類と分業。
FullSizeRender
半チャンワンタンメンの方も多いですね。ワンタンメン 500円も名物メニュー。ラーメン 430円、餃子 400円、チャーハン 550円、オムライス 700円とリーズナブルですが、どれも美味しいと評判です。
注文が重なって、半チャンが4つ。お父さんまとめてガコガコ。
お母さん麺を茹でてスープの用意。
FullSizeRender
さて他の方のワンタンメンより先にラーメン登場。
具材は盛り沢山。大きめのチャーシュー、太めのメンマ、ほうれん草、ナルト、ネギ。気を衒わずシンプルです。
麺はスープが絡む中太ストレート麺。
化調バッチリですが、濃く見えますが透明感があり、シンプルであっさり美味しいスープです。
典型的なノスラーですね。懐かしい味です。
お父さんのチャーハンもあがりました。
しっとり系、チャーシュー、ネギ、ナルト。卵は半チャンに一つとおごってます。味付けはそれほど濃くなく、パクパクといただけます。ご飯が一粒一粒美味しいです。
あっという間に完食。

常連さんとお父さん「もう身体が言う事聞かなくなっちゃった」「大丈夫無理せず頑張って〜」 聞くところによれば、隣の店舗も閉めてしまい、この辺りで食べるところが無くなると常連さんに懇願され、男気のご主人は、昼だけでもと続けてくれているとのこと。
昼のみの営業、11時から15時。木曜日定休の他に第2第4水曜日もお休みになってます。

2020/8/21

丁寧な仕事 立喰いそば・うどん マキオカ

志村坂上の「さかうえ」に伺ったらすでに10日から17日まで夏季休業中。う〜ん失敗。
西台の大東文化大の前にあるこちらに。 
FullSizeRender
16時過ぎなので貸切。椅子席も減らしてソーシャルディスタンスもしっかり。
入口右の券売機で少し悩みます。
FullSizeRender
冷しメニューは、少ないですね。冷し料金も見当たりません。
冷しきつねそば 500円。茄子天 100円をポチり。
FullSizeRender
厨房のお兄さんに券を渡します。
しばし待てば登場です。
FullSizeRender
刻みきつねがどっさり、ワカメもどっさり。茄子天は4切れですね。
蕎麦は茶色い茹で麺ですかね。食感は悪くないです。歯応えもあり美味しいですね。ボリュームあります。少なめ言うの忘れました。
つゆはスッキリとしています。冷たいので出汁が香ると言う感じではありませんが、美味しいですね。
お揚げが甘く煮込まれているので、スッキリとしたつゆとあいます。
茄子天は揚げ置きなので衣が少し硬いですが、つゆに浸せばちょうど良い。
全体に丁寧に作られているのが分かります。

明日13日から16日までお休みです。
中途半端な時間にお腹いっぱいになってしまいましたw

2020/8/12

ギャラリー
  • 淡麗なスープが絶品 はつね
  • 淡麗なスープが絶品 はつね
  • 淡麗なスープが絶品 はつね
  • 淡麗なスープが絶品 はつね
  • 珍しくかき揚げ天 八兆
  • 珍しくかき揚げ天 八兆
  • 珍しくかき揚げ天 八兆
  • 珍しくかき揚げ天 八兆
  • 創業六十七年のノスラー 福寿
  • 創業六十七年のノスラー 福寿
アーカイブ
カテゴリー
amazon
プロフィール

けいのむ

  • ライブドアブログ